ぶう さん プロフィール

  •  
ぶうさん: ぶう@シーゲル派 資産形成日記
ハンドル名ぶう さん
ブログタイトルぶう@シーゲル派 資産形成日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/buutaro1211/
サイト紹介文老後資金確保を目指し、たばこ株を中心に生活必需品セクターと小型株に投資しています。
自由文年金、税金、老後生活設計などの話題も織り交ぜて、役に立つ情報をお届けすることを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供448回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2015/04/18 22:12

ぶう さんのブログ記事

  • つみたてNISA、どこで買う? 金融機関で扱いに大差
  • 2018年から始まる「つみたてNISA」をどこで買うべきか、という記事を見つけました。つみたてNISAは金融庁が投信を絞り込んだので、どこで買っても同じかと思っていましたが、実情は異なるようです。日経マネー研究所の記事をご紹介します。つみたてNISA、どこで買う? 金融機関で扱いに大差要点をまとめます。・ 来年から始まる「つみたてNISA」の口座開設受け付けが今月始まった。年40万円までの投資額なら運用益が20年間非課税 [続きを読む]
  • 「親が亡くなる前」に行う節税対策の王道
  • 一般に相続する遺産の配分は、配偶者が1/2で、残りの1/2を子が分けると聞いています。しかしながら計画的に進めると、遺書によらなくても相続先をコントロールできるようです。プレジデント・オンラインの記事をご紹介します。「親が亡くなる前」に行う節税対策の王道要点をまとめます。・ 相続税をゼロにする裏技はない。しかし、いまある制度を使ってかなり節税をすることは可能。・ 預貯金などまとまった金融資産がある場合の [続きを読む]
  • 「残った卵」が利益生む 格言の真意とは?
  • ひとつのかごに全ての卵を入れないという例え話が非常に深淵であるという記事をご紹介します。日経マネー研究所からのご紹介です。「残った卵」が利益生む 分散投資の格言、その真意要点をまとめます。・ 分散投資が重要とよく言うが、リーマン・ショックでは世界中の株が下がり、分散投資した資産全てが損になった。本当に分散が重要と考えていいのか?リーマン・ショックの時は確かにどの資産クラスも損失になったが、回復局面 [続きを読む]
  • iDeCoとNISAと「つみたてNISA」 選ぶならどれ?
  • 2018年から新たに「つみたてNISA」の制度がスタートします。iDeCo、現行NISAと比較して、検討すべきポイントをまとめた記事をご紹介します。日経マネー研究所の記事です。iDeCoとNISAと「つみたてNISA」 選ぶならどれ?要点をまとめます。・ iDeCoは特に「老後のお金を準備する」のが目的の制度。お金は60歳までおろせないが、公的年金の補完という位置づけで掛け金が全額所得控除され、運用益が非課税になる優遇措置は受け取り [続きを読む]
  • 貯金「1000万円の壁」を越えられない人の共通点
  • 貯蓄の中間目標額を突破するのはなかなか難しく、時間が掛かります。今回は1000万円の壁を超えるためのコツをまとめた記事をプレジデント・オンラインからご紹介します。。貯金「1000万の壁」を越える人の共通点要点をまとめます。・ 貯蓄額には100万円、500万円の壁があり、その後 1000万円の壁がある。一般にセカンドライフスタートまでに老後資金として3000万円が目安になるといわれるが、退職金や企業年金だけではその半分く [続きを読む]
  • 親の財産管理は任意代理で 預金引き出しや証券移管
  • 引退後には3つの状態があると思います。① アタマも身体もしっかりしている状態② アタマはしっかりしているが、身体が思うように動かない状態③ 認知症になってしまった状態①は自分で何事もできますので問題ないとして、②、③で使える制度について日経マネー研究所の記事をご紹介します。親の財産管理は任意代理で 預金引き出しや証券移管要点をまとめます。・ 親が高齢になると、有料老人ホームの入居一時金や医療費の支 [続きを読む]
  • 冬の光熱費を節約する3つの鉄板ルール
  • オール電化のウチの場合、電気使用量はなぜか冬季偏重型です。原因がエアコンなのか、エコキュートなのか切り分けていませんが、そろそろ電気代が膨らむ時期になりました。そんなウチでも課題である冬季の光熱費を節約する方法について、All Aboutの記事をご紹介します。冬の暖房費・光熱費を節約する3つの鉄板ルール要点をまとめます。ポイント1: 電気・ガス会社、料金プランの見直し・ 電気代の固定費といえば、基本料金。20 [続きを読む]
  • 災害で自宅が全壊したら、住宅ローンはどうなる?
  • 東日本大震災のときは、被災者の方のダブルローンが問題となりました。最近は、このダブルローンの問題に制度的なフォローがなされているようです。プレジデント・オンラインの記事をご紹介します。災害で自宅が全壊。どうなる住宅ローン要点をまとめます。・ 地震や津波で自宅が被害を受けたら……。賃貸住宅を借りたり、自宅を建て替えたり、新たに住まいを整える必要がある。その際に大きな負担になるのが、元の自宅の住宅ロー [続きを読む]
  • お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう
  • 記事のタイトルから節約系の記事かと思いきや、積み立て投資を勧める記事でした。東洋経済オンラインの記事をご紹介します。お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう要点をまとめます。・ 個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」や、来年から始まる「つみたてNISA(積立NISA)」といった積み立て投資への注目が集まっている。iDeCoとつみたてNISAの2つの大きな特徴は節税だが、積み立て投資そのもののにもメリットがある。・  [続きを読む]
  • 配偶者控除、2018年から見直し 103万の壁は150万に
  • パートで働く方々は、年間の給与収入が103万円を超えないように調整する方も多いですね。給与が増えても、配偶者控除が減って税金も増え、ムダ働きになるのを防ぐためですが、その配偶者控除のしきい値が2018年から変わります。日経マネー研究所の記事をご紹介します。配偶者控除、来年から見直し 103万の壁は150万に要点をまとめます。・ 配偶者控除は妻の給与収入が「103万円以下」の場合に適用され、夫の所得から38万円を控除 [続きを読む]
  • ぎりぎり家計は「今より稼ぐ」が最善策
  • 世の中の家計関係の記事は、具体的な節約を方法を提案するものが多いですが、逆転の発想で「収入を増やせばいい」という記事を見つけましたのでご紹介します。日経マネー研究所の記事です。ぎりぎり家計のストレス解消 「今より稼ぐ」が最善策要点をまとめます。・ 普通に生活するために必要なお金が、仕事から得られる毎月の定期収入ではギリギリの状態、これはとてもストレスの強い状態といえる。ストレスを解消するような選択 [続きを読む]
  • 山崎元氏がシンプル解説 「iDeCo」活用4つのポイント
  • ダイヤモンド・オンラインに山崎元さんがiDeCoを解説していましたので、ご紹介します。急拡大の「iDeCo」活用4つのポイント、山崎元がシンプル解説要点をまとめます。・ iDeCoの他に、近年導入された運用の仕組みとして「NISA(少額投資非課税制度)」、さらに来年から始まる「つみたてNISA」がある。これらの得失を大まかに比較・要約する。・ 給与所得などの課税所得のある人は、iDeCoの所得控除が圧倒的に [続きを読む]
  • ビジネスで成功する秘訣とは?
  • 過去に本業と関係ない簿記を勉強したことがありますが、投資をするために財務諸表を読むくらいにしか活かせていません。しかも、時間が経つと制度も変わってくるので、少し置いて行かれています。「『自分への投資』があまり役に立たない理由」という東洋経済オンラインの記事を見て、自分のことを言われているように感じましたが、内容はさらに深いものでした。「自分への投資」があまり役に立たない理由要点をまとめます。・ 商売 [続きを読む]
  • 1000万円つくれる人は1億円つくれる人
  • 魅力的なタイトルの記事を見つけましたのでご紹介します。All Aboutの記事です。1000万円つくれる人は1億円もつくれる人要点をまとめます。・ 40歳にときに1000万円あると、リタイアまでの25年の間に7.2%複利で運用できれば6000万円まで増やすことが可能。さらに、その25年間に毎月5万円のつみたて投資をすると、1億円にもなる。1000万円から1億円に飛躍できるひとには、特徴がある。・ プラン(Plan)お金を着実に増やせる人は [続きを読む]
  • 税を還付し損なってませんか? ホントは身近な医療費控除とは?
  • サラリーマンの確定申告と言えば、「住宅ローン減税」と「医療費控除」が多いと思います。今日はこのうち、見どころの多い医療費控除についてまとめます。今回のリンクは全て国税庁サイトから引いています。①概要医療費を支払ったとき(医療費控除) その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。(1)納 [続きを読む]
  • Amazon投資関連書籍 売れ筋ベスト10 (17年10月)
  • 好評企画のAmazon投資関連書籍売れ筋ベスト10。今回は証券・金融市場のジャンルからのご紹介です。1位 マンガーの投資術 デビッド・クラーク著2017年9月7日発売の新刊です。2位 ローソク足チャート究極の読み方・使い方 伊藤智洋著3位 デイトレード オリバー・ベレス著4位 プライベートバンカー カネ守りと新富裕層 清武英利著5位 5000円ではじめる仮想通貨投資入門 上野義治著6位 「お金」のイメチェン MACO著7位 世 [続きを読む]
  • 起業のコツは「ギブオンリー」
  • 定年後を就業を考えると、起業して仕事できる「技」をひとつでも持っておきたいところです。そんな起業のコツを解説する記事を、日経マネー研究所からご紹介します。定年後の起業 立ち上げのコツは「ギブオンリー」から要点をまとめます。・ ビジネスは常に「ギブアンドテイク」の概念で成り立ってる。どちらか一方にだけメリットがあるのであれば、取引そのものが成り立たない。ところが、ビジネスをスタートした当初はギブアン [続きを読む]
  • 太陽光発電投資 8年間のまとめ
  • 東京郊外に今の家を建ててから8年が経ちました。それに伴って、我が家の定格3.1kWのソーラーパネルも稼働8年になりました。そこで8年間の太陽光発電の成果についてまとめておきたいと思います。あくまで東京郊外ですので、日照時間の長い地方ではもっと発電すると思います。発電量の年間平均値3320kWhで、標準偏差はσ=118kWhです。めったに起こらないとされる-3σでも-10.5%にしかならないので、そこそこ安定している気がします [続きを読む]
  • iDeCoの放置は禁物 始めたらサイトで見守ろう
  • タイトルからしてリバランスを勧める記事かと思いきや、リスク・リターンの関係を検討するツールの紹介まである記事でした。日経マネー研究所からのご紹介です。iDeCo、放置は禁物 始めたらサイトで資産見守ろう要点をまとめます。・ iDeCoやDCの加入者サイトは、加入したら何年、何十年もつきあい、それを通じて自分の年金資産を守り育てていく大切なツール。せめて年1回ぐらいは、当初自分が決めた資産配分から残高の割合が大 [続きを読む]
  • サラリーマンでもこんな時、確定申告が必要
  • サラリーマンの皆さんは確定申告が縁遠い方が多いと思います。でも、意外に税金が返って来ることがありますので、All Aboutの記事をご紹介します。サラリーマンでもこんな時、確定申告が必要要点をまとめます。・ 通常は確定申告に縁のないサラリーマンでも、マイホームを購入した、結婚したなど、生活に変化があった時には税金の計算方法も変わり、申告が必要なケースが出てくる。生活環境が変わった際に必要となる確定申告につ [続きを読む]
  • タバコ株のリターンは復活するのか?
  • MSCI World 株価指数と比較して好調なMSCI World Tobacco Index(PDF)。累積騰落率で見るとかなりの高収益です。一方で、年次の騰落率で見ると、2012年以降やや停滞気味になっています。2017年は年初来の数値+10.48%を入れていますが、米国FDAが規制強化を打ち出した過去3ヵ月では -7.9%。MSCI World株価指数の年初来 +16.01%、過去3ヵ月 +4.84%を大きく下回っています。今後、タバコ株のリターンは復活するのでしょうか?ブログラ [続きを読む]
  • 35歳から3000万円を貯めるには
  • 35歳くらいは家を買う時期にも重なるので、老後資金貯蓄にスタートを切れるか微妙ですね。その状況でも65歳までに3000万円貯めるための方法を示した記事をご紹介します。プレジデント・オンラインの記事です。35歳が3000万を貯めるには何年かかるか要点をまとめます。・ 老後資金を用意するなら、元本を利回りで増やし続ける「複利効果」を得られるから早く始めるほうが有利。毎月5万円を30年間積み立てると1800万円になるが、こ [続きを読む]