しずか さん プロフィール

  •  
しずかさん: 久  きゅう
ハンドル名しずか さん
ブログタイトル久 きゅう
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyuu0046/
サイト紹介文以前からやってみたかったこと、これからやってみたいことに挑戦していく過程を綴ります。
自由文―ならいごとの小箱―は以前からやってみたかった小さな教室を並べてみました。1回完結のお気楽な講座です。その他、エピソードや仕事についても思った事をそのまま書いてゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/05/05 08:48

しずか さんのブログ記事

  • まぼろしの山
  • 大菩薩峠、大菩薩嶺、山梨県にある山ですがなんだかとても心誘われる響きです一度どうしても行ってみたくて密かに予定していました土曜の夜、御茶ノ水に泊まって日曜の朝5:34の電車に乗り、7:10に高尾で乗り換えて…とウキウキワクワク計画していたの... [続きを読む]
  • 私の居場所は
  • 今朝新聞で読んだ、曽野綾子さんの「自分しかできない仕事は必ずある」という言葉はとても印象に残りましたどの世界にも自分なら生きられる、自分を必要とされる場所があるはずだ全ての人にとって社会が望んだ仕事があるはずであり、自分しかで... [続きを読む]
  • 好きな色に
  • 少し前に、白生地の反物を頂戴致しました白生地は自分の好きな色に染めて紋を入れ、色無地として着られます染まっている反物から選ぶのではなく、たくさんある日本の色の色見本から色を選んで染めてもらいます私は最近、淡いおだやかな色... [続きを読む]
  • クソミソのボロカス
  • 一昨日、富良野から父が出て来ました父を羽田へ迎えに行き、宿泊先の上野へ送り届けた後、私は一旦帰宅して昨日朝にまた上野へ迎えに行き、埼玉県大宮にある東光寺へ同行しました今回は父が刻った篆刻を納めさせて頂く、という事でそ... [続きを読む]
  • お花の練習
  • 先週の御茶会の帰りに先生から頂いたお花家に来た人が、白いホトトギスが珍しいと言って話がはずみましたサテ、お花の練習をするぞと思って組んだり、バラしたりしているうちに葉は落ちちゃうし、お花はシナッっとなってきて焦りました... [続きを読む]
  • そんな事ってあるの?
  • 鋸山(奥多摩町)山頂にて、奥に見えるのは富士山5月に山の会で企画されたけど雨天により中止になった奥多摩の川苔山を目指してみました今回は単独、ひとりで山に行くので人の多そうな11/3にしたのですが(人知れず遭難してたら怖いから)お天気... [続きを読む]
  • 謡の会
  • 「井筒」を謡う久保田先生と地頭をつとめられる梅若流お家元の梅若玄祥先生40年に渡って久保田先生に謡を習っている梅成会の皆さん今日、久保田先生の卒寿を祝って謡の会が開かれました久保田先生の為に梅若流のお家元、梅若玄祥先生が成田にお越し... [続きを読む]
  • 藍染めを体験する
  • 自分流チャレンジ品うぐぐっ…このように雑な仕上がりです人にも聞かず、説明書もロクに読まず、感覚だけで突き進むとこうなります「おかしいな…上手くいかないな…」人並みにそう思いますが反省はしません体験で染めた布このようにエラい違いなのです... [続きを読む]
  • 緊張シィなんです
  • ところどころ紅葉しています私は週に一度、お茶のお稽古に通っています今年も今月28日に成田山公園内茶室、赤松庵で年に一度のお茶会がありました普段のお稽古で中々会えない方とも久しぶりに顔を合わせて嬉しい…でも喜んでいる時間はな... [続きを読む]
  • お気に入り
  • 六義園、旧岩崎邸庭園、浜離宮恩賜庭園、旧古河庭園…と、都内には庭園がたくさんあります手入れの行き届いた庭園はいつ訪れても気持ち良く、花々も季節ごとに違う花が咲いていて同じ風景はありません最近、新宿御苑を訪れましたここは私がとても気に... [続きを読む]
  • 爪の中まで
  • 昨日、ちょっと試しに布を染めてみました着物というものは一度仕立てると大変長い期間着られますが、歳を重ねると裏地の裾回しという部分が「明るすぎるなぁ、もう少し大人しい色にしたいなぁ」と思うようになります裾回しだけを外して今の自分にし... [続きを読む]
  • 時期が来た、のかな…
  • 前々から、写経をする時の手本になるものを探していました自己を表そうとしていない字で書いてある写経この条件で手本を探すと意外にも見つかりません写経用紙に付いている手本、写経手引の本に付いている手本、これらの「手本」と名が付いている... [続きを読む]
  • こんな場合は…
  • 毎年、この時期に開催される御茶会に今年はお友達と3人で行きました(いつもは一人で行ってチャッと席に入り、チャッと帰ります)お二人とも学生の時にお茶を習っていたそうで、御亭主様が話して下さる御菓子やお道具のお話に熱心に聞き入っていた様子で... [続きを読む]
  • 秋の深まり
  • 萩も終わり、秋明菊も一気に花開き、散りました庭のすみの藤袴も花が終わって茶色くなっていますが何本か開きかかった名残の花が少し残っていたので蕾の膨らんできた菊と入れてみました花入の高さに合わせて菊の葉を取っていると菊の匂いがふんわり... [続きを読む]
  • 写経大会に参加する
  • 今日、成田山で毎年開催される写経大会に行きました謡を教えて下さっている久保田先生に誘って頂いたのがきっかけです3年前にこの写経大会に参加して初めて写経にふれ、墨で字を書く事の喜びを知りました写経は自分の字で一生懸命書く事が最も尊いと思... [続きを読む]
  • 続続カワイイ〇〇〇
  • あれから相変わらずちまちまとカワイイ〇〇〇をつくっている私です〇〇〇は市販品だと1本2~300円、私は最初は350円でupしていましたが、売れていくのに気を良くして450円に値上げし550円の物をもう一種類増やしてみましたそれでも買う人がいるの... [続きを読む]
  • 私は誰ですか…
  • 今日はお天気が良かったので前々からやってみよう!と思っていた墨染に挑戦してみました書を生きる父のもとに生まれた私にとって「墨」はいつのときでも身近な存在であり自分のアイデンティティーを示す大切な存在でもある、事に気づきました(カッコイ... [続きを読む]
  • 読書の秋
  • 偶然手に取った、安部龍太郎の「等伯」を読んでいたら冒頭で富山県笹津という地名が出てきました笹津は父の出身地であり私も幼い頃から何度も何度も訪れた所でした祖母は笹津に住んでいたので父と母と私の3人で帰省したり、親類の葬儀や時には父... [続きを読む]
  • 秋がいっぱい
  • 咲かないなぁ…咲かないなぁ…咲かないのかなぁ…と半ば諦めていた萩が今朝花をいっぱいつけていました10?位の小さな鉢で買ったマメハギを地に植えたら遠慮無しの伸び放題に育っちゃって今や毎年ジャングルみたいになってます地面に植えた... [続きを読む]
  • 紙の博物館
  • 先日、東京都北区王子にある紙の博物館に行って来ました先月末だったと思いますが貫地谷しほりさんとぐっさんが番組で訪れていて紙漉き体験の様子をテレビで見てこの博物館を知りました紙って身近ではあるけれど改めて考えるとよく知らないなぁ…と... [続きを読む]
  • 老師はどちらに
  • 一昨日、16日に父の個展のレセプションがあり北海道東川町へ私も行ってきました埼玉県大宮からは大宮山東光寺の御住職様が来て下さいました御祝辞のお話がとても印象深かったです生死を生きる「生きる」ことと「死ぬ」ことは決まった事である... [続きを読む]
  • 旅の目的は
  • 9/7ー9/10、今回の旅のそもそもの目的は京都にいる次女に進路の話をすることでしたしかし、出発(木曜日)直前になって私が帰る日曜日が次女の国家試験の日だった、と判明し、(事前に京都行を通達すると断られると思って黙っていた)「試験の直前に突然現... [続きを読む]
  • 念願が叶う②
  • 投入れ堂を目指して進みます入山の門をくぐって橋を渡り少し進むとすぐにこの様な道が現れますまだまだ序ノ口、ということをこの後知りますこの時点ではまだ余裕があるのか、へっぴり腰で進んでいる剥き出しになった木の根っこを掴み体重を分... [続きを読む]
  • 念願が叶う①
  • 国宝、三徳山三佛寺投入れ堂一生の間に一度、どうしても行って、実際に見てみたかった所ですひょんなことから念願が叶いました入山は二人以上、雨が降ったら叶わず、服装にも厳しい条件があります実際に一人で来ていた男性は、入山を断られていました... [続きを読む]