マニ? さん プロフィール

  •  
マニ?さん: ブロカント日記帳
ハンドル名マニ? さん
ブログタイトルブロカント日記帳
ブログURLhttp://eglantine77.blog.fc2.com/
サイト紹介文ブロカントがある日曜日は早起きして大きな街から小さな村まで好きなものを探して歩きます。
自由文カフェオレボールコレクターです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/04/16 23:56

マニ? さんのブログ記事

  • St Amande のスープ皿、麻のトッション
  • スッキリしたラインのスープ皿は息子たちからもイイね!って言われて嬉しい。いつもは花のステンシルのようなお皿だったのでこういうのもありかなって買ってしまった。大量のスープ皿、一家4人では使いきれない。。St Amandeのこのバックスタンプは1908年から1962年までの物。(ネット情報)雰囲気からして1960年頃の物でしょうか。Bristol というのはイギリスの街の名前。売る主さんは値段がわからないから自分で値 [続きを読む]
  • Le creuset ヴィンテージ フライパン
  • 2カ所目はいつものモー市へ。いつも良いとは限らないけど、帰り道なので10時ごろ寄ってみました。そこでまた、ローウィーのフライパン見っけ!今週はローウィー物に縁がある!地べたに置いて売っているおじさんにこれいくらって聞くと、他のフライパンもどれもこれも一個2ユーロって!見てみると横にも素敵なグリーンのフライパンも!ローウィーの方は持ち手の木がニスがはがれて白っぽくなっているけど、表面はすごくキ [続きを読む]
  • 久しぶりのヴィッドメゾン(favières)
  • 先週の土曜日、夫が近くでヴィッドメゾン(家を空にするの意)があるので行こうと誘ってくれたので行ってきました。ヴィッドメゾンは当たりはずれが激しいので、あまり期待せず。。そこで見つけたのはサルグミンのジャーディ二エシリーズのブロック(洗顔用水差し)とキュベット(洗面器)ブロックだけ欲しいと申し出るとムッシューが先祖代々の物で別売りするのは忍びない言ったので、それもそうかなって2つ一緒に飾れるところも [続きを読む]
  • LILLE の蚤の市の収穫品
  • あんなに大きなブロカントなのに、収穫品は4点!すべて一般市民のスタンドから購入。きれいなブルーとグリーンの薬瓶。各1ユーロ。手作り感がイイ。あるき始めたそばから見つけてしまった重ーいル・クルーゼの鋳物製のパット。ビンテージ感満載。5ユーロを2ユーロにしてもらいました!夫はこれを背負って13キロ歩いてくれました。感謝感謝!右が今回の収穫品。左のは去年見つけた物。ほぼ、同じ。スタンプは押してあ [続きを読む]
  • LILLE の蚤の市③
  • 広告などのパネル。これって結構なお値段!オシャレですけどね〜。とても買えない。。ここのスタンドは自分のスタンドかと思えるような品ぞろえ。古いガラス瓶とかジャムポットとか。私もブロカンターになれるかしら〜?ホーロー物もいいお値段。ひとつ10ユーロとか。よーく見てみると、新しいものも混ざってる。。オレンジの右下のザルとか新しい。白い椅子とか新しいものだと思う。去年同じものをスーパーで10ユー [続きを読む]
  • LILLE の蚤の市②
  • ミルクガラスのランプシェード。ブルーのラインが良かった。ビデ!これは一般のスタンド。ひとつなんでも20ユーロと安いのか、高いのかわからない。。でも外国の人にバカ売れでした。英語圏の人。やっと見つけたボウルのスタンド、一つ、10ユーロから15ユーロでした。通りによっては人がたくさんいて牛歩並。フランス語でピエティネ。すごく疲れた。。まだ、続きます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • LILLE の蚤の市
  • やってきました、リールのブラッドリー!!私の体調次第だったので、ギリギリまで行くか迷ったけど、夫にすすめられて行ってきました。バカンスに行けなかったので子供たちも一緒についてきてくれました。(嬉)ホテルに着くとブラッドリーマップをいただいて、徒歩で会場へ。アクセスしやすいB&Bホテルでした。設備はいまいちでしたがアクセスしやすくっておすすめです。来年行く方はぜひ、チェックを!リールの街は古い建 [続きを読む]
  • クレイユモントローのお皿
  • 先週、久しぶりに近くの街のブロカントへ行ってきました。手術後一か月でブロカントに行けるなんて思ってなかったから、すごくうれしい。。夫に感謝!車10分ほどで到着。でもなんだか薄暗くて、雲行きが怪しくなってきた〜。服のスタンドも多い中、やっと見つけたモントローのお皿。ほぼナイフ傷もなく、シミ、欠けもない。トランスフェー柄(写し絵)も細かくって気に入りました。アプリコットの濃淡が素晴らしい!POMONEシ [続きを読む]
  • Pierre Guariche の椅子
  • 今回はちょっと変わったブロカント品。6月のシェルのブロカントで目に留まった椅子。好みの椅子を探してたけど、いつも夫と意見があわず、私のコレクションにはノータッチですが、椅子となると毎日使うものだからという意見もわかるので伸ばし伸ばしになっていた椅子の購入。一目見た途端、これはいいね、と意見も一致。(嬉)近所のマダムが養老院に入るので邪魔になった物をもらったといういきさつを教えてくれた売主のムッシュ [続きを読む]
  • モントローのオクトゴナル
  • 少し前に見つけたモントローのオクトゴナル。見ているだけでうっとりするぐらい素敵なデザイン。私が見つけたものは1920年代のリメイク版。それでも見つけた時はうれしかった。正八角形の大皿、と中皿。スーピエールも少々欠けがあるけど、つやつやできれいです。中身も使ってないみたいに染みもなし。2サイズ違いのコンポティエもほぼ完ぺきの状態。このアイボリーとパールの縁取りが素敵。サラディエはなかなか珍 [続きを読む]
  • DANSK のオーブン皿,イデアルのボトル
  • この日は家から20キロほど離れたモラン川沿いの小さな村でのブロカント。出店数15ほどのかなりの小規模。10分もあれば回れそうな中で見つけたのは真っ黒の油で覆われたダンスク!少し小さめのサイズです。油が落ちることを願って購入。真っ黒でわからなかったけど、落ち着いた深緑。初めて見た色です。真っ黒だったのにきれいさっぱり!この瞬間にやりがいを感じてよけいうれしい。ガラス製のはよく見かけるけど、陶器製 [続きを読む]
  • Le creuset Raymond Loewyのキャスロール、Enzo Mariのフライパン
  • ローウィーの片手鍋〜!50年以上たっているのにこの状態は奇跡!内側も外側もほぼ新品です。夫が見つけてくれました。エライ!持ち手の黒のベークライトのところにLe creusetのロゴが入っています。とっても重い鋳物製のフライパンはEnzo Mariのデザイン。残念なことに大きなはがれが。使用には全く問題なし。 重くても鋳物製の方が肉などおいしく焼けるので肉専用に。これまたローウィーデザインのココット。この色は見たこ [続きを読む]
  • 1930年代の椅子と1640年から続く農家
  • この日やってきたのは高速道路A5の入り口の街、サンジェルマン ラクシへ。初めて訪れました。 ブロカントで先々の庭を拝見するのも趣味のひとつ。ブロカントのスタンドを出すムッシューの後ろにはタイムスリップしたかのような古い農家の庭が広がってました。ダメもとで写真をとってもいいですかとお願いすると快く引き受けてくれました。しかも、もっと奥の方に入ってみてよとおすすめされてお邪魔させていただきました。観光地 [続きを読む]
  • 1900年代初期の飾り棚、ホーロー製マッチ箱
  • 毎年楽しみにしている、ウッセイオンブリーのブロカント。私宅の庭を公開してブロカントをされる、マダムの家がお目当て。しかし、今年は期待しすぎたせいか、いいものは無し。マダムいなかったし。。ここではチョコレートも美味しくって買うのだけども、この日はアイスクリームだけ。。朝からアイスはいらんなぁ〜。気を取り直して100ぐらいのスタンドで見つけたのは、アメリカ帰りのマダムのスタンド。2.30年前にフランスに帰 [続きを読む]
  • 修道院のブロカント
  • この日はジョア―のブロカント。ここのブロカントは毎回、なにかしらいいものが見つかる。このぬいぐるみたち、楽しそう!今回のメインは、ジョア―にある修道院のブロカント。初めてです。赤い扉の前には10人ほど待っていて、ワクワク感が伝わってくる。修道院で生活していらっしゃる、シスター以外にもボランティアの方々が案内してくださる。品物には値段がある物やない物も。各部屋ごとにお会計の紙を渡されて出口のところで [続きを読む]
  • 母の日のプレゼント
  • 随分と時間がたってしまいました。イデアルの陶器製のふたの瓶は長男からの母の日のプレゼント。ラニーのスタンドでオクトゴナルを見つける前に唯一買った物。オクトゴナルの値段を聞くなり、僕はこっちをプレゼントにしたいって。オクトゴナルは高かったもんね〜。ありがとう、長男君。滅多に見つからない、プロのスタンドでもいいお値段の瓶です。手描きのバラの方は新品同様、水仙のステンシル模様の方はシミが沈着している。 [続きを読む]
  • モントローのオクトゴナルシリーズ
  • ここしばらく、色々と忙しくってブログを忘れてた。。この日は2年ぶりのラニーのブロカント。去年は洪水の影響で開催されなかった。今年はいい天気続きで、この日もいい天気でした。昔のプレッサー。15ユーロぐらいだったと思う。コーヒーミルや、ビュルロなど。あんまり、見どころもなくて、さぁ次に行こうかと思って入り口付近のスタンドを見ると、びっくり!ドーン!と沢山のオクトゴナル!机に乗り切らず、後ろの段ボ [続きを読む]
  • ルクルーゼのココット
  • いとこ夫婦を空港まで送った後、近くのMITRY MORYのブロカントへ。お昼すぎていたのであきらめ半分で。ツバメの乗り物。売主さんはこれを使っていた20代のマダム?マドモアゼル。さすがにツバメ好きでも、これは買えない。600以上もスタンドがある中でこれだけが唯一の収穫品。もうここにはいかなくてもいい。ルクルーゼってマークが入っているけど、鋳物製じゃなくて軽いアルミ(多分)にエナメル加工。ルクルーゼは、鋳物 [続きを読む]
  • フランス版すりこ木、ピロン
  • ピロンという、木製のすりこ木。売主のマダムはニンニクとか、クルミとかをつぶしていたそうです。日本のすりこ木っては擦ってつぶすイメージですが、これは砕く感じに近い気がします。ブロカントではよく見かけるけど、白っぽくなって汚い感じのしか見当たらなくて今まで買わなかった。いい具合に使いこなされた色合いがいい。古いキッチン道具収集も楽しい。応援 お願いします!にほんブログ村 [続きを読む]