猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農 さん プロフィール

  •  
猫とおかちゃと月光仮面    のんびりふんわり自然農さん: 猫とおかちゃと月光仮面  のんびりふんわり自然農
ハンドル名猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農 さん
ブログタイトル猫とおかちゃと月光仮面  のんびりふんわり自然農
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nekotookacha
サイト紹介文〜田舎でのんびり自給生活…のはずが     無農薬、無化学肥料の自然農。猫の手借りたい時もある〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/04/18 21:45

猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農 さんのブログ記事

  • 秘伝、開花
  • 台風シーズンの前に、倒伏防止紐張っとかんとなあ。と思いつつ、左手一本で杭打ちは…。どうしょうかなあ。覗き込んだ秘伝豆の葉ぁの間に、あらっ、咲いてるやん。しかし毎年思うんやけど、株の背丈の割に、秘伝豆の花って、ちっちゃ! [続きを読む]
  • キュウリの苦労
  • ツタンカーメン豆の支柱を徹底利用。地這キュウリ、オクラ(レディフィンガー)、金ゴマと、登るもん、丈の高なるもんを後作にした。ちょっと前の豪雨の時期、ほとんどのキュウリは曲がったり、とっくり型やったり。色も薄うて黄緑色やった。雨やんで今度は猛暑が続いて、実ぃ着くの止まった時期あった。その暑さも、ちょっとましになってきたかなあという頃、また実ぃ着き始めた。とっくり型やのうて、普通に真っ直ぐな実ぃが多い。 [続きを読む]
  • 虫も夏バテ?
  • 今年の夏は、青虫やらカエルやら蜂やら、畑であんまり見かけへん。アブだけが、ぶんぶん、ぶんぶんしつこい。それが、ここ二、三日、小さな生き物たちの姿を見かけるようになった。オクラの葉の陰に、あらら、おったんかいな、そんなとこに。そんな、慌てて逃げんでも。久し振りにお話でもしよや。おお、バッタさん。今までどこおったん。その葉っぱ、おいしい?目茶苦茶暑いのが、ちょっとましになってきたからかな。 [続きを読む]
  • 爪とぎやないっ!
  • 「いち」は私の手のギプスが大嫌い。薬飲ませる時、ただでさえ手の動き悪いのに、いやいやしまくる「いち」。ほんま、往生しまっせ。一方、スピカはと言えば、ゴロゴロゴロゴロ。ゴロゴロゴロゴロ。スピカ、やさしいねえ。おかちゃの手ぇ、心配してくれてるんやねえ。ほんま、やさ…ひっ!グサッ。バリッ。バリョバリョ、ゴロゴロ、バリョバリョ、ゴロゴロ…うわあぁぁ! [続きを読む]
  • おませさん
  • うちの畑の野菜たちは、なんでか皆おませさん。ツタンカーメン豆も毎年、だいじょぶかいな、ゆうくらい小さい時から花咲かす。そう言うたら、オクラもやねえ。今年、苗育てて移植した丸サヤオクラ「レデイフィンガー」。こないだふと見たら、おいおい。これ、実ぃちゃう?こっちの子ぉも。あんたら、まだ身長30?くらいやないの。 [続きを読む]
  • 多分、わたしのせい
  • 手の骨折って、一番困ったのは「いち」の投薬。見慣れんギプス、その匂い、ぎくしゃくしたおかちゃの動き。そら、いやいやしたなるわなあ。ご飯も食べてくれへん。四日も五日も食べてくれへん。最後の切り札、て言われてたシーフードも、ふんふんて匂いかいで、鼻で押しのけた。「預かり」不可のかかりつけ獣医さんにTEL、「いち」を通院させられない期間の往復60?往診、万が一、私が手術入院の場合の一時預かりなどの対応策を約 [続きを読む]
  • やってもた
  • ひょっとしてこのまま未経験で人生終われるかも。なんて思うたりしてたんやけど。甘かった。やってもた。畑で除草中に尻もちついて。手首のあたりで、なんか聞き慣れん音がした。運転でけへんからバスで病院行ったら、折れてます、って。お猫様の事情で入院手術はでけへんから、とりあえずギプスで頑張ってみることにした。しっかし、司書のWeb試験終わった直後。いつになく、畑の除草もほぼ済ませてた。なんちゅうタイミング!私っ [続きを読む]
  • 猛暑のおかげ
  • 大阪で、酷暑には慣れてるはずなんやけど。今年は日中の畑仕事、ようせん。で、夜明けとともに起きて、お猫様にご飯とお薬をお出ししてから畑に向かう。秘伝豆の足元の草刈り。白瓜は株元だけ草刈り。オクラとキュウリの一角も草刈り。終わったと思うてたけどまた花咲いてきたサヤインゲン。ほんなら、ということで足元の風通し良く。そのうち暑なってくるから、すたこら帰宅。普通の夏より、仕事はかどってるやん。 [続きを読む]
  • 毛むくじゃら
  • 今年は、暑い。山と川に囲まれたこの村でも、暑い。大阪から持ってきたクーラー、絶対使うことないわと、移住の翌年に処分してしもた。早まったかな。全身毛だらけの猫ども。毎日せっせとブラッシングしてやってるけど、やっぱり全身毛むくじゃら。そら、暑いわなあ。 [続きを読む]
  • 金ゴマ 定植
  • お腹の足しにはならんけど育ててるゆうたら、野草以外では、金ゴマとバジルくらいかなあ。毎年直播きしてた金ゴマ。発芽率がもひとつやから、今年は苗づくりに挑戦。苗はすくすく育ってくれて、それはよかったんやけど、問題は定植時期。クッソ暑い最中に、畑に移植せんならん。しょうがない、日の出前に起きて、お猫様達の朝食と投薬とはばかりの清掃を済ませ、6時ころから畑へ。金ゴマさん、背丈伸びるくせに茎は繊細。うっかり [続きを読む]
  • きれい と 怖い
  • 雨が降ると、この村の山はすごくきれい。靄がかかって、水墨画みたいになるのよ。けど、大雨や台風の時は、かなり怖い思いをする。裏手の山は、常にパラパラ石が落ちてきてるもの。今回、なんとか持ちこたえてくれたけど。崩れたら、ひとりで「いち」とスピカ守れるやろか。猫と泊まれるホテルとか、一時的に預かってくれる獣医さん探したけど、車で1時間以内には見つからんかった。なんとかせんとなあ。 [続きを読む]
  • スピカの弱点
  • ゆでた鶏レバーまぶして、なんとか食べ続けてくれてる「いち」。「いち」は、一食を5〜6回かかって食べる。一回ごとにお皿引き上げとかんと、たちまちスピカが平らげる。ところが最近、ズンズンズンズンズンズンズンズン…(「ジョーズ」のイメージで)出たー!「いち」の食べ残しに襲い掛かるスピカ!と、思うたのに、なんと、あの食いしん坊のスピカが、ふん! と突っぱねた。スピカ、鶏レバー嫌いやったんか。 [続きを読む]
  • カラスの無念
  • ガタン!て、音がしたら、カラスがうちの庭に近づいたゆうこと。下の家のトタン屋根を伝って、一段上にあるうちの庭に飛び移ってくる。たまたま家におった私が、ブルーベリーをつつこうとしたカラスを見つけた。「これっ!」言うたら、慌てて飛んで逃げた。今年、気ぃ付いた時には既に、ジューンベリーの実ぃは全部なくなってた。ブルーベリーくらいは口に入れたいやんか。取り急ぎ、捨てる予定やった透明ネット引っ張り出して、ブル [続きを読む]
  • 突き刺さるインゲン
  • 1週間ほど行けてなかった下の畑。きょうはリーキの苗、定植しましょ。思て、畑に入ってったら、えっ?サヤインゲン、実ぃついてるやん!ついこないだ花咲いたばっかりやと思てたのに。しかも、刺さってる。土にぶすぶす突き刺さってるやん。とりあえず、突き刺さってるやつ最優先で摘み取って、去年産の金ゴマで、胡麻和え〜。美味でございました。 [続きを読む]
  • あたしのん
  • きのうは、台風なんやけど、朝から病院で定期受診。それからえっちらおっちら電車乗り換えながら、明石の県立図書館まで。リニューアルオープンしたから、借りてた本返しに行った。で、帰って来たのは夕方。大急ぎでシャワー浴びして、猫姫様たちに夕食をお出しして、あーやれやれ。さて、読みかけの本の続きでも、て、思たら…、あ、あの、スピカ?ちょっとその本を、「やだもん」「あたしのだもん」ちなみにこの本のタイトル、「 [続きを読む]
  • 種とり
  • 毎年挑戦してるツタンカーメン豆の自家採種。いっつも途中でカビにやられる。今年はどうかなあ。赤目自然農塾の川口由一さんが教えてくれはったみたいに、食べる状態で採ったやつを乾かしていくんやけど。別嬪さんばっかりを集めて、一日サヤごと陽ぃに当てて、それから実ぃ出して陰干し。何日かかけて乾いたら、最期に一日陽ぃ当ててから保存。今年の種取り、うまいこといったらええなあ。 [続きを読む]
  • 田んぼのチビちゃん
  • 下の畑に向かう道、ふと田んぼに目をやると、何やら盛んに動くもの。おおっ、おったまじゃくしやんか。元気にしっぽ振って泳いでる。頑張ってんねんなあ、君たち。この田んぼ、薬使こてなかったらええなあ。なあ。 [続きを読む]
  • 肉食女子
  • 「いち」の拒食が丸三日続いて、獣医さんに連れてった。血液検査したら、いつものことやけど、肝臓も腎臓も優秀そのもの。「点滴しときましょう」ということで、これもいつものことやけど、点滴だけ射って終わり。え? ほなら、食べてくれへんのはどう解決したらええの?点滴終わって「いち」連れてきてくれた看護師さんに尋ねた。ささ身も全然食べてくれません。他に何か食べてくれそうなもんは?看護師さんが言うてはったもん、早速 [続きを読む]
  • 梅雨の侵入者
  • 田舎暮らしにつきものは、虫。夏場は、部屋の中までムカデが走り、コオロギが飛び回る。それを猫どもが追いかけ、猫パンチで戦い、齧りつき…。阿鼻叫喚!!!虫だけやない。雨の日ぃ、土間を歩き回るのは、蟹。外に出してやろうと、火ばさみで挟もうとしたら、いっちょ前に自分のちっこいハサミ振り上げて威嚇する。はい、はい、はい。傷つけないようにできるだけそーっとつかむ。「はなちぇ、はなちえええーっ!」すったもんだした挙 [続きを読む]
  • 梅仕事 2018
  • 今年も採らしてもろた村の梅。全部で3キロやった。きれいに洗ろうて、ひと晩水に浸けて、水切りしたら、ヘタとって、一昨年、去年と、梅エキスやら、カリカリ漬けやら、ふっくら煮やら、なんやらかんやら作ってた。今年はシンプルに梅サワーだけ。糖分は、三温糖と上白糖半々くらい。と、これだけにするつもりやったんやけど、やっぱ、欲出て、梅酒とやらを三種作ってみた。左から、黒糖、上白糖、三温糖。私、飲むんかなあ、梅酒 [続きを読む]
  • スピカの意地
  • 最近「いち」にかかりきり。あんまり感情を外に出せへんスピカやけど、やっぱなんか溜まってるんやろねえ。朝、私が布団から起き出すまでの間、枕の右と左にくっついてゴロゴロいう二匹。ところが、こないだから、トイレに起きて、戻ってきたら、「いち」の抗議にも、「渡すもんですか」 [続きを読む]
  • 苗さんたちの巣立ち
  • おうちで引きこもり、目指してせっせとポット育苗にいそしんでた。キュウリと白瓜。トマト。バジル。リーキ。それぞれ大きなったんで畑に移して、いよいよ独り立ち。第一陣、キュウリ。ツタンカーメン豆の株間に「お邪魔しまんねんわ」。第二陣、白瓜。こちらは、いじけ玉ネギの条間にやっぱり「邪魔するで〜」。第三陣は、トマト。専用畝作ってもろて、堂々の一列縦隊。と、思たのは甘かった。第四陣として乗り込んできたバジルさ [続きを読む]
  • ごめんやっしゃ
  • 支柱立てるの苦手。赤目自然農塾の川口由一さんは、細い竹使こうて、毎年エンドウの支柱立ててはった。これぞ自然農、ゆう感じの、趣のあるきれいな支柱やった。私、自由に使こうてええ竹ない。で、園芸用の支柱とネットで組み立てる。ツタンカーメンとスナップだけではもったいないから、エンドウが終わってもできるだけ使い回す。今年、ツタンカーメン豆の支柱足元にオクラ播種。ツタンの株間にキュウリ苗定植。地這キュウリやけ [続きを読む]
  • 一筋縄
  • なだめても、すかしても、一口も食べてくれへん「いち」。ドライやら缶詰やら鶏ささみやら、手を替え品替えお出ししても、プイッ。四日目、頭骸骨が浮き出てきて、歩くのもフラフラ。これはもうあかんと、獣医さんに連れていく準備。ケージに入れる前に、ダメもとでと、もう一匹の猫、スピカのフードを目の前に置いてみた。そしたら、なんと。なんと、なんと、なんと。食べてくれたではありませんか!ちょこっとずつやけど、寝転ん [続きを読む]
  • ツタンちゃん お輿入れ
  • 昨秋、この町にも初めて「道の駅」ができた。数年前から参加してた特産品づくり勉強会のからみで、私もツタンカーメン豆を出荷してみることになった。元気に育ってくれたお豆さんたちを収穫して、その中でも選りすぐりの別嬪さんたちをパックに詰めて、PCで打ち出したシールをちまちま貼って、ツタンカーメン豆ご飯のレシピつけて、はい、元気で行ってらっしゃい。おいしい豆ご飯になって、喜んでもらうんやで。 [続きを読む]