ラボリーノ さん プロフィール

  •  
ラボリーノさん: 木工ブログ
ハンドル名ラボリーノ さん
ブログタイトル木工ブログ
ブログURLhttp://woodworking.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文丹波篠山で、休みの日に小さい木工作品を作っています。 主に木製テープカッター作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/04/20 21:25

ラボリーノ さんのブログ記事

  • ブックスタンド
  • ブックスタンド試作2。本体はもうこれでいいかと思います。手がかじかんで動かないので、火鉢で温めながらの作業です。豆炭は大昔のが余っていました。見た目は前回と同じですが、大きめに作っています。今回の新しいところは洗濯ばさみで本を開いたまま留めるところ。片方を取り外し、ベニヤに置き換えています。これは試作なのでベニヤですが、本番は透明のアクリル板を使います。裏面。こんな感じになってます。両側から留めた [続きを読む]
  • 錠剤シート入れ
  • 昔作った錠剤シート入れをダウンサイジングします。今の収納に入りにくいので。元々斜めに溝が入っていました。それを単純な貫通溝にします。樹種は楠ですので、加工時に樟脳のきつい香りがします。ベニヤ厚4.5mmを両側から接着しますしょぼいけど完成。 [続きを読む]
  • インチサイズのトリマービット
  • 昔買った、インチサイズのトリマービットもあります。軸径6.35mm。通常は6.00mm買った時は何も考えなかったのですが、ビット軸を締め付ける部品コレットコーンもインチサイズのものに交換する手間がかかってめんどくさいです。左がインチサイズ。ちょっとだけ違うので、わかります。今の時期、手がかじかむので、部品を落としたりします。 [続きを読む]
  • ステーショナリーステーション完
  • 後部は底上げするために2段にしたので昨日は1段しかできませんでした。残りの4パーツを接着完成したので大まかにベニヤを切ります。フラッシュトリムビットでならい加工。裏面から加工します。やっと完成して、オイル塗布をしていたら、一個だけパーツが外れてしまったので、1パーツだけ接着し直し。あとはオイルの硬化を待つだけ。会社に持って行きました。一件落着。 [続きを読む]
  • レザーソーの刃がやっと買えました。しかし
  • 木工をやるのに、ノミとかノコギリの手工具が絶望的に下手くそなので、ノコギリは仕上げラインに使ったことないです。なので、多少欠損や刃こぼれがあっても使いにくいことは確かですが、あまり気にしなかったのです。もうボロボロサイズを確かめて買いましたが、少し間違えていました。不細工ですが、使えるのでGOOD! [続きを読む]
  • 本読み台を試作
  • ここ一年ほどで、読書が習慣になったので、本読み台が欲しくなりました。そんなことで薄ベニヤで試作を作りました。角度はだいたいOKです。角度は固定にしようか、時々で変えられるようにしようか迷っています。読書を一瞬中断しても開いたままにしておけるよう100均で大きめの洗濯ばさみも購入済。・・・それだけではありません、数日前にスマホのアプリ、「AdobeScan」をインストールしたので、重要な部分をテキスト化しておきた [続きを読む]
  • 付箋ホルダー
  • デスクの小物はこのようにして収納パーツをくっつけているのですが、付箋を使う頻度が高くなり、付箋も入れられるものを作ります。USBメモリスティック4本ホワイトテープ電卓→大きいものに変更羽毛のダスター耳栓25×76mmの付箋6本15×50mmの付箋10本半透明の小さいポストイット?バラバラに作って、あとで引っ付けるので簡単です。細い溝加工はトリマーでは無理なので丸ノコで少しずらし2回切って溝を入れます。US [続きを読む]
  • よくわからないコースター製作
  • コースターを作りましたが、これはどうなんでしょう。樹種はハードメープル。座布団のような形に削り出し ↓カップを置くところを掘る ↓ペーパーで磨き ↓バーナーで焼く ↓水性ウレタンニスで塗装 ↓磨きと塗装を繰り返し。うらです。大きいミルクカップがギリギリ置けます。 [続きを読む]
  • 書棚完成。オイル固化まで待つ
  • 完成しました。こっちの方がシンプルでいいですね。あとはオイルが重合固化するまで待ちます。改造前のデザインは、書棚を移動する際に取っ手代わりに両端が出っ張った方が取り回しがいいし、ねじ留めが端っこすぎると効きがよくないと思ってのことでした。その考えは大切ですが、些細なことでした。 [続きを読む]
  • 書棚製作。大幅修正
  • いつもこのブログを読んでくださりありがとうございます。あけましておめでとうございます。元旦ですが、書棚完成までもう少しなので作業はじめ。寒いので震えながら作業。アクリル溶着の時、流れてしまった接着剤の跡を磨いて取り除く作業です。水研ぎ用の紙やすり #1000 で跡を取ったら、クルマのボディ用のコンパウンドで磨いてペーパー傷をできるだけ消していきます。引き戸が完成。収まりもばっちり。キャスターもつけました [続きを読む]
  • 書棚の引き戸製作。アクリルで
  • 引き戸を作ります。材料はアクリル板、厚2mmです。サイズは 横 205 x 高 245 mmです。0.5mmくらい大きめに作って、このように手押しで仕上げると綺麗な断面になります。刃の回転スピードはゆっくり。上部の棚に嵌めているのはサイズ確認のためにボール紙で作ったものです。下の棚に、アクリルで作った本番の引き戸が入っています。うまくはまりました。取っ手や隙間埋めを接着する作業が残っています。取っ手と隙間埋め用に四角の [続きを読む]
  • 書棚のオイル塗布
  • オスモカラーを使います。昔、フロア用を買ったのが残っていました。缶の中のオイルが、上層だけ固化していましたが、カッターでぐるっと切ってめくります。オスモは値段高いですが重合固化するのが早くとても使いやすいです。黄土色カラーです。粘り気が強いオイルですのでウエスで塗布しました。よく見ると変な構造部分がありますが失敗です。でも気にしません。もう少し作業が残っています。次回に続きます。 [続きを読む]
  • たくあん漬け
  • 若い頃は見向きもしなかった「たくあん」最近たくあんの旨さがわかりました。たくあんは家で漬けるシンプルなたくあんです。大根も家庭菜園で獲れたものです。量を確保できないので、短い大根とか赤い色の大根も使いました。来年のおたのしみ。 [続きを読む]
  • 自作の丸棒
  • 8mmのドリルビットであけた穴が、8.5mmに仕上がっていたので、作り置きしている直径8.0mmの丸棒がぶかぶかで使えません。そこで、少し大きめ8.5mmの丸棒製作に取りかかりました。コンパネで作った丸棒作り用トリマーテーブルです。電動ドリルとトリマーを同時に動かして丸棒を作るのです。丸棒作り。詳しくはYoutubeの私の動画をご参考ください。(木工)トリマーとドリルを使って角棒から丸棒を作る加工前の細い角棒が入る穴は以 [続きを読む]
  • 書棚作り続き
  • いったんクランプで組み立ててみました。今回はステン皿ねじ太さ4mm長さ30mmを使います。 ねじ穴は丸棒で隠すので、深めに穴をあけます。下穴もあけます。下穴2.5mmです。ねじを留めていき、背板は反っているので、角材を渡してクランプで押さえつけています。ねじ留めは終わり、埋め木は長さが足りなくて失敗していました。いくつかの失敗が重なって、もうどうでもいいと投げやりな心境になっていき、加工中の材料を落として傷つ [続きを読む]
  • 書棚製作続き
  • これはトリマーに取り付けるビットではありませんが、切削抵抗が少なく安全上問題ないですが、径が大きいので、トリマーベースを差し込んでからでないと取り付けらません。本来はジョイント用ビスケットの溝を木端に掘るビットだと思います。引き戸の溝掘りです。アクリルで引き戸を取り付けようと思います。本来の使い方ではないので、そのままでは深く掘りすぎるので、定規をトリマーベースに取り付けます。使い勝手が悪いトリマ [続きを読む]
  • 書棚の製作続き
  • しばらくやる気が出なかったので放置していましたが、書棚製作の続きです。図面は一度描いたけど、無かったので手書きの適当なメモで済ませます。木端を手押しかんなで直線にして、もう片方が平行になるように丸のこの定規を使って平行に切ります。でも、あまり綺麗に仕上がらないので、丸のこ加工の後、もう一回手押しに通します。手押しはうまく調整された状態でないと一定の厚みで削れてくれないので、一回だけ通しました。まあ [続きを読む]
  • ミドボンで炭酸水を作っています。
  • 水槽の水草を育てる目的でボンベやパーツを購入したのですが、水槽へのCO2の添加はうまくできなかったので諦めました。もう3年くらい前のことです。それで炭酸水作りにくら替えして以来、毎日炭酸水を作っています。液化炭酸ガスの緑色のボンベ、通称「ミドボン」。液体5kg入りのミドボンは炭酸水をたくさん作っても1年は持ちます。“たくさん”は、おおざっぱですが冬で1日1リットル。夏で1日4リットル分くらい作ってき [続きを読む]
  • 簡単な書棚を作る予定
  • 高さがデスクくらいの書棚を作る予定です。30冊くらい入る小さい書棚です。最近読書を習慣にしているので本が増えてきました。今は本を置く場所が少なくなってきているので、図書館で本を借りて読んでいます。この書棚が完成したら、また少しづつ買って行こうかと思います。材料はタモです。タモはまだたくさんあります。ダボで組む簡単な構造にするのですが、アクリル板で引き戸を取り付けようと思うので、そこだけちょっとまじめ [続きを読む]
  • ハードメープルでコースターを…パート1
  • ここ丹波篠山、兵庫県篠山市では味まつりで町が賑わっています。。頂き物。黒大豆の枝豆です。コースターを作ろうと思います。ハードメープルを使います。切ります。シンプルなコースターを作ろうと思います。テーブルエッジビットで端っこを絞ります。4辺と、おもてとうら。テーブルエッジビットは加工の手がかりにするだけで、これからあれを使ってザクザクっと削ります。久しぶりにマイクロプレーンの登場です。ざっくざく削る [続きを読む]
  • 鍋敷きを作りました。
  • 樹種はイエローバーチです。少し長い材なので、この材料から大きめ、小さめの2個作ります。早速作業開始、まずは横溝。横溝は材の端っこまで掘り抜きます。とにかくどんどんん掘っていきます。ストレートビット6mmで掘りますが、一気に掘れないので、少しづつ深く掘っていきます。深さ16mmの溝を4回くらいに分けます。結構きつい作業です。裏向けて、今度は縦溝を掘ります。縦溝は貫通させず途中で止めます。意匠的なことと、強度 [続きを読む]
  • ウォールナットのカップトレーを作りました。
  • 昔作ったカップトレー。樹種不明で木目もイマイチ。長らく作り直したいと思っていました。ようやく作り直す決心がつきました。いつもの適当なメモ。単純形状だし、今使っているトレーの寸法を測っただけ。なのでこれでOKプレナー加工済みのウォルナット材を使います。端材で売っているものはプレナー加工済みが多くて嬉しいですね。加工面が広いので、トリマーベースに取り付ける大きいベースを作ります。適当なコンパネがあったの [続きを読む]