丹沢猪男 さん プロフィール

  •  
丹沢猪男さん: 丹沢猪男ab
ハンドル名丹沢猪男 さん
ブログタイトル丹沢猪男ab
ブログURLhttps://ameblo.jp/txwildboar/
サイト紹介文丹沢に生息する猪男のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/05/03 11:30

丹沢猪男 さんのブログ記事

  • 本番に強くなる方法
  • スポーツの試合の本番で力が出ない理由。本番特有のプレッシャーに自分の精神が負けたと思われがち。確かにこれは大きな要素であるに違いない。本番と練習を比較してみると、多くの相違がある。普段と異なる想定外な状況の数々、それらが複合的に作用して、普段の力を出させなくしていると考えられる。グランド状況(体育館なら床の状況)の違い。ボールの空気圧の違い、などなど。であるならば、本番で強くなるためには、精神力を [続きを読む]
  • プレート追加は計画的に
  • ベンチプレスやデッドリフトで、第③セットでは予め決めているMAX重量挑戦し、第④セットでMAX重量から5?重量減らして余ったパワーを出し尽くすやり方をしている。この時、第①、第②セットで使うプレートは、第④セットで5?減らすことを前提として計画的に考えるべきだろう。デッドリフトの例:①30,②70,③105,④100 という流れを計画しておき、シャフト内側から左右それぞれ以下の順でプレートを追加する。①+ [続きを読む]
  • ベンチ自己新
  • ベンチ65k*3回を達成したのが今年の3月。しばらく自己新更新がなかったのだが、最近、回数で自己新(PB)更新が続いており、本日、ついに65kが6回挙がった。さらに、+5k重量上げて70kに挑戦したころ2回挙がった。上げる時のコツは実際の重量-10kの軽い重量であると自分を思い込ませること。次回から、25k*6回、60k*6回、70k*MAX回数、65k*MAX回数でセットを組む。 [続きを読む]
  • ウェイト持ってラジオ体操
  • ウェイト(1?程度のプレートとかダンベルとか)を持ってラジオ体操の動きをやってみる。通常の体操の速度ではなく種目ごとに無理のない速さで。ウェイトがあることによってストレッチ効果が増す印象がある。腕を上へ振り上げる動きではウェイトがあることにより筋トレにもなる。腕を回す種目が多いので、特にラケットを使う競技をやる人におすすめ。 [続きを読む]
  • ベンチ、ベスト更新
  • ベンチプレスで前回に引き続きベスト(回数)更新、65k×5回。MAX早見表によると70k×1回は見込めるが、70kに上げるのは65k×6回を達成してからにする予定。各セットの重量は、25k, 55k, 65k, 60k。第3セットでMAX重量MAX回数挑戦、第4セットはMAX重量ー5Kで残った力を出し切る作戦。デッドリフト、スクワットにおいても、MAX重量-5kのセットをMAX重量セットの前ではなく後ろに置くのがおすすめ。 [続きを読む]
  • ジムでBIG3
  • ベンチプレスはいつものように第3セットでMAX挑戦。約半年ぶりの自己新(65*4)。メニューは、25*6止,55*6止,65*MAX挑戦(結果4),55*MAX挑戦(結果10)。自己新が出た要因は、バーベル下げるときに消耗しないスピード感覚が身についてきたこともあるだろう。胸タッチからの初動部分でのパワーが重要なので、ベーベル降ろした状態、腕立て伏せで腕を伏せた状態で止めて、大胸筋を思いっきりストレッチさ [続きを読む]
  • 睡眠の質を高める
  • FITBITは、就寝から起床までの時間を、目覚めた状態、レム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠に分類してくれる。最近の睡眠では、目覚めた状態を除く睡眠時間が6時間、浅い睡眠3時間+深い睡眠1時間が標準である。これを、総睡眠5時間、浅い睡眠2時間+深い睡眠2時間、にできないであろうか。これまで5時間睡眠でも、浅い睡眠3時間+深い睡眠1時間を確保できたこともあったが、深い睡眠の時間はあまり伸びていない(これまでのMAX1時間10分 [続きを読む]
  • 武井壮の睡眠
  • fitbitの優れた機能として睡眠の解析がある。睡眠は以下の4通りに分類される。目覚めた状態、レム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠。一般人の場合、その割合は順番に、全睡眠時間の20%,20%,50%,10%程度。深い睡眠は1割強(6時間寝ても40分程度)位しかないのだ。この割合とかタイミング、時間は意識的にコントロールできそうにないが、短時間睡眠の人は深い睡眠が効率的にとれているのかもしれない。短時間睡眠で知られる武井壮さん [続きを読む]
  • fitbitでちょいラン
  • 食事制限が十分できず、筋トレによってもダイエットできない人は、有酸素運動が欠かせない。基本はラン。強度は低くても距離は短くてもやらないよりは100倍まし。ハードルを下げて、頻度を上げて、カロリー消費を上げたい。1kmちょいなら、15分以内に終わるので、忙しい時でも実施可能。およそ2000歩。ランは地面着地時の衝撃が脚に良い刺激になる。これは筋トレでは得られない利点である。こんな短時間でも、かなり心拍は上昇する [続きを読む]
  • にんにくパワー
  • アメリカ国立がん研究所がガン予防の有効性が認められる食品40種類ほどを公開したが、その中でなんとニンニクがトップであった。私たちの体には免疫作用が備わっていてガン細胞を見つけるとナチュラルキラー細胞が働いてこれを撃退する。ニンニクはこのナチュラルキラー細胞を活性化させることにより抗ガン作用を発揮するのである。したがって、ニンニクは特に免疫力の低下したお年寄りにこそ食べていただきたい食品と考えられる。 [続きを読む]
  • BIG3における重量の刻み方
  • ジムでフリーウェイト中心に筋トレ。MAX重量での最大回数を求めてやることに変わりがないが、BIG3の中で、頻度高くやっているベンチプレスでは、①MAX-40、②MAX-10、③MAXという組み方をしていて、重量・回数について、およそ想定範囲内の結果がでるのだが、久々にやったスクワットでは弱体化が露呈。スクワットは自宅で充分な重量で出来ないということもある。たまにしかやらない種目においては、この組み方は失敗する。以前取り [続きを読む]
  • 青汁の植物繊維でダイエット効果
  • 船越栄一郎のCMでおなじみ、やわたのおいしい青汁。松居一代事件のあおりを受け契約中止になったらしく、現在、やわたのサイトに船越さんの姿は居なくなっている。船越については、バイアグラの使用だけでなく、糖尿病も患っていたことも暴露され、青汁の健康イメージとはかけ離れていると判断されたことも契約中止の一因か。しかし、健康な人だけでなく糖尿病の人にとっても青汁には大きな効果が期待できることをご存知であろうか [続きを読む]
  • 静止する筋トレ
  • 数秒間静止に挑戦することは、マシントレでもフリーウェイとでもできるしが自重トレでもできる。静止する位置はレップの動きの始点も終点もあり得る。少し考えるだけでもいろいろなメニューが考えられる。回数をこなすのが苦手な種目(懸垂など)へのアプローチ方法としてもよい。腕立て伏せで、手を曲げて静止する(伸ばす前)・・・大胸筋懸垂で腕を曲げた状態で棒にぶら下がり静止する(縮めた後)・・・広背筋ディップスで腕を [続きを読む]
  • おやじの7秒間
  • 自分のパワーの限界を持続できるのは7秒間程度といわれている。100m走選手であっても最初から最後までMAXのパワーを持続するのは不可能ということになる。筋トレではメインセットの最後の1レップで自分の残ったパワーを出し切ることが重要だが、どんな種目でも1レップいかかる時間は2−3秒でしかない。そこで、限界が近づきこれが最後の1レップと思ったら、そのレップは我慢して数秒間維持すると筋トレ効果もMAXになるように思う [続きを読む]
  • 腕立て伏せの負荷
  • 腕立て伏せの時腕にかかる負荷を体重計で測定してみたら50?程度(体重の約7割)だった。腕立て伏せの負荷は予想以上に大きい。自分の場合、ベンチプレスの各セットの負荷は25、55,65?としているので、腕立て伏せの負荷はベンチプレスの第2セットの負荷に近いことになる。この負荷でも回数をこなすことにより大胸筋にしっかりと負荷を与えることは十分に可能である。しかし、筋肥大に必要なベンチプレスの第3セットに相当するの [続きを読む]
  • プラセンタ・臍帯サプリとは
  • 最近、プラセンタ注射が流行っている。注射は1回1000円から1万円程度までピンキリ。注射を受けるには医院に行かなければならない。原料は、人の胎盤のみを使用して作られたもの。プラセンタが含有する成分が美容に有効である。一方、人ではない馬・豚由来のプラセンタあるいは臍帯が美容液や美容を目的としたサプリに使われるようになってきた。プラセンタ・臍帯エキスには、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、アミノ酸といった美 [続きを読む]
  • シトルリンとNO
  • 最近話題のサプリメント、シトルリンの効果はいずれも一酸化窒素(NO)を生成することに関連した効果である。NOには以下の作用がある。1)血管を拡張し血流をスムーズにする2)血管内のコレステロール量、血栓の発生を抑える血管に望ましい機能なので、積極的に摂るべきサプリメントといえるだろう。NOは有酸素運動をすることでも生成する。 [続きを読む]
  • 自転車のドロップセット
  • 運動好きでの人でも炎天下で運動するより屋内ジムで筋トレする方がいいと思うのだろう。ジムではベンチもスミスもパワーラックも混んでいて、普段やらないフリーウェイトのインクラインをすることに。25,45,55、60kでじっくりと。物足りないのでマシンインクラインを追加。限られた種目数であっても、それぞれ限界に挑戦するところまでやらないと、明日につながらない。ジムの帰り自転車でGarminで30秒平均パワーをチェ [続きを読む]
  • LPS(リポポリサッカライド)を摂取するとどうなるのか
  • LPS(リポポリサッカライド)は体内の免疫機能の主役マクロファージを活性化させることによって免疫力をアップさせる。そのことによって各種病気予防等に効果が期待できる。- 感染症の予防(インフルエンザや風邪)- 花粉症の予防- 肌荒れの改善(アトピー性皮膚炎)- がん予防- アルツハイマー予防- 糖尿病や高脂血症などの生活習慣病の改善LPSを多く含む食品には、レンコン、めかぶ、玄米があげられる。めかぶ が身体によい理由 [続きを読む]
  • ポリフェノール
  • ポリフェノールには体内の活性酸素を除去する作用があり、皮膚の老化、抗ストレス、動脈硬化などの病気を予防・改善する効果が期待できます。ポリフェノールは赤ワインに含まれていることは知られていますが、コーヒーのクロロゲン酸、大豆イソフラボンもポリフェノールの一種で同様の効果を持ちます。また、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールはサプリメントとして摂取できます。大豆等の植物性蛋白を摂ることの意義は、 [続きを読む]
  • 重けりゃいいというものではない
  • 種目によって負荷の大きさが可動域を決めてしまう。扱うことが難しい重量の場合は必然的に可動域が狭くなる。そういう時、重量を下げることにより、可動域を広げた方が、広い部位(届かなかった部位)に刺激を与えることが出来るようになったりする。このことを感じた種目は、スミスマシンで行うフロント/バック アップライトロウ、ケーブルロウ。ロウ種目は肩甲骨を狭めるところまで引かないと広背筋に効かない。 [続きを読む]
  • TRXトレーニング
  • TRXは、サスペンションバンドを支柱に引っ掛け、自体重を利用し多数のエクササイズが実施可能。負荷の大きさも自分のレベルに合わせて変えられるので、一般の人からアスリートまで使える。ダイエットのために、TRXを使わない運動とTRXを使った運動を交互にやるようなサーキットトレーニングを組むのも面白い。TRXは自重トレーニングとは言え、TRX独特のメニューが多くあり、やり方次第では、通常鍛えられない筋肉を鍛えることが出 [続きを読む]
  • ベンチプレスで自己ベストを狙うコツ
  • 平日家でやるベンチプレスはいつも一定重量(60?)。各セットは限界回数するが、セット間の休憩を十分持つた時に、限界回数がセット毎にアップすることを確認。先日の例、第1セット:3回、第2セット:4回、第3セット:6回。第1,2セットの刺激で筋肉が目を覚まし、パンプアップしてパワーもアップするのだろう。しかも、第1セットだけなら3回しか出来なかったところ、休憩はさむ3セットで計13回出来た。平日は隔日の頻度でこれをや [続きを読む]
  • ベンチを使う筋トレ
  • ベンチを使う筋トレベンチ(1.5m長、0.5m高くらい)があった場合、何が出来るのか。思いつくだけ挙げてみた。ベンチ足かけ腕立て伏せ(胸):普通の腕立て伏せより負荷が高いベンチ・カール(二頭筋):立って腹側にベンチを横向きに持って、上下させるベンチ・ディプス(三頭筋):手をベンチの上に置いたまま腰を上下させるブルガリアンスクワット(大腿四頭筋):両足スクワットより片足で体重を支える分負荷が高いベンチ・ショ [続きを読む]
  • スクワット重量降格決定
  • スクワットやったが、前日の運動の疲れのためか上がらなかった。重量でいうと、予定第1セットPB-40k, 第2セットPB-10k, 第3セットPBのところ、最低6回は上げると決めていた第2セットでPB-10kが1回しか上がらなかった。理由はどうあれ不合格なので降格決定。次回のMAX重量は5k落とすことにする。即ち、第1セットPB-45k, 第2セットPB-15k, 第3セットPB-5kでやる。次回全セット6回以上挙げられたら、元に戻す(各セット5k上げる) [続きを読む]