貧困応援ママ さん プロフィール

  •  
貧困応援ママさん: 貧困ママ倶楽部
ハンドル名貧困応援ママ さん
ブログタイトル貧困ママ倶楽部
ブログURLhttp://hinkonmama.club
サイト紹介文貧困からの脱出を応援します! 借金の清算。離婚。節約術。副収入。前向きに頑張りましょう!
自由文女性の貧困脱出を応援します。借金の生産方法、節約術、副収入、公的支援の使い方など、前向きに頑張りましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/04/28 15:16

貧困応援ママ さんのブログ記事

  • 学習支援と子ども食堂の利用方法について。
  • 現在、日本では6人に1人の子どもが貧困状態にあると言われています。貧困状態にあるお子さんの多くはひとり親家庭に育っています。「ひとり親家庭」と言うと耳触りが良いのですが要するにシングルマザー(母子家庭)なんです。日本の社会では女性が1人で子どもを育てていくのは大変なことです。現在、母子家庭で離婚後に養育費を受け取っている世帯は19%しかないと言われています。これって、ちょっと驚くべき数字ではないでしょ [続きを読む]
  • 子どもがいるしお金が無いから離婚出来ない? 実は良い方法があるんです。
  • 家族で生活している方が貧困に陥ってしまった場合、夫婦が助けあって貧困を乗り越えていくのがベストです。しかし貧困の原因が失業や病気等の「やむを得ない理由」ではなく「夫の借金」や「夫の浪費癖」だった場合、その対処法は変わってきます。今回はお金がなくて無一文の専業主婦が離婚するための方法についてお届けします。お金が無い専業主婦は離婚出来ない?相談ママうち場合、夫と離婚した方が生活が楽になるんですが私は専 [続きを読む]
  • 夫の借金・親の借金。それって私が払わないといけないの?
  • 「生活が苦しい」「貧困から脱出したい」と言ってその理由は様々です。根本的に収入が少ないから生活が苦しい場合もありますが、ある程度の収入があっても「借金の返済」が大変で生活が苦しい場合もあるかと思います。ところで、借金のある方に質問します。現在返済している借金はご自分名義のものでしょうか? もしかしたら夫や親の借金ではありませんか? そうだとすれば、それはあなたが払わなくてもいい借金かも知れません。 [続きを読む]
  • お正月明け。余ったお餅、どうしてる?レンジで簡単。節約おやつ!
  • お正月はどんな風に過ごしましたか? 帰省された方、家でのんびり過ごした方、様々なお正月があったかと思います。お正月と言うと、お雑煮等でお餅を食べるかと思いますが、お餅って意外と余りませんか? 筆者は子どもいる現役子育て世代なのですが、最近の子どもって意外とお餅を喜ばないんですよね。それなのに……何故かお餅があちこちから集まってくる事がありますよね。「お子さんがいたら、お餅なんてアッっと言う間に無く [続きを読む]
  • 貧乏だけど看護師になりたい!返済不要の奨学金を利用しよう!
  • 日本は豊かな国だと言われていますがり女性の貧困、子どもの貧困が深刻化しています。母子家庭の2世帯に1世帯が貧困だと言う現状を考えると、貧困は特別な事ではなく「わりと普通にあること」と言えるでしょう。「生活が苦しい」と感じている貧困ママ達は、それでも懸命に働きながら「自分はともかく、子ども達を幸せにしてやりたい」と思っている方が多いかと思うのですが、残念ながら貧困は連鎖すると言われています。東大生の家 [続きを読む]
  • 貧乏人が夢見ちゃう。一攫千金、宝くじ!どれくらいの確率で当たるのか?
  • このサイトをご覧になっていると言う事はお金に困っている方ではないかと思います。ぶっちゃけ、お金…欲しいですよね?贅沢を言い出したらキリがありませが、安心して生活出来るだけのお金。子どもたちを成人させてあげる事が出来るだけのお金は確保しておきたいところです。しかし、貧困家庭が増加している今、安心して生活出来る収入を維持するのが難しくなっています。そんな時、ふと「宝くじが当たったら…」なんて考えが頭を [続きを読む]
  • パチンコして何が悪いの? シングルマザーで貧乏ですが、それが何か?
  • 『貧困ママ体験談』では貧困ママから寄せられた声をご紹介します。貧困ママのプライバシー保護のため、一部フェイクを入れている事をご了承ください。貧困状態になってしまうと、つい「自分だけが辛い」って思っちゃうんですよね。実際に頑張っている「誰か」の体験談を読むことで「自分だけじゃない」「私も頑張ろう」と思ってもらえる事を願って止みません。パチンコ貧乏の何が悪いの?最近、女性の貧困とか子どもの貧困が問題に [続きを読む]
  • 生活保護を受けたら貯金出来ないって本当? 子どもの学費はどうするの?
  • 現在、日本では6人に1人が貧困状態にあると言われています。ニュースで子どもの貧困が取り上げられる事が多くなってきましたが、突き詰めて言うと「子どもの貧困=親の貧困」なんですよね。特に一人親家庭の貧困は深刻です。シングルマザーで子どもを育ている方の中には「生活が苦しい」と感じておられる方が多いかと思います。「生活が苦しいから生活保護を申請したい」と考える貧困ママは多いと思うのですが「生活保護を申請した [続きを読む]
  • こども食堂利用してます。食費しか削るところが無いんです。
  • 最近、やっとうちの地域にも「こども食堂」が出来たんです。恥ずかしながら、毎回親子で利用しています。うち、本当に貧乏なんです。最近、母子家庭の貧困って言うと「生活保護貰えて楽勝じゃないの?」とか言う人もいますけど、そう言うのって一部の人なんじゃないですかね。少なくともうちは生活保護は貰っていませんし、極貧状態って言っても良いと思います。子どもに悪いな…って思うんですが正直、うちの食事は食べ盛りの子ど [続きを読む]
  • 貧困ママ必読!『誰も教えてくれないお金の話』
  • 日本は豊かな国だと言われていますが「毎日の生活が厳しい」「いつもお金が足りない」と感じている家庭は少なくありません。「子どもの貧困」や「女性の貧困」がテレビで取り上げられる事も多く、女性の一人親家庭の半分は貧困状態にあると言われています。少しでも生活を豊かにするには収入を上げるか節約するしかないのですが「私。お金に困っているくせに節約するのが苦手なんです」と言う人は少なくないようです。何から手を付 [続きを読む]
  • 25歳。1歳男児母。経済的DV夫から逃げ出した。
  • 『貧困ママの叫び』のカテゴリでは貧困ママから寄せられた声をご紹介します。貧困ママのプライバシー保護のため、一部フェイクを入れている事をご了承ください。貧困状態になってしまうと、つい「自分だけが辛い」って思っちゃうんですよね。実際に頑張っている「誰か」の体験談を読むことで「自分だけじゃない」「私も頑張ろう」と思ってもらえる事を願って止みません。夫は経済的DV男でした結婚するまで平凡に生きてきました正 [続きを読む]
  • 悲報!子どもの貧困。日本は先進41ヶ国の中では下位なんですって!
  • 子どもの貧困がテレビや新聞で取り上げられる事が多くなってきましたが、このサイトを訪れてくださる貧困ママのみなさんはどう感じておられるのでしょうか?世界的に見ると日本は豊かな国だと言われています。私達が子どもの頃は学校で先生から「アフリカでは恵まれない子ども達がいて食べる物が無くて死んでいくのだから、君たちは幸せだよ」と言う話を聞かされた人も多いのではないでしょうか? 実際、日本では例え話にされるよ [続きを読む]
  • 子どもの学力どうやって上げる?塾のお金は出せないんだけど…。
  • ヤフーのトップニュースに掲載されていたのですが、北海道と北海道大学の調査によると、低所得世帯の子どもの4割が学校の授業が分からない……との調査結果が出たようです。「貧困の連鎖」という言葉がありますが、実現代の日本では学歴と収入は密接に関係しているため貧困家庭の子どもは「貧困家庭の子どもなので低学歴。低学歴なので低収入」と言う負の無限ループに突入してしまう危険があります。今回は出来るだけお金をかけず [続きを読む]
  • シングルマザー必見! 母子家庭の定期券割引制度を知っていますか?
  • 「生活が苦しい」と感じている貧困ママの中には、シングルマザーとして1人でお子さんを育てている方も多いかと思います。ひとり親世帯には何かと公的な補助支給されるのですが、以外と知らない知られていない制度が多いようです。ひとり親世帯の場合、JRの定期券が割引になるってご存知でしたか? こう言う類の割引制度は自分で申請しないと適応されません。今回は「JR通勤定期券割引制度」についてお届けします。JR通勤定期券 [続きを読む]
  • 離婚しても母子手当があるから楽勝って聞いたけど本当なの?
  • このサイトでは貧困生活に悩んでいるママ達のために立ち上げました。貧困ママの中には「働かない夫」「暴力をふるう夫」「ギャンブルや浪費に走る夫」に悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?筆者はそんな場合「とりあえず離婚」をオススメしています。「専業主婦だから離婚出来ない」とか「小さな子どもがいるから無理」と思ってしまいがちですが、意外とどうにかなるものです。また『離婚のススメ』と言うカテゴリでは、 [続きを読む]
  • 中学校の制服が買えない。困った時はどうしたらいい?
  • 日本は豊かな国だと言われていますが6人に1人の子どもが貧困状態にあると言われています。これは先進諸国の中では最悪レベル。特に1人で子どもを育てているシングルマザーの比率が高いのだとか。毎日、一生懸命働いていても「食べていくだけで精一杯」と感じている世帯は少なくありません。そんな中、最近は「中学校の制服を買えないから学校に行けない」と言う記事がYahoo!のトップページに紹介されていました。『いま、学校で( [続きを読む]