まめたぬき さん プロフィール

  •  
まめたぬきさん: 生活日誌2号
ハンドル名まめたぬき さん
ブログタイトル生活日誌2号
ブログURLhttp://gocchinmeshi.blogspot.jp/
サイト紹介文日々の記録と雑感の吐露、これはオヤジ世代の日記ブログなり。
自由文休日はご近所をうろうろ、映画、海外(アメリカ)ドラマ、文房具、雑貨店巡り、デパ地下巡りが好き。

Google+ではTwitterみたく呟き程度に、もうちょっと書きたい時はブログでという使い分け、そのブログは現在某所より手動引っ越し中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/16 19:30

まめたぬき さんのブログ記事

  • 梅雨茸
  • 「つゆだけ」と読んでいるが「つゆきのこ」と読む人もいる、いわゆる梅雨時に生えるキノコのことである。昨日からの雨も上がった曇り空、湿った北寄りの風が肌に纏わり付くようで快適とは言いがたい仕事帰りに近道で横切った公園の木の下にキノコがポツポツと数本生えているのを見つけた、雨の後で湿り気は充分、日差しもなく柔らかい土とくれば夏キノコの登場にはもってこいの環境ではないか。なんという名のキノコだろう、見覚え [続きを読む]
  • 「箱少年」
  • 私は以前に自分が持っているCDの中でたぶん相手は決して買いもしないし聴きもしないであろうCDを友人と交換して楽しむという試みを実践したことがある、友人は私に森高千里のCDを、そして私からはジュリー・クルーズのCDを交換で聴いたのだった。友人の評価は最低で、私の評価もまた然り、友人にとってのジュリー・クルーズの歌声とアンジェロ・バダラメンティによる曲は暗いばかりだそうだ、私にとっての森高千里は真っ平らの歌声 [続きを読む]
  • ありがたいことではあるけれど
  • 久しぶりに飲みに行くと早い時間にもかかわらずカウンター席はほぼ埋まっていた、普段ならばやや入り口に近い席を選ぶのだが今夜はそんな余裕はない、なのでたったひとつ空いたところへ腰掛けた。いつもと違う点がもうひとつ、客の年齢層がやや低いのだ、つまりは若い人たちが多かった、まあ、若いと言っても10代などはいない、せいぜい30代前半といったところか。私はそんな30代前半であろうハーフパンツのメガネ君の右隣の席だっ [続きを読む]
  • 泥だらけの抜け殻といえば
  • 休日を利用して近場だが油山までドライブに出掛けた人たちがいる、ゲイではなく仕事上の付き合いの人だ、家族と一緒に行ったらしい、その途中で買ったという漬物を土産で私の仕事場まで持ってきてくれた、ありがたや。夏日だったが暑いほどでもなかったが山の中腹まで来ると風がひんやりとして爽快だったらしい、蚊はそこそこいたが虫除けスプレーを用意していたので問題ではなかったという、ただ、顔の周囲をしつこく飛ぶ黒い虫が [続きを読む]
  • 揺れる大都市
  • 今朝、大阪の北部を震源とする地震が発生した、怪我人多数で死者も出た、震度6弱の揺れで西の大都市は混乱し機能がマヒしている。そんな中にあっても仕事からの帰宅でノロノロとしか進まぬ長い列を辛抱強く歩いている人たちをテレビで見た、帰るにはそうするしかないといえばそれまでだが、疲れてイライラも募るだろう状況で文句や愚痴を吐き散らかす人などいないようだった。もちろんテレビに映っていない部分でそういうことはあ [続きを読む]
  • 新シーズンはNBCで
  • シーズン5で打ち切りという衝撃のニュースからの急転直下、なんと制作テレビ曲をFOXからNBCへと移してのシーズン更新決定となった脱力系コメディ「ブルックリン・ナイン・ナイン」(2018年5月3日のブログ)。私はシーズン3までの全てを今日見終わったところである。いやいや、このドラマは本当に笑える、しかも話の終盤でホロリとさせてくれる演出を織り込んできたりとなかなか上手いのだ、このドラマに心をつかまれた人は結構いた [続きを読む]
  • 雷様が騒ぐので
  • 夜更けに目を覚ましたのは雷のせいである、空が裂けるような雷ではない、遠くから地表を這うように届く重い雷鳴である。しかしその音たるや窓や壁を容易く通り抜けて聞こえてくるのだ、当然眠っている私の耳にも容赦なく響いたのだった。そして目が覚めた。外はかなりの雨脚だった、どんな雲がどちらへ向かって福岡上空を過っているのかとレーダー画像で確かめてみると背の高い雷雲がそこらじゅうに散らばっているではないか、それ [続きを読む]
  • 車は金がかかるもの
  • 夏のボーナスで車のタイヤを一新しようとしている友人がいる、車検のついでに替えてしまうらしい、狙っているのはヨコハマゴムの静寂さを売りにした高性能タイヤ、その費用は・・・いったい幾らなのだろう、とうに車を手放した私にはよく分からない、かつては乗っていたというのに。そう、私も80年代は愛車のタイヤがくたびれたのでブリジストンのタイヤに変えたのだった、あれこれ悩み選んだ結果が「ニューアレフ」というタイヤ、 [続きを読む]
  • レスリングスーツをエロ下着にする男
  • この世界の人の中には下着に様々なこだわりを持った人がいる、ゆったりトランクスが好きな人、ぴったりトランクスが好きな人、ボクサーブリーフ、ビキニ、六尺、越中、黒猫などなど。そして今日「脱がせてみるとレスリングスーツだった」という初めてのケースを聞いた、私の友人がアプリで知り合った人とホテルに行き、そこでキスをしながらゆっくり脱がせてみると青いナイロンのレスリングスーツを着ていたというのだ。「これは? [続きを読む]
  • 私ならこの曲:井上陽水
  • 「思ったよりも夜露は冷たく」という出だしとどこか寂しさと切なさ漂うメロディーラインにいきなり脳と耳を掴まれてしまった感のある「帰れない二人」が私にとってのベストである。当時の私は小学生、だが、この曲も収録されたアルバム「氷の世界」発売時の地元福岡での熱狂ぶりはまさについ最近のように覚えている、私がこのアルバムを聴いたのは私自身が買ったわけではない、姉が買ったのを聴いたのだった。当時はよく「帰れない [続きを読む]
  • 眠気強烈なので
  • 仕事帰りにドラッグストアへ寄った、洗剤や消毒薬を買うためではない、今日は医薬品目的だ。私は10代の頃から寒冷じんましんを起こすことがたまにある、その症状は冬場よりも昼と夜の気温差が大きくなる初夏や初秋に多く出るのだ、ちょっと汗ばむ昼から肌寒い深夜といった時間帯に体が痒くなる。痒くなるとついポリポリと掻いてしまうのだが、掻いた部分が最初は白っぽく、そしてすぐに赤くなり、数分でミミズ腫れになってしまうの [続きを読む]
  • 今年もこんな季節となって
  • 台風5号が接近中である、この台風の国際名称はマリクシ、各国持ち回りで決定した台風の名前の中でマリクシはフィリピンが決めたもので「速い」を意味する、なお、この名付けは台風が発生した後にではなく、予め決めておいたものへ発生順に充てがうという仕組みである、なので今回の台風5号はたまたまフィリピンによるマリクシという名付けに当たったということになる。さて、今年も日本の遥か南の太平洋上での雲画像を本格的に観察 [続きを読む]
  • 日の出が最も早い時期
  • 夜明けが早い、冬ならば真っ暗だった仕事場へ向かう早朝も今ではすっかり明るくなった街を歩いている。1年のうちでこれから1週間ほどが日の出が最も早い時期となる。その後は徐々に遅くなるのだが、日の入りはそれ以上に遅くなるので結果として昼間の時間は長くなり夏至に至る、今年の夏至は6月21日だ。私は頭も体の夜更けに冴える・・・というよりはハッキリするタイプなので昼間の時間が思い切り長いよりは適度に短いほうが好き [続きを読む]
  • 1コインの健康診断
  • 福岡市から郵便物が届いていた、よかドックの案内だった。よかドックは10000円相当の健康診断が500円で受けられるというもので、病気や体の異常の早期発見に役立ち、ひいては早期治療のきっかけとなるべく推められている健康診断なのだ。この健康診断の対象は40歳以上の国民健康保険加入者。だが、私は定期的に一般病院での詳しい健康診断を受けているのでよかドックを利用したことがない、なのでこういった制度の存在と検査を受け [続きを読む]
  • 10.5GB
  • 古いWindowsマシンをいまだに使っている人がマルウェアに感染していることに知らずにいたある日、普段よりもPCの動作が鈍いなと感じたので調べてみると怪しいサイトとひっきりなしの通信をしていたのがもっさり動作の原因だったことに気付いたという。もちろんマルウェアは削除し、システムを復旧させてセキュリティを固くしたそうだ。そこで私も自宅PCの通信量がどれくらいかと調べていたら毎月コンスタントに17GBほど使っている [続きを読む]
  • 汚れをバリアにする菌
  • 1ヶ月近く前のことだが福島県の病院で器具の洗浄不良から耐性菌の院内感染事故が起きて2人が亡くなってしまった、薬剤がほとんど効かない耐性菌なので感染し発症すれば恐ろしいことになる。なにせ感染症の際に当たり前のように使われている抗生物質などの薬が効かないので治癒は患者の体力任せとなってしまうからである、なので子供や高齢者といった元から体力のない人にとっては命にかかわる。今日、「オートクレーブ」という言葉 [続きを読む]
  • 歯磨きの最中に眠る男
  • つい先日志賀島のドライブに誘ってくれた友人(2018年6月1日のブログ)とスマホでメッセージのやりとりで、友人は新しい仕事を始めてから疲れて晩メシの後の歯磨きをしている最中に寝てしまうことがあるのを知った。いや、私もあるのだ、その経験が、ずっと昔のことなのだが仕事でヘトヘトに疲れてしまい晩メシの後で歯を磨いていると・・・いつの間にか眠ってしまったのだ、まあ、ほんの数分間でハッと目が覚めれば歯ブラシを口に [続きを読む]
  • 安すぎて心配
  • 利用が2度目となるスーパー(2018年4月16日のブログ)に入ると日配品のコーナーに日曜特売の札が下がっていた、豆腐だ、1丁が38円だとのこと、ただし木綿と絹ごしをそれぞれ200丁限定で1人2丁まで。私が日頃から利用しているディスカウントストアはいつ行っても1丁税込み32円なので驚きはしないが、その他の店では通常その倍かそれ以上はするので38円はかなり安い価格設定なのは間違いない。かなり売れているようで残り少なだった [続きを読む]
  • 借用するなら
  • メッセージボックスから寄せられたのだが、このブログの投稿がよそのブログで使われているという情報を頂戴した、いわゆるパクりだ。私が書くのはせいぜい1000文字程度の短めなものばかりなので再利用するには少々物足りないはずだが、それでも使う人がいるというのは驚きである。では一体いつの投稿を借用されたのかといえば・・・どれかは明かさぬが映画のレビューだった、実際に確かめに行ってみると1件だけでなく3件使われてい [続きを読む]
  • 遠く青く
  • 晴れの休日は本日金曜日、たまには部屋でゴロゴロでもと特に予定をたてずにいたら先月8日で憂鬱な職場とお別れした友人(2018年5月8日のブログ)がドライブに誘ってくれた、最初は西の糸島あたりにでもと話していたのだが、特に理由はないのだが急遽志賀島をぐるりと回ることになった。途中で少し車を停めて外を歩いてみた、気温はそれほどでもないが直射日光の当たる肌はジリジリとした感じがした、夏至に向けて太陽は高くなる。 [続きを読む]
  • 私ならこの曲:中島みゆき
  • ゲイでこの人のファンは多い、ファンどころか崇拝している人だってそう珍しいものではない、それほどこの人の曲と歌詞には人を惹きつける強い魅力がある。私は熱烈なファンではないが好きな曲はそれなりに多い、テレビでもお馴染みだったヒット曲から、聴けば「この曲知っている」というもの、はたまた他の人に書いた曲までこの人による曲を耳にしたことがない人を探すのは難しいかもしれない。そんな膨大な数の中でも私ならこの曲 [続きを読む]
  • 逆神
  • 不思議な人がいる、情に厚い優しい男だ、真面目でよく働き誰もその男のことを悪く言う人はいない。その男には好きな中年男がいる、ほぼ片思いだ、「ほぼ」なのは中年男がいまひとつ本気になってくれないので一応逢いはするがはっきりと付き合っているとまではいかず、結局は片思いの域を出ていない、片思いに毛が生えたくらいの程度なのでほぼ片思いなのだ。なんとか自分に引き寄せようと料理や服装などいろいろと考えて実行はして [続きを読む]
  • 挨拶をしない上司の話
  • 午前中に副食材卸業者の営業さんがやって来た、たまちゃんだ、今日は毎日塗っていたスピール液の効果か、単なる新陳代謝の賜物かは分からぬが痛くて悩みの種だった魚の目がポロリと取れたらしく靴下を脱いで見せてくれた(2018年4月22日のブログ)。確かに、盛り上がっていた固い角質が無くなって平たくなっていた、どうやって取れたのかと訊けばカーペットの上で横になっていて、起き上がろうとした時に魚の目がカーペットと擦れ [続きを読む]
  • やっぱり風呂
  • 「こんな大判のボディシートがあるんですよ」と私に薦めてくれた人がいた、仕事上の付き合いなので特に親しいというわけではないKさんだ、暑い厨房での仕事は汗をかくだろうと気を遣ってくれたのだろう、普段自分が使っているものを1枚取り出して見せてくれた、そして「試しに顔でも」と私に手渡した。使ってみると皮脂もすっきりと拭えてさっぱりした、Kさんの言う通りに大判でまるで薄手のハンカチのようでもある、しっかりと拭 [続きを読む]
  • 梅雨入り近い博多湾の向かい側
  • 仕事が終わって通常とは逆に西へと移動した、向かったのは早良区西新だ、数年に1度行くか行かぬかの場所である、その近くの病院にケガで入院している友人の見舞いだ。看護師の態度が悪いらしいので早く出たいらしいが、幸いにもケガの具合はそれほどでもなく月末には退院できるだろうとのこと。見舞いの帰りはちょっと寄り道をしてヤフオクドームまで、久しぶりに行ったのだが天神同様にいろいろと周辺の様子が変わっていた、客が [続きを読む]