bestricecooker さん プロフィール

  •  
bestricecookerさん: 元家電販売員が炊飯器を語る
ハンドル名bestricecooker さん
ブログタイトル元家電販売員が炊飯器を語る
ブログURLhttp://bestricecooker.blog.fc2.com/
サイト紹介文元家電販売員が各社炊飯器の特徴や、炊飯器選びに迷っている方へのアドバイス、最新情報などを載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/04/30 09:28

bestricecooker さんのブログ記事

  • 保温したごはんをアツアツごはんに生まれ変わらせる方法
  • 炊きたてごはんの立ち上がる湯気のアツアツ感と保温をしたときのごはんの湯気の温度のアツアツ感が何だか違う(^^;って感じる方もいらっしゃると思います。それもそのはずそれぞれのごはんの温度が違うのです。炊きたてのご飯は火にかけてますので蒸らし時間も考えると大体90℃くらいになります。しかしながら、保温をすると釜内の温度は大体60℃〜75℃くらいなので保温ごはんもそれくらいの温度になります。こうやって見ると温度の [続きを読む]
  • 日立さんの炊飯器2017年度版
  • 2017年度版の日立さんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 日立さんの炊飯器の特徴と選び方ふっくら御膳日立 ふっくら御膳 RZ-AW3000M◇スペック◇炊飯方式:圧力&スチームIH内釜素材:多層釜(アルミ合金、鉄)内釜保証:6年液晶表示:ホワイトバックライト液晶その他機能:スチーム保温(40時間)、スチーム再加熱、再加熱予約、節電保温、少量炊き、炊飯メニュー数10*、蒸気カット、バラエティ調理外形サ [続きを読む]
  • 象印さんの炊飯器2017年度版
  • 2017年度の象印さんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 象印さんの炊飯器の特徴と選び方極め羽釜象印 南部鉄器極め羽釜 5.5合 NW-AT10◇スペック◇炊飯方式:圧力IH内釜素材:鉄(南部鉄器)内釜保証:3年液晶表示:大型バックライト液晶その他機能:7通り炊き分け圧力、炊飯メニュー数17*、極め保温(40時間)、再加熱、蒸気セーブ(約80%カット)、わが家炊き外形サイズ(?)/質量(kg):30.5×40 [続きを読む]
  • 胚芽米、金芽米は精米方法の違い
  • 前回「玄米」のことを書きましたが、今回取り上げます3種類は玄米からぬかを取り去ったお米たちです。それぞれ微妙に違いがありますのでどの辺を詳しく書きたいと思います。胚芽米正式には「胚芽精米」といいます。なので、どっちかというと白米に近い部類。玄米からぬかを削って胚芽部分を残したものが「胚芽米」です。図で表すとこんな感じです。種子として考えるとこの胚芽の部分から胚乳の養分や水や日光から力をもらって芽を [続きを読む]
  • 三菱さんの炊飯器2017年度版
  • 2017年度版の三菱さんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 三菱さんの炊飯器の特徴と選び方 三菱さんの昨年タイプとの一番の違いは「麦飯モード」が搭載されました。白米に麦を混ぜる事によりビタミンB群やミネラル、食物繊維など栄養素が豊富に取れるため最近ちょっとブームになってます。炊飯器もその流れにそって麦飯炊飯モードを搭載する機種も多くなってきました。三菱さんも、2017年度版からは高級機か [続きを読む]
  • パナソニックさんの炊飯器2017年度版
  • 2017年度のパナソニックさんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ パナソニックさんの炊飯器の特徴と選び方Wおどり炊き Wおどり炊き SR-SPX107◇スペック◇炊飯方式:スチーム(220℃)&圧力IH内釜素材:多層釜(アルミ、ステンレス、中空セラミックス)角型内釜保証:5年液晶表示:フルドット、ホワイトバックライト液晶その他機能:スチーム保温(24時間)、スチーム再加熱、スチーム自動コントロール(4段 [続きを読む]
  • 2017年の商品リニュアルまとめ①/大手メーカーの新商品の動き
  • ここ数年は5月〜6月ごろにどのメーカーも炊飯器の新バージョンを発表しています。今年もそんな動きが出てきていますので2017年はどのような新商品になるのかニュースリリースから検証してみたいと思います。なお、情報は2017年5月現在になります。まずは三菱さん。「本炭釜 KAMADO」NJ-AW108と、小容量タイプの「本炭釜」NJ-SW068をを5月21日に発売します。今年も昨年同様のこの時期にリニュアルになりますね。ニュースリリースか [続きを読む]
  • 「冷凍ごはん」をおいしくする条件
  • 新規に炊飯器市場に進出してきましたバーミキュラさんやバルミューダさんの炊飯器には保温機能がついてません。その理由として、炊飯器を利用する人にリサーチしたら「保温機能を使う人が少ない」という事だそうです。じゃあ、食べきれなかったごはんはどうするか。おそらく殆どの人が冷凍保存をすると思います。では、その冷凍ご飯のおいしさにどれくらいの人が満足しているでしょうか。今回はどうすればおいしい「冷凍ごはん」に [続きを読む]
  • 【炊飯実演】マイコン釜とIH釜はそれほど差はあるのか?
  • マイコン式よりIH式の方がおいしく炊けるというのが現在の電気炊飯器の常識になってます。その最大の理由がIHの方が火力が大きい。という所になります。厳密には電気炊飯器では直火は使いませんので「火力」の考え方としては釜内に熱を加えてから沸騰させる力としてることが多いです。釜内に熱をいれて、沸騰するまでの時間が早いほうがごはんの味が出るため火力が大きい=おいしく炊けるという事になってます。果たしてその理論は [続きを読む]
  • マグネットプラグにご注意を
  • 最近のマイコン式炊飯器の電源コードはマグネットプラグが多いですね。ちなみにマグネットプラグというのはこういう物です。 コードの根元から取り外しができるので、使わないときはコードをコンセントから外さなくてもこの部分から簡単に電気を遮断できるわけですね。一見便利と思えるこのマグネットプラグですが・・・このマグネットプラグはIH調理器や電気ポットなどいろんな調理家電に取り入れられてます。その利点として、誤 [続きを読む]
  • あの「バルミューダ」の炊飯器が世間を賑わしてる件
  • 2016年の年末ごろから大手メーカーではないところからいろんな炊飯器が出て市場がにぎやかになってますが、その流れが2017年になって加速度を増してきてる気がします。それというのも、ここ最近トースターや電気ケトルなど画期的でスタイリッシュな家電を次々と発表しているバルミューダさんから炊飯器を出すって情報が発表されました。プレスリリース蒸気のちからで炊き上げる炊飯器。「BALMUDA The Gohan」を2月下旬出荷予定。ht [続きを読む]
  • おもしろ機能がついた3合(小容量)炊飯器
  • 炊飯器はあくまでも「ごはんを炊く」ための調理器具です。しかしながらそれだけではもったいない!と内釜にごはんは入っていない時に使える「調理」機能がついてる物も多いですが、最近はそれを更に発展させた機能をもった機種が出てきています。今回はそんな機能を搭載した炊飯器を紹介したいと思います。特に、単身赴任や親元を離れる学生さんに購入される小容量(3合釜)タイプは用途が炊飯以外に使えるとなると何かと便利だと [続きを読む]
  • 内釜のコーティングが丈夫な炊飯器【3合炊き(小容量炊飯器)編】
  • ここんところ、小容量釜(3合釜)の人気が急上昇でございますが・・・以前は3合釜は単身赴任や学生の一人暮らし用で開発されていたので、正直耐久性は考えられていませんでした。しかしながら最近はお子様が独立した年配のご夫婦や単身世帯でもおいしいごはんが食べたいという方がふえて、小容量釜でも「おいしく炊ける」物がほしい。という要望が高まりこのサイズの高級釜も出てきました。それに伴い、耐久性をちゃんと考えた物が [続きを読む]
  • 象印さんの炊飯器2016年度版
  • 2016年度の象印さんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 象印さんの炊飯器の特徴と選び方極め羽釜象印 南部鉄器極め羽釜 5.5合 NW-AS10◇スペック◇炊飯方式:圧力IH内釜素材:鉄(南部鉄器)内釜保証:3年液晶表示:大型バックライト液晶その他機能:7通り炊き分け圧力、炊飯メニュー数17*、極め保温(40時間)、再加熱、蒸気セーブ(約80%カット)、わが家炊き外形サイズ(?)/質量(kg):30.5×40 [続きを読む]
  • 日立の「おひつ御膳」を実際に使ってみた
  • 今回は日立さんの小容量炊飯器「おひつ御膳」RZ-WS2Mを実際に使ってみました。ボディーの大きさはこんな感じとりあえず、茶碗と比較してみました。やはり食卓まで持っていけるのをコンセプトにしてるので、とてもコンパクトですね。実際に操作をしてみる今回は1合で炊飯します。①まずスイッチを入れます。②炊飯ボタンを押す。早炊き(快速)はこの炊飯ボタンを3秒長押しします。ちなみに、炊込みやおかゆの場合は「コース」ボ [続きを読む]
  • タイガーさんの炊飯器2016年版
  • 2016年度版のタイガーさんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ タイガーさんの炊飯器の特徴と選び方本土鍋昨年までは本土鍋は3機種ありましたが、今年は2機種のリニュアルになります。と言うか、土鍋タイプが2機種に統一された感じです。TIGER 土鍋圧力炊飯ジャー JPX-102X◇スペック◇炊飯方式:圧力IH内釜素材:陶器内釜保証:なし液晶表示:文字くっきり液晶その他機能:炊飯メニュー数9*、保温24時間 [続きを読む]
  • 日立さんの炊飯器2016年度版
  • 2016年度版の日立さんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 日立さんの炊飯器の特徴と選び方昨年は9月にリニュアルされたので、大きな変更点はありませんが、「ふっくら御膳」2機種に「麦ごはん」コースができました。ふっくら御膳日立 ふっくら御膳 RZ-YW3000M◇スペック◇炊飯方式:圧力&スチームIH内釜素材:多層釜(鉄、アルミ)内釜保証:6年液晶表示:ホワイトバックライト液晶その他機能:スチーム保温 [続きを読む]
  • 三菱さんの炊飯器2016年度版
  • 2016年度版の三菱さんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 三菱さんの炊飯器の特徴と選び方 今年のラインナップはハード面などの部分はパンフを見たところ変更はなさそうです。(内々ではセンサーなどの細かい調節などはされてるかとは思いますが)ただ、ちょっとおもしろいものが付きました。それは、合ピタカップ(三菱電機のパンフレットより)通常付属のお米の計量カップの場合0.5合はカップの目盛りで測 [続きを読む]
  • パナソニックさんの炊飯器2016年度版
  • 2016年度のパナソニックさんの商品ラインナップです。詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ パナソニックさんの炊飯器の特徴と選び方Wおどり炊き Wおどり炊き SR-SPX106◇スペック◇炊飯方式:スチーム(220℃)&圧力IH内釜素材:多層釜(アルミ、ステンレス、中空セラミックス)角型内釜保証:5年液晶表示:フルドット、ホワイトバックライト液晶その他機能:スチーム保温(24時間)、スチーム再加熱、スチーム自動コントロール(4段 [続きを読む]
  • スーパーでよく見かけるお米の品種について
  • ひと昔前はお米売場をのぞくと「こしひかり」や「あきたこまち」などが全盛でしたが、最近はわけわからんくらいたくさんの銘柄がありますよね。テレビCMで聞いたことがあるお米とか実際どのような特徴があるのかを調べてみました。現在品種改良されている米を調べてみると必ずしも交配によってできてる物ばかりではないようですね。きらら397こしひかり系の「しまひかり」と「キタアケ」の交配によって生まれた品種。産地である北 [続きを読む]
  • コシヒカリから派生したお米について
  • 現在主に食べられている日本のお米はコシヒカリを品種改良されたものが殆どです。それを図であらわすとどれだけコシヒカリ中心かわかりますね。これらの系図をこと細かく書くともうわけわからん事になるので、比較的コシヒカリと近い関係にあるお米を紹介していきたいと思います。あきたこまちコシヒカリを親に持つ品種です。コシヒカリと比べて、粒がしっかり噛みごたえが良くまた、炊き上がりの艶が良いのが特徴。小粒であっさり [続きを読む]
  • 日本のお米の品種について
  • 今回は日本におけるお米の品種のおはなしです。日本食はやはり「米」が中心でメニューが成立するので、種類が豊富ですよね。でも、何だかブランド米とか出すぎてわけがわからない状態になってる気がします。炊飯器だって、銘柄米炊き分け機能とかで、登録米が40種類以上あるわけでして。そもそも、普通の人は「銘柄」をそんなに気にするかねえ?でも、「おいしいお米」を研究してる人は日夜あくなき探求をしてるわけですよね。ひと [続きを読む]