猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農 さん プロフィール

  •  
猫とおかちゃと月光仮面    のんびりふんわり自然農さん: 猫とおかちゃと月光仮面  のんびりふんわり自然農
ハンドル名猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農 さん
ブログタイトル猫とおかちゃと月光仮面  のんびりふんわり自然農
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nekotookacha
サイト紹介文〜田舎でのんびり自給生活…のはずが     無農薬、無化学肥料の自然農。猫の手借りたい時もある〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/04/18 21:45

猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農 さんのブログ記事

  • チンダル現象 again
  • ちゃぷい、ちゃぷい、早よ帰ろ。畑からの帰り道、ふと見上げたら、あ、知ってる、これー。チンダル現象♪昨秋から一年間勉強した図書館司書。パスファインダー作成のスクーリングで、私らのグループが選んだのがこの現象やった。そのグループ4人でこの年末、集まろ言うてる。けど、そろそろ雪降り始めた。私、参加できるやろか。 [続きを読む]
  • 冬支度
  • そろそろ雪や、雪やて、こないだからTVの天気予報で言うてる。で、風邪ひかせたらあかんと思うて、ツタンカーメン豆とスナップエンドウの苗に不織布で雪除け。何年か使い回してるから、穴だらけの不織布。寒さ除けにはならんやろうけど、雪の重みで苗潰されんよう、ちょっとは支えになってくれるかも。裸麦さんたちは、なんとか自力防寒頑張ってちょうだいね。不織布張り終えた二日後、朝起きたらうっすらと雪。間におおて良かった [続きを読む]
  • 育ち より 生まれ?
  • スピカと「いち」。どっちも1歳くらいの時、同じ時期にわが家に来て、同じ物食べて13年間暮らしてきた。最近でこそ別々の療法食になったけど…。どっちも14歳、女の子(子、と言うより、もうおばあちゃんか)、三毛。ああ、それなのに、それなのに。時々妙に色っぽいレディ風の「いち」。ムキムキおっさん風のスピカ。レディはおっさんを、足でさりげなくブロック。 [続きを読む]
  • カラスの悩み
  • 暖冬と言われながらも、季節は着実に流れていってる。うちの柿の木に残る実も、あと一つだけ。このちっちゃな一つの実を前に、カラスがひたすら悩んでいる様子なのだ。「うーん、どっしよかなあ」「食べてもたろかなあ」「けど、これ食べたらもうオヤツなくなってまうしなあ」「うーん…」なんやったら、おかちゃが食べたろか? [続きを読む]
  • 今年の小豆
  • 毎年11月に開催されるJA主催の農産物品評会。区長さんが声かけてくれはるから、私も2,3品ずつ出品してる。けど今年は大納言小豆だけ。作付けする種類を絞ってきたゆうこともあるけど、今秋は実りの時期が遅い。村の畑見渡しても、大豆なんか青いまま立ち枯れてしまいそうなのが多い。うちの大納言も、ほら。きちんと一生終えて枯れていく、ゆう感じやないんやなあ、今年は。 [続きを読む]
  • マトリョーシカ
  • 二、三か月前からパソコンの調子が悪い。立ち上がりが遅いのはもともとやけど、最近は画面暗いまま数分間うんともすんとも言わんと、しびれ切れた頃にいやいや画面出てくる。Excelがすぐに「応答なし」になる。Outlookメール入力中に、いきなり他の画面が出たりする。このブログ入力も、突然「うわっ」ゆうような事態が生じたりする。画面スクロールがスムーズにいけへん。などなどなど。どこがどう悪いんかわからんけど、農作業日 [続きを読む]
  • 暮らす所
  • 町にあったはずの分院がなくなり、最寄りの獣医さんまでは車で片道1時間。自分で運転できんようになったら、往診してもらうのもひと騒動。手の骨折をきっかけに、この村からの移動も考え始めた。近畿で、新工法を使った格安平屋建ての多世代コミュニティを作ろうというプランがある。とりあえずモデルハウスを1軒建ててみたというので見に行った。高齢者向け住宅をメインとして、多世代が住むコミュニティを目指しているとのこと。 [続きを読む]
  • 食べても、食べても
  • ここ一週間ほど、「いち」姫様は調子ええ。なんと、ごはんのお替わりを所望される。関節痛軽減のためにご飯の量をセーブしてるスピカの、結局倍ほどの量食べてる「いち」。ああ、それなのに、それなのに。食べる量は倍でも体は半分。どゆこと? [続きを読む]
  • ハローキティ新幹線
  • のっびきならぬ用があって、東京に出かけた。朝晩の投薬が必要な「いち」姫がいるから、日帰り。ン十年ぶりに再会した仲間。機関銃のようにしゃべり合って、あっという間に解散の時刻。記念に一枚、と持って行ってたデジカメ。取り出すのすら忘れてた。今回の東京行き関連の写真は、行きの姫路駅でたまたま見かけた「ハローキティ新幹線」のみでした。 [続きを読む]
  • 早い? 遅い?
  • 「か」の付く日に蒔くんやで。この村に越してきた私に、婆ちゃんたちが口々に教えてくれた。えんどう豆は、11月の「か」が付く日、つまり11月上旬、10日頃までに蒔きなさいということである。けどねえ、ここ2〜3年、越冬前に苗が大きなってしまう。丈30?くらいにまで伸びてしまうことがある。11月、12月の気温が高めの日が多かったからやろか。こうなってくると、種蒔く時期を考え直さなあかんのかも。ということで今年は11月14日 [続きを読む]
  • 寒いもんは 寒い!
  • 世間ではここ1週間ほど、あったかい日ぃが続いてるらしい。10月上旬並みの気温やとかなんとか、TVの気象予報ではゆうてる。世間は世間として、我が家では、半月ほど前からこの状況。確かに例年よりはマシかもしれんけど、私かて、手ぇの霜焼け、もうできてるもん。とは言え、灯油代高いしなあ…。昼間だけでもストーブ我慢しよか。けど、そんなことしようもんなら、たちまち、マットの下にもぐりこんで、「いち」無言の抗議。 [続きを読む]
  • 大納言の収穫
  • 稲刈りが終わってしばらくしたら、田んぼに緑が戻ってくる。刈り取った株から、稲がまた芽ぇ出すんやねえ。わが畑は逆に、茶色が増しつつある。枯れ始めた大納言小豆の莢。中の実ぃがカサカサ音立てるくらいに乾いた莢から収穫していく。んで、更に一日ほど干して、完全に乾いたら、莢から実ぃ出したり選別したり、夜な夜な小豆仕事が続きます。 [続きを読む]
  • いや〜ん
  • 朝、布団から出るのが惜しい季節。人も猫も、それは同じ。さ、起っきしよか?Zzz…(の、ふり)はい、起っき、起っき。(布団引っ張る)うぅぅぅぅ…(重量級スピカ、びくともせず)ほら、ほら、ほら。ぐぎぎぎぎ…(軽量級「いち」、スピカにしがみついて抵抗)ほれえーっ!くっそ〜これから恐らく毎朝繰り広げられるであろう攻防戦。 [続きを読む]
  • 裸麦 播種
  • ギプスこそ外れたものの、右手、まだ完治してないし、今年はやめとこかなあと思うてた裸麦。けど、うんにゃ!あのぷちぷちご飯、食べられへんなんて…。ということで、今年も蒔くことに。まず、ぼうぼうに伸びてた草引いて、(鎌持たれへんから、左手だけで草引っこ抜くしかない)1畝に3条の筋蒔き。枯草、薄めに被せとく。なんとか5m長さの畝、5畝に播種完了。(一番手前は空き畝)今夜は、ぷちぷち玄麦玄米ご飯の夢、見ながら寝 [続きを読む]
  • 冬ごもりの命綱
  • 雪に閉ざされる冬場。我が家のメイン食材は、サツマイモ。芋とツル、両方で私の命をつないでくれる。昨年までの「紅はるか」から、今年は金時系に変えてみた。一株に大きめのイモが1〜2個ついてただけ。で、今年採れたイモはこれで全部。ツルは、一株掘るたんびに、畑で作り上げてしまう。ふさふさ茂ってるサツマイモの葉っぱを、根元から切って、葉っぱ落として、きれいな茎だけ集める。この後、葉ぁがついてたすぐ下のきれいな茎 [続きを読む]
  • ちっちゃ!
  • 自宅で点滴できるよう準備万端整えた今、「いち」はなんと絶好調。「愛でれ。あたちを愛でれ」そんなもんかもしれん。飼い主の私の安心が、「いち」にも伝わったんかも。けど、たまにおかわりしたくらいでは、取り戻されへん日頃の栄養不足。相変わらず、ちっちゃ! [続きを読む]
  • ゆず胡椒友だち
  • そもそもは、月2回の町主催ウォーキングで、目ぇおおたら挨拶するくらいのことやった。一昨年、お互い奈良漬に初挑戦してることがたまたま分かって、時々やけど、漬け方の情報交換し合うた。ほんでこれまた、たまたま去年のゆず胡椒づくりの講習会で一緒になって、「来年も作りたいね〜」言うて別れた。特に一緒にお茶飲んだり、電話し合うたりするわけやない。今年私は、図書館司書のレポートや試験に追われて、そんで手首骨折な [続きを読む]
  • できるんやろか
  • また「いち」の調子が悪い。なんも食べてくれへん。調子悪なる間隔が、だんだん短かなってきてるような気ぃする。弱ってる時に、獣医さんまで片道一時間のドライブはきつい。ということで先日、先生から自宅皮下輸液のやり方、指導受けた。とりあえず3セット持ち帰ってきたけど、う〜。できたらこんなもん使いとうないんやけどなあ…。 [続きを読む]
  • 柿しごと
  • 初夏の「梅しごと」。秋には「柿しごと」。10月初めの秋祭りまでに赤なってしもうた柿は虫食い。ぷよぷよになるまで熟させて、黒なった芯取って、スプーンで食べる。秋祭り終わって実る柿は、干して保存。吊るし柿と、スライス柿。念のため割ってみたら、虫食いなし。赤なってる実ぃは、そのまましばらく置いてスプーン組に。色の浅い、硬めの柿を保存用に。軸をT型に残して、ヘタを削り、皮を剥く。沸騰したお湯で10秒弱ゆでる( [続きを読む]
  • 奈良漬
  • 一昨年、初めて挑戦した奈良漬。そのつもりで白瓜やキュウリ、いっぱい育てて、塩漬けして、干して、人参や大根も漬けこんだ。んで、無添加の漬け粕に、漬けましたんやわ。人にあげたり、自分でもちょびちょぴ大事に食べてた。初めてにしては、なかなかええ出来や。そう思うてたのに。こないだ、村の人からもろた奈良漬。カリカリしてて、アルコール度も高いみたいで、衝撃的やった。去年、私があげた白瓜で作ったんやって。ええー [続きを読む]
  • ときとき 「いち」の場合
  • ときときグッズ、スピカの場合は、これ。で、「いち」の場合は、と言うと、痩せて背骨が飛び出てるから、これやら、これやら、これも、骨にごつごつ当たるし、使わんようにしてる。「いち」様用ときときグッズは、これ。たかが歯ブラシと侮るなかれ。最近、おかちゃはこの歯ブラシにずいぶん助けられとります。今日も今日とて、「うーん、どうしょかなあ…」「食っべよかなあ、どっしよかなあ…」ちらっあ、はいはいはい、ただ今! [続きを読む]
  • ときとき スピカの場合
  • スピカは普段、ひとりでいてるんが好き。そのくせ、人間に対しては極めて甘えん坊。スピカの元ママはスピカのことを「甘え上手」って言うてたなあ。歳とってもそれは変われへん。今までどこかでひとりで寝ていたスピカが、トテトテトテとやって来る。私の目の前まで来て、ドテンと寝転ぶ。ん?  くねっこれがスピカの合図。あー、はいはい。「サロン・ド・おかちゃ」の開店です。とーき、とーき、とき。まずは自分で舐めにくいと [続きを読む]