しずか さん プロフィール

  •  
しずかさん: 久  きゅう
ハンドル名しずか さん
ブログタイトル久 きゅう
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyuu0046/
サイト紹介文以前からやってみたかったこと、これからやってみたいことに挑戦していく過程を綴ります。
自由文―ならいごとの小箱―は以前からやってみたかった小さな教室を並べてみました。1回完結のお気楽な講座です。その他、エピソードや仕事についても思った事をそのまま書いてゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/05/05 08:48

しずか さんのブログ記事

  • 春のやま
  • 岩茸石山山頂からの景色奥多摩の高水三山へ行きました高水山、岩茸石山、惣岳山の3つの山を歩きます高水三山って名前がキレイだから一回行ってみたかった…岩茸石山山頂から見た山の色がやわらかい所々に芽吹きの黄緑や山桜の色が混ざってこの時期独特の色合いです眺めている... [続きを読む]
  • 感覚を研く
  • 先日参加した東京作家大学の体験授業で講師の先生から薦められた小説川端康成「山の音」読み始めると川端康成の感覚の鋭さに引き込まれますそして女のひとの複雑で微妙な心の動きをこれほど深く感じ取って表す事ができる川端康成は多分、幼い時から常に人の心の動きに気を配... [続きを読む]
  • 旅の終わりに
  • 思いつきのダラダラ旅はおしまいとりあえず帰ります今回一番印象深かったのは秘境本法寺への徒歩による墓参りかなぁ亡くなって23年になる母への御挨拶マップでナビされながら進むのだが確認の為に農作業中のおとーさんおかーさんに道を尋ねるとどの方にも「はぁっ!?本法寺... [続きを読む]
  • サクラ…富山城趾公園
  • はらはらはら…満開の桜が風で散る少し時間があったので富山城趾公園に行ってみました老夫婦、ママ友の親子連れ、母娘3世代の家族連れ各地で見かける平日らしいお花見の顔ぶれですその和やかな風景は全国同じ帰ろ…と思って歩き出すと美術館が現れました富山市佐藤記念美術館... [続きを読む]
  • 旅の醍醐味
  • 旅の醍醐味は一期一会、未知の人との出会いにありこれは何よりも私自身を活性させてくれました秘境、本法寺から東八尾駅に向かう道、駅から1時間半強かけて歩いた道をロクに休憩も無く、また歩く、いや走らねば帰りの電車に間に合いません…と半ば泣きたいような気持ちになっ... [続きを読む]
  • 記憶を辿って②
  • 笹津にある祖母の実家です先日父に「あの家ってまだあるの?」と聞いたら「知らんけど、あるら」記念碑がある為にどうにもならん、そうです主が不在でも、きっと毎年変わらずに咲く満開の桜がいっそう健気により哀しく…私の目には映りました敷地内に記念碑があり、周りは堀... [続きを読む]
  • 記憶を辿って①
  • 富山駅から高山線の始発に乗り朝7時少し前、笹津に到着かわいい電車です神通川笹津橋から上流を眺めて神通川笹津橋から下流を眺めて白く見える橋は電車が走る25年前の記憶を頼りに祖母の実家から神通川に架かる橋を探して歩きました笹津は越中と飛騨を結ぶ重要な位置にあるの... [続きを読む]
  • 本法寺
  • 母のお墓参りに来ました本法寺はネットで調べると「車でしか行かれない御寺」となっています歩くぞ!しかし東八尾駅で降りて、富山行の時間を見たら11時の次は14時今は9時マップで検索すると本法寺まで徒歩で1時間25分速足で歩いて、時々走って往復すれば11時の電車に乗れる... [続きを読む]
  • お、お一人?
  • 到着は夜、駅で明日乗る電車の確認をしてからホテルへチェックイン駅前は桜が満開!私の花粉症も全開!季節は1週間ほど遅れているようです 晩御飯は魚でーす居酒屋や割烹のお店が並ぶ通りで一つの店に思いきって一人で入ってみましたカウンターに立つ大将は「お、お一人?... [続きを読む]
  • すこしのあいだ
  • 桜が散リ、木々が一斉に芽吹いて街の中は黄緑いろに色彩が変化しましたこの時期、私は少し元気が無くなってしまう…木々の生命力に圧される気がしますそういう時、そんな自分を「ダメだ、頑張れ、しっかりしろ」と自ら叱咤激励し続けるのも疲れたので雑事はうっちゃらかして... [続きを読む]
  • 共におもう
  • 先日の赤松庵でのお茶会で私はとても幸せな気分に包まれましたなぜだろう…なぜだろう…とずっと考えているのですがそれは私自分が「良」としているものをそこにいた全員の人が同じ思いでいるのだと感じられたからだと思います御道具、お床やお花の取り合わせ、御点前、水屋... [続きを読む]
  • 赤松庵で
  • 私は週に一度、お茶のお稽古に通っています28日、成田山の御縁日にちなんで成田山公園内にある茶室、赤松庵でお茶会がありましたこの日、公園の淵に咲く桜は満開グレーがかったうすぅいピンクの桜の花がまさに霞か雲か…一斉に立ち上る煙のようでしたまた茶室の庭の青々とし... [続きを読む]
  • こんな日が来ようとは…
  • 長女が着ているこの辛子色の振袖は私が19歳の時に買って自ら仕立てて成人式に着たものですそしてこの袴も21歳の時に自分の手で仕立てて卒業式に着ました今日は長女の卒業式でした「卒業式には袴を着るよ、みんな着るじゃん」と言うのでそーだ!そーだ!忘れてたけど私が縫っ... [続きを読む]
  • お能を観ます
  • 今日は観世能楽堂でお能を観ました成田山の蝋燭能でご一緒させて頂いたり、近しくお話させて頂いた能楽師の先生方が出演されています私は謡のお稽古で、謡を教えて下さる久保田先生から何度も何度も「羽衣」をお稽古して頂きました先生の謡って下さったものを録音して頭と耳... [続きを読む]
  • ちょびっと韓国
  • お友達の突然の入院により卒業旅行がダメになってしまった娘に付き合ってチョーリトルな韓国をちょびっと体験してきました新宿の一つ手前、新大久保の駅を出て歩き出すとなんとなく、歩いている男の子も韓国の人っぽい…お店も人も、通り全体が東京じゃないみたいお昼過ぎ、... [続きを読む]
  • 大学に行く
  • 知り合いの方から東京作家大学のお話を聞いたので体験授業兼説明会に行ってみました場所は渋谷、夜7時授業開始仕事を終えて5時の電車に乗り6時半に渋谷駅到着夜になっても改札からワジャワジャと人が湧いて出るような渋谷駅不愉快な人混みの中を無心で進みながら辿り着きまし... [続きを読む]
  • もっちり
  • 何気なく見ていた「グレーテルのかまど」という番組で「かるかん」という鹿児島のお菓子を作っていました真っ白いシンプルな姿、西郷どんが好んで食べたお菓子だそう…西郷どんのかるかんにまつわるエピソードを見ているうちに 私もどうしても食べたくなって作ってみました... [続きを読む]
  • 夜歩く
  • 夕食後、明日朝のパンを買いに行こうと玄関を開けたら意外なほど寒くありませんでしたちょっと嬉しくなってお店まで歩いて行く事にしました私は自分の住むこの町を夜歩くのが好きです昼間、気晴らしに散歩しようと家を出ても次々と心配事が頭をよぎって楽しくない…夜は不思... [続きを読む]
  • 払う拭う
  • 私は週に一度、お茶のお稽古に通っています今日のお床には「時時に勤めて払拭せよ」ということばが掛けられていました心を曇らす塵や埃を常に払ったり拭ったりしなさい実は昨日私は、出掛けた先での会話の中で相手の方が私を評した言葉に... [続きを読む]
  • 書をハシゴする
  • 東京国立博物館東洋館、書道博物館、朝倉彫塑館の連携展示撮影は展示の8割が禁止「展示物が写らない様に撮ってください」と言われ撮った写真呉昌碩らしいが、何だかわからない愛知県豊橋市から浜野先生が来られました 浜野先生は父の御弟... [続きを読む]
  • 好きなタイプの御嬢様
  • 今、有吉佐和子の「一の糸」という本を読んでいます大きな造り酒屋の御嬢様が出てくるのですが、私は個人的に御嬢様モノのお話が非常に好きなので時間を忘れて読みふけっています御嬢様といってもさまざまで、親に従順な、自分の意思を持たない... [続きを読む]
  • いいお母さんだね…
  • 京都にいる次女が「東京に行くが、家には寄らない」と言うので私は次女の滞在先まで行き、一緒に泊まる事にしました滞在先は調布、なぜ調布?調布で何があるの?いろいろ聞きたいが、聞いたら最後、「来ないで」と冷たく宣告されるから…母は黙っ... [続きを読む]
  • 湯気を見ていたら
  • 私は週に一度、お茶のお稽古に通っていますお稽古の終わった後、お仲間の方との雑談の中で「長い間習っているのに知識が覚えられなくて情けない」と話している人がいました私は、そうなんだ…って微笑んで言ったけど…心の中で「立派な人だなー」と... [続きを読む]