schizo さん プロフィール

  •  
schizoさん: 統合失調症の妻との生活記録
ハンドル名schizo さん
ブログタイトル統合失調症の妻との生活記録
ブログURLhttps://schizophrenialife.net
サイト紹介文統合失調症と診断された妻phrenia(仮)と、その夫である私schizo(仮)の生活記録です。
自由文妻は入退院を繰り返した後、向精神薬の副作用がひどく出てしまい、現在は基本的に日々の服薬はなしで過ごしています。日々いろんなことが起こりますが、どこかに記録しておかなければ、いつか忘れ去ってしまうかもしれません。ブログにしておけば、足跡もたどれるし、もしかしたら同じような状況にある方の参考にもなるかも、と思い記録していくことにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/04/17 09:40

schizo さんのブログ記事

  • 統合失調症の治癒について(一つの仮説)
  • このブログでは、ずっと、というか特にここ最近は「妻の症状がひどい」とか「介護は大変だ」とか「介護が大変すぎて介護する側の精神が保たない」とか「人生って一体なんなんだ、意味がないじゃないか」とか「お金が大変だ」とか、そういう“介護者としての勝手な視点”でばかり書いてきたような気がする。ところが、ふとしたことから「こういうのは筋違いなのではないか」「もしかしたら正しくないのではないか」「もっというと、 [続きを読む]
  • 大ピンチ!!!
  • 10月15日前々回の投稿で、色々と売りまくって、どうにか10月14日までは生きていけそうだということを書いたが、本日10月19日。まだ生きている。まだ生きてはいるが、困ったことに10月15日の障害基礎年金支給日に通帳の記帳に行ったところ、なんと入金されてなかった!!!入金されてないという事実が信じられず、2回ほどATMに通帳を入れてみたが、無情にも無音で出てくるだけだった。一瞬頭が真っ白になり、しばらくATMがあった銀 [続きを読む]
  • 妻の状態とタバコ(経過観察)
  • 以前タバコの効用として精神の安定や鬱、精神障害、ボケの緩和などがあるということを知りタバコを吸い始めたと書いたが、8月下旬に始めてからここまでの経過を一応書き記しておきたい。8月の様子として、タバコを吸い始めてから妻の調子の悪い状態の継続時間が約半分の20時間程度になったということは書いた通りなのだが、9月に入ってからは、なんと妻はまだ一度も調子を崩していない。ここまで11日間、ずっと基本的には話が通じ [続きを読む]
  • 9月15日〜10月14日までを生き延びるために
  • 郵便事故という不運があったとはいえ、我が家では既に8月分から障害基礎年金の支給がストップしてしまっている。年金事務所の話によると、“早ければ”10月の年金支給日に8月分から遡って支給されるとの事なのだが、何しろ8月分、9月分の生活費はどうにかしなくてはならない。現在の我が家の1ヶ月分の必要資金は11万円弱だ。とりあえず8月分はコンピューターで代用できる仕事用の機材を売り払うなどして確保したので、いま現在はど [続きを読む]
  • タバコ効果の経過について
  • タバコが鬱や統合失調症、ボケ防止など様々な効果があるという情報を知り、タバコを買い始めて1週間以上が経過し、この間今日までの間に4回妻の調子の悪い日が巡ってきた。結論から言うと、調子の悪い時の妄想とそれへの反応の強度には変化がないものの、調子の悪さの継続時間はおよそ50%ほど削減されているようだ。より具体的に書くと、“調子の悪い時の妄想とそれへの反応の強度”と言う意味では、相変わらず過去の何人もの妻 [続きを読む]
  • 障害基礎年金の支給停止
  • 先日、いつも通り妻の障害基礎年金が入金される口座の記帳をしたところ、なぜか入金されているはずの障害基礎年金の入金がなかった。何かの間違いだろうと思って、もう一度記帳のために通帳をキャッシュディスペンサーに入れて見たが、やはり記帳される様子もないままするっと出てくる。これはおかしいと思って、過去に遡って妻の通帳を確認したが、偶数月の15日もしくはその数日前までには必ず入金されていたので、15日を過ぎてい [続きを読む]
  • タバコの効能?
  • この2ヶ月の経緯 前回、6月30日に投稿して以来、私自身がかなり、というかすっかり落ち込んでしまい、もうほとんど全てのやる気を失って、ほとんど生きる気力すら無くしかけていた。理由はいろいろあると思うのが、一番大きいのは2018年6月17日で今回の妻の発病からまるまる8年が経過し、介護生活が9年目に入ったということ、そして今だに子供の一人もないという事実だと思う。もちろん妻の病状には波があって、悪い時はそこら中 [続きを読む]
  • 妻とサッカーW杯
  • 初めて妻と一緒に経験したサッカーW杯は2002年の日韓大会だ。当時は、私が一人で暮らしていたアパートから、二人で住めるようなマンションに引っ越したばかりで良く覚えている。まだテレビも私が一人暮らしのときに使っていた14型ブラウン管の小さいもので、それで二人でW杯の試合を見ながら盛り上がっていたものだ。日本のチームや選手の応援はもちろん、日韓開催なので試合時間的にも観れる試合が多く、スウェーデンやドイツ、オ [続きを読む]
  • 子供がいない理由?
  • 今月に入って調子が良い日が多いのは変わらないが、それでもやはり調子の悪い日もある。先日24時間以上に渡って調子が悪い時があったのだが、その時に気になることを妻が言っていたので書き留めておきたいと思う。調子が悪くなってからの前半20時間くらいは、いつもの通り喧々轟々と子供時代からの宿敵たちとの対決に費やしていたのだが、調子がよくなる数時間前にやや静かになった。そこで妻に近寄って様子を見てみたのだが、妻が [続きを読む]
  • 6月に入って
  • 5月、なぜかあんなに調子の悪かった妻は、6月に入ってからというもの、不思議と良い調子が続いている。数日間の◎の間に、稀に××が入り込み、眠れない数日間も挟み込むものの、◎の日が多いのでお互いによく眠れているし、何より気分がいい。妻は、調子の良い日には相変わらずゲーム、ぬりえ、あとは洗濯やお皿洗いのお手伝いだ。ゲームは私は相変わらずDQXのコロシアムや積み残しのストーリー、サブクエストなどをやっている [続きを読む]
  • 3度目の医師の交代
  • 5月に入って妻の調子はずっと悪かったのだが、つい先日、いつも病院に行っていた曜日の朝から妻の調子がよく、話もできたのでかかりつけの精神科に行ってみた。もちろん帰りにいつも通りマクドナルドに行こう、と言って“楽しいイベント化”することも忘れずに。病院に着くまでは、妻も話が通じていたのだが、医師に呼ばれる直前にはもうブツブツと独り言が始まっており、あまり良い状態を見ていただけなかったが、それでもなんと [続きを読む]
  • コメント欄の変更について
  • こちらの新しいサーバーにブログを移転するときに、“WordPressというブログソフトには海外などからも大量のスパムコメントが書かれる”という情報があり、コメント欄の扱いについて考えていたのですが、色々検討した結果、以下のように変更しましたのでお知らせします。これまで:コメントをするときにメールアドレスの記入が必須コメントは手動で承認(一度承認された方のコメントは次回から自動掲載)今後:コメントをするとき [続きを読む]
  • 5月の連休前後の様子
  • GW前に予定について書いたが、あの時に計画していたことのうち、妻と妻の弟の誕生日祝いにケーキを食べることしか結局できなかった。3月後半から4月いっぱい続いた妻の調子の良い状態は終わってしまい、5月1日の午後からはまたしても全く会話が通じない状態になってしまったのだ。正確には“全く会話が通じない”ではなく“ねじ曲げられた一部のみ伝わる”という感じなのだが、何れにしてもコミュニケーションとして成り立って [続きを読む]
  • ブログの移転作業
  • 4月下旬に思い立ってから、5月にいろいろと予定している家族イベントの準備の合間に、コツコツとブログの移転作業をしている。ある日、“無料のブログサービスを使っていたら突然ブログが閉鎖された”というような文章をネットで読み、それでこのブログが突然閉鎖されたり、ブログサービスそのものが終了になったら困るなと思ってブログの移転を考え始めたのだが、やってみるとこれがなかなか大変だった。2000年前後に、面白そうだ [続きを読む]
  • 今年のゴールデンウィークの予定
  • どうやら春になってからの妻の調子上昇は本物のようで、4月に入ってからここまでのところ、明らかに××がついた日はなんとたったの1日だ。それ以外に◎(×)などとカレンダーに表記しているような“基本◎だが一時的に調子を崩した日”も数日あるものの、ほぼ毎日調子の良い状態が予想できるという貴重かつ気楽な期間に突入した。今年もやっと楽になって来た、という感じだ。記録用に残しているカレンダーの写真を貼っておきたい [続きを読む]
  • 移転のお知らせ
  • いつも本ブログ『統合失調症の妻との生活記録』に来ていただきありがとうございます。事後報告になってしまいましたが、このブログのために“schizophrenialife.net”というドメインを取得しました。それと同時にサーバーもこれまでのブログサービス「SeeSaa」から移転し、こちらの新しいURLで継続して行くことにいたしました: https://schizophrenialife.netまたはhttp://schizophrenialife.net メモ)www.schizophrenialife.net [続きを読む]
  • 我が家の花粉症対策
  • 毎年、3月中旬から5月半ばごろにかけて、我が家では(特に私が)花粉症に苦しめられるのだが、今年はどうも妻も花粉症に苛まれているようなので、遅ればせながらいろいろ調べて数週間前から対策を始めた。花粉症というのは、簡単にいうと杉やヒノキ、その他の花粉に対して体の免疫機能が過剰に反応して、アレルギー症状として目のかゆみや鼻水、微熱などのが現れるものらしい。なので体の免疫機能を高め、アレルギーを起こしにくい [続きを読む]
  • 我が家の花粉症対策
  • 毎年、3月中旬から5月半ばごろにかけて、我が家では(特に私が)花粉症に苦しめられるのだが、今年はどうも妻も花粉症に苛まれているようなので、遅ればせながらいろいろ調べて数週間前から対策を始めた。花粉症というのは、簡単にいうと杉やヒノキ、その他の花粉に対して体の免疫機能が過剰に反応して、アレルギー症状として目のかゆみや鼻水、微熱などのが現れるものらしい。なので体の免疫機能を高め、アレルギーを起こしにくい [続きを読む]
  • 大きな波と小さな波
  • 暖かい春になるにつれて妻の症状が随分良くなると前回の投稿に書いたが、この何年かを振り返って気づいたことがあったので、推測も交えて書いておきたいと思う。妻の病状は「1年かけて変動する大きな波」と「数日間で変動する小さな波」で構成されているように見える。「1年かけて変動する大きな波」は、春から夏にかけて最高潮に達し、秋から冬にかけて深い谷間に落ちて行く。「数日間で変動する小さな波」は、「1年かけて変動 [続きを読む]
  • 大きな波と小さな波
  • 暖かい春になるにつれて妻の症状が随分良くなると前回の投稿に書いたが、この何年かを振り返って気づいたことがあったので、推測も交えて書いておきたいと思う。妻の病状は「1年かけて変動する大きな波」と「数日間で変動する小さな波」で構成されているように見える。「1年かけて変動する大きな波」は、春から夏にかけて最高潮に達し、秋から冬にかけて深い谷間に落ちて行く。「数日間で変動する小さな波」は、「1年かけて変動 [続きを読む]
  • 通院とお花見
  • 妻は3月に入ってメキメキと調子が上がってきて、先日の3月末に半年間も通院できなかった精神科にもやっと行くことができた。去年もそうだったが、やはり妻と春は相性が良いらしい。病院に行くと、自立支援の書類が継続期限ギリギリだったということがわかったり、担当医師の異動が決まってしまっており、引き継ぎが既になされているなど、軽くめちゃくちゃだった。実際に新しい担当医師と会わないことにはまだなんとも言えないのだ [続きを読む]
  • 通院とお花見
  • 妻は3月に入ってメキメキと調子が上がってきて、先日の3月末に半年間も通院できなかった精神科にもやっと行くことができた。去年もそうだったが、やはり妻と春は相性が良いらしい。病院に行くと、自立支援の書類が継続期限ギリギリだったということがわかったり、担当医師の異動が決まってしまっており、引き継ぎが既になされているなど、軽くめちゃくちゃだった。実際に新しい担当医師と会わないことにはまだなんとも言えないのだ [続きを読む]
  • 少しづつ回復の兆し
  • 2017年の年末から今年の3月にかけて、妻の病状は非常に悪く、ほぼ毎日のように××(二重バツ)の状態で、◎がつく日は数える程だった。私も介護生活はもう7年以上になるので慣れているとはいえ、流石に精神的にも肉体的にもきつかった。妻は来る日も来る日も、今ここにいない過去の登場人物たちとの戦いを繰り広げ、泣き喚きながら、荒っぽく物に当たるなどしながらどったんばったんと夜も昼もなく、カーテンを閉め切って激しく過 [続きを読む]
  • 少しづつ回復の兆し
  • 2017年の年末から今年の3月にかけて、妻の病状は非常に悪く、ほぼ毎日のように××(二重バツ)の状態で、◎がつく日は数える程だった。私も介護生活はもう7年以上になるので慣れているとはいえ、流石に精神的にも肉体的にもきつかった。妻は来る日も来る日も、今ここにいない過去の登場人物たちとの戦いを繰り広げ、泣き喚きながら、荒っぽく物に当たるなどしながらどったんばったんと夜も昼もなく、カーテンを閉め切って激しく過 [続きを読む]
  • 脳の病気の妻を介護するということについて
  • ここのところ、某大物音楽プロデューサーの不倫について報道され、本人が高次脳機能障害を負った妻の介護をしていたということもあり、介護の問題と合わせてあちこちで議論されている。私自身は、この音楽プロデューサーとなんの関わりもない一般人で、障害を持つ妻とこの方がどんな関係性で、どんな日常を送っておられたか、障害の程度がどのくらいか、改善の見込みはどうだったか、介護者本人の負担はどの程度であったか、などに [続きを読む]