伊奈雑記帳 さん プロフィール

  •  
伊奈雑記帳さん: 伊奈雑記帳
ハンドル名伊奈雑記帳 さん
ブログタイトル伊奈雑記帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mkawamura_2005
サイト紹介文伊奈の住人からの情報発信
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/04/15 20:38

伊奈雑記帳 さんのブログ記事

  • 富士を撮れずにモトクロス
  •  荒川に架かる「開平橋」から富士山を撮ろうと出かけたら、昼近かったので御山は霞のなかに沈んでいた。  仕方なく橋の途中から下りて「モトクロス会場」に入ってみた。  小学生も楽しそうに練習していた。  ホコリ混じりの寒風に晒されながら、プロテクターレンズのホコリを刷毛ではじき写し撮った。 [続きを読む]
  • 我が町の去りゆく秋
  •  紅葉疲れも癒え、買い出しのお供にカメラを持ち出して近間の秋の終わりを確認した。  アクティブWalkingで無理に8000歩以上歩きに精を出したせいか、右足に痛みが生じ、まさに「過ぎたるは、なんとやら」 で少し歩きのペースを緩めてみた。  長閑な秋は淡々とすぎ、北の国の脅威を煽り立てているにも関わらず、 [続きを読む]
  • 2017秩父夜祭り
  •  待ちに待った「秩父夜祭」が始まった。  笛の音に誘われるように、屋台の後に付いていく。  秩父神社の本殿に上っていくと、その横の左甚五郎作の「つなぎの龍」も笛のねに浮かれているようだった。  秩父神社も人で埋まり始め、だんだんと熱気が [続きを読む]
  • 2017鎌倉モミジ巡り
  •  2017年鎌倉モミジ巡りは久しぶりに「長谷寺」から始まった。  毎年「覚園寺」から始まるが比較的紅葉が早い「長谷寺」に向かった。  江ノ電「長谷駅」を越えて由比ヶ浜にでてみたが「富士の御山は霞んで殆ど見えなかったので鎌倉駅に戻り 鎌倉宮まで行って大好きな「覚園寺」まで歩いて行く。 [続きを読む]
  • テレビ桟敷の全日本ホッケー大会決勝戦
  •  紅葉疲れの一日、母校の「全日本男子ホッケー選手権」をテレビ桟敷で楽しんだ。  昨日実家の甥っ子からのメールにテレビで応援をお願いします、とあった。  本人は当然大阪に行っているので、こちらはテレビ桟敷でNO.9のキャプテンの又甥を 応援した。  「慶応大日吉グランド」や飯能市の「阿須運動公園、駿河台大学グランド」や [続きを読む]
  • 小さな町の大きな銀杏の木
  •  昼過ぎから晴れてきたので、今日も8000歩ぐらいは歩こうと、いつもと違う道に入ると大きな銀杏が 目に飛び込んできた。  勿論地元の「伊奈屋敷跡地」なので、慌てて家に戻りカメラを持って、陽が沈まぬうちにと車で 戻ってきた。  「興禅院」と「平林寺」の紅葉はどうだろうかと、家に戻る。 [続きを読む]
  • 雨中の中伊豆から「箱根小涌園 蓬莱園」に
  •  まさかの雨の紅葉の撮影となったが、最初の三島市の「SKY WALK」の大つり橋に着いた頃は 霧雨の真っ白な風景だった。  山の上に行けば見えるだろうかと「SKY GARDEN」まで行ったが、見えるのは白い霧雨ばかりだった。  仕方なく管理センターの2億円のトイレでも撮ろうと思ったが変質者と見られても嫌だったので諦めた。 [続きを読む]
  • 東日本実業団駅伝予選から氷川の杜へ
  •  明日の「ツール・ド・フランスさいたま」の流し撮りの練習を兼ね、「東日本実業団駅伝大会」 の二区(上尾駅周辺)に行ってみた。  そして来春の「ニューイヤー駅伝in群馬」の下見も兼ねていた。  日立に移った設楽選手や、復調なったコニカミノルタの宇賀地選手など二区じゃ無かったので見られず、もう一人の 設楽選手は満を持して「 [続きを読む]
  • 昭和記念公園の黄葉
  •  久しぶりに。「昭和記念公園」の銀杏並木を見に行った。    殆どが銀杏の黄葉が見頃だったが、紅葉はまだまだ、と言うよりちょこっと色づいているぐらい だった。  空に広がる雲もいろいろな姿を見せてくれる。  本当は、もう一カ所の「 [続きを読む]
  • 三波渓谷から秩父までの中途半端な秋
  •  ようやく秋晴れの貴重な一日。  まだ紅葉前は承知で近間に出かけてみた。  手始めに初めての都幾川町の「三波渓谷」から始まった。  思ったほどの渓谷美を感じずに、次は越生町の二回目の「黒山の三滝」に向かう。  ここから次に秩父方面には峠を越えて行こうと [続きを読む]
  • 嵐の前の静けさ台風21号
  •  今日か明日の上陸の台風21号目前の雨の朝。  「シラサギ」が寒そうに我が家の柵に止まっていた。  硝子窓越しに家の中から撮ってみた。     心配なのは昨日ホームセンターで予約して購入したた玉ネギの苗50本が植えられず、新聞紙に 包まっている。  三畝の残りにマルチシートが穴を開けて待っている。  来週か [続きを読む]
  • ヒガハスも玉ネギもピーカンに嬉々として
  •  今朝起きて、あまりの秋空の見事さに朝食もそこそこに、ヒガハスまでひとっ走り。  構図も考えずに走ってきた下り列車を撮ってきた。  我が菜園の玉ネギの三畝は順調に伸び、三つ目の畝の空き穴には今週にカインズホームから 予約済みの玉ネギの苗が50本入るので、芽が出ない補充分とで充分埋まる予定。  仙台の友の家に送って貰う [続きを読む]
  • 小さな秋がもうそこに
  •  午後から少し晴れ間が覗いてきたので、近くのコスモス畑に咲き具合を見に行った。  「まだ早いよ!」コスモスが叫んでいたので、ヒガハス(東大宮駅−蓮田駅)に方向転換した。  いつもの散歩コース(自宅から2.7km)に着いた頃は、もう撮り鉄たちが上野発16:20のカシオペア を待っていた。 [続きを読む]
  • 2017年友と歩く那須の旅−2
  •  朝の空気がこんなにも清々しいのかと、ホテルの六階から那須連山を眺める。  爺さん、婆さんたちの宴会は延長の連続、最後は相変わらずの「校歌」で、あとはそれぞれの部屋に戻り、婆さん連中は 午前二時まで小池百合子知事とお菓子を肴に政治の話に終始したと言う(ホントかいな?)。  我々男性陣はもっと高邁な話に終始した。  で [続きを読む]
  • 「龍門の滝」から友と歩く那須の旅へⅠ
  •  那須で集まるゼミの仲間たちとの旅に向かう前に、那須烏山市の「龍門の滝」でJR烏山線の 列車とのコラボ撮影の為、早朝7:30に出発したのはいいが、東北道高速の利根川の橋の上の事故の 為に1時間半もノロノロ運転。  事故のために、JR滝駅通過の10時台の列車を逃し、次列車は12時台になってしまった。 [続きを読む]
  • 今年5回目の「月下美人」が顔を出し
  •  咲きそうだったので、一昨日家の中に運び入れたら、今夜七輪の芽から五輪が咲いてくれた。  この記事を書いているときが満開に咲いてくれた。  全部で8輪の芽が付いてくれたが、一輪は間違えて切り落とし、明日の晩には残りが咲くはずであるが 残念ながら明日の晩は那須塩原のホテルで学生時代のゼミの仲間と連れ合い共々宴会の最中である。 [続きを読む]
  • 細やかな我が家の小さい秋
  •  ムラサキシキブ(コムラサキ)がようやく我が家でも咲いてきた。  濃紫は島倉千代子の「♪りんどう峠♪」のりんどうの色。  桔梗も咲いている。  花言葉は「清楚」のようだ。  「寺坂棚田」から「巾着田」の曼珠沙華の華は真っ赤だったが、我が家の彼岸花はひっそりと咲いていた。  「巾着 [続きを読む]
  • 台風前に読みふける
  •   台風前、腰痛が出てきてしばらくぶりに「佐伯 泰英」ものを開く。  「居眠り磐音 江戸草紙」シリーズが修了してから、ぽっかりと空いた穴を埋めながら「坂崎空也 青春編」 を読んでいる。  月末の友との「那須塩原の旅」は帰りに、久しぶりに那須烏山の「竜門の滝」の向こうの鉄橋を渡る列車を 撮りに行けたらなあと、思案している。 [続きを読む]
  • 2017寺坂棚田から巾着田の曼珠沙華
  •  台風前に晴れ上がった秋を探しに、横瀬町の「寺坂棚田」と日高市の「巾着田」に曼珠沙華を 撮りに行った。    黄色や紫っぽい彼岸花は昨年は無かったような気がしたが両方とも初めて目にした。  「武甲山」を背にしながら、刈り取り前の稲がたわわに実っている。  実家 [続きを読む]