カヤックに乗るトド さん プロフィール

  •  
カヤックに乗るトドさん: セーリングカヤックを楽しもう
ハンドル名カヤックに乗るトド さん
ブログタイトルセーリングカヤックを楽しもう
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hyakushyou7092
サイト紹介文セーリングカヤックを始めたばかりの初心者です!風に乗って進む感覚にハマってしまいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/05/02 10:53

カヤックに乗るトド さんのブログ記事

  • 2018.Apr.19 三河湾の無人島 その2 (築見島)
  • 4月19日快晴。風速3m時々凪のコンディション。日差しは強く、日焼けしてちょっとヒリヒリ。今日は日間賀島と篠島のちょうど中間に位置する築見島を探検。いつものように宮崎海水浴場からエントリーして、佐久島の南側を通るルートで向かいました。時折、凪になり漂流しましたが、約3時間で到着。プライベートビーチの気分で、ジョージアコーヒーを味わいました。帰りは、南西の追い風に乗って、2時間弱でで戻ることができまし [続きを読む]
  • 2018.Apr.1st 三河湾(梶島)
  • 4月1日梶島ツアーに出かけました。吉良温泉の宮崎海水浴場の向かいにある無人島です。島の東西には岩礁があり、南側にはちょっとした砂浜があります。2から3メートルの穏やかな微風の中、春の日差しを浴び、時折うとうとしながらセーリンを楽しみました。水温が低いためか、水が透き通っていました。さあシーズンインです。エントリーポイント 宮崎海水浴場梶島 西側梶島 南側梶島 南西 [続きを読む]
  • Hobie Island アームのメンテナンス
  • アイランドを購入して3シース目を迎えます。色々とメンテナンスが必要になっています。アームの付け根のリベッターがガタガタしてきたので、取り替えたいと思います。そんなメンテナンスのための動画が見つかりました。とてもありがたいです。早速、私もやってみます。Hobie Tandem Island Aka Rivet Repair [続きを読む]
  • 2018.Mar.3th 浜名湖 面ツル
  • 20年前、私は雑誌の編集の仕事をしていました(^◇^) 写真を撮って、現像して、デザイナーにレイアウト頼んで、版下作って、などなど、 読者に届くまで多くの工程が必要でした。 今はスマホひとつで、ブログやSNS使ってアップできて、 興味のある人へダイレクトに情報提供できる時代になりました。 i phone SE を使って撮影しましたが、本当に画像が綺麗ですね?????? 画像編集アプリ使って、イメージし画像作って [続きを読む]
  • 今シーズンもアイランド で楽しみましょう!!
  • ご無沙汰しております。久しぶりの投稿です。ここ数年は冬は暖かかったので、1月2月と何度か出艇していましたが今年は低温で1回しか海に出ていません。暖かくなるのが待ち遠しいです。アイランド に乗って3度目のシーズンを迎えますが、全く飽きない乗り物です。今シーズンも浜名湖のマリンスポーツのお店「T-Flow」さんを拠点で活動しようと思っています。昨シーズンはサイドシートを取り付けて、いろいろな人に乗ってもらいま [続きを読む]
  • 乗り比べ ブラボーVSアイランド
  • 浜名湖ビーチスマリーナでホビーブラボーとホビーアイランドの乗り比べ帆の大きさはアイランドの1.5倍くらいはあるかな!?スピードは全く勝負になりません。操作性と安定感はアイランドに軍配。ジャイブしても沈することはありません。この後、ブラボー 思いっきりチンしてました。ブラボーはヨット経験がない人にはちょっと辛いかも・・・ [続きを読む]
  • サイドシートをつけてのんびりセーリング
  • SUP & IslandSUPとボード用シートを両サイドに取り付けて3人乗りに挑戦。ボートシートは目線が高く、しっかり座ることができて快適です。SUPはビーチベッドのようで、横になってセーリングが楽しめます。サイドシートはBOAT SEAT SWIVELをネットで購入しました。ワンタッチで取り付けでき、360°回転できるます。ジョイントを木のボートにねじで取り付けるだけでとても簡単です。みんなで乗るな [続きを読む]
  • 追い風 波乗り
  • ディンギーやカタマランヨットなど、追い風を受け方向転換したとき、船首が水面に突っ込み転覆することがあるそうです。でもアイランドは全く心配ありません船体と両側の浮力体は、中空の不沈構造になっています。船首の形はマッコウクジラのような形なので、潜水艦のように水中を進みブレーキがかかることがありません。追い風を受け、サーフィンのように波に乗るとふわーっとした感覚になります。Hobie Adventure Island Down wi [続きを読む]
  • クローズホールド
  • 風上に進むことを、クロスホールドと呼ばれています。私の感覚ですが、アイランドは風上に40度くらいの角度で進むことができます。正直なところ、風上に進む理屈がよく分かりません。帆を平行にして、センターボードを下せば、とにかく進んでくれます。追い風より、この角度で進むほうが、スピード感があります。波を切ってく感覚は迫力があります。Lake a landing on Aircraft carrier-Hobie Adventure Island [続きを読む]
  • 岩礁へ上陸
  • マストの上にカメラをつけてみました。いつもと違う角度からです。まだ、水温が低いこの時期の浜名湖の水はとても透き通っていました。日差しは春を感じます。アイランドは両サイドに伸びる浮力体があるので、デッキの上に立っても艇は安定しています。岩礁への上陸がとても楽です。Mast Cam Hobie Aventure Island 2017.3.3 [続きを読む]
  • 冒険島
  •  船の名前はアドベンチャーアイランド。訳すと冒険島です。ポリエチレン製なので少々の岩礁があっても大丈夫。ヨットや船では近づくことのできない、磯にも簡単に上陸できます。また、ロールやパドリングのテクニックがない私でも、トリマランタイプなので沈の心配はありません。安心して長距離ツーリングが可能です。ホント飽きないカヤックです。写真は浜名湖の礫島です。 [続きを読む]
  • 可変式のカムクリートを取り付けてみました
  • メインロープを固定するカムクリートを可変式のタイプに変えてみました。サイドに乗っても自由自在にロープの調整ができます。されにティラーもつければどの位置に乗っても操縦できちゃいます!Ronstan Swivel 360 with Mideam C-Cleatロンスタイ スエイブル 360今回はミデアム購入しましたが、スモールでも十分です。http://www.kai-you.com/sailboat-sub/ronstan/RF67.htmHobie Island-How To Mounting Ronstan Swivel Camc [続きを読む]
  • ナイスなアイテム
  • アドベンシャーアイランドの本体は40キロ以上あります。お尻を擦ると重たい分力がかかりガリっと削れてしまいます。そんな時にもってこいのアイテムを見つけました。マークさんありがとう。これで安心してカートップができます。来週作ってみよう!Hobie Island Rudder Trolley [続きを読む]
  • 冬でも安心 アイランド
  • このカヤックに乗る前はシットインタイプのシーカヤックに乗っていました。沈してロールで起き上がる技術もなかったので、5月から10月くらいの暖かい季節に、穏やかな湾でコソコソ楽しむ程度でした。このHobie Idlandであれば、寒い冬の時期でも安心して楽しむことができます。7、8メートルくらいの風であっても安定しています。 ドライスーツを着れば鬼に金棒。冬の時期にもカヤックが楽しめちゃうのです。とは言っ [続きを読む]
  • 師走のカヤックセーリング
  • 今年の冬は例年より暖かいですかね(・・?とは言っても、この時期の海のカヤックは非常に危険ですね。西高東低に北西の風が強く、水温も冷たいです。先日、三河湾で事故により二人の方がお亡くなりになってしまって・・・。ご冥福をお祈りいたします。私も細長いスリムなシーカヤックに憧れて、ライオット16.5というシーカヤックを2年前に手に入れました。でもでも・・・狭いコックピットへの乗り降り、メタボで体の固い私には結構 [続きを読む]
  • 転覆したときの対応
  • 両サイドに浮力体があるためめったなことでは転覆しないIslandですがもし、転覆したとしたら・・・Islandの再上艇デモストレーション動画を見つけました。両サイドのアームをたたむとホント簡単に転覆しまうのですね。ビックリです。来夏は練習したいと思います。Hobie AI and TI capsizing and righting demo part 2 [続きを読む]
  • 小春日和のセーリング(11月12日)
  • 三河湾で秋のツーリング11月になると海岸はひっそりしていますが、実はこの時期、東海エリアでは晴天率が最も高い月なのです。風も穏やかで一定方向に吹いています。水温は冷たくなっているので、装備はそれなりにしましょうね。私はセミドライのパンツとジャケットを着ています。Autumn Sailing Hobie Advenrute Island, Mikawa Bay [続きを読む]
  • マッコウクジラの頭
  • 一般のカヤックの船首はシャープな直角三角形なのですがIslandは台形のようになっています。初めて見たときは、なんか変わった形だなとも思いました。このカヤックは風を受けると25キロくらいのスピードが出ます。そんなスピードがでても、波に当たるときはほとんど衝撃がありません。波を越えて進むというより、波の頂点で船首が潜っていくような、そうそうクジラが泳ぐような感じです。だからなのでしょうか?考えてみると [続きを読む]
  • お尻が濡れないシート
  • シットオンカヤックはシートのあたりにくぼみがあって水が溜まりやすい構造になっています。セーリングすると水をかかぶることがよくあります。夏なら海パンはいて気持ちいいいですが、これからの季節はお尻が濡れるのはできたら避けたいところです。Hobie Cat社のこのシートはそんな悩みを解消してくれます。シートはメッシュ状になっていて デッキから最大15センチの高さで設置することができるのです。画像に向かって左側にあ [続きを読む]