そしがや さん プロフィール

  •  
そしがやさん: そしがやのリタイア日記
ハンドル名そしがや さん
ブログタイトルそしがやのリタイア日記
ブログURLhttp://sosigayax.hatenablog.com/
サイト紹介文リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/05/01 11:45

そしがや さんのブログ記事

  • 実際そこまで「イケメンじゃない」と思う芸能人ランキング
  • テレビは、好きで毎日、見ています。いくつかのドラマは、毎週、視聴を欠かしません。登場人物たちは、美男美女と言われる俳優や女優ですが、実際には、そうでもないと感じられる俳優もいるのも確かです。人の美醜は、人によって違うので、そしがやだけの感じ方かもしれないと思っていました。ですが、次のニュースを読んでいたら、そしがやの思いと同じだったので、取り上げてみました。男優についての記事です。www.msn.comチャ [続きを読む]
  • 退職金の使い道で後悔!2200万円を4年で使い果たす
  • 退職金というとサラリーマンにとっては、一生に一度の、結構大きな一時金です。ですから、もらうと気が大きくなってしまって、一気に使い切ってしまいがちです。こんな記事を読みました。www.msn.com「もらった退職金を65歳になる前に使い果たした人をテレビで見た時に、この夫婦ってバカじゃないのと思ってたんです。でも、まさか我が家が同じだったなんてね。もう、恥ずかしいやら、情けないやら。退職金がこんなに減っちゃって [続きを読む]
  • そんなに有能な人ばかり必要?
  • 勤めているころは、有能だと言われる人がいて、自分もそうなりたいと思ったことがありました。それなりに努力もしてきたつもりです。ですが、もともとの能力の差があったせいか、そういった有能な人に追いつくことは出来ませんでした。どちらかというと組織の中では、無能な方だったと感じています。ですから、途中から諦めてしまい、自分なりにできる範囲で仕事ができればいい、と考え始めてから、気持ちがラクになりました。こ [続きを読む]
  • 孤独な60代を襲う、突然死の悲しすぎる結末
  • 今年の1月から3月にかけて放送されていたドラマに「アンナチュラル」があります。法医学者の物語ですが、面白かったので、楽しみに見ていました。毎回、運び込まれ、解剖される遺体にまつわるストーリーが展開するというものでした。その何も語らない、語ることの出来ない、遺体の背景に隠された物語が興味深かったのです。そこに運ばれるのは、病院で亡くなったとか自宅で家族に見守られて亡くなったとかのような自然死以外のも [続きを読む]
  • "2人に1人はがんになる"にダマされるな
  • そしがやは、民間の保険には、入っていません。それは、公的な保険だけで充分だと考えているからです。ですが、テレビのCMを見るとそんな民間の保険を勧めるものがほとんどです。無論、CMですから当然なのですが。一方、保険会社と関係のない中立的な評論家の記事を読むと、もう少し民間の保険に関しては、合理的な判断をしたほうがいいという内容のものが多いです。こんな記事を読みました。www.msn.comよく「2人に1人はが [続きを読む]
  • 探偵を雇って元彼を探しだした32歳女性の末路
  • 以前、部屋の中を整理していたら、昔付き合っていた彼女の写真が出てきたことがあります。懐かしくて、しばらく眺めていましたが、無論、彼女にまた会いたいとは思いませんでした。もう大分前のことなので、すっかり過去のことになっていたからです。このように過去に付き合っていた異性のことが思い出されることって、誰にでもあることでしょう。それでまたその異性は、今どうしているかが気になり、場合によっては、また会いた [続きを読む]
  • ブログを開設して3年が経ちました
  • 昨日、はてなブログから「そしがやのリタイア日記を開設して3年が経ちました」というメールが来ました。このブログもまる3年経ったということです。これから4年目を迎えることになります。3年前の3月31日に長年勤めた職場をリタイアして、4月になったらブログを立ち上げようとしていました。ですが、すぐには始めることが出来ず、実際に、はてなブログを選び、書き出したのは、4月8日になっていました。今になって思い [続きを読む]
  • 奨学金が返せない 原因は学費より「一人暮らし」
  • 先日、大学院の入学式が学部の新入生と一緒にありました。父兄も二人まで会場に入れるので、かなりの数の父兄が来ていました。入学式の翌日には、大学院の事務的なオリエンテーションがあり、その中には、奨学金の説明もありました。大学が独自にやっている給与型の奨学金もあり、ちょっと関心を持ちました。ですが、こういう制度は、もっと若い人に利用してもらった方がいいと考え、申し込もうとは思いません。他には、貸与型 [続きを読む]
  • 日本は、庶民だけが苦しむ国なのか
  • 勤めているころ、よく日本は、庶民が苦しむ国だという人がいました。金持ちだけが優遇されているというのです。労働組合活動をしている人でしたが、そしがやは、そうは思いませんでした。これって、メディアにもよく同じような意見が載るし、選挙になると同様の主張をする政党もいます。お金持ちになった人は、それなりに努力をしているからです。普通の人が、漫然とテレビを見て、余暇を過ごしている間にも勉強をしたり、寝食を [続きを読む]
  • 簡単に断れない"職質"された時の賢い対応
  • 日本は、治安が良いと言われています。確かにそのとおりでしょう。それは、日本の警察官の優秀さも寄与していると思います。ですから、過去に何度か、職務質問を受けたことがありますが、協力してきました。ですが、職務質問は、法律上は、任意だから断れるはずです。実際のところ、断ったら、どうなるかも知りたいところです。こんな記事を読みました。www.msn.com職務質問の法的根拠を引用すると、警察官職務執行法二条1項に、 [続きを読む]
  • リタイアして何しているの?と訊かれて
  • 今日は、新しい年度の始まりです。リタイアして4年目を迎えることになりました。今思うと仕事をしていたころが、はるか昔のようです。明日は、今まで科目履修生だった大学院も正規の学生として、入学するためのオリエンテーションがあります。明後日は、入学式です。新たなる気持ちで新年度を迎える気持ちになっています。それにこのブログも無事4年目になりました。昨日は、久しぶりにグーグルからのアクセスが増え、普段の [続きを読む]
  • 宝くじに当たった! 13組はその後どうなった?
  • 宝くじに当たった人の記事というのは、よく読みますが、だいたい悲惨な末路のものが多いようです。親族間の争いになったりとか、一年後には、全部使い果たしてしまったとか、です。中には、殺人事件になったものもあります。ですが、実際には、宝くじで大金を手にしても賢明な選択をした人もいるはずです。こんな記事を読みました。www.msn.comこの記事では、13組の例を紹介していますが、まずは、一番、賢明だと思う例から取り [続きを読む]
  • 地方在住サラリーマンが陥る2大ムダ遣いに注意
  • 田舎にときどき帰ることがあります。かつては人通りもかなりあった商店街も人影が少なくなりました。シャッターが閉まったままの店も多くなりました。ですが、そんな中、比較的人が入っているのが、パチンコ屋です。ガラス越しに外から見るとかなり人がパチンコに夢中になっているのが、わかります。そんなパチンコ屋もかつては商店街にある店に客が多かったのですが、いまは道路沿いにできた広い駐車場のある店に客が集まって [続きを読む]
  • 80's エイティーズ ある80年代の物語
  • 橘玲の本は、大体、読んでいますが、彼の経歴については、ほとんど知りませんでした。彼自身が、自分の経歴等を今まで明らかにして来なかったということが一番大きかったのですが、今回の本でどういう風にして「橘玲」が出来あがったかが少しわかった気がします。   今回の本は、大学を出てから、出版業界に飛び込み、底辺の編集者として過ごした80年代が描かれています。当時の業界の内輪話が面白く、意外な事実がわかって [続きを読む]
  • お金がないときにお金をかけないで過ごす方法
  • リタイアしてからは、主な収入が年金だけになってしまいました。他の収入はといえば、アフィリエイトとモニターくらいですが、1万円ほどと僅かです。それで、できるだけお金をかけないで過ごすようにしています。しかし、これがなかなか難しい。大学があるときは、毎日通学していましたが、いまは春休み中で授業もないので、どう過ごすかが結構悩ましいです。こんな記事を読みました。www.msn.comこの記事では、いくつかお金が [続きを読む]
  • 若年性認知症になった人々の共通点
  • リタイアしてからの心配事と言えば、いろいろありますが、大きなものは、健康です。身体的な健康も大事ですが、認知症が一番、不安に感じています。健康番組を見て、認知症に良いとされることをしているつもりです。毎日、運動をしたりとか食べ物に気をつけるとかです。ですから、ネット上の関連の記事もよく読むようにしています。こんな記事を見つけました。news.nifty.com「あの人の名前、なんだっけ?」「昨日の晩ご飯、何を [続きを読む]
  • 資産15億円の爆勝ち個人投資家が、いまでも「節約」にこだわる理由とは?
  • 以前、隣の億万長者という本を読んだときに、億万長者と言われる人は、お金があってもけして贅沢をしない、と書かれていました。お金があっても、無駄に使ってしまうとお金はあっという間になくなってしまうというのです。   確かにいろいろなお金持ちの話を耳にすると節約に心がけている人が多いようです。こんな記事を読みました。www.msn.com名だたる億超え投資家たちも一目おく凄腕投資家として知られる、横這勝利氏 [続きを読む]
  • 47歳シェアハウス在住。貯金4000万。早期リタイヤ希望
  • 勤めているころに同じ職場にシェアハウスに住んでいるという女性の新入職員がいました。シェアハウスというのが、世間的に認知されはじめたころで目新しく感じました。いつも読んでいるマネープランクリニックですが、そんなシェアハウスに住んでいる女性の記事が載りました。www.msn.com▼相談内容リタイアの時期について聞きたいです。住居はシェアハウスのため家賃は光熱費、通信費など込みです。実家(一戸建て)をもらい受 [続きを読む]
  • 森友問題で内閣退陣なら日経平均は2000円級の下げに見舞われる
  • 現在、資産の10%弱を個別株式の投資に向けています。いまのところ、株価は、多少の上下はありますが、安定しています。これは、いわゆるアベノミクスによるところが大きいと考えています。ですが、いろいろと昨今のニュースを読むとそのアベノミクスが危ういようです。森友問題です。このブログでは、政治問題は取り上げてこなかったのですが、株価等へ影響を与えるとなれば、別です。www.msn.com昨今、株価は不安定に上下し [続きを読む]
  • 賃貸のデメリット 入居拒否される現実
  • 賃貸か持ち家かというのは、ネット上でもよく議論になるテーマです。置かれた人の状況によって、違うので、一概にどちらが正解とも言えないと思います。賃貸のメリットは、住み替えが容易だということです。自分の環境の変化に応じて、住む場所を変えられるというのが、最大のメリットでしょう。持ち家のメリットは、住宅が自分のものだということです。多くの人は、ローンを組みますが、それが終われば、完全に自分のものになり [続きを読む]
  • 東急レクの記事へのアクセスが急に増える
  • 普段、このブログのアクセスは、ブログ村からのものが一番多いです。にほんブログ村その次は、グーグルです。3番目は、ヤフーになります。この傾向は、このブログを3年前に始めてから変わりません。グーグルやヤフーといった検索エンジンからのアクセスもここしばらくは、村上春樹の以下の記事がずっと1位ということが多かったです。sosigayax.hatenablog.comですが、ここ数日、検索エンジンからは、東急レク関連の [続きを読む]
  • リタイアして一番、不安なことは?
  • リタイアして、一番不安なことは、長生きしすぎて、途中で蓄えがなくなってしまうことです。60歳でリタイアするときには、90歳まで生きるというシュミレーションをして、大丈夫だと思い、リタイアしました。現在は、年金だけでは、当然のように生活は維持できず、貯蓄を取り崩しています。65歳になって年金額が増えてもその生活は、変わらないです。毎年、貯蓄は、確実に減っていきます。ですから、90歳以上と長生きしたら [続きを読む]
  • 54歳無職、公務員を早期リタイアし後悔
  • 54歳といえば、早期リタイアを真剣に検討していて、いろいろなシュミレーションをしていたころです。結局、リタイアは、しませんでしたが、もしリタイアしていたらと想像するときもあります。今考えると、そういう選択をしてもそんなに後悔はしなかったと思います。ですが、54歳でリタイアして、後悔している人の記事がありました。www.msn.com▼相談内容職場での処遇、人間関係及びメンタルで公務員を30年勤めて早期退職 [続きを読む]
  • ユヅに会いたい妻、戸惑う夫
  • 平昌オリンピックが終わりましたが、まだその余韻が残っているようです。書店へ行くとオリンピックを特集した雑誌等が目に入ります。テレビでもまだそのニュースが、話題を賑わしています。その中でも羽生結弦のニュースが一番大きいです。国民栄誉賞の受賞も決まりました。冬季オリンピックでは、日本人初めての2大会連続金メダルという偉業を成し遂げたのですから、当然かもしれません。我が家でも妻は、もともとフィギュア [続きを読む]
  • 仕事やめたい40歳 遺産1億円で人生逃げ切れる?
  • 仕事をやめたいと思い始めたのは、50歳代になってからです。55歳くらいでリタイアすることを考えていました。ですが、その時までの資産等を計算するとやはり厳しいと思い直して、結局、定年まで勤めることになりました。40歳代のころは、仕事そのものや人間関係が嫌になることは、ありましたが、リタイアまで思い巡らすことはありませんでした。もっと遠い先のことだと思っていました。ですが、そのときに急に遺産が1億円 [続きを読む]