ポッキー さん プロフィール

  •  
ポッキーさん: 福島かんたん滝めぐり
ハンドル名ポッキー さん
ブログタイトル福島かんたん滝めぐり
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ak3211
サイト紹介文自然の風景写真と滝・巨木・巨石を撮っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/04/22 13:30

ポッキー さんのブログ記事

  • 風景写真/錦秋!安達太良山(あだたらさん) VOL.2
  • 錦秋!安達太良山(あだたらさん) VOL.1 から続きます。ものすごい強風で、眺望のいい広場では食事ができませんでした。写真のように岩陰で風をよけて10数人の人たちが昼食です。隣のカップルも風のため苦労してコンロを使用していました。それでもこのような時の暖かい飲み物はホッとします。後方の山は安達太良山の頂上です。ますます風が強くなってきたようです。それほど寒くはなかったのは幸いです。それでも上には合羽を [続きを読む]
  • 風景写真/錦秋!安達太良山 VOL.1
  •  錦秋とはこのような光景を言うんだと思います。3連休の最後の9日(月)に安達太良山に登ってきました。天気予報を見ると火曜からあとは、パッとしないようでしたので前の日に決めて翌日決行です。まずご覧ください。紅葉真っ盛りです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー写真右下 で大きくなります。地元ではこの安達太良を「ちちくび山」とも呼んでいます。一目瞭然ですね。あれが阿多多羅山(あたたらやま) [続きを読む]
  • 風景写真/観音沼(かんのんぬま)の今日!紅葉は?
  •  観音沼森林公園、福島県南会津郡下郷町にある沼です。約40分ぐらいで一周でき、四季を通じて散策する方たちが、また多くのカメラマンが訪れています。標高が約900m、裏磐梯とほぼ同じです。10月7日(土)の今日、沼とその周辺の紅葉具合を見に行ってきました。朝は雨が降ったりしていたので昼近くから出かけました。沼まで1時間ちょっとかかります。沼周辺の紅葉は例年10月末です。今日も見たところは、まだ紅葉には早 [続きを読む]
  • 風景写真/裏磐梯の今!
  •  10月1日に裏磐梯に行ってきました。さすが日曜ということもあり道の駅は駐車スペースもないぐらいの混雑です。曽原湖、小野川湖、桧原湖・・・と動き回りました。漆系は赤いですが、全般に紅葉にはまだ早くあと2週間後の月半ばあたりからでしょう。桧原湖の西側の細野に行ってわかったんですが、なんと桧原湖には水がありません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・右下 で大きくなります。ふだん [続きを読む]
  • 風景写真/雄国沼草紅葉
  •  雄国沼(おぐにぬま)は会津盆地の東側にある猫魔山から連なるところにあるカルデラ湖です。厳密に言いますとカルデラに水がたまった沼です。標高は、ほぼ1000m余り。裏磐梯と同じ北塩原村になっています。かつてはこの沼は今の半分ぐらいの大きさだったそうです。それが江戸時代の初めごろに灌漑用に北側に堤をこしらえてから今の大きさになったそうです。そして沼の水はトンネルを通して喜多方市熊倉町の田んぼを潤していま [続きを読む]
  • 風景写真/彼岸花を見に!
  •  秋の彼岸近くになると突然咲き出す大輪の真っ赤な花、曼珠沙華ともいわれます。また時代と地域により彼岸花にたいする名前と反応は様々です。その花が群生しているところに見に行ってきました。栃木県の茂木市にある城山公園です。茂木市は春のミツマタの花の季節にも訪れていますが、この季節は初めてです。お城の城壁一面が真っ赤になって咲いていました。朝露の滴をまとって、アップです。・・・・・・・・・・・・・写真右下 [続きを読む]
  • 風景写真/蕎麦畑と蕎麦の花
  •   投稿するのが遅くなってしまいましたが、9月の初めに撮った会津の蕎麦畑と蕎麦の花です。会津盆地は標高が平野部で200mぐらい、そして周囲の標高が500m〜1000m近くの山々に囲まれています。今まではほとんどが田んぼでしたが最近は蕎麦畑がすごく増えています。団塊の世代を中心として日本は高齢化社会です。若い方にはラーメンが人気ですが、高齢化社会に当てはまる方たちにとっては、蕎麦に人気があるようです [続きを読む]
  • 風景写真/初めて見た、秋海棠(しゅうかいどう)
  •  花の名前に疎いので、近年まで秋海棠(しゅうかいどう)って知りませんでした。さらに漢字の名前も読めませんでした。あまり話題に上がる花ではなかったようですが(自分だけが知らなかったりして)夏から秋にかけ花の端境期に群生しています!ということで出かけてきました。ところは栃木県の栃木市出流(いずる)ふれあいの森です。午前7時半過ぎに着いたら、平日でしたが、もう20人ほどの方たちが花にカメラを向けていました。小 [続きを読む]
  • 風景写真/裏磐梯にミソハギを見に!
  •  裏磐梯で夏から秋にかけて咲く花、ミソハギです。毎年、桧原湖畔の細野周辺に群生するんですが、今年は花の付がいまいちです。そんなわけで秋元湖畔に行ってきました。ここは当たり年みたいで湖畔に沿ってものすごい群生を見ることができました。8月下旬に訪れたんですが、やや遅かったようですがそれでも十分楽しめました。バックは磐梯山です。あいにく曇り空でした。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真右下 [続きを読む]
  • 風景写真/泥火山ってなんだ?
  •  秋田側の八幡平ビジターセンター(松尾八幡平ビジターセンターではありません)で泥火山の模型展示を行っていました。少しレクチャーしていただき、ビジターセンターの裏側へ。そこで見れたのがこんな姿です。泥だらけの地中からガスが噴出しています。吹き上げるというよりは、地中のおならとでも言いたくなるような感じで、ボコ・ボコと吹き上げています。温度が100度近いそうです。これを泥火山というそうです。・・・・・・ [続きを読む]
  • 風景写真/東北一の広さといわれるひまわり畑
  •  開花が2週間ほど遅れたみたいです。仕事の都合で今年は行けないかなと思っていたのが、遅れたおかげで見ることができました。また、3か所ぐらいに分けて播種したようで咲く時期がずれて長い間楽しめます。ところは喜多方市のスキー場でもある「三ノ倉高原」です。広大な斜面に5ヘクタールを越すひまわり、その黄色にはいつもながら圧倒されます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真右下 で大きくなります。ち [続きを読む]
  • 風景写真/安比高原「悠々の森」再び
  •   安比高原には十和田のブナ二次林と同様の「悠々の森」と呼ばれる広大なブナの二次林があります。2012年以来二度目です。森、一番のブナの巨木でグランド・マザー・ツリーが寿命を全うしたということを聞いていたのでそれも確かめようと。以前に投稿したブログです。https://blogs.yahoo.co.jp/ak3211/16576287.html縦走り溶岩流をちょっと見てからの訪問です。岩手山をバックに溶岩流をとろうと思っているんですが今回も叶 [続きを読む]
  • 秋田県の滝/銚子の滝
  •  秋田県の滝が続きます。前回の投稿と同じ藤里町にある湯ノ沢にかかる滝です。その名は「銚子の滝」です。滝つぼの形が徳利に似ていて、滝の水が注がれているように見えることからその名が付いたとか。訪れた時は水量が乏しく細い落水になっていましたが、まっすぐに落ちるその姿は端生かつ繊細でなかなか風情があります。落差が約20m、その姿は「大柄の滝」とイメージが重なります。大きな岩場と岩屋、そこに落ちるひとすじの [続きを読む]
  • 秋田県の滝/峨瓏大滝(がろうおおたき)
  •  秋田県藤里町にある滝です。峨瓏大滝、峨瓏の滝と記した方によってまちまち。まあこれで通じるんですので何も問題はありませんね。地元の案内板には峨瓏大滝となっていました。舗装された駐車場をそなえ、そこからゼロ分で見れるお手軽滝です。訪れたのは8月中旬です。ちょうど地元の方がいらしたのでいろいろとお話し。普段はもっともっと水量はあるといってました。そして上流に行くと白糸二段の滝もあるという。手前の木を入 [続きを読む]
  • 秋田県の滝/大柄の滝(おおがらのたき)
  •  秋田県能代市の二ツ井町にある滝です。滝のあるところは両側が崖になったゴルジュの奥にありました。そこまでの道がつくれないためか鉄製の長い階段で比較的簡単に滝を見ることができます。男滝と女滝があるということですが、女滝はさらに上ということで見えませんでした。訪れた時は8月中旬でこの地ではあまり雨が降らず、か細い落水となっていました。正面から。このように繊細感のある姿は比較的好みです。・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 巨木・巨石を訪ねて/日本一のブナ巨木「森の神」再び
  •  日本一のブナの巨木「森の神」再びです。十和田の奥入瀬バイパスから林道を入っていくと右側に駐車場があります。そこから遊歩道を5,6分でブナの巨木に行くことができます。また、目印に駐車場に熊さんの彫り物が置いてあります。この日本一のブナ巨木が見つかったのが2005〜2006年ごろだったと思います。それまでは裏磐梯の高曽根山にあるブナの巨木が日本一でした。それを40僂曚蛭瓦い動谿未砲覆辰燭里任后あがり [続きを読む]
  • 風景写真/ブナ二次林の小道を行く
  •  「ブナ二次林の小道を行く」と、ありますが八甲田・十和田の国道103沿いにある自分の大好きなブナ林です。それも新潟の美人林をはるかにしのぐ広いブナの二次林です。八甲田・十和田は4度ほど訪れていたんですが、この場所は初めてです。大きさのそろったブナがズ〜っと続いています。ブナの二次林の中に200メートルほど続く落ち葉で埋め尽くされた小道があり、風景写真を撮るのには、すごくフォトジェニックなところです [続きを読む]
  • 会津の滝/達沢の滝・2017夏
  •  知人と一緒に猪苗代の達沢の滝(地元ではたっつあのたきという)へ!真夏の達沢の滝はしばらくぶりです。学校が夏休みになり、ひょっとしたら子供たちがいっぱい遊んでいるのでは?と思ったんですが着いたときは意外に大人の方たちがいっぱいでした。なんと手前の駐車スペースまでいっぱいです。いつもの駐車場はといいますと、2台分ほど空いていました。この滝も水量によってだいぶ印象が変わります。下の写真は5年前のですが、 [続きを読む]
  • 風景写真/柱状節理の回廊を行く
  •  この峡谷に行った人だけが見れる巨大柱状節理の回廊です。。その柱状節理のあるところは、山形県の「道元峡」と名付けられた、尾花沢にある新鶴子ダムに流れ込む丹生川の上流です。以前にここの入り口だけ紹介したことがあったんですが、(https://blogs.yahoo.co.jp/ak3211/17254515.html)今回は道元峡のハイライトである、柱状節理の回廊とでも言える迫力の峡谷です。歩き始めると巨大な崩落部に出ます。ここを横断して林道が続 [続きを読む]
  • 美・只見線/霧幻・只見線
  •  大河・只見川には夏の朝や雨の時は霧が漂い、幻想的な風景を醸し出します。そんなときの只見線沿線を車両とともに映し出してみました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真右下 で大きくなります。ちょうど今、山百合が咲きだしています。濃厚な香りはたまりません。花は女でしょう。第3鉄橋。川口駅の平日、午後のホームです。長閑な一時です。もっと霧が多いと駅まで覆ってしまいます。すぐ右側が [続きを読む]
  • 風景写真/手筒花火を館林に見に行ってきました。
  •  今年の夏は今までにない猛暑ですね。手筒花火をまだ見たことが無かったので群馬県は館林市に見に行ってきました。現地は昼過ぎには37度の猛暑です。市役所のそばにある緑の広場、すごく広いです。初めてなので勝手がわからず、まごつきましたが、地元の方にいろいろお聞きしてだいたい飲み込めてきました。早くいかないと三脚を立てる場所がなくなるんではと思い、午後1時過ぎに現地に着いたんですが、時すでに遅し、すでに三 [続きを読む]
  • 風景写真/滝に虹は現れたか。華厳の滝とイワツバメ。
  •  昨年も「華厳の滝とイワツバメの」投稿はしたんですが、曇ってしまい虹は出ませんでした。今年も日光へ行く機会があり、2時間ほど時間がとれ滝の前に。今日は朝からピーカン、滝壺には虹が出ています。ところがこんな下まではツバメは飛んできません。虹の滝つぼです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真右下 で大きくなります。子供が育って訓練飛行をしているみたいで滝の中間あたりを飛んでいるようです。 [続きを読む]
  • 風景写真/アジサイの花に囲まれた美しいお寺、高林寺(こうりんじ)
  •  アジサイの花が見頃です、ということなので今月初めに見に行きました。ところは二本松市にある、通称アジサイ寺、高林寺です。20種5000株があるといわれています。ちょうどいい時期でした。見事な色ですね。・・・・・写真右下 で大きくなります。道路脇に10台ほど停められる駐車場があります。そこから山側を見ると青紫のアジサイが山の斜面に咲き誇っていました。小道がアジサイの中にあり、青と白の混じったア [続きを読む]
  • 風景写真/チャツボミ苔ってなに?
  •  強酸性の温泉水の中で育つめずらしい苔です。普通の植物や動物は酸性の温泉水の中での生活は苦手ですが、このチャツボミ苔という名の植物は強酸性水が大好きということです。ところは群馬県の中之条町にある、チャツボミゴケ公園です。温泉水といっても熱いわけでなく20℃ぐらいでPHは3を切った強酸性ということです。湧出しているところも見れます。ボコボコと泡が立つような感じで出ていました。まずは写真を・・・・・・・ [続きを読む]
  • 巨木・巨石を訪ねて/裏磐梯最大のブナ巨木・・・ブナ太郎
  •  裏磐梯のことはいろいろ書いてきましたが、いまだ紹介していなかったのが今回の投稿記事です。自分の大好きなブナです。それもただのブナの巨木ではありません。かつては日本一のブナの巨木でした。単幹のブナです。その名は通称「ブナ太郎」。ブナ巨木では有名な、鳥海山ふもとの「あがりこ大王」がありますが、名前の通り人の手が入ったあがりこです。今では、10年ほど前に青森の十和田にある「ブナ巨木森の神」に太さでは越 [続きを読む]