カヨコ さん プロフィール

  •  
カヨコさん: 楽しい年金生活
ハンドル名カヨコ さん
ブログタイトル楽しい年金生活
ブログURLhttp://tanoshiiseikatsu.over-blog.com/
サイト紹介文パリ在住の年金生活者です。旅、食、生活、愛犬、最新情報で構成しています。写真も見てください。
自由文愛犬キャバリア・キング・チャールズとの日々の生活から生まれる独り言を書いています。自分の為に消えゆく記憶を留めようと始めたブログですが、書類の手続き、食情報、役に立たない情報まで広範囲に渡っていることに今気が付きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/04/19 20:13

カヨコ さんのブログ記事

  • パリで食パン! Pain de mie à Paris
  • Carré pain de mie / 5 rue Rambuteau, 75004パリで日本の食パンが買えるというのでその店へ行ってみました。去年11月にオープンした「食パン」専門店はマレ地区にあります。その名も四角を意味する「カレ Carr é」、店を入ってすぐ右に四角い食パンが並んでいました。専門店とだけあって売られているのは北海道産小麦の食パンとフランス産小麦の食パンのみです。日本で言う3斤のパンを単位とし、前者が8ユーロ、後者が7ユ [続きを読む]
  • この世界の片隅に Dans un recoin de ce monde
  • Dans un recoin de ce monde chez Gilbert Josephフランスでのマンガの出版は年々増しているようです。「マンガ」という言葉はすでに「日本の漫画」として定着し、書店に行くと「ショウジョ」「ショウネン」というカテゴリーに分けられ、マンガが並んでいます。 こうの史代原作の漫画「この世界の片隅に」は、2008年に日本で単行本として発行され、現在まで115万部を突破したヒット作品です。2011年に実写版でドラマ化 [続きを読む]
  • 雪のパリ Paris sous la neige
  • Avenue des Gobelins昨日の朝からチラホラと舞っていた雪が夕方から積もり始め、今朝起きたら12センチも積もっていました。こんなに積もるのは5年ぶりで、その時は愛犬の朝の散歩に外へ出たのは良いのですが、真っ白な雪に覆われた歩道を汚すような気がして、足を踏み出すのが躊躇われたものでした。 今日はもう9時を過ぎていたので、多くの人が道を行き交い、車も普通に走っておりました。でも雪に慣れていないパリとその近郊 [続きを読む]
  • カップケーキ Cupcake
  • Cupcake au yahourt結構気に入った味のカップケーキが出来たので、忘れないうちに分量を記録することにしました。先週、最高に美味しいパウンドケーキに出会ったので、この味を再現すべく頑張りましたが、思うように行かず、代わりに辿り着いたのがこのカップケーキです。「オリーヴ油とレモン」がポイントのパウンドケーキはしっとり感とレモン風味が絶妙でしたが、再現はあきらめ、お店で買うしかないという結論に達しました。 [続きを読む]
  • フランス老人ホーム事情  EHPAD
  • Manifestation du 30 janvier 2018 / ©Libérationフランスは社会運動の盛んな国、マニフと呼ばれるデモは毎週どこかで行われています。昨日は老人ホーム職員の全国規模のマニフがありました。動員率は31,8%で、ホームを通常通り運営しつつの数字としては驚異的とも言えます。 それは、年々増える一方の要介護老人を収容できる施設が足りないことが根底にあります。施設の老朽化と職員不足から来る様々な問題が表面化、現場 [続きを読む]
  • 書家・中嶋宏行個展  Calligraphe Nakajima à Paris
  • Exposition Hiroyuki Nakajima "Be Here Now"書家の中嶋宏行氏の個展が今日から始まりました。パリの北マレー地区にあるピエール・イヴ・カエール画廊(Pierre-Yves Caër Gallery)で2月24日まで開かれています。この画廊は2017年10月にオープンしたばかりで、日本の現代美術を専門としています。 中嶋氏は画廊にとって3人目のアーティスト、これまで日本とイタリアを中心に活動し、ドイツ、フランス、フィンランド、ア [続きを読む]
  • 雨のパリ Paris sous la pluie
  • La Conciergerie et le Pont au Change 今日も朝から雨が降っています。去年の12月からほとんど青空が仰げません。大気汚染の所為ではなく天候不良のためです。年が明けても空模様は相変わらずで、メテオ・フランス(仏気象庁 Météo France )によると、1月23日の時点で、1月にパリに雨が降った日は14日、晴天日は1日だけという結果が出ました。これまでのところ、日照時間は31,9時間、1月の平均日照時間62,5時 [続きを読む]
  • ジェフ・クーンズの贈り物 Don de Jeff Koons
  • ジェフ・クーンズはアメリカ人の造形作家。世界で最も影響力のある100人の現代アーティスト・リストに常にランキングされています。2008年には「バルーン・フラワー」が存命のアーティスト作品としての最高値を付けました。最新のレクサスのCMにも彼の作品「バルーン・ドッグ」が登場します。 Une simulation "Bouquet of Tulips" / Jeff Koons / NOIRMONTARTPRODUCTION そんなクーンズの新しいオブジェがパリ市に寄贈され [続きを読む]
  • ブリュッセルのプチ・シュー Chouconut de Bruxelles
  • シューコナット Chouconut はブリュッセルのサン・ジル広場にほど近い大通りにあります。高級菓子店ヴィタメールやマルコリーニが軒を並べるグラン・サブロンと異なり庶民的で下町の雰囲気を残すこの地区には新しい店が続々誕生しています。その中で目立つのは「ビオ」と呼ばれる自然食品やフェア・トレード製品を扱う店、エコロジーが共存している街とも言えます。 Avenue Jean Volders 46, 1060 Saint-Gilles, Belgium 3年前に [続きを読む]
  • フォーチュン・クッキー Fortune Cookie
  • フォーチュン・クッキーに初めて出会ったのは私がまだ若かった頃のことです。サン・フランシスコの中華街のレストランで食事の最後に供されたのがこのクッキーでした。料理の味は思い出せませんが、店の壁にかかっていた「川が流れる不思議な絵」とこのクッキーは今でもよく思い出します。玉子せんべいのようなクッキーは二つ折りになっていて、中に「おみくじ」が入っていました。 こんな楽しいクッキーなのにアメリカ以外の国で [続きを読む]
  • 粉ミルク汚染問題 Lactalis
  • ラクタリス社 製 造の乳 児 用粉ミルクがサルモネラ菌に 汚 染されていた 問題 はフランス国内のみならず、世界 規 模で 広 がっています。 最初 に汚染が懸念されたのは 去年の8月のことですが、ラクタリス社も 衛 生管理公的 機関 も 製 造工 場 には 問題 がないとして、汚染を防ぐ努力をしませんでした。20人の被害者を出し、 汚 染が疑われる粉ミルクの回 収 命令が出たのは12月 2日 のことです。 リステリア菌などの [続きを読む]
  • サン・ジル地区の「民衆」カフェ Maison du Peuple à Saint Gilles
  • ブリュッセルの住宅地サン・ジルの大広場に「メゾン・デュ・プープル Maison du Peuple」(民衆の家)はあります。赤煉瓦のこの建物は1905年に建てられました。労働者の為に19世紀末からベルギーやフランス各地にできた建物のひとつです。殆どの建物は取り壊されて残っていませんが、このサン・ジルの家は1995年に町が買い取り、骨組みに使われたアール・ヌヴォーを活かして修復され、現在に至っています。 当時は労働党が [続きを読む]
  • ムフタール通り「パピヨン」は日本タッチ  Japan Street Food "Le Papillon"
  • パリ5区にあるムフタール通りは南北に走る古い古い通りです。ひと昔前の懐かしい雰囲気を漂わせる市場街は内外の映画監督を惹きつけます。スピルバーグも「ミュンヘン」のロケでここへやってきました。そんなムフタールに日本タッチの軽食を出す小さな店の誕生です。以前は下町っぽいレトロなカフェ「ル・パピヨン」があったのですが、いつの間にか日本風の軽い食事の店に変わったのです。 早速、ランチを取りに新装開店の「パピ [続きを読む]
  • 坂倉準三展がパリで始まる Junzô Sakakura : une architecture pour l'homme
  • 明日から坂倉準三展(Junzô Sakakura)がパリ日本文化会館(Maison de la culture du Japon à Paris)で始まります。阪倉は戦前にパリ万博(1937年)の日本館設計で一躍有名になり、戦後も東急文化会館や日仏学院など多くの主要な建築を手がけましたが、1930年代にル・コルビュジエ(Le Corbusier)に師事し、パリに暮らしたことは案外知られていません。 コルビュの家具担当として活躍したシャルロット・ペリアン(Char [続きを読む]
  • シャンタルの光の本 Livres de lumière
  • 素敵なランプを作るシャンタル・ペラン(Chantal Perrin)は元映画女優です。1976年製作の「タタール人の砂漠」( Il deserto dei Tartari )はジャック・ペラン主演で脇役にはジュリアーノ・ジェンマはじめ当時のスター勢揃いという大作ですが、シャンタルもこの映画に出演しています。映画プロデューサーとしても活躍した彼女は、いつの間にか映画の世界を離れ、家で好きなランプ作りをするようになりました。彼女の作るラン [続きを読む]
  • 日本から見たフランス大統領選!Présidentielle vue par les japonais ?
  • 2日前からフランスで話題になっているのが NHKの「これでわかった!世界のいま」という番組で放送された大統領選の説明です。3月27日にフランスの日本カルチャー・ファン向けネットニュース・サイト「ドウゾドウモ」(DozoDomo)がこの放送を取り上げ、その記事がツイッター経由で拡散し、翌日には主要メディアが挙ってこれを伝えることになったのです。 ル・モンド紙(Le Monde)ネット版に載ったのは28日夜のことですが、 [続きを読む]
  • 混迷深めるフランス大統領選  Présidentielle 2017
  • © @ChaunuShowあとフランス大統領選まで1ヶ月、候補者のテレビ討論会も始まり、選挙戦が盛り上がってきました。でも未だ決定的な候補者がいません。保守・中道の予備選挙で選ばれた統一候補フィヨン元首相(François Fillon)は昨年11月の時点では限りなく大統領の座に近づいていました。ところが1月に出た架空雇用による公金流用疑惑、ペネロープ・ゲート(Penelope Gate)で支持率をじわじわと減らし、今では2位に大きく [続きを読む]
  • 春のお菓子は桜餅 gateau "Sakura-mochi"
  • この季節、日本の街は桜にあふれます。テレビは天気予報の度に「桜情報」を流します。昨日は「東京の桜が開花」というニュースがトップでした。なんでも「靖国神社の桜の木に5つ以上の花が咲いた」ということで、開花宣言となったそうです。毎月イベントに沸く日本ですが、この季節は間違いなく「お花見」つまり日本じゅうが桜ファンになります。 私も例に漏れず、俄か桜ファンになり、桜餅を作ってみました。関東と関西では材料 [続きを読む]
  • 1947年発行フランスのパスポート Passeport publié en 1947
  • 最近、亡き夫の遺品を整理していて、フランスの古いパスポートを見つけました。1947年に発行された義父のものでした。それを見て、子供達が笑っています。身体的特徴を記したページを読んで大笑いしているのです。覗いてみると、「身長」「目の色」以外にも「髪:ごま塩」「額:ふつう」「鼻:ふつう」「口:ふつう」「顎:丸い」「顔:楕円形」「肌色:ありきたり」と細々と書き込まれているではありませんか。写真が貼られて [続きを読む]
  • ディレ&カミーレ Dille & Kamille
  • ディレ&カミーレ(Dille & Kamille)がオランダのユトレヒトに1号店を開いたのは1974年のこと。 流行に関係なく、環境に優しいシンプルな日用雑貨を提供するコンセプトで人気を呼び、今ではオランダとベルギーに27軒も店があります。店内には、可能な限り自然素材を使って作られた製品があふれています。木やステンレス製の台所道具に様々な白い食器、100%コットンのリネン類、エコ石鹸、ブロッコリの水栽培キット、乾 [続きを読む]
  • 詐欺レターにご注意を! Attention à l’arnaque !
  • 最近は怪しげなEメールが飛び交っています。押し売りメールのことではありません。例えば、税務署を装ったメールです。「払い過ぎた税金をお返ししますので、次の項目を して下さい」と書かれたメールを受け取ったことはありませんか。メールアドレスは官公庁のそれによく似ていますが、チェックすると外国で登録されたアドレスです。それに加え、このメールが着信した私のアドレスは税金を支払う時に使っているものではあ [続きを読む]
  • ギャレット・デ・ロワ  Galette des Rois
  • 1月6日は公現祭(Epiphanie)、イエス・キリストの誕生からの12日間を指す降誕節の最終日です。この日にはギャレット・デ・ロワ(galette des rois)と呼ばれるお菓子を家族や友人と切り分けて食べます。アーモンド・クリーム(frangipane)入りの折りパイにはフェーヴ(fève)と呼ばれる陶製の小さな人形がひとつ入っています。フェーヴとはソラマメのことですが、昔は陶器ではなく、ソラマメを入れたことからこう呼ばれます [続きを読む]
  • フリーボックスのリモコン Télécommande Freebox
  • 昨日やっとフリーボックス(Freebox)の新しいリモコンが届きました。フリーボックスと言うのはインターネットとテレビと電話回線サービスを提供している会社「フリー(Free)」のモデムのことです。長年の使用でリモコンの各ボタンが摩滅したのか、ここ半年ほどチャンネル切り替えに苦労していました。そこで発見したのですが、リモコンが使えない時はお手元のスマホやタブレットにバーチャル・リモコンをダウンロードしてコント [続きを読む]
  • もうすぐ消えるポリ袋 Interdiction des sacs plastiques
  • 2017年1月1日からプラスティックの袋が消えます。つまり明日からです。今年の7月からすでにレジでは配られなくなっていた袋ですが、スーパーや市場で野菜や果物を入れる「あの薄い」袋も禁止になります。唯一植物性の袋のみが使うことを認められます。かなり前から自然食品店では紙袋が使われていますが、これがすべての店で適用されることになるわけです。 私の幼い頃は、乾物屋さんやお肉屋さんが竹の皮や新聞紙に品物を [続きを読む]