びるっか さん プロフィール

  •  
びるっかさん: Fascinated to Football
ハンドル名びるっか さん
ブログタイトルFascinated to Football
ブログURLhttp://nassrula.s602.xrea.com/ball/
サイト紹介文FC東京のサポーターブログ。海外などのフットボールや、日々の出来事なども書いております。
自由文FC東京サポのブログです。フットボール全般に書いております。また、WordPressやWeb関連、日々の出来事等も記しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/04/29 17:27

びるっか さんのブログ記事

  • 誰もが思う「やめてよ」
  • FC東京はサガン鳥栖とのアウェー戦を1-2で敗退。6試合勝ちナシです。。。東京の先発メンバーは怪我の高萩は欠場・嘉人はベンチ・林もまだなのか。本人も来季移籍を言った徳永・U-23ですら満点プレー出来てない梶山を鳥取戦の様にFWでスタメン。前半は宏介と永井の所を始め、サイドからのクロスを中心に互いにプレッシングし合う中でもやや東京が押し込めていました。前半20分過ぎると奪われたセカンドから鳥栖の突破からのカウンタ [続きを読む]
  • 豪雨の中、味スタで考える
  • FC東京は清水エスパルスと台風接近の雨の中戦い、スコアレスドローで終えました。とりあえず残留確定。それよりも一つ上にガンバじゃないか。何かそれが意外だし、ガンバサポの意見も聞きたい。この試合はとにかくピッチコンディションが雨によるものや前日使用の為によるのか、ボールは水溜りに取られる事が多々あり蹴っぽれサッカーにならざるを得ませんでした。東京はヒョンスが不在で吉本が真ん中を務めてくれました。前半から [続きを読む]
  • バラバラ。そして闘えてないチーム
  • FC東京はコンサドーレ札幌に1-2と負けてしまいました。東京の布陣はウタカの欠場分、嘉人が入る布陣。インスやベンチ入りを果たしたリッピに期待をしたかった。とかく失点シーンは何してるの?というポッカリと空いた所にジェイに2発やられた。それ以上に試合のスタッツでシュート数がコンサドーレの半分。ポゼッションだが何だがよく分からないが、根本的に降格争いしているチーム相手にしてやられました。気持ちの面でもそうでし [続きを読む]
  • FW梶山VS前田俊介はドローでした
  • FC東京U-23はガイナーレ鳥取に1−0で勝利しました!試合は何とFW梶山と、外国人2人がおもろかったですが個人的には原大智。彼は大型ストライカーとして是非育って欲しい。とても良い選手であると同時に期待したいです。今シーズントップで観ても・・・と期待してしまう位。ただ、この試合のエンターテイメント性で言えば表題の通りFW梶山。そしてガイナーレ鳥取のFWマエスン。梶山は左のWGでしたが降りてきては捌くこともしていま [続きを読む]
  • 10人になって気付くこと
  • FC東京は甲府相手に1-1と10人になるも分けました。東京のボランチを東と高萩。嘉人が怪我で欠場と布陣が変わっている中、前半からポゼッションして攻めました。中々繋がらない・崩せない・こじ開けれない。。。でもまぁ何とか攻めてました。しかしながら甲府のセットプレー1発でやられます。とにかくジャッジがブレていた。甲府寄りの解説者ですら何度も苦言を呈している程でした。ファウルの基準や取るタイミングは不審で、時間が [続きを読む]
  • 懲りないサポーターはどっち!?
  • FC東京は仙台に1-0で勝利!公式戦で久し振りの勝ちです!安間新体制となった東京はシステムは変わらずとも、ポゼッションを高めるという考え。しかしボールは回せど、前回まで同様足元で止める→蹴るではどうしようも・・・。そして永井と大久保のコンビだけの打開は難しく後ろへ後ろへと時間と共にボールが周り出し、前半は誰がどう観てもブーイング物でした。後半からガラっと修正。高萩の位置を前に置きたい意図が見える、そん [続きを読む]
  • 相手はダイレクト、こっちは止めて蹴る
  • FC東京はセレッソにホームで1-4の大敗。怪我人や色んな事情があるのは分かります。しかしながらココまでの差をつけられると根本的な気持ちやチーム内の決まり事やら戦術の問題を直視しないといけない。セレッソには試合を通し表題通りのサッカーを展開。連動していました。東京は止めて蹴る分遅くて相手に構えられてしまう。リスクをかけても中々難しかった。 ・高萩のコンディションは悪かった。初めからWボランチで良かった。・ [続きを読む]
  • ジリジリと熱かったサイドの攻防
  • FC東京はアウェイ横浜・Fマリノスとの一戦をまた悔しい負け方。。。東京の布陣は室屋を怪我で欠く中で3バックシステム。両ウイングを柳・小川と。小川は対面したマルティノス、柳は斎藤・山中とのマッチアップが決定機を左右し続けました。特に柳は斎藤にはチンチンにされてしまい徳永と橋本達が必死にフォローしていました。勿論それだけではなく、マークの受け渡しが出来る時もあった。チームとして狙っている形やサイドからクロ [続きを読む]
  • とにかく重たかった埼スタ
  • FC東京は浦和相手に2-1の敗戦。鬼門埼スタでは本当に勝てません。とにかくセットプレーがあれだけあって一本も決めれないのはツライ。そして室屋の怪我は痛い。ここは個人的にダニエウ・徳永に求めたいがそんなプレーは厳しそう。ハシケンが妥当か。失点シーンは全消しの吉本の不在、中盤の戻りが遅くなった為。とにかく全員気持ちがあってもこの試合の重馬場と疲労から重たかった。ギアを上げるタイミングの統一がハッキリとせず [続きを読む]
  • ホームで久し振りに勝った劇的な勝利
  • FC東京はホームで神戸に1-0の粘り勝ち!リーグ戦ではホームで3ヶ月半位ぶりの勝利です!東京と神戸共にお金をかけて補強をしました。しかし順位は振るわない状態。。。特に神戸のポドルスキーにはメディアががっつり注目しているでしょう。彼を観た感想は、周りと溶け込めていないのと日本の蒸し暑さにコンディション出来ていないでした。試合前の練習でもスタッフとパス交換や話しを。チームメイトとは特にせず、試合中は要求して [続きを読む]
  • 人数は同じだからしっかりとボールにチャレンジする事
  • FC東京は第30回多摩川クラシコをアウェイで行い1-1とドローで終えました。東京は3バックシステムで、太田と吉本を。ベンチには大久保が復帰。川崎がとにかく東京対策をしてきた前半は攻め手も無く、これはヤヴァイと思いました。東京のWBの裏に憲剛・大島・小林悠とスイッチしてポジションを取る事によりWBは数的不利の状態。サイドでトライアングルを形成されて川崎のサイドバックの上がりや中央からのスルーパスと崩されるシーン [続きを読む]
  • 相手がいるからフットボールは成立する
  • FC東京はリーグ戦再開のホーム新潟戦をドローで終えました。とにかく3バックだ若手だ以前にしっかりスカウティングして、対策立てて試合に望んで欲しかった。セットプレイとカウンター。相手はそれを狙ってくるのは分かってたはず。外国籍選手のずる賢さも。東京は広島戦から米本とウタカを代えたのみで、3バックシステムを採用。確かに中央を固めた新潟にサイドからクロスをバシバシ上げてやら攻撃で前へ向ける様になってはいたと [続きを読む]
  • いつぐらいからの勝利だったろう・・・
  • FC東京はルヴァン杯プレーオフ1戦目を広島相手に1-0で勝ちました。とりあえず直近負けが続いていたので、TV観戦でも勝てて良かった。それだけです。内容はシュートも互いに少なくミスや崩しの形も特に上手く出来ずに眠くなってしまう試合でした。スタメンが両チーム共に変わってしまっているので、これはしょうがないです。東京も広島も本当に苦しんでる。特にオフェンス面では受け手と出し手の思いが中途半端になり、パスミスの多 [続きを読む]
  • Yoshi Meter is STOP!!
  • FC東京はリーグ再開後の初戦、ホームでFマリノスに0-1と負けました。ひさっびさの更新。サッカー観戦出来ないので現職辞めようか思案中です。さて、試合は東京が中央からの崩しもサイドからの展開も攻撃面での向上を見せてくれたと思います。ただ、キーパーがいないゴールへ。得意な形のダイビングヘッド。ミドルレンジのシュート等、大久保嘉人がどーしてか今日は決めれず。守備面では吉本の方がハッキリとクリアや危険な所は塞い [続きを読む]
  • パスのメッセージをしっかりと受け止めて
  • FC東京はアウェーで神戸と1-1の引き分け。東京のボランチは草民と高萩の組み合わせ。サイドは東と永井。前田と嘉人の縦関係。前半は右サイドを制圧する程の攻撃が出来ました。1点目のダイレクトのパスから永井のループシュートは素晴らしいゴールでした。後半、神戸はギアを上げて来ましたがそこも対応しながら相手の嫌なプレーが出来ていた。しかし、少し油断と疲労によってパスが乱れる。そこから相手に押し込まれてしまいました [続きを読む]
  • やりたい事をやられた感じ
  • FC東京はホームで浦和相手に0-1と惜敗。東京はスタメンを大幅に昨年のメンバーをベースに。戦術も前線からの守備を激しくして、とにかく身体を張りました。しかしながら始めのチャンスを逃すと直ぐに浦和は修正。ボランチの菊地を右サイドへ、柏木をボランチでボール回しへ。DF時には菊地がボランチに戻る事にして中央を固めてしまいました。徳永も上がりづらい。東京は永井と東のポジションを逆にして森脇の後ろを狙って欲しかっ [続きを読む]
  • メンタル面もチームノッキング状態
  • FC東京はコンサドーレ札幌相手にアウェーで1-2と逆転負けしました。モニターでしか見れていないので短めに。とにかく札幌と比較して統一感が完全に浮き彫りになった。シュート数の違いも如何に相手がコンセプト通り出来て、東京がグダグダな感じだったか。試合後、篠田監督も「ノッキング」と言う通り、バイタルで渋滞は相変わらず。追い越し追い越されの連動性なども相手には分かり易く簡単に対処。個の力で全て解決出来ればね・ [続きを読む]
  • GKとジャッジに振り回されたタラレバ試合
  • FC東京はホームで鳥栖と3-3の引き分けに終わりました。東京は高萩の代わりを草民が。鳥栖はこちらの事をよく知っているだけあって、SBの所にロングボールやプレスのタイミング等々と対策されました。まずは試合開始早々のPKでの失点は勿体無い。そのジャッジ云々以上に、イバルボへの当たり方が難しくなったPKのジャッジによって試合自体がボールホルダーへ行きづらくなってしまった。イエローのジャッジも曖昧。東京の2失点も交代 [続きを読む]
  • 尻上がりの東京と尻すぼみの川崎
  • FC東京は多摩川クラシコを3-0で勝利!とにかくクオリティの良い試合と、結果が最後にドラマティックについてくる。ここまでの試合になるとはとても素晴らしい事です。全ての選手の活躍がもたらした結果であります。代表ブレークに入るのがちょっと勿体無い。東京のメンバーは東が阿部に。ウタカがベンチから。前半はこれまでの戦術通り、手堅く構えながらサイドや裏を付きながらでした。しかしながら、川崎の連携とパスワーク。ホ [続きを読む]
  • 大勝したけど今日って何軍か?
  • FC東京はベガルタ仙台とルヴァン杯GSをホームで6-0と圧勝しました!メンバーを代えた東京は前半からオフェンス陣からのプレスがきっちり。セカンドが上手く拾えてビルド出来る展開に。中島やネイサン、草民の個人技も冴え広く使いながら主導権を握り前半は支配出来ました。ポストプレーよりも裏へ仙台のDFラインを下げてサイドを使いながら掌握し、先取点は徳永のクロス→阿部と生まれました。後半は更に攻撃がカウンターとして生 [続きを読む]
  • 足元見つめ直して負けないサッカーを
  • FC東京はアウェーでG大阪と戦い0-3の敗戦。課題多い試合でした。東京は前節と同じ。ベンチにインスが。前半からのガンバのハイプレスと球際のプレッシャーで攻撃の形を作れず。特にボランチの所はとにかく狙われる展開に。東京も守備では相変わらずセットしながら守れているものの、遠藤スルーパスにアデミウソンのゴール。丸山、その軽さでは代表も苦しいよ…。前半は淡白な攻めのリズムと河野の怪我→翔哉に代わり推進力を増やす [続きを読む]
  • 今シーズンは、ストイック東京
  • FC東京はホーム開幕戦大宮相手に2-0で勝利!!とにかく開幕連勝が嬉しい!久しぶり!優勝目指そう!っと、浮かれるというかコンディション良いかなと思いました。タイトルの様に今年の東京は皆1試合に対して貪欲!勝っても森重キャプテンは辛辣なコメント。試合中に笛で止まると、とにかく高萩はアクションやその人間の側まで行って声をかけます。高萩の指示出しやプレーはTVでも紹介されますが、生で観ると大宮ベンチのプラカー [続きを読む]
  • 序列はレアル>FC東京>ディポルティボ>鹿島
  • FC東京は2017Jリーグ開幕戦鹿島を相手に勝ちました!!たださえ鬼門カシマスタジアム。いやー、最高!東京は昨年までの守備ベースに、OGとは言え熱いハートで勝利をもぎ取りました!手堅い試合というのは本当に試合前通り。東京も鹿島も大きなリスクを犯さずに、ハッキリクリアするなど無理をしませんでした。オフェンスでは、サイドで回す事やセカンドからカウンターを目指すも互いに決定的な場面を作れず。この試合で本当に思っ [続きを読む]
  • 長かったオフも終わり
  • やっとJリーグ戦が開幕する所まで後一週間をキリました!東京もそうですが、他チームも結構積極的に補強している。賞金が上がったから?1ステージ制だから?とにかく色々ニュースとイベントがあって今シーズンの始まるまでは長く感じました。とにかく選手が豊富ですが、FWが少し幅において不足か。大久保を敢えてTOP下に使ったverなんかも考えてみたいです。オシムJAPANと同じ形になるけれど・・・。監督の采配が今シーズンはモノ [続きを読む]
  • 新体制発表!
  • FC東京の2017年シーズンの新体制発表がされました!今シーズンは大幅に選手の入れ替えがありました。GKは総入れ替え。DFより後ろは代表クラスの陣容です。注目の大久保嘉人、永井謙佑はどうなるか。昨年までの東京と何が変わるのか、まだ未知数です。1番は監督が変わっていないので、昨年同様の戦術を今回の補強との兼ね合いで当てはめていくのかと思われるからでしょうか。そして、問題の中盤の構成。これもまだ補強があるかもし [続きを読む]