キースオジンQ日記 さん プロフィール

  •  
キースオジンQ日記さん: キースオジンQ日記
ハンドル名キースオジンQ日記 さん
ブログタイトルキースオジンQ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/keithhorii
サイト紹介文好奇心の向くまま色々な事に関心を持ち、毎日書いてます。海釣、各種音楽・美術鑑賞、城跡巡り、鉄道。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/21 17:23

キースオジンQ日記 さんのブログ記事

  • 東栄町 設楽城・別所城
  • 愛知県東栄町にある設楽城跡に行ってきました。この城は、平安末期に築城された古い城ですが、築城に関しての詳細はわかっていません。戦国時代には廃城になったと言われています。細長い尾根を大きな堀切で遮断し、主郭は土塁で囲まれた分かりやすい造りになっています。設楽城跡につづき近くの別所城跡にも行きましたが、碑があるだけで見るべき遺構は、あまりありません。 [続きを読む]
  • 岩瀬文庫「文明開化の音がする」
  • 西尾市の岩瀬文庫で開かれていた企画展「文明開化の音がする」を見てきました。この企画は、今年 明治150年にあたることから新旧の文化が入り交ざった明治独特の空気、新しい時代への好奇心が詰まった本を展示し、明治時代を感じるというものです。錦絵で見る明治・西洋への好奇心・明治の新聞と雑誌など5つに分類し展示されてました。わかりやすい展示で明治時代を感じました。 [続きを読む]
  • 長野県治部坂 OB会
  • 長野県治部坂にある元の会社の保養所に昔の職場の仲間が集まりました。何年かぶりの人もいて懐かしく、昔話に花が咲きました。食べて飲んでカラオケをして楽しい時を過ごしました。会社を退職し、話すことは、今やっている趣味のこと・孫のことなど色々な参加者の話が聞けました。ここは長野県と愛知県の県境にあり、標高も高いので、暑い夏の日 避暑には最高です。 [続きを読む]
  • 新日本100名城 吉田城
  • 豊橋市の吉田城に行ってきました。ここには何度か訪れてますが、今年、4月に続日本100名城になったこともあり、そのスタンプを押すことも目的でした。スタンプは鉄櫓の中においてあり、その櫓の三層の上まで上がれます。そこからは豊川が見えます。1500年頃、牧野氏が築城し、三河と遠江の国境に近い城として今川氏・松平氏・徳川氏・武田氏との間で攻防戦があった城です。この櫓には、その歴史がわかる展示がありました。 [続きを読む]
  • 二川宿本陣資料館「とよはしの旗本たち」
  • 豊橋市の二川本陣資料館にて開催されていた「とよはしの旗本たち」展を見てきました。江戸時代 豊橋は吉田藩が治めていましたが、一部、旗本が治めていたところもあり、今回の展示でそれが紹介されてました。大崎領主の中島家と高塚領主の戸田家の両家の歴史を古文書などの展示により詳しく紹介されてました。今回の展示で旗本の役割など知ることができました。 [続きを読む]
  • 新舞子沖 キス・タコ
  • 知多市新舞子のボートパークから新舞子沖にボートを出しました。最近の猛暑の中、陽が出ている間は、強い日差しと海の照り返しで暑くてたまらず釣りになりません。そんな時、久しぶりに曇り空の日になったので釣りに出かけました。毎年、この時期、新舞子沖ではキスとタコが釣れるので二本の竿を使い、それぞれの仕掛けで釣りはじめました。近くにボートも多く、期待してました。しかし、まったくアタリがなく色々、場所を変え流し [続きを読む]
  • イオンモール「内藤ルネ展」
  • 岡崎市イオンモールで開催された「内藤ルネ展」に行ってきました。内藤さんは、岡崎市出身のイラストレーター・デザイナーでカワイイ文化の生みの親です。今年の春、NHKテレビでもカワイイ文化の特集で内藤さんが取り上げられたこともあり、大勢の人で賑わっていました。内藤さんの実家は自宅からも近く、すごく親しみを感じます。 [続きを読む]
  • 徳川美術館「名刀紀行」「英雄たちの戦国合戦」展
  • 名古屋市東区の徳川美術館にて開催されていた「名刀紀行」「英雄たちの戦国合戦」展に行ってきました。この企画では国宝10振・重要文化財19振・重要美術品23振が展示されおり、本能寺の変後、明智光秀が安土城から奪った名刀もありました。会場は、最近流行の刀剣女子も多く、かなりの人で賑わってました。先月、岡崎市美術博物館で開催された「名刀展」に比べても名刀が多く展示されてました。 [続きを読む]
  • 徳川美術館「大坂冬の陣図屏風を読む」
  • 名古屋市東区の徳川美術館にて開催されていた「英雄たちの戦国合戦」展を記念したシンポジウムを聴講してきました。先月参加申込をしたシンポジウムで「大坂冬の陣図屏風を読む」と題し、4人の先生が話をされました。特に、テレビにも良く出演されるお城博士の千田嘉博先生の屏風絵から大坂城の秘密を読み解くという話は興味深い内容でした。 [続きを読む]
  • 藤井達吉現代美術館「長谷川利行展」
  • 碧南市の藤井達吉現代美術館にて開催されていた「長谷川利行展」に行ってきました。長谷川利行は戦前、破天荒に生きた画家で原色そのままの色づかい、奔放な筆致が特徴で日本のゴッホとも呼ばれています。戦前の東京の街の風景や人物画など140点ほど展示されてました。独特の色使いや筆のタッチなど長谷川利行氏の世界を感じました。 [続きを読む]
  • 豊橋市美術博物館「みかわの城」
  • 豊橋市美術博物館で開催されていた「みかわの城」展を見てきました。この企画は、副題に「吉田城と天下人」とあるように吉田城を中心に三河と周辺の城を取り上げながら城の魅力を伝えるものです。はじめに戦国時代の今川氏・松平氏の関係する三河の城が紹介されています。次に、秀吉時代・家康時代の三河の城の変遷がわかる展示になっていました。 [続きを読む]
  • レコードコンサート 19
  • 先日、岡崎市図書館りぶら内にある内田修ジャズ展示室ラウンジにて開かれているレコードコンサートに行ってきました。今回のレコードは、1962年のアルバム「ビル・エヴァンス・トリオ ムーン・ビームス」でした。ビル・エヴァンスのピアノにドラム・ベースのトリオです。ビル・エヴァンスが新しいベーシストを迎え、新たなスタートを切った記念すべきアルバムです。三者のやり取りが心地よく、ランチ前に聴くにはもってこいでした [続きを読む]
  • 東京大学音楽部管弦楽団 愛知公演
  • 豊田市コンサートホールにて開催された「東京大学音楽部管弦楽団 サマーコンサート 2018 愛知公演」に行ってきました。このサマーコンサートは、夏の間、国内5ケ所で開催されるもので、東京大学の一年生から四年生まで100名ほどの団員により構成され、クラッシックの有名な3曲が演奏されました。演奏のあと恒例の会場と一緒に歌うコーナーがあり、ドイツ民謡「歌声ひびく野に山に」を楽団と共に歌いました。 [続きを読む]
  • 岡崎の大花火
  • 昨夜、岡崎の第70回 花火大会がありました。毎年、自宅から見ていましたが、周囲にマンションなどが建ち、一部しか見えなくなったので、矢作川にかかる渡橋から観覧しました。岡崎の大花火は、乙川と矢作川河畔の二箇所から打ち上げられるので二箇所 同時に観覧できるところとして出かけました。19時から21時までの2時間 たっぷり花火を楽しめました。 [続きを読む]
  • 瀬戸内寂聴ー言葉でたどる95年ー
  • 岡崎市の西武で開かれていた「瀬戸内寂聴ー言葉でたどる95年ー」展に行ってきました。これは瀬戸内寂聴さんの95年の人生を言葉と共にたどる企画で、はじめに瀬戸内さんの誕生から現在までを年代別に紹介し、次に、瀬戸内さんの波乱万丈な人生を言葉にて紹介されてました。最後に、川端康成・三島由紀夫などの著名な作家との手紙が展示されてました。会場を出たところにビデオによる瀬戸内さんの法話が聴けるコーナーがあり、そこで [続きを読む]
  • 松坂屋「風景の会絵画展」
  • 名古屋市中区の松坂屋ギャラリーで開かれていた「風景の会絵画展」に展示会に行ってきました。風景の会は、中部を代表する画家が会派を超えて集った会で、今回は、瀬戸の風景を題材にした絵が展示されてました。瀬戸は陶器の街ですから、陶器に関連する絵が多く、材料になる土の採掘場や窯などが描かれてました。私の好きな斎藤吾郎さんの作品もありました。やはり赤絵でした。 [続きを読む]
  • 宗次ホール「二代目 高橋竹山」
  • 名古屋市中区の宗次ホールで開かれたスイーツタイムコンサートに行ってきました。今回は、津軽三味線の二代目 高橋竹山さんのコンサートでした。初代から引き継ぎ20年経ち、伝統的な津軽三味線の曲からオリジナルの海外の翻訳詩を歌う曲まで二代目独自の活躍をされてます。今回は、ピアノの小田朋美さんとのデュオもありました。特に、通常、尺八による伴奏がピアノにかわり演奏されたジャズ風の民謡は、初めて聴くこともあり新鮮 [続きを読む]
  • 四季の風景写真展
  • 先日、安城市民ギャラリーで開催されていた「四季の風景写真展」を観てきました。これは写団富士主催の写真展で正月にはいつも富士山の写真展を開催している団体です。今回は「四季の風景写真」ということで中部地方を中心とした山・海・川・農村などの風景写真が展示されてました。50点ほどの作品が展示されてましたが、いずれも素晴らしい作品ばかりでした。 [続きを読む]
  • 昭和の名作シネマ「わが町」
  • 安城市歴史博物館にて毎月開催される昭和の名作シネマに行ってきました。今回は、1956年、日活製作の映画「わが町」でした。主演は辰巳柳太郎で殿山泰司・南田洋子・大坂志郎ら懐かしい名前の方が出演されてます。大阪が舞台となり頑固者の主役がその妻・娘・娘婿を亡くし、残された孫を育て、同じ長屋に住む人たちと生きていく姿を描いてます。戦前・戦後の下町に住む庶民の生活ぶりがよく分かります。 [続きを読む]
  • アートアクアリウム展〜金魚の雅〜
  • 名古屋市中区の松坂屋美術館で開催されていた「アートアクアリウム展〜名古屋・金魚の雅〜」を観てきました。これはアートアクアリウムアーティストの木村英智さんによる高級金魚が生きた芸術品として和をモチーフにした水槽・映像・音楽を融合させた今までにない展覧会でした。会場は、夏休み中ということもあり子供連れも多く、平日にもかかわらず賑わってました。初めて見るものばかりで驚きの連続でした。 [続きを読む]
  • かわら美術館「華麗なるギターの響演」
  • 昨日、高浜市かわら美術館にて開かれた「華麗なるギターの響演」コンサートを聴いてきました。台風の影響もあり開演を早め、1時間ほどでコンサートは終了しましたが、チェコから来日した二人の演奏は、素晴らしかったです。クラッシック曲からはじまりビートルズの曲など演奏され、最後に日本の童謡・唱歌が演奏されました。アンコールは、「ふるさと」が演奏され会場の観客も一緒に歌い、盛り上がりました。 [続きを読む]
  • 地球音楽会 in 名古屋 2018
  • 先日、名古屋市中区の宗次ホールで開かれたスイーツタイムコンサートに行ってきました。今回は「地球音楽会 in 名古屋 2018」と題した木星音楽団+ソプラノの大前恵子さんのコンサートでした。木星音楽団は、和楽器(尺八+箏)とラテン楽器(ケーナ+アルパ)による世界初のアンサンブルとして2013年に初公演され、このホールでは毎年、公演されてます。ホルストのジュピターからはじまりオリジナル曲やフォルクローレ・民謡など多種 [続きを読む]
  • あじさいコンサート「classic ブレイクスルー」
  • 幸田町民会館で開かれた第252回あじさいコンサートに行ってきました。今回は、「classic ブレイクスルー」と題し、ピアノの金沢あきなさんとドラムの三祢沢信さんのデュオコンサートでした。プログラムはクラッシックから金沢さんのオリジナルまで幅広く演奏されました。ピアノとドラム&パーカッションのデュオという珍しい組み合わせですが、金沢さんのアレンジも良く心地よい響きを楽しむことができました。 [続きを読む]
  • 真夏のキス釣り
  • 先日、連日の猛暑の中、知多市新舞子のボートパークからボートを出しました。昼前の気温が33度と高く、海上に出ても風が無かったので、釣りどころではないのではと思いながらボートを出しました。新舞子の沖からキス狙いの流し釣りで始めたところ、突然、ボートの周辺でシーバスのナブラが確認されたので、急遽、ルアー釣りに替え、魚の群れに向かいルアーを投げてみました。しかし、にわか仕込みのため上手くいかず、群れは去っ [続きを読む]