yasuro0915 さん プロフィール

  •  
yasuro0915さん: 土曜日はスタヂアムで
ハンドル名yasuro0915 さん
ブログタイトル土曜日はスタヂアムで
ブログURLhttp://cerezoyasuro.blogspot.jp/
サイト紹介文試合開始2、3時間前からボォーとスタヂアムにいる時が好きです そんな時に思いついたことをぐだぐだと
自由文年甲斐もなく去年からセレッソにハマった中年サポーター(新米)です。bloggerを使ってますが、使い方が良く解らずブログは稚拙ですががご容赦を
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/05/04 15:39

yasuro0915 さんのブログ記事

  • 2018Season Episode28 月下のプール サンフレッチェ広島戦
  • W杯明けの12連戦の最終戦首位サンフレッチェ広島とのシックスポインターの重要な一戦夏休み最後の一戦ということもで、アニメ映画とのコラボ企画あり、音楽ライブありなかでも今年もプールから観戦というかなり斬新な企画が行われた去年もやった企画だったが、確か去年は試合はキンチョウで行われ、プールはヤンマーに設置されたため、同時にふたつを楽しもうというものではなかった今年はゴール裏横にプールが設置されて、プー [続きを読む]
  • 2018Season Episode27 おもてなし ヴィファーレン長崎戦
  • 夏季休暇を利用してのアウェイ長崎戦参戦飛行機は嫌いなので新幹線と特急を乗り継いでJR諫早駅に到着駅を降りるとスタジアムまでの地図を配っておられたので一部、いただくホテルにチェックインしようと向かって歩いていると「セレッソの方、お茶を飲んでいってください」と声をかけられる「遠いところご苦労様です」とお茶とおこしをいただいた「すぐそこだ」とホテルの場所を聞いてチェックイン後、地図に沿ってスタジアムに向 [続きを読む]
  • 2018Season Episode25 イニエスタ、イナイ ヴィッセル神戸戦
  • W杯前、ヴィッセル神戸にイニエスタ選手の加入が発表されて以来、世界最高峰のプレイを見られるこの試合を楽しみにしていたイニエスタ選手も出場したW杯ではスペインの人には悪いがスペインが早くに敗退したことで、これで8月1日には出てくれるだろうと確信実際、イニエスタ選手は来日し再開後のJリーグに出場し、この試合のチケットは水曜日開催にも関わらず、早々に完売舞台は整ったと思ったがイニエスタ選手は家族の来日手 [続きを読む]
  • 2018Season Episode24 夏風邪 鹿島アントラーズ戦
  • 前の試合から中二日で臨む鹿島アントラーズ戦今シーズンはもう何回もあった会社から直行の水曜日開催セレッソは先発7人を代えたターンオーバーで臨んだ一方、鹿島は1人のみの交代。このメンバーはリーグ戦再開後爆発的な得点力を得ているようである夕刻の赤く燃える空の下、そんな好調鹿島に対抗できるのかかなり不安な心持でいつも席に座る果たして試合は____。前半 ー やはり、セレッソは押された展開。サイドをやぶられ何 [続きを読む]
  • 2018Season Episode23 折り重なる珠玉の物語 浦和レッズ戦
  • W杯が終わり、始めてのホームゲーム4日前の再開初戦では清水に3−0と完敗試合後、走れていなかったと山口選手がコメントしていた通り、この酷暑では体調管理、ゲームコントロールは難しい。特にW杯に参加した選手にとっては_____。W杯は世界のスーパースターの共演であり、国の威信をかけた戦いであり、なによりセレッソの現役やOBなど所縁のある選手が出場している大会であるそれなりに関心をもって観ていたが、やは [続きを読む]
  • 2018Season Episode19 成長を見守る人たち @舞洲日本ハム桜グランド
  • 5月12日、ACL決勝トーナメントに鹿島が進んだためにトップチームは試合がなかったため舞洲グランドに向かう天気も良く、高速道路を使って約1時間のドライブも気持ちがいい。11時からセレッソU23が中国U18チームとのトレーニングマッチが組まれている舞洲グランドには日本ハム桜グランドとヤンマー桜グランドのふたつの天然芝グランドがあり、二つのグランドは通路を挟んでおり、両側に見学席が配されている10時3 [続きを読む]
  • 2018Season Episode17 達者やなぁ ジュビロ磐田戦
  • 達者な人たちであるJ1リーグ第11節 アウェイ ヤマハスタジアムで行われたジュビロ磐田戦JR大阪駅5階 時空の広場でパブリックビューイングが行われるということなので行ってみることにした入場は無料 午前9時から整理券を配るということだったので初めて大阪駅5階に上がってみると人工芝が敷いてあって子供が遊ぶスペースになっていた期間限定のイベントスペースのようだった係の人に整理券をもらって2時前に集合と [続きを読む]
  • 2018Season Episode16 ココカラ世界へ ベガルタ仙台戦
  • 4日前のショッキングな大阪ダービーでの敗戦勿論、この悔しさを晴らすのは大阪ダービーで勝つことしかないのだが、とは言え連敗は避けなければならない立て直しが必要なホームでのベガルタ仙台戦今季何度目かの水曜日開催の公式戦会社を定時で終え谷町線、御堂筋線を乗りついで試合開始30分前に長居駅に到着この日の先発にはいままで怪我に泣かされ続けた清武選手がメンバーに名を連ねた腹ごしらえの牛丼を片手に持ちながら観戦 [続きを読む]
  • 2018Season Episode15 不落城 ガンバ大阪戦
  • この時期にしては眩しいぐらいの強い日差しと25度近い気温試合開始2時間前の午後5時、最寄りのモノレール駅を降りるとショッピングモール・エキスポシティを通ってパナソニックスタジアム吹田に続く階段には長い列が連なっているいつものようにチケット完売の大阪ダービー元セレッソ監督のレヴィークルピ氏を招聘したガンバ大阪とのJ1リーグ第9節敵将との縁、直前のACL広州恒大戦をターンオーバーで臨んで惨敗したことへ [続きを読む]
  • 2018Season Episode14 ダンス ウィズ セレッソ FC東京戦
  • バブリーダンスで有名な登美丘高校ダンス部とのコラボ企画「サクラ満開」で踊ろうセレッソを昔から応援していたという振付の方が作られたオリジナル振付が事前に準備され、WEB上で公開なかなか攻めの企画であるサクラ満開はセレッソが勝利したときに試合終了とともに流れる曲であるだから試合に勝たなければ、企画は成功しない当然だが、負けはおろか引分けでも勝利の凱歌をみんなで踊ることはできないのだ普通であれば試合前の [続きを読む]
  • 2018Season Episode12 使える選手であるために 済州ユナイテッド戦
  • つくづくサッカー選手というのは尋常ならざる忍耐を必要とするものだと思うチームを指揮する監督が思い描くサッカーを実現するために選手が選ばれ、練習が重ねられ、試合で試される試合ごとにチームが熟成されていく一度、スタメンが決まってしまうとなかなか、選ばれなかった選手はそこに割り込んでいけないいやいやスタメンはおろかベンチに入ることさえ難しいチームの序列を崩してそこに自分の席を用意することは至難の業だスタ [続きを読む]
  • 2018Season Episode11 バッチバチ C大阪U23vsFC東京U23戦
  • 昨夜、トップチームの今季リーグ戦初勝利の興奮も冷めやらぬ日曜日の午後C大阪U23がFC東京U23と相まみえるJ3リーグ第5節を観戦するため再びキンチョウスタジアムに向かったC大阪U23はこのところ2連勝と調子がよいこの試合に勝てば初の3連勝となるU23チーム同士ということで大げさに言えばクラブの育成力が争われる試合でもあり、ライバル意識もあるだろう特にセレッソの方は昨シーズンはホームアウェイとも負 [続きを読む]
  • 2018Season Episode10 大向こうを唸らせる 湘南ベルマーレ戦
  • 健勇、イッタレ1−1の膠着状態から残り10分のところで右サイドの裏にふわっとしたパスが出された後半途中で入った杉本選手が追いついてゴールに突進していく寄せてきたディフェンスをかわして強烈なシュートを叩き込んだ_____。2−1初勝利を手繰り寄せるゴール先ほど叫んだ大向こうを唸らせる得点、まさに千両役者やっとこれで今季初めてサクラ満開が歌えるインターナショナルマッチウィークあけの第5節 湘南ベルマー [続きを読む]
  • 2018Season Episode8 春はまだ来ぬ ヴィッセル神戸戦
  • 日曜日に行われたアウェイ ヴィッセル神戸戦結果は2−0の完敗(ホーム側を先に表示)帰り、近鉄電車と乗り入れている阪神電車のなかにいるセレッソ側の人達は皆、暗い表情で中空を見据えている日曜日の試合で負けると次の日の出勤が精神的にきつい皆、明日は辛いだろうなと思いながらスマホを弄っていたゼロックスで好スタートを切ったセレッソだったが、ACLとリーグ戦の過密日程で結果が出ず、リーグ戦はここまで3引き分け [続きを読む]
  • 2018Season Episode7 6分間の輝き ブリーラム・ユナイテッド戦
  • 1−2で負けているACL予選 アウェイで敗戦を喫したブリーラム・ユナイテッド戦このまま負けてしまうと予選突破が苦しくなる交替を告げられ87分ピッチに入る ファーストタッチ____。高卒ルーキーらしからぬ力強いドリブルタックルを受けるが倒される前にパスすぐに起き上がり、ゴール前にポジションを取りクロスが上がるの待つきたぁ頭上のボールにヘッドで合わせたのは彼ではなく、日本代表の杉本選手土壇場で2−2の同 [続きを読む]