money2 さん プロフィール

  •  
money2さん: お金の相談室・借金問題(Money.Consult)
ハンドル名money2 さん
ブログタイトルお金の相談室・借金問題(Money.Consult)
ブログURLhttp://money-consultation-2.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文お金の相談室・借金問題(Money.Consultation)〜お金に関する様々な情報を発信します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/04/20 16:09

money2 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 用語集(た行)
  • 【 た行 】●担保お金を貸す人(債権者)が、お金を返してもらえなくなった時に備えて、お金を借りる人(債務者)から、不動産に抵当権を保証として設定することなどを言います。この抵当権が、いわゆる担保となります。債権者がお金を返してもらえない(契約の不履行)ことがあった場合、この抵当権を実行し、お金に換金して返してもらいます。いわば保険のようなものです。不動産や抵当権などを担保とする事を「物的担保」保証人 [続きを読む]
  • 用語集(さ行)
  • 【 さ行 】●債権者債権者とは誰かに対してお金等を返済してもらう権利を有する者のこと。簡単には、お金などを貸した人が債権者、借りた人が債務者となります。住宅ローンの場合は、銀行や住宅金融機構が債権者となり、ローンを組んだ人が債務者となります。また、この債権は売買されることもあり、債権を買ったところが新たな債権者となることもあります。●催告書債権者が債務者に対して債務の弁済を促すために行う通知のことで [続きを読む]
  • 用語集(か行)
  • 【 か行 】●買受人競売に入札し、落札した落札者のこと。 ●開示請求相手方が保有する情報の開示を求めること。 ●過払い返済金などを多く支払っている。支払過ぎていること。債務整理関連で頻繁に使用される言葉で、契約した借入利率が法律で定める上限金利を上回っている場合、金融事業者に対して必要以上の返済をしていることとなり、過払いが発生します。最近では消費者金融等を利用していた債務者が、この過払い金の返還を申 [続きを読む]
  • 用語集(あ行)
  • 【 あ行 】●預かり金預かり金とは、売買・賃借物件の仲介をしてくれる不動産業者に申込金などとして先渡しするお金。もちろん、契約不成立なら、戻ってくるお金。その言葉どおり、預かり金とは、一時的に不動産会社に預けるお金なので、もし支払ったとしても、領収証ではなく、必ず預り証をもらっておく。このお金は、契約が成立すれば、そのまま手付金などに転換されるし、不成立なら100%戻してもらう権利がある。●明渡し訴訟 [続きを読む]
  • 任意売却後の残債務
  • 任意売却が終わったあとの住宅ローンの行方? 任意売却が終わった後に残る住宅ローンの未返金金額のことを残債または残債務と言います。この残債は返済義務があります。また、この残債は債務(不良債権)という一種の商品になります。この不良債権は、債権回収会社に譲渡されます。なかには、債権回収会社別の債権回収会社へ次から次へと転売される場合もあります。そして、債権回収会社が変わる度に、通知が来て、連絡をするよう [続きを読む]
  • 任意売却をするメリット
  • 任意売却のメリットとデメリットメリット ・・・1)好条件で不動産売却ができる競売では、裁判所から委嘱された不動産鑑定士によって不動産の価値を調査します。最低売却価格は、市場価格よりも3〜5割ほど安く設定され、競売での落札価格も市場価格の8割程度に。 任意売却では、一般の不動産売買と変わらないので、市場価格とほぼ同じ価格になるために、 とても好条件での売却になります。2)住宅ローンの残債の対応を柔軟にして [続きを読む]
  • 不動産の任意売却とは
  • 任意売却とは、住宅ローンなど融資を受けている人(債務者)が支払いが困難になった場合、債権者(金融機関)との合意に基づいて 不動産を処分する手続きです。不動産を売却しても住宅ローンが完済できず、残債が残ってしまう状況で、債務者と債権者の間に不動産業者などが入り、不動産を競売にかけずに売却を成立させることです。競売の場合、落札後まで価格は分かりません。市場価格の6〜7割程度になることが多いです。 売却代 [続きを読む]
  • 保全・強制執行
  • 裁判が始まる前と裁判が終わった後にとる手続き (保全・強制執行)強制的に相手の財産を押さえる手続きとして、訴訟を始める前に「仮に」財産の差押え等を行う保全手続きと、勝訴判決が出た後に財産の差押え等を行う強制執行手続きの2つがあります。相手が任意に支払ってくれれば問題ないのですが、任意に支払ってくれない場合は、財産を差し押さえて、強制的に売却し、お金を回収します。保全手続きには ①仮差押え ②占有移転 [続きを読む]
  • 管理費滞納
  • マンションの滞納管理費等の回収分譲マンションにお住まいの場合、何年かに一度の割合で理事等の役員に就任しなければならないと思います。当該マンションにおいて特にトラブルがなければ良いのですが、中には管理費や修繕積立金等の支払いを滞納している方がいらっしゃることがあります。滞納があった場合に早期に対処していれば滞納額が多額にならずに済んだケースも、対処が遅れることで気付いたら何十万円、何百万円という多額 [続きを読む]
  • 未払い賃料・立ち退き
  • 未払い賃料の回収・建物明け渡し建物の入居者や駐車場の利用者(以下、「賃借人」と言います。)が賃料を長期間滞納している場合、勝手に賃借人の財産を売却して賃料に充当することはできません。また、大家様としては賃貸借契約を解除して入居者に退去や自動車の撤去をしてもらいたい場合も、大家様が勝手に鍵を交換して入れなくしたり、自動車を撤去することはできず、法的な手続に則って建物や駐車場を明け渡してもらう必要があ [続きを読む]
  • 診療報酬の回収
  • 診療報酬の回収入院費や出産・分娩費用等、診療報酬の未払いがある場合、大きな医療機関であれば回収担当の部署があったり、場合によっては定型的に顧問弁護士等に依頼して回収を図ることとなります。しかし、多くの医療機関の場合、専門の部署を置いていることは少なく、事務の方が担当して請求を行っていると思います。しかし、回収を担当されている方にとっては、モチベーションが上がる作業ではありませんし、場合によっては回 [続きを読む]
  • 売掛金の回収
  • 売掛金の貸金の回収人事業や会社の経営をされていると、少なからず売掛金の遅れ、最悪の場合は倒産による未回収という事態に遭遇することがあると思います。そのような事態に陥る前にいち早く債権を回収しておくことが賢明です。この売掛金の回収について、弁護士等の専門家に依頼すると着手金だけで10万円程度かかる場合が多く、金額によっては泣き寝入りしてしまうことが多くあると思います。【 債権回収の方法 】1) 内容証 [続きを読む]
  • 個人間の金銭トラブル
  • 友人・知人等への貸金の回収「ちゃんと後で返すから」 そう言われて友人や知人にお金を貸したものの、約束の日を過ぎても返してもらえない。また、たまに督促をしても、「もうちょっと待ってもらえればアテがあるから」と言われてずるずる先延ばしになっていることがありませんか?また、借用書なんて書いてもらってないから返してもらえないと思っていませんか?もう5年も前に貸したお金だから返してもらえないと思っていません [続きを読む]
  • 債務整理のメリットとは
  • 債務整理(借金整理)のメリット・デメリット債務整理とは?債務整理=借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きです。現在、日本には200〜300万人もの人が、借金問題で悩んでいるといわれています。借金問題で悩んでいる方の中には、自殺や夜逃げをされる方も多く、法律家に相談して借金の整理をする人は ほんの一部といえます。どんなに大きな額の借金でも法律で整理できない借金はありません。お一人で悩まずに、ま [続きを読む]
  • 自己破産とは
  • 自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」というものをもらい、全ての借金をゼロにするという手続きです。破産ができるのは、「支払い不能」となった場合です。支払い不能というのは、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されます。同時廃止と管財自己破産の手続きには2種類あります。「同時廃止」と「管財」です。裁判所に破産申立てをした際に、申立人に、債権者に配当するべき財産がある [続きを読む]
  • 個人再生とは
  • 個人再生というのは、ちょっと乱暴な言い方をすると、自己破産と任意整理の中間のような制度です。つまり、自己破産と同様に裁判所に申し立てをするのですが、自己破産のように全ての債務を免責にするというわけではなく、債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらって、任意整理のように、長期の分割払いにしてもらう、という制度です。減額幅は、任意整理よりは大きくなります。また、住宅ローンを抱えている方が 「どうして [続きを読む]
  • 過去の記事 …