廃人 さん プロフィール

  •  
廃人さん: 超入門:真空管ラジオこれ
ハンドル名廃人 さん
ブログタイトル超入門:真空管ラジオこれ
ブログURLhttp://radio.erx.jp
サイト紹介文ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、真空管ラジオにハマった廃人の日記です。
自由文真空管ラジオに全く無縁だった廃人じじいが、ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、次第に真空管ラジオにハマって行く様を記録した日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/04/26 06:39

廃人 さんのブログ記事

  • DELICA 三田無線「WB-200」を部分破壊する
  • 昨日 ELPAの電池ボックス互換性の件を記事にして一旦満足したのですが、私の気持ち的にどうしても電池液漏れによる電池ボックス抑え金具の腐食が気になって仕方がない。僅かでも腐食の存在自体を許す事が出来ず、悩んだ挙句あろう事か電池ボックス抑え金具自体を底蓋からむしり取ってしまった!私にとって絶対に許せない 2大劣化は…ウレタン塗装の加水分解によるベタベタ電池の液漏れなので、自制が効かなくなってしまったのでし [続きを読む]
  • DELICA 三田無線の「WB-200」ディップメーターが到着!
  • これだっ!落札した DELICA 三田無線の「WB-200」ディップメーターが今日到着した。ワクワクしながら箱から出して見ると…おおっ! すごく綺麗で、まるっと新品の様。しかし喜ぶのは未だ早い、この手の電池内蔵型測定器は電池の液漏れが最大の懸念なのだ。電池ボックスを取り出して見る底の 2つのゴム足ネジを外すと底蓋が外れ、そこに電池ボックスが装着されている。げげっ!悪い予感が当たり、電池ボックスには何十年も昔の電池 [続きを読む]
  • DELICA 三田無線の「WB-200」ディップメータ(後期型?)を落札した
  • (ヤフオク掲載写真より)これだっ!CRT栃木放送の機材更新による委託出品との事で、使用感も少なっぽいので思い切って落札した。DELICAディップメーターの復活実は以前に DELICA:三田無線「NEW HAM-DX」というディップメーターを所有していた事がありとても気に入っていたのだが、その後トリオの「DM-6」という小型のディップメーターを入手したので「NEW HAM-DX」はヤフオクで嫁に出してしまった経緯があり、以来何となく後悔し [続きを読む]
  • スピーカーケーブルを「WE24GA」に替えてみた
  • 現在私はいくつかのスピーカーを持っているので時折チェンジして使っているのだが、なにせ有名所のスピーカーケーブルは太くて硬くて取り回しに何時も苦労している。そこで今回はもう少し取り回しの楽なケーブル類にチェンジしてみる事にした。RCAケーブルとスピーカーケーブルまずは RCAケーブルだが、現在は「BELDEN 88760」を使っていて如何せんケーブルが硬く取り回しが超!厄介。なので、もう少しケーブルが柔らかい「BELDEN [続きを読む]
  • 「Lagoon Sound製 パッシブアッテネーター T-1」を買ってみた
  • これだっ!手前に写っている黒い小さな箱が「Lagoon Sound製 パッシブアッテネーター T-1」だ。パッシブアッテネーターの必要性今までは Macのネットラジオ出力を真空管アンプで鳴らしていたので、音量調整は Macのファンクションキーを操作する事で簡単に出来た。しかしこのアンプで FMチューナー出力を鳴らす場合、チューナー前面パネルに出力レベル調整ボリュームが付いてないのでアンプの入力ボリュームまで手を伸ばして音量を [続きを読む]
  • 今度は「TRIO AFX-31」AM/FMチューナーを入手した
  • つい先日「サンスイ TU-777」FM/AMチューナーを落札したばかりなのに、あろう事か今度は「TRIO AFX-31」FM/AMチューナーを落札してしまった。サイズが W260mm×H105mm×D237mmと小ぶりな事と、1968年頃発売後 50年が経過しているのにもかかわらず結構程度が良さそうだったのが落札の動機だ。まずは徹底的に掃除する一応動作品という事なので、到着後動作確認もしないでいきなり掃除に突入。底蓋を外すとご覧の通り無改造の完全オリ [続きを読む]
  • FMチューナー用に「Reiyin WT-02 Bluetooth送信機」を導入してみた
  • これだっ!私の机上オーディオシステムで「サンスイ TU-777」FM/AMチューナーを聴く為に…「Reiyin WT-02 Bluetooth送信機」を買ってみた。RCAセレクターも検討したが…要は「RCAセレクター」があれば「パソコンのネットラジオ」と「FMチューナー」が切り替えられるので良いんだけど、セレクターはネットで調べても結構値段が高くてちょびっと躊躇。色々考えた結果…現在私の机上オーディオシステムは「Bluetooth受信機」が入り口 [続きを読む]
  • 「サンスイ TU-777 FM/AMチューナー」を入手した
  • これだっ!1968年発売の「SANSUI TU-777」で、何と 50年も昔の FM/AMチューナー、サイズが幅345x高さ155x奥行334mmと比較的小型。殆ど全てのチューナーを検討ヤフオクに出品されているチューナーを超昔のモノから現代のモノまで全てをチェックしてみた。まぁ、私の場合はレトロ好きなのでやはり現代のモノは眼中から外して…国内海外メーカー問わず昔の真空管やトランジスタ式チューナーをデザイン重視で選んでみた。私の偏った好 [続きを読む]
  • 「RFT L2322 13cmフルレンジ」ユニットを入手した
  • この「RFT L2322 13cmフルレンジ」後面解放は以前「5670 SRPP」アンプでよく聴き込んでいたのだが、今の「Sylvania 1276 直熱三極管」アンプでは殆ど使っていなかったので今日改めて聴きこんでみた。アンプによる音の違いまぁしかし「Sylvania 1276」or「WE205F」直熱三極管の純A級アンプを扇風機で冷やしつつ 13cmスピーカーをモノラルで鳴らすなんてキチガイな人はいないと思うけど、贅沢にも私の場合はそれに輪を掛けて年中小音 [続きを読む]
  • 必要なスピーカーの選別と断捨離
  • 少しスピーカーが溜まって来たので、今日は自分にとって本当に必要なスピーカーの選別と、不要なスピーカーの断捨離を行った。断捨離したスピーカーz785jpさん作のスピーカーでとても気に入っているのだけど、私の机の上に置くにはどう考えても大き過ぎるので残念だけど断捨離する事とし、本日ヤフオクで嫁に出してやる事になりました。残したスピーカーまずは「RFT L2301 13cm A.R.Uシステム」で、コイツは机の上に置いても全くじ [続きを読む]
  • ついに Western Electric 205Fで音楽を聴いてみた
  • 久しぶりにアンプの置いてある実家に来たので、早速「Western Electric 205F」をモノラルアンプに挿して音楽を聴いてみた。見た目の違い「Sylvania 1276」の方が一回り大きく腰がくびれていてグラマラス。「Western Electric 205F」は普通の ST管と同じ様なサイズと形で、迫力では 1276に負ける。ご覧の様に根本的にプレートの形状が異なる。実際に鳴らしてみると、96〜97dB能率の Telefunkenでは 1276の 3.5ワット出力に対して WE [続きを読む]
  • ついに念願の Western Electric 205F を入手したっ!
  • (WE13Aさんのヤフオク写真より)色々悩んだけど、ついに…ヤフオクで「WE13A ウエスタン サウンド ギャラリー」さんから、念願の「Western Electric 205F」を入手した。「WE205F」は高価な真空管だし、私はモノラル派なので、今回は 1本のみの購入だ。Western Electric 205F写真でみる限りトップが殆ど焼けてないので、こいつの落札に踏み切った。追伸:後の到着で TV-7による測定値が 68/37(破棄値)の様なメモ記載が管面に見つ [続きを読む]
  • 机上のニアフィールド箱庭オーディオ環境が完成っ!
  • いつまでも拘ってばかりいても仕方ないし、私的にはもう十分に満足出来る机上のニアフィールド箱庭オーディオ環境が出来上がったので、一先ずこれで完成とします。アンプを壁面ギリギリまで押し込んだ今までアンプの後ろに差し込まれている「BELDEN 88760 RCAケーブル」が硬くてアンプを壁面まで押し込む事が出来ず、狭い机上をより狭くしていたのだが…この度「Audio-Tecnica RCA L型コネクター」を購入し、ご覧の様に直角接続す [続きを読む]
  • 真空管アンプの冷却用に「山善デスクファン 」を買ってみた
  • 早速「山善デスクファン 」を買ってみた。後悔先に立たず100Vなので流石に風量はあるのだけれど、やっぱし風切り音が結構聞こえてしまう。私みたいな小音量で音楽を聴く様な人にはちょっと辛いかな。やはり「エレコム USB扇風機」の方が正解だった様です。まとめ結論:机の上の真空管アンプを冷却するのに「山善デスクファン 」購入したのは失敗だった!後悔先に立たずですね…まっ、真夏には何かの役に立つでしょう。では、また〜 [続きを読む]
  • 2台目の「Tektronix 2225」50MHz オシロスコープを入手した
  • ろくに使いもしないのに…なんと、2台目の「Tektronix 2225」50MHz オシロスコープを入手してしまった。1台目入手から半年経過前回ヤフオクで「Tektronix 2225」を入手してから半年が過ぎようとしていた。コイツはとても気に入っているのでヤフオクのキーワードオプションで常にウォッチしてはいたのだけど、程度の良いモノはなかなか出品されない。しかし先日やっとヤフオクで良さげな「Tektronix 2225」が出品されたので速攻落札 [続きを読む]
  • 真空管アンプを USBファンで冷やす
  • 最近、気温が上がって急に暑くなってきた。人間も暑ければ、真空管アンプも暑いだろうと…これから訪れる夏に備えて USBファンでアンプを冷やす事にした。温度が高くなると真空管と電解コンデンサーの寿命は縮まると思うので…ファンの選別これは以前私が東京にいた時に真空管ラジオを冷やしていた「山善 DESK FAN」だ。100V電源でパワーがある風速は 2段階切り替えまあまあの大きさで、結構静かだが…しかし低速でも多少風切り音 [続きを読む]
  • プリ管 Siemens EF86 NOS2本、Philips 6189W NOS2本到着
  • これだっ!全部 NOS管の軍箱入りで 2本づつ入手した。Siemens EF86 NOS 2本と、Philips 6189W NOS 2本だ。そして… Siemens EF86は何と、ミリタリースペックの「BWB ファルコンマーク」だっ!気合が入ってますね〜!今日はノイズが発生しない早速プリ管を取り替えてノイズを発生する真空管を特定しようと思ったのだが…何故か今日はノイズが発生しない。丸一日、適当に電源 ON/OFFしながら様子を見たのだけど、発生しない。せっか [続きを読む]
  • ガサガサ、ボソボソ、真空管ノイズ発生中
  • 現在、入手した「Sylvania 1276 モノラル真空管アンプ」をエージングしつつ聴いている所だが…小音量時に不要な付帯音が聞こえる様な気がする。入力信号をゼロにしてみる…試しにボリュームを絞って入力信号をゼロにしてみると…それでもスピーカーから「ガサガサ、ボソボソ」と小さいながらノイズが聴こえるではないか。そしてこのノイズは電源ONから 30分程時間が経過してから発生するのだ。つまり、真空管が温まった頃に発生す [続きを読む]
  • ESI エレシステム工業のモノラル 1276/205Fシングルアンプ を鳴らしてみた
  • やっとラジオが弄れる実家に来たので、早速先日入手した「ESI エレシステム工業のモノラル 1276/205Fシングルアンプ 」を鳴らしてみた。初めての電源ON!私にとって初めての完全モノラルアンプ だ。緊張しながら電源ON!ブ〜ン!!なんと、激しいハム音が鳴った。ぐぇ、完動品という事なのに、運搬中にどこか壊れてしまったか?一瞬、頭の中が真っ白になって…10秒経過…あっ、もしかすると、直熱感フィラメントのハムバランサーの [続きを読む]
  • 「z785jp」さんから「Telefunken 21cmフルレンジ 後面解放ミニホーン」が届いた
  • これだっ!「z785jp」さんに制作を依頼していた「Telefunken 21cm フルレンジ 後面解放ミニホーン」がやっと完成して本日届いた。21cmフルレンジを机の上に置くとコーン紙直径が結構デカく迫力がある。まずは見た目の感想相変わらず「z785jp」さんの作品は期待を裏切らない。50年も前の古く十分に乾燥し切った無垢古材を使ったエンクロージャーで、ご覧の通りの出来具合でレトロ大好き人間の私としては思わず微笑んでしまう。全体 [続きを読む]
  • ESI エレシステム工業のモノラル 1276/205Fシングルアンプを入手した
  • これだっ!私は絶対にオーディオマニアじゃない!って言ってるのに…ESI エレシステム工業のモノラル 1276/205Fシングルアンプを手に入れてしまった。入手経緯現在私はラジオが弄れない自宅に居ていささか欲求不満。そんな私はヤフオクでオーディオアンプばっかり見てる。アンプはとても高価で私なんぞには当分手に入らないものと諦めているのだけど…今回偶々「モノラルアンプ」を重点的に眺めてしまった。「モノラルアンプ」は「 [続きを読む]