♡チョコねこ♡ さん プロフィール

  •  
♡チョコねこ♡さん: 御朱印もとめて鎌倉散歩
ハンドル名♡チョコねこ♡ さん
ブログタイトル御朱印もとめて鎌倉散歩
ブログURLhttp://kamakurasansaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文のんびりお散歩をしながら、御朱印コレクションしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/04/22 21:59

♡チョコねこ♡ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本蓮寺
  • これは去年の11月9日の記事になります。次に向かったのは片瀬にある常立寺だったのですが、御住職が不在で御朱印をいただくことが出来なかったので、記事は次に参拝したときに書くことにします。その次は常立寺から少し先にある本蓮寺になります。  推古天皇の時代に開山され、鎌倉時代、源頼朝が源立寿寺として再建。後1304年に日秀が日蓮宗に改宗し、龍口寺輪番八ケ寺の一つとなりました。またここには源頼朝が朝廷より [続きを読む]
  • 本成寺
  • これは去年の11月9日の記事になります。次は「龍口寺輪番八ケ寺」「腰越六寺」の一つ、本成寺になります。お寺に続く道にニャンコがいて、追いかけたら境内に入っていきました。お寺で飼われている猫なのか、単に餌をあげている猫なのか、なんだか案内されているようで嬉しかったです。御朱印を書いていただいている間、御住職の奥様が麦茶と持ち帰れるようにわざわざ半紙に包んでくださったお菓子を御馳走してくださり、お駄賃 [続きを読む]
  • 本龍寺
  • これは去年の11月9日の記事になります。「龍口寺輪番八ケ寺」「腰越六寺」の一つ、本龍寺になります。入り口では御住職の奥様がお孫さんと一緒に掃除をしていて、とても和やかな感じがしました。こういうところは観光地の鎌倉とかとは全く違い、土地に根付いているお寺なのだなぁと思いました。                        本堂の彫り物がとても綺麗だったので、パシャと撮影 [続きを読む]
  • 東漸寺
  • これは去年の11月9日の記事になります。腰越から一番奥にある東漸寺です。妙典時より前に行くはずだったのですが、うっかりコースを間違えたために勧行寺の後に引き返すことになってしまいました。しかし狭い腰越周辺なので、歩く距離はほんの少しです。結構狭い範囲にいくつものお寺がひしめいているという感じなのです。東漸寺は小さなお寺ですが、お庭の手入れが行き届いていて、とても綺麗な日本庭園風になっていました。お [続きを読む]
  • 勧行寺
  • これは去年の11月9日の記事になります。2か所目に尋ねたのは勧行寺です。こちらは山門などはなく、広い駐車場の先に本堂があります。境内には本堂の他は、水子地蔵尊があります。境内には御住職のご家族のものなのか、子供向け遊具がありました。のどかな感じがします [続きを読む]
  • 旗上弁財天社 (鎌倉八幡宮)
  • これは10月20日の記事です。本日最後に回るのは鎌倉八幡宮の一画にある旗上弁財天社です。鎌倉八幡宮に入りすぐ右側にある源平池の中央に旗上弁財天社があります。御朱印はお社のお隣にある社務所で頂けます。この日はどうもフランス人?という人たちとガイドのおばあちゃんが御朱印を頂いていました。外人さんにも御朱印集めは人気高いのかなぁ?それにしてもフランス語らしきをペラペラ話してガイドしているおばあちゃんに [続きを読む]
  • 宝戒寺
  • これは10月20日の記事です。次に行くのは宝戒寺。鎌倉三十三観音の第2番の寺院でもあります。萩寺という別名があるのですが、萩は9月だったらしく、このときはもう何もなく時期を間違えたなぁという感じ? 本堂に入って右側にお守りなどがおいてあり、そこで御朱印をいただきます。また左奥に毘沙門さまが祀られています。 [続きを読む]
  • 妙隆寺
  • これは10月20日の記事です。本覚寺から少し歩いたところに妙隆寺がある。とても小さなお寺。 日蓮宗、「鍋かぶり」で知られている日親上人ゆかりの寺院である。 鎌倉江の島七福神である寿老人が祀られているお社。 [続きを読む]
  • 本覚寺
  • これは10月20日の記事です。鎌倉七福神の御朱印をいただくために本覚寺にやってきました。まずは郵便局がある側から入りました。この日は本堂の改築工事をしているために御本尊はこちらにあるようでした。夷様がこちらに祀られています。御朱印を頂いた後は、楼門から出ました。 [続きを読む]
  • 高徳院 (第23番)
  • これは10月20日の記事です。大仏で有名な高徳院です。 ここの開山や開祖は不明で、真言宗(極楽寺開山の忍性など密教系の僧が住持)→臨済宗(建長寺の末寺)→浄土宗(増上寺の祐天上人による再興後)と、属する宗教が何度も変わっている。現在は材木座にある光明寺の末寺となっているため浄土宗の寺院。「高徳院」と称するようになったのは浄土宗になってからということです。さすがに国宝となっている鎌倉大仏、修学旅行 [続きを読む]
  • 長谷寺 (第4番)
  • これは10月20日の記事です。御霊神社から少し歩くと長谷寺になります。さすが鎌倉の観光名所の有名どころ!観光客がわんさか、外人さんもいっぱいでした。山門を入ってすぐ左手にある建物で、御朱印をお願いしてから参拝に向かいます。  輪蔵。中にあるマニ車をぐるぐる回して一周すると、お経を読んだのと同じことになるらしいです。お手軽?地蔵堂中央にある「なで地蔵」は、観光客が並んで撫でていました。鎌倉七福神の [続きを読む]
  • 御霊神社
  • これは10月20日の記事になります。極楽寺から長谷まで、線路のすぐ横に御霊神社がある。参道を線路が横切っているような感じで、渡った先にすぐ鳥居。さすが江ノ電という感じがする場所です。 写真をアップにしないとわからないと思うけど、踏切の警報器が右に見えます。 御霊とは、強く尊い祖先の御霊の意味。御際神は桓武天皇の子孫で「鎌倉武士団」を率いた鎌倉権五郎景正を祀っています。   鎌倉七福神の福禄寿があ [続きを読む]
  • 成就院 (第21番)
  • これは10月20日の記事です。極楽寺から徒歩5分くらいのところに成就院はあります。道路から階段を上がったところにあり、お寺の山門を正面にして右側(極楽寺側)に西結界(門)、左側(長谷側)に東結界(門)があります。東結界側からは遠くに由比ガ浜の海が見えました。参道わきには般若心経の文字数と同じ262株の紫陽花が植えられていて、明月院や長谷寺と並び紫陽花で知られているようです。(来年は行ってみようか [続きを読む]
  • 極楽寺 (第22番)
  • これは10月20日の記事です。今回は江ノ電に乗って、極楽寺〜長谷までと、鎌倉駅近辺にある七福神をめぐる予定です。江ノ電には藤沢から一日フリーパスの「のりおりくん」を買いました。江の島や鎌倉に行くためのフリーパスは、江ノ電関連、小田急線関連、JR、バスなど、何種類かあるので、どこに行きたいkのか計画を立てて買うと、かなりお得になります。江ノ電は電車賃が高いので、フリーパスは必須かな?今日の1か所目は極 [続きを読む]
  • 浄光明寺
  • これは10月8日の記事です。海蔵寺の次は浄光明寺です。山門はそれほど大きなものではないのに、なかは広々。 左手には客殿と庫裏。右手には不動堂。そして奥にある階段を上っていくと、そこから先に阿弥陀堂がある。(そこから先は参拝料がかかる)本堂現在、阿弥陀三尊像を安置されている収蔵庫矢拾地蔵もここに安置されている。阿弥陀堂ここでは拝観料を支払った小さな小屋にいらした男性(優しそうなおじさん)に色々案内を [続きを読む]
  • 紅葉
  • 昨日は紅葉を見ようと鎌倉に行ってきました。北鎌倉の円覚寺に行けば、期間限定のお庭に入れるとかあったのだけど、どう考えてもめちゃ混みだと思い、断念。遠いしきっと人も少ないのでは?と思い、選んだのは「覚園寺」と「瑞泉寺」ほかにも行きたいお寺があったので、歩き回ったところ・・・・久々に2万歩超えさすがに疲れて、今日はクタクタです。覚園寺の紅葉です。 瑞泉寺手前の民家の裏手にあった銀杏瑞泉寺はこの程度の [続きを読む]
  • 薬王寺
  • これは10月8日の記事になります。海蔵寺の地蔵堂の少し先に薬王寺があります。ここは徳川・蒲生家ゆかりのお寺で、徳川忠長公供養塔があります。そのため寺紋には三枚葵がつかわれているせいもあり、一般庶民には遠い存在だったようです。明治初期の廃仏毀釈により、寺は荒れてしまい、一時期は無住職の時代もありましたが、大正より、二世の住職により七十年余りの月日をかけ、今の姿に復興することが出来ました。薬王寺ホー [続きを読む]
  • 海蔵寺
  • これは10月8日の記事です。鎌倉三十三観音霊場の26番目が、この海蔵寺になります。 9月には山門前、階段わきには美しい萩の花を見ることができます。来年は萩を見に行ってみようかしら?と思ってみたり・・・ちなみに2番の宝戒寺も萩寺という別名を持つほどの萩の名所です。あまり季節を気にせず、花を見ようとは思わずに散歩して回っているのですが、同じお寺でも2度目3度目となったときは、花を目当てに行くのもいい [続きを読む]
  • 過去の記事 …