SIN さん プロフィール

  •  
SINさん: お得に旅行 得旅
ハンドル名SIN さん
ブログタイトルお得に旅行 得旅
ブログURLhttp://sinchan-car.net/
サイト紹介文旅行費を半額にする賢い旅行計画を体験をもとに教えます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/05/04 11:35

SIN さんのブログ記事

  • マレーシアのジョホールバルでレンタカーを借りる方法とは
  • タクシーで、シンガポールから国境を越えて、ジョホールバルまで来ました。 ジョホールバルでは、レンタカーを借りて、クアラルンプールまで行っちゃいます!クアラルンプールまでは、330kmくらいなので、3時間半から4時間程度あれば、つきますね。 まずは、レンタカーを借ります。私は、事前に日本にいるときにネットで予約をしておきました。予約したレンタカー屋さんは、AirAsia.comから選んだHawkさんです。今回は、トヨタアル [続きを読む]
  • シンガポール航空SQ631でシンガポールに行きました
  • 先日、シンガポールとマレーシアのクアラルンプールに行ってきました。 私が利用した航空会社は、シンガポール航空です。シンガポール航空は航空会社ランキングで世界2位の会社です。格付け会社の航空会社ランキング2017、世界1位はカタール航空、ANAが3位で日系2社がランクアップさてさて、シンガポール航空SQ631便は、羽田空港9時15分発、チャンギ空港15時20分着の便となります。 飛び立って、3時間後くらいに昼食がでてきます [続きを読む]
  • 京急線で京急蒲田から羽田空港まで行く方法
  • 東京近郊在住の方が、国内旅行や海外旅行の際に利用する空港といえば「羽田空港」ですね。正式名称は「東京国際空港」で、日本国内で最大の空港となります。 私が羽田空港に行く際に、よく利用する交通手段が、京急線です。出典:京急ホームページ京急線は、東京側からだと、「泉岳寺」駅、神奈川側からだと、「横浜」駅を通って、「三崎口」駅までつながっています。羽田空港に行く際は、京急線のターミナル駅である「京急蒲田」 [続きを読む]
  • 一括査定の活用
  • だれでも車を売るときには少しでも高く売れる方法を考えるものです。次の車を買うために中古車屋さんに行き、今の車を買い取ってもらうことが手間としては一番少ないですが、これでは車は高く売れません。これはいわゆる下取りというもので、中古車屋さんは下取りした車をさらに買取業者に売却するのです。よって買取業者に直接車を売ることを考えましょう。かといって買取業者を複数まわるのは手間がかかりますし、時間もかかって [続きを読む]
  • メルセデスベンツSクラス(W221)をカスタム
  • ベンツSクラスは憧れの車でした。皆さんの中にもベンツSクラスに乗りたい・買ってみたいと思っている人がいると思います。私は車を乗り継いで現在4台目となりますが、4台目にしてやっとベンツSクラスを購入することができました。私が現在所有しているベンツSクラスはW221の前期型S550longの中古車になります。購入したのは2012年。300万円中盤でした。2013年に新型ベンツSクラスが発表されることはわかっていたものの、早く乗りた [続きを読む]
  • 売却の時期
  • いつなら最高値で売れるの?車が最高値で売れるのは一般的には車購入需要がある月の1か月前となります。車購入需要が高まるのは決算期の3月、6月、9月、12月ですが、特に3月が最も需要が高まります。3月は販売店も多忙な毎日を送ります。ただ、購入需要が高いということは、その反面、乗り換えのための売却も多いということになるので、中古車が多く出回ります。よって中古車が多く出回る前に売却することが重要です。よって購入需 [続きを読む]
  • 新型ポルシェ パナメーラ
  • 2016年6月28日ベルリンで新型「パナメーラ」が発表されました。7年ぶりのフルモデルチェンジです。日本では2016年7月28日から販売されております。新型パナメーラのデザイン新型パナメーラのボディサイズは、全長5049mm×全幅1937mm×全高1423mm、ホイールベースが2950mmとなっている。初代パナメーラ(マイナーチェンジ後)と比較すると全長+34mm、全幅+7mm、全高+13mm、ホイールベース+30mmとともに若干大型 [続きを読む]
  • ポルシェ パナメーラ
  • 私が今最も欲しい車がポルシェパナメーラです。2016年6月28日ベルリンで新型「パナメーラ」が発表されました。もともと初代パナメーラは2009年に登場しました。ポルシェの4ドアセダンとしてベンツCLS、アウディA7、アストンマーチンラピードなどとともに4ドアクーペという新しいジャンルを開拓した車です。ここではまず初代パナメーラについて振り返りをしたいと思います。初代パナメーラとはパナメーラは5ドアハッ [続きを読む]
  • 買取業者との交渉をうまくすすめる方法
  • 一括査定をしてもらった後は、多くの場合、実際に買取業者に売却する車を見に来てもらって本査定をしてもらいます。複数の買取業者に本査定してもらうここで注意してほしいのは一括査定で1番高い査定額を出した買取業者だけに本査定をしてもらうのではなく、2番手、3番手の買取業者にも来てもらって査定してもらうことが重要ということです。私は、F50シーマを売却するために一括査定を活用しました。一括査定ではA社が25万円、B社 [続きを読む]
  • 高く売るために査定までに準備すること
  • さて、買取業者査定士に愛車を査定してもらう前にある準備をすることで査定額が上がる可能性があります。ここではある準備についてご説明いたします。洗車をする厳密に言うと洗車をしたから査定額が上がるという論理はありません。しかしながら、買取業者査定士も人間です。見栄えがいい車と悪い車があれば見栄えがいい車のほうに高い査定額をつける可能性が高いです。また傷がある場合は、洗車することで査定士による発見を早くす [続きを読む]
  • 査定の減点ポイント
  • 加点ポイントがあれば、減点ポイントもあります。今回は減点ポイントについてお話いたします。減点ポイントは項目別に細かく設定されていますので、ここでチェックしましょう!(1点はおおむね1,000円です)ボディボディの状態は目に見える部分ですので、重要な項目であることは、加点ポイントの記事でもお伝えいたしました。傷や塗装に問題があると大きく減点されてしまいます。ボディの状態による減点ポイントは以下の通りです。 [続きを読む]
  • 査定の加点ポイント
  • 先日、標準状態の記事で査定の際に基準となる車の状態である「標準状態」があることと標準状態と比較する際に使用する「加減点基準」があることをご説明いたしました。ここでは加減点基準のうちプラスになる項目をもう少し具体的にご説明していきます。ボディボディの状態は目に見える部分ですので、重要な項目です。無傷の場合や減点対象の傷がない場合はプラスとなります。ただ注意しなければならないことがあります。無傷になっ [続きを読む]
  • 車種のクラス分け
  • 査定価格を自分で計算する場合に指標となるのは加減点基準であることはご説明しました。車の標準状態から加減点基準を差し引きしていけば、みなさんの愛車の査定価格がざっくりと把握できます。ただ、ここでもう一つ必要になってくることがあります。それは「車種のクラス」です。車種によって加減点基準、すなわち修理費用が異なります。例えば、ボディの傷を修理する際に高級外車ベンツと軽自動車で修理費用が異なることはわかり [続きを読む]
  • 走行距離でそんなに違うの?
  • 車を売却する時に重要になってくるのが走行距離です。走行距離は買取業者査定士も特に重要視しているポイントの一つです。車を売却するみなさんも車の走行メーターを見ることで把握できてしまうので、査定項目の中でもわかりやすい項目ですね。走行距離の基準みなさんは走行距離の基準を知っていますか?走行距離は1年に1万キロが標準と言われております。5年落ちの車は5万キロ、10年落ちの車は10万キロといったぐあいに乗った年数 [続きを読む]
  • 標準状態とは
  • 突然ですが、車の「標準状態」をご存じでしょうか。標準状態とは、車を査定する際に、査定車の状態と比較する際に基準となる状態のことをいいます。買取業者査定士は、査定車の状態と標準状態を比較することで査定価格を決定しています。一般社団法人日本自動車査定協会(JAAI)では標準状態の定義を6項目設定しています。標準状態1. 内装・外装は無傷であること2. エンジン・足回りは走行に支障がなく良好であること3. 車検が残り [続きを読む]
  • 買取から店頭販売までの流れ
  • 中古車買取業者は買取った車をどのように販売しているのでしょうか。中古車買取業者は買取った車を次の2種類の方法で販売しています。そのまま店頭販売一つ目は販売店舗を持っている中古車買取業者がそのまま店頭販売をする方法です。この方法は、比較的すぐにでも買い手がつくような車が当てはまります。例えば、今人気がある車種やメンテナンス状態の良い車などです。また、ETC、地デジやプライバシーガラスなど、人気のあるオプ [続きを読む]
  • ハワイ挙式でのフォトツアーとはー〜フォトツアー選定編〜
  • こんばんは。ハワイ挙式を検討しているカップルはその瞬間の写真やムービーを残したいと思っているでしょう。フォトツアーはハワイ挙式では大人気です。わたしもフォトツアーに参加して写真を撮りました。ブライダル会社でもたくさんのフォトツアーを企画していて、オプション料を支払うことで参加することができます。フォトツアーにはいろいろな種類があります。・ビーチフォトツアー・ワイキキ街中フォトツアー・公園フォトツア [続きを読む]