トーサポブログ さん プロフィール

  •  
トーサポブログさん: トーサポブログ〜願えば、夢は必ず叶う〜
ハンドル名トーサポブログ さん
ブログタイトルトーサポブログ〜願えば、夢は必ず叶う〜
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/to-sapo
サイト紹介文〜人生と経営のヒントがここにある!〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/04/17 08:56

トーサポブログ さんのブログ記事

  • 泥棒洞窟実験〜敵対する集団には共通の目標が必要!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「泥棒洞窟実験」について考えてみたいと思います。「泥棒洞窟実験」とは・・・ M.シェリフらが1961年に行った実験で、集団間の葛藤の発生と解消について行われた実験です。実験が行われたキャンプ場の名前から「泥棒洞窟実験」と名付けられています。実験は11歳から12歳の22名の少年を2つのグループに分け、最初はお互いの存在を知らせずに、共同活動などを行い [続きを読む]
  • ペルソナ〜最も買ってほしいお客様!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ペルソナ」について考えてみたいと思います。「ペルソナ」とは・・・ラテン語で、「人」を意味する言葉で、マーケティングでは商品やサービスのターゲットユーザーを仮想の人物として定義したものです。どのような商品・サービスにもターゲット顧客は設定されていますが、更に具体的に設定したものがペルソナです。ペルソナを設定する理由としては、・社内でターゲット [続きを読む]
  • 弱者の戦略〜強者に勝つための5つの戦法!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「弱者の戦略」について考えてみたいと思います。「弱者の戦略」とは・・・差別化戦略を基本とした強者に対する弱者の戦い方のことをいいます。ランチェスター戦略では、弱者の戦略を次の5つの戦法に分けています。①局地戦 広域戦になるような地域、マーケット、チャネルを避ける。 ニッチ市場での戦いに経営資源を集中させる。②一騎打ち 強者と戦うときに、三つ巴 [続きを読む]
  • クープマンの目標値〜自社の市場シェアを知る!?〜
  • こんにちは! 夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「クープマンの目標値」について考えてみたいと思います。「クープマンの目標値」とは・・・アメリカの数学者であるクープマンが提唱したもので、市場の占有率の目標値を示したものです。クープマンは市場の占有率の中で次の6つの目標値を設定しています。①73.9%:独占的市場シェア 独占的なシェアを持っており、短期的に見て競合に逆転される可能性はほとんどない [続きを読む]
  • マインドシェア〜〇〇と言ったら、なにを思い浮かべる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「マインドシェア」について考えてみたいと思います。「マインドシェア」とは・・・お客様の心の中に占めるブランドのシェアのことをいいます。例えば、「車と言ったらどこのメーカーを思い浮かべるか?」などの質問をして、回答されたメーカーを比率として表します。質問を行う際に選択肢を与えるなどをせず、ノーヒントで答えさせることを純粋想起法といい、更に最初に [続きを読む]
  • ミシガン研究〜リーダーと従業員との関係性が業績向上の鍵!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ミシガン研究」について考えてみたいと思います。「ミシガン研究」とは・・・ミシガン大学のリッカートが生命保険の監督者を対象に行った実験を基にした研究で、「仕事中心型」(課題志向)と「従業員中心型」(関係志向)を軸にリーダーシップを4つの類型に分類したものです。4つの分類とは、①独善的専制型 ・徹底した課題志向。 ・リーダーは部下を信頼せず、意思 [続きを読む]
  • イエスアンド話法〜相手の意見を受け止めた後に伝える!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「イエスアンド話法」について考えてみたいと思います。「イエスアンド話法」とは・・・一旦相手の意見を受け止めたうえで、こちらの意見を伝える話法のことをいいます。人は自分の意見を否定されるとその後に良好なコミュニケーションを築くことができなくなります。そこで、良好なコミュニケーションを築くためにも、相手の話をいったん受け止めることが必要になります [続きを読む]
  • パーソナルスペース〜これ以上近づかれると不快な距離!?〜
  • こんにちは! 夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「パーソナルスペース」について考えてみたいと思います。「パーソナルスペース」とは・・・他人に近づかれると不快に感じる空間のことで、心理的な縄張りを意味します。このパーソナルスペースは、4つに分類されます。1.密接距離(45cm以下) 身体が触れ合うことが可能な距離2・個体距離(45〜120cm)  手を伸ばせば相手に触れられる距離、相手の表情を細かく [続きを読む]
  • 連合の法則〜全く異なるものを無意識に結びつける!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「連合の法則」について考えてみたいと思います。「連合の法則」とは・・・全く異なるものを無意識に結びつけて見てしまう法則のことをいいます。例えば、ある商品のCMに起用されているタレントによってその商品がよく感じたり悪く感じたりすることがあると思います。これは、その商品の品質には何も関係ないはずなのにCMに採用しているタレントに対する個人的な感情が、 [続きを読む]
  • インターカラー〜流行色は2年前に作られる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「インターカラー」について考えてみたいと思います。「インターカラー」とは・・・国際間で流行色を選定する機関(国際流行色委員会)のことです。1963年に発足し、2016年12月現在、日本をはじめ16か国が参加しています。日本からは、一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が代表して参加しています。インターカラーでは、実シーズンの約2年前に春夏カラーと秋冬カラーを [続きを読む]
  • マタイの法則〜富める者はますます富む!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「マタイの法則」について考えてみたいと思います。「マタイの法則」とは・・・富めるものはますます富み、貧しいものはますます貧しくなるという法則です。この法則は、米国の社会学者であるロバート・マートンが、新約聖書のマタイによる福音書の文言「持っているものは与えられて、いよいよ豊かになるが、もっていない人は、もっているものまで取り上げられるであろう [続きを読む]
  • ファッド〜一時的な流行で終わってしまう!?〜
  • 新年あけましておめでとうございます!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ファッド」について考えてみたいと思います。「ファッド」とは・・・一時的な流行や狭い範囲内での流行のことをいいます。流行も長さによって表現が変わります。ファッド・・・3か月以内の長さで、場合によっては数日の一時的な流行。ブーム・・・数か月から1年以内の長さ。トレンド・・・1年から3年くらいの長さで、傾向や流れとして多数 [続きを読む]
  • アイオワ実験〜生産性が最も上がるリーダーとは!?〜
  • こんにちは! 夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「アイオワ実験」について考えてみたいと思います。「アイオワ実験」とは・・・アメリカの心理学者のレヴィンが行った実験で、どのようなタイプのリーダーが優れているかを調べたものです。リーダーのタイプは、1 専制的リーダーシップ2 自由放任的リーダーシップ3 民主的リーダーシップの3タイプです。実験の結果は次のとおりです。1 専制的リーダーシップ  [続きを読む]
  • ドリルの穴理論〜ドリルではなく穴が欲しい!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ドリルの穴理論」について考えてみたいと思います。「ドリルの穴理論」とは・・・ドリルを買う人が欲しいのは、ドリルではなく「穴」であると考えるマーケティングの理論のことです。この格言は、米国のセオドア・レビット博士がレオ・マックギブナという人の言葉として紹介したものです。その言葉は、「昨年、4分の1インチのドリルが100万個売れたが、これは人々が4分 [続きを読む]
  • マストセレクトテクニック〜イメージで購買率がアップする!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「マストセレクトテクニック」について考えてみたいと思います。「マストセレクトテクニック」とは・・・購入の場面で使われることが多い営業手法で、その商品を使っている状態をイメージさせると購買率が上昇するというものです。例えば、お店の店員がお客様に対して「このシャツですが、黒と白、どちらがお客様に似合うと思いますか?」と語りかけると、お客様は無意識 [続きを読む]
  • ショールーミング〜店舗で見て、ネットで買う!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ショールーミング」について考えてみたいと思います。「ショールーミング」とは・・・商品を購入するときに、実際の店舗で商品を手に取って確認した後に、ネット通販で購入することをいいます。実際の店舗をまるでショールームのように使うことからこの名前が付けられました。ショールーミングは、消費者にとっては、通信販売ではできない手にとっての商品確認が行える [続きを読む]
  • マクシミン戦略〜最悪の結果を考えたうえでの選択!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「マクシミン戦略」について考えてみたいと思います。「マクシミン戦略」とは・・・いくつかの選択肢がある時に、その選択により得られる利得を比較し、最悪の場合に得られる利得が大きくなる方を選択するという考え方です。例えば、A社とB社がそれぞれ2つの戦略を持っており、各戦略をとった場合の両社の利得が次の図のとおりとすると、 (各欄の左の数値はA社の利得 [続きを読む]
  • カスタマーインティマシー〜顧客との親密性が経営の鍵!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「カスタマーインティマシー」について考えてみたいと思います。「カスタマーインティマシー」とは・・・顧客と企業の親密関係を示す考え方で、トレーシーとウィアセーマが1995年の「ナンバーワン企業の法則」で示したものです。カスタマーは顧客のことで、インティマシーとは親密や親交を意味しています。企業の競争力を高めるためには、数ある競合の中から自社を選んで [続きを読む]
  • X理論、Y理論〜人を動かすための対照的な考え方!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「Ⅹ理論、Y理論」について考えてみたいと思います。「Ⅹ理論、Y理論」とは・・・X理論は、人は生来仕事が嫌いで、強制されたり命令されないと仕事をしないとする考えで、Y理論は、人は仕事が嫌いということはなく、目標達成のためには自ら進んで働くものであるとする考えです。この理論は、アメリカの心理学者のマクレガーが提唱したもので、動機づけに関する対照的 [続きを読む]
  • 逆選択〜情報が偏ると市場は悪いもので溢れる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「逆選択」について考えてみたいと思います。「逆選択」とは・・・市場で良いものが選ばれることなく、悪いものばかりが選ばれて存続してしまうことをいいます。本来、市場では人々は良いものを選んで取引しようとしているのに、結果的にその逆の現象(悪いものしか選べなくなる)が起きてしまうことがあり、この現象のことを逆選択といいます。逆選択が起きるのは、情報 [続きを読む]
  • コントラストの原理〜落差をつけると決断を促す!?〜
  • こんにちは! 夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「コントラストの原理」について考えてみたいと思います。「コントラストの原理」とは・・・人は最初に見たものと二番目に見たものの差が大きければ、実際の差以上に差異を感じてしまうというものです。このコントラストの原理を価格差として使った手法は各種業界でよく採られています。ブライダル業界では、最初に会場費などの大きな金額となるものから決めていき、そ [続きを読む]
  • 空・雨・傘理論〜曇った空から解決策を導く!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「『空・雨・傘』理論」について考えてみたいと思います。「『空・雨・傘』理論」とは・・・問題解決の際に使われるフレームワークのひとつで、「空」・・・客観的な事実「雨」・・・事実に基づく解釈「傘」・・・解釈に基づく解決策・行動を意味します。問題を解決する際には、まず、今起きている事実(「曇っている空」)を正しく認識することが必要とされます。その事 [続きを読む]
  • AIDMAの法則〜消費者の意思決定プロセス!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「AIDMAの法則」について考えてみたいと思います。「AIDMAの法則」とは・・・Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の頭文字をとったもので、アメリカのローランド・ホールが提唱した消費者が購買に至るまでの意思決定のプロセスを表したものです。具体的には、消費者は購買するまでに、その商品のことを知り [続きを読む]
  • ゆでガエルの法則〜緩やかな変化に気づかないと茹で上がる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ゆでガエルの法則」について考えてみたいと思います。「ゆでガエルの法則」とは・・・2匹のカエルを使った実験で、一匹は熱湯に入れ、もう一匹は緩やかに温度が上がる冷水に入れると、熱湯に入れられたカエルはすぐに跳び出て、緩やかに温度が上昇した方は温度の変化に気付かずにゆで上がって死んでしまうというものです。この話を基に、大きな問題(危機)には誰もが [続きを読む]
  • ゼロベース思考〜白紙の状態から考えてみる!?〜
  • こんにちは! 夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ゼロベース思考」について考えてみたいと思います。「ゼロベース思考」とは・・・過去の枠組みにとらわれずに、白紙の状態から考えてみるという思考法のことです。問題に直面したとき、その解決に当たっては自分自身の知識や経験などを基に考えていくのが一般的です。しかし、環境が著しく変わった状況や全く未知の状況においては過去の解決法では対処できないことが [続きを読む]