en-news さん プロフィール

  •  
en-newsさん: 英語ニュースで文法と語彙を学ぶ
ハンドル名en-news さん
ブログタイトル英語ニュースで文法と語彙を学ぶ
ブログURLhttps://ameblo.jp/en-news/
サイト紹介文英語ニュースを読んで、文法を理解して語彙を増やすためのブログです。
自由文ニュースで出てくる「正式な」英語は、ビジネスの英語や工業英語を学ぶ上での格好の勉強材料です。単語の訳語を並べて考えて「なんとなくわかった」で終わらせてしまってはもったいない。
精読を続けていれば、文法が理解できて、また必要な語彙が増えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/05/04 09:03

en-news さんのブログ記事

  • 厚木のビジネス英語クラス
  • 厚木カルチャーセンターでのビジネス英語のクラスの内容は:・好きな話題でプレゼンテーションやスピーチの練習(任意)・直近の英語のニュースを読み解く・その中に出てくる文法や語彙の解説・実際の職場で迷った英語などに関する質問と答え・リクエストに基づいたテーマでの解説。実績は:  ・語源を使った英単語の学び方  ・いろいろなingの使い方(分詞構文、動名詞など)  ・無生物主語と、受動態/能動態使い分け  ・ [続きを読む]
  • どうして文法、特に文型が重要なのか
  • ことばというのは、単語だけじゃ伝わらない。そこには単語と単語を結びつける、つまり「統語」というルールが必要なんだ。「文法」ってことばと置き換えられるかなとは思うのだけど、ちょっと違う。「統」って漢字をみればイメージできるかな。語が文を構成する仕組みのこと。 日本語にもその仕組みがあるよね。「てにをは」みたいな助詞でつないでるよね。そうやって、糊の役割をするような助詞でつながっているので、日本語は「 [続きを読む]
  • 教えるということは
  • 物資的な財産は、人に分ければ自分の分は減ってしまうけど、知識的な財産は人に分けても減らない。分けた人との合計の知識は二倍になるということ。 人から習ったことをそのまま伝えるだけなら、価値をプラスすることはできないけど、自分自身が咀嚼した言い換えや、知識と知識をつなぎ合わせた相互作用によって価値は膨らむ。 そうやって膨らませた価値を共有することで、さらに二倍にも四倍にも広げられる。 自分が行ったのと同 [続きを読む]
  • Carrying the shopping makes over-65s stronger
  • Breaking News Englishから。Level 6。https://breakingnewsenglish.com/1710/171001-shopping.html 読み解く文章The Chartered
    Society of Physiotherapy (CSP) in the UK says it is imperative for the over-65s to keep active to maintain their strength as they
    age. imperative;「絶対必要で」, 「必須で」 imperative fore 誰 to doで 「誰がdoするのが絶対必要」th
    e over-65s ;the poorが「貧しい人々」を指すように [続きを読む]
  • 逆転ホームラン
  • 「今さらきけない」質問をしてみて、もしその答えが見つかったら、それが大きな飛躍につながるものだ。だからそんな質問こそしてみるべきだ。もしそんな質問を受けたら「そのうちわかってくる」とか「おぼえるしかない」とか、そんな答えで終わらせてはならない。少なくとも疑問を共有し、できればスカッとした答えを放つ。それが教える側の役目だ。 [続きを読む]
  • 金の本と銀の本はこういう本です。
  • 東京丸の内 丸善書店。話題本や定番の学習本の棚にも、二冊セットで置かれていました。一冊目の銀の本は第6刷までいきました。ほかの書店も見たけど、二冊目の金の本は分類が難しいみたいで単語本売り場とか文法本売り場とかに置かれてる。(「英語耳」と同じ棚に並んでる!)内容としては金の本の方が面白い。生徒さんから質問されることの半分は、答えがこの本の中に書かれてる。だから生徒さんにこの本を買われてしまっては、 [続きを読む]
  • カルチャーセンターのキャンペーン
  • 入学金半額や体験レッスンキャッシュバックのキャンペーン中だそうです。10月31日まで。この機会をご利用ください。 厚木カルチャーセンター1) ビジネス英語2) やり直し英語 相模大野カルチャーセンター3) 英語読書 内容紹介 1) ビジネス英語一般のスクールの「ビジネス英語」とは違って、内容的にも経済的にも気軽に参加いただけます。プレゼンテーションやスピーチの練習; 自分の話したいことを話す練習。もちろん聴くだけでも [続きを読む]
  • 自由と可能性
  • 学校では何年もかけて、「型通り」になることを学んで結局、それにおいては、機械にはかなわないと知る。 その「型通り」の向こう側に行く道があるとすれば発想であり、創造であり、今まで知らない文化であり見方であり、さらに、それらに至るための近道があるなら、そのひとつは、もうひとつの言語であると思う。 それは何かの制約や支配から、自分自身を自由にするものであり、第二言語の学習とは、その可能性を追い求めるもの [続きを読む]
  • 英語ニュースで学ぶということ
  • NHK WorldのキャスターCatherine Kobayashiさんからの学習者に対するメッセージ。NHK番組「ニュースで英会話」から。I understand how difficult it is to learn a language and to watch the news in another language. I get that completely. But what's great about the news is that it's written in a very straightforward way, and it's factual. So, after a while, you start noticing some similar sentence patterns. [続きを読む]
  • リスニングの話をすこし
  • リスニングは誰だって苦手ですよね。たとえ書いたり発話したりするのが苦手でも、黙っていればバレない。でもリスニングはバレる。だから余計に苦手意識を感じます。 周波数の違いの話がよくされますね。英語の方が周波数帯域が高音側に広いだとか。確かにそれは正しいのだけど、それだけではありません。周波数に関して言えば、「発声の方法が違うから、結果として周波数帯域が異なる」ということだと思います。 音は周波数(基 [続きを読む]
  • 交流会
  • おとなのための英語塾の生徒さんと、カルチャーセンターの生徒さんとを合わせた「生徒さん間の交流会」を行いました。大勢の方が参加してくださいました。「どうやって勉強時間を作るか」「どうやって勉強するか」について意見を出し合い、わかったことは、「ほかの人の努力は光って見えること」。ということは、自分の努力はほかの人の目には光って見えること。 自分の失敗や手抜きは、自分の目には大きく見える。いちばん近くで [続きを読む]
  • survive
  • 生物にとって最も大切な目的はsurviveすること。当然、人間にとっても。surviveすることへの強い関心があって当然で、でもsurviveできることが当たり前になると、関心は別の方へ行きがち。でも、surviveできることが当たり前でなくなるとしたら?「今まで大丈夫だったから大丈夫」だと言い切れる? これからの人間に求められることは何かということを、考えなければいけない。 [続きを読む]
  • コピーバンドと
  • 「コピーバンド」って、和製英語らしい。 アマチュアのバンドって、最初は好きなバンドの曲をコピーしたりする。そんな中で、音楽のパターンなんかをおぼえる。そして、そんな曲の一部をまねながら、だんだん自分のオリジナルの曲を作るようになっていく。 いきなりは作れないから、そうやっていくのが普通。 第二言語だって、同じようなことじゃないかな。聴いて、好きなものをまねして、それで自分のものを作っていく。 ただ聴く [続きを読む]
  • Part-timers’ hourly pay hits record high
  • この記事を見ていきます:The average hourly pay for part-time workers in Japan’s three biggest metropolitan areas ros
    e 2.4 percent from a year earlier to 1,012 in June, marking a record high since the survey was launched in January 2006, data from
    a private company showed Thursday.第一パラグラフは概要。, makingは分詞構文でand it madeの意味ですね。こ
    のhighは名詞でrecordは形容詞:a record highは「 [続きを読む]
  • 英語での就職面接
  • 英語での就職面接があるという方の準備を手伝いました。それを通じて考えたことがあります: ---ことばというのは、英語であれ日本語であれ、大事なのは聞き手の気持ちを理解すること。それができれば面接だってプレゼンテーションだって勝ったも同然。相手が欲しいと思っていることを相手にわかるように話せばいいだけ。 例えば、「公園へ行くにはこの道で正しいか」ときかれたら、「正しい」か「正しくないか」をまず答える。そ [続きを読む]
  • 日本語の助詞の役割
  • きょう突然、昔のテレビ番組のことを思い出した。「ジェスチャー」の番組で、身振り手振りでことばを伝えるゲーム。お題はたとえば「びっくりして腰を抜かすアントニオ猪木」とか。名詞や動詞はジェスチャーで示すしかないのだけど、助詞を示すときは工夫をしてた。「を」は「尾っぽ」をあらわすジェスチャー。「で」は手の甲を別のほうの手で二回たたく。「て」は一回たたく。「の」はのどを指差す。 英語は語順が重要なのだけど [続きを読む]
  • 精読と味読
  • いままで「味読」ということばを考えたことがありませんでした。これは良いことばですね。 ことばには運用力が要ります。文法・語法や語彙などの知識を実際に動かして理解したり発話したりする能力です。 そのためにはある程度の「量」が要ります。そのためには、「多読」というような方法が必要です。ところが、ちんぷんかんぷんを延々と多読しても、蓄積の効率は低いので延々と時間がかかります。ちんぷんかんぷんにならないため [続きを読む]
  • Japan’s potato chip shortage
  • 久々にニュースのことを(最近はニュースに関する情報は、カルチャーセンターなどの生徒さん専用のブログに書いています) Japan’s potato chip shortage likely to linger until fallSAPPORO ? Hokkaido’s potato farmers haven’t recovered from last summer’s typhoons, which means consumers will have to wait until at least fall before the usual range of potato chip products returns to store shelves., which m [続きを読む]
  • 厚木で「はじめようビジネス英語」講座
  • 厚木カルチャーセンターで「はじめようビジネス英語」講座をはじめます。第2・第4土曜日 16:00〜17:30.5月27日(16:00〜17:30)は無料体験会。ご予約制となっていますので事前に厚木カルチャーセンターにお申し込みください。 http://www.culture.gr.jp/detail/atugi/itemview_1_903019583.html 内容:ビジネスのための作文練習やミーティングでの発言練習、またその日の実際の英字新聞記事などの文章を題材に、ビジネスに必要な [続きを読む]
  • ゼロからの英語(厚木カルチャーセンター)
  • 厚木(神奈川県)のカルチャーセンターで「ゼロからの英語」の講座をはじめました。第一回に参加していたたけた方からは「いまさらきけないとずっと思いつづけていたことの答えがわかった」「こんなことはほかのどこでも教えてくれなかった」などと言ってもらえています。 おとながすんなりと入れるように考えた順序と進め方で行います。「ゼロから」なので、回数の進まないうちにはじめる方が効果的です。 第2と第4 金曜朝 10:15 [続きを読む]
  • 本が書店に並び始めました
  • 新宿紀伊国屋書店さんPOP製作にも協力しました 丸の内丸善書店さん どちらの店舗でも通常のコーナーに加え、新刊・話題本のコーナーなどにも並べてくださっています。どちらも前作も並べて。その他の書店でも在庫され始めていますし、Amazon、楽天でも購入できます。Amazonや楽天にレビューを書いていただけると非常に助かります。よろしくお願いします。 イメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOK [続きを読む]
  • 二冊目の著書が発売!
  • 私の二冊目の著書が書店に置かれはじめたようです。丸善丸の内店紀伊国屋新宿店ジュンク堂大阪店 Amazonも「在庫あり」になっています。 おもしろい本になりました。最近生徒さんに、文法・語法に関する質問をされるとき、「答えは次の本に書いてありますけど・・・」と言って説明をはじめることが多くあります。それだけみなさんが持つ疑問の多くをカバーしています。 ぜひ、書店でお手に取ってみて下さい。  すずきひろしイメ [続きを読む]
  • 初心者用英語の最高の教材
  • 初心者に教えるにあたり、市販の教材をあれこれ調べたり買ったりしてきました。結局、良いものが見つからず、図解を入れた自作のものを使用してきました。 1ヶ月ほど前、教科書センターというところで中学の教科書を見る機会があり、そこでその進化に驚きました。大人にも使えます。 生徒以外は入手できないと思い込んでいましたが、格安で買えます。一冊322円です。新学年がスタートし、一般の人は4月16日から入手が可能になりま [続きを読む]