ラボリーノ さん プロフィール

  •  
ラボリーノさん: 木工ブログ
ハンドル名ラボリーノ さん
ブログタイトル木工ブログ
ブログURLhttp://woodworking.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文丹波篠山で、休みの日に小さい木工作品を作っています。 主に木製テープカッター作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/04/20 21:25

ラボリーノ さんのブログ記事

  • ホームセンターで売ってるのと何が違うの?
  • よこ向きの板も、たて向きの板も、波打っているのでまっすぐに矯正しながら、ねじ止めして行きます。横向きの板が薄いので、木口のぎりぎりまでねじが迫っていますですので木口付近が割れているのがわかります。裏板も妥協して5.5mmのベニヤにしました。当初の予定から大きく外れてねじだらけのキャビネットの完成です。せっかくの無垢の木の木目が、ねじで台無しですが‥‥ホームセンターで売ってる単純なキャビネットを買っ [続きを読む]
  • 失敗はさらなる失敗を招く
  • 今日も板の接ぎ合せ作業から木口をアリ桟に加工こちらはアリ溝に加工最初は丁寧に作業をしているのですが途中からうまく行かなかくなり材に傷をつけてしまい怒りの組み立てどのみち間違いがあったのでアリ桟が効かない部分があってこのように浮いている部分が出ました結局ねじ止めする羽目にとりあえず中板を先に組み立てるというよくわからないプロセスです。組み立て時のキズ落下させたり一度失敗するとやる気を失い。また失敗す [続きを読む]
  • 縦挽きがへたでソーダスト量産
  • 今、薄めの材で棚を作ろうとしているんです元の材はタモの荒木材で厚が35mmこれを縦挽きするんです両面をきれいにプレナーがけすると32mmほどになりますバンドソーのふところの高さ制限があるので180mmに切って狭くします。そして縦挽きするのですが、へたなのか良くて12mm厚の材料が2枚しか取れません。バンドソーの身幅が1.5mmだとしても6.5mmが最終のプレナーがけで木屑と化したことになります挽いた面はガタガタでひどいです。 [続きを読む]
  • ホワイトオークのネルドリップスタンド製作。
  • ホワイトオークを使います力強い年輪ですね縦に挽きます久しぶりにバンドソーの出番縦挽きなので時間かかりました。1秒に1mmくらいしか進みません手押しで片面を綺麗にしてプレナーに通し綺麗に平面にします良い木目ですねあり溝を作りますこれも使うのは久しぶりです簡易の押さえ治具に固定して削りますこんな感じですホワイトオークは硬いので穴あけ苦労しました。立て板の「くびれ」はマイクロプレーンのドラム版があったを思い [続きを読む]
  • 木の本箱のフタを取り付け
  • 以前作った本箱やっぱり簡易でいいのでフタをつけます。できるだけ外の環境に直接影響を受けないようにするためです。小さめのヒンジがないので買いに行きましたフタはプラの薄板です硬質の塩ビで透明なのを買いましたヒンジは意外と使い方が難しくどう取り付けるか悩みました。とりあえず3つ分完成 [続きを読む]
  • 電気ドリル2種
  • どうしても下穴と皿もみを同時に加工したかったので昔、父が使っていた電気ドリルをひっぱりだしてきましたどちらも日立工機製です古い方は重心が手に近いので使いやすいです40年前くらいのものだと思います [続きを読む]
  • 避難用書棚
  • 本がいよいよ増えてきて、読んでいない本は紙袋の中に入れておいています。中古で読んだ本を一時的に収納する箱を作ろうと思います。高さを抑えて、メタルラックに入れようと思います。いきなり完成間近。あとは薄ベニヤで背板を取り付けます。内側は塗装済み。本が痛まないようにツルツルの状態にしています。組み立てはねじ止めです。こういうシンプルなものは直角に組み立てるのが、少しだけ難しいです。 [続きを読む]
  • ゴミ箱のフタを薄ベニヤで作る
  • ゴミ箱のフタを作ろうと、無駄な思考がよぎってしまいました。ベニヤで作ります。ヒンジで取り付けるので穴が3つ開けています。中古のヒンジがあったのです。ゴミ箱側にも穴を開けます。取り付け面が凸凹なので安定するように、余計なパーツをつけなければなりません。余計なパーツこんな具合うまく行きそうです。一回失敗して、2枚目のベニヤです。完成。開けるとこんな状態浪費した時間を返して!と自分に言いたい。 [続きを読む]
  • ネルドリップ置き続き
  • ネルドリップ置き。前回の続きですが、画像を撮るのを忘れていきなり完成です。あとは水に濡れてもいいように、食品衛生法に適合しているニスを塗ります。これは試作なので適当ですが、しばらく使ってくれるそうで、本番を作るまでの時間が稼げました。のこ接着用の角材がデザインの邪魔なので、次回は取り除いて別の接着方法を考えます。 [続きを読む]
  • ネルドリップ台製作開始。
  • ネルドリップの台を作って欲しいとの要望があり、作ることに。でもイメージがわきませんので、とりあえず、機能するものを作ることに。まずは試作です。ドリップの輪っかが嵌る穴を開けるために自由錐を使います。直径88mmの穴を開けます。開きました。T字に接着します。薄い平板でしかも柔らかい板を使うので接ぎ合せがなかなか上手くいきません。続く [続きを読む]
  • ブックスタンド試作2。
  • 本体はもうこれで本番にしようかと思います。手がかじかんで動かないので、火鉢で指を温めながらの作業です。豆炭は大昔のが余っていました。見た目は前回と同じですが、大きめに作っています。今回の新しいところは洗濯ばさみで本を開いたまま留めることができるパーツを制作しました。片方を取り外し、ベニヤに替えてます。これは試作なのでベニヤですが、本番は透明のアクリル板を使います。裏面。洗濯ばさみの丸いバネの応力が [続きを読む]
  • 錠剤シート入れ
  • 昔作った錠剤シート入れをダウンサイジングします。今の収納に入りにくいので。元々斜めに溝が入っていました。それを単純な貫通溝にします。樹種は楠ですので、加工時に樟脳のきつい香りがします。ベニヤ厚4.5mmを両側から接着しますしょぼいけど完成。 [続きを読む]
  • インチサイズのトリマービット
  • 昔買った、インチサイズのトリマービットもあります。軸径6.35mm。通常は6.00mm買った時は何も考えなかったのですが、ビット軸を締め付ける部品コレットコーンもインチサイズのものに交換する手間がかかってめんどくさいです。左がインチサイズ。ちょっとだけ違うので、わかります。今の時期、手がかじかむので、部品を落としたりします。 [続きを読む]
  • ステーショナリーステーション完
  • 後部は底上げするために2段にしたので昨日は1段しかできませんでした。残りの4パーツを接着完成したので大まかにベニヤを切ります。フラッシュトリムビットでならい加工。裏面から加工します。やっと完成して、オイル塗布をしていたら、一個だけパーツが外れてしまったので、1パーツだけ接着し直し。あとはオイルの硬化を待つだけ。会社に持って行きました。一件落着。 [続きを読む]
  • レザーソーの刃がやっと買えました。しかし
  • 木工をやるのに、ノミとかノコギリの手工具が絶望的に下手くそなので、ノコギリは仕上げラインに使ったことないです。なので、多少欠損や刃こぼれがあっても使いにくいことは確かですが、あまり気にしなかったのです。もうボロボロサイズを確かめて買いましたが、少し間違えていました。不細工ですが、使えるのでGOOD! [続きを読む]
  • 本読み台を試作
  • ここ一年ほどで、読書が習慣になったので、本読み台が欲しくなりました。そんなことで薄ベニヤで試作を作りました。角度はだいたいOKです。角度は固定にしようか、時々で変えられるようにしようか迷っています。読書を一瞬中断しても開いたままにしておけるよう100均で大きめの洗濯ばさみも購入済。・・・それだけではありません、数日前にスマホのアプリ、「AdobeScan」をインストールしたので、重要な部分をテキスト化しておきた [続きを読む]
  • 付箋ホルダー
  • デスクの小物はこのようにして収納パーツをくっつけているのですが、付箋を使う頻度が高くなり、付箋も入れられるものを作ります。USBメモリスティック4本ホワイトテープ電卓→大きいものに変更羽毛のダスター耳栓25×76mmの付箋6本15×50mmの付箋10本半透明の小さいポストイット?バラバラに作って、あとで引っ付けるので簡単です。細い溝加工はトリマーでは無理なので丸ノコで少しずらし2回切って溝を入れます。US [続きを読む]
  • よくわからないコースター製作
  • コースターを作りましたが、これはどうなんでしょう。樹種はハードメープル。座布団のような形に削り出し ↓カップを置くところを掘る ↓ペーパーで磨き ↓バーナーで焼く ↓水性ウレタンニスで塗装 ↓磨きと塗装を繰り返し。うらです。大きいミルクカップがギリギリ置けます。 [続きを読む]