あだぢいとらまる さん プロフィール

  •  
あだぢいとらまるさん: 水流「季・とき」折々…
ハンドル名あだぢいとらまる さん
ブログタイトル水流「季・とき」折々…
ブログURLhttp://www.gofukuyasan.jp/hpgen/HPB/entries/7.html
サイト紹介文初老の回想/古日記其の?「季・とき」折々・・・ 2008年 10月1日(水)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供209回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/05/05 17:26

あだぢいとらまる さんのブログ記事

  • 手織り紬織物/青墨無地着尺 制作/下井伸彦
  • 手に取ればすぐにわかるのですが、こちらの紬織物は極めてやわらかな質感/触感を保ちます。 唯、やわらかではありますが、それは頼りないやわらかさではありません。 上手く表現出来ず申し訳ないのですが、言わばさらりとした中にしっとりとした厚みを感じるかのようなやわらかさです。 こうした触感を保つ紬織物は極上の着心地を想わせてくれます。 また実際に着物にお仕立てをしてお召頂きますと、私のその言葉になるほど、 [続きを読む]
  • 手描き友禅九寸名古屋帯/湯本エリ子作品 山吹
  • 「やはり私は染色という仕事が好きなのです。」手描き友禅作家/湯本エリ子さんの言葉には染色に対する万感の思いが込められています。 なにも無いところから作品という「なにか」創り出す、それは次から次からアイデアが浮かぶ訳ではないと言います。 長い時間の中で浮かんでは消える色や形…、破裂してしまいそうな時間を経て図案/意匠が出来上がるのだそう。こちらの作品は、弊店が図案の美しさに惹かれ、オーダーした作品「山 [続きを読む]
  • 草木染手織り木綿織物/着物地 大澤多美子作品
  • 民芸的な趣向が保たれた木綿格子織物はたくさん見ることは出来ます。 しかし、大澤多美子さんの織られたこの木綿には、大澤さんが綿に想う熱意、ひたむきな想いといった心の機微が余すことなく織り籠められているように感じます。 大澤多美子さんがこれまで永きに亘り培ってきた染織の道程、唯、綿ひとすじに坦々と追い求めてきた淡々とした情熱がこちらの綿織物に結実しているのだと思います。 価格:298,000円(税込)木枯しに研 [続きを読む]
  • 手描き友禅九寸名古屋帯/吉祥雲
  • こちらに掲載致しましたお品は美しく丁寧な仕事で吉祥雲が描き染められた、糊糸目友禅/九寸名古屋帯です。 下絵を描き、糊糸目で輪郭を置き、彩色を施し、糊で伏せる,蒸しに掛け色を定着させ…、と言う極めて古典的な染め手法によって制作された友禅です。 つまり古(いにしえ)より伝えられた染め技法が用いられ染描かれた吉祥雲… わざわざ私が拙ない解説を加えるまでもなく、その丁寧な仕事から浮かび上がる上品な美しさは [続きを読む]
  • 型染手差し小紋オールハンド流線
  • こちらに掲載させて頂きました染め小紋なのですが、型絵/手差しによって染められています。 型染め?それって “安物なんでしょ?”と思われる方は、少し誤解をされています。 型を繰り返し繋ぎ染める型染の仕事は僅かな誤差も許されない極めて熟練の手業が求められます。 つまり、視点を変えてみると「手描き」による友禅よりも厳しいものが求められたりするのです。※こちらの小紋はお着物としてだけでなく、羽織や道行コート [続きを読む]
  • 手描き友禅/羽織地更紗模様
  • ご覧頂けますように決して絢爛豪華な印象ではありません。 特別に格調高い文様という訳でもありません。 和の品位を想わせる、そうしたものでもないのかも知れません。 むしろ異国文様のような印象を想わせもします。 友禅とは絹と言う生地に対象物が内包する美しさを写し取ること。 徹底的に写実的なものだけが美しい訳では決してないのです。 大切なことは写実的か否か、ではなく、絵筆の辿る美しさなのです。価格:289,800 [続きを読む]
  • 型絵染九寸名古屋帯/澤田麻衣子作品象形模様
  • こちらの作品は型絵染の染色作家、澤田麻衣子さんの手によって美しく染め上げられた紬地の九寸名古屋帯となります。 栗山吉三郎氏に師事し、技術の研鑽に励んできた澤田麻衣子さんの作品の魅力は美しくデザインされた型紙はもちろんのこと、丁寧が尽くされた型紙の型彫りの美しさと言い換えることが出来るのかも知れません。 これまでの作品にはどこか栗山吉三郎氏の影響を想わせるものがありましたが、今回の作品は紅型色濃く表 [続きを読む]
  • 丹後木綿ウイロウ地/細縞
  • こちらに掲載致しました着物地は大袈裟な言い方を許して頂けるなら、海島綿と見紛うほどの手触りと外観を保つ丹後木綿です。 意匠それ自体は細い縞が織りだされたものでとりわけ珍しいものではありません。 お伝えしたいのはその品質です。 綿薩摩に触れた経験のある方でしたら容易に想像頂けるかと思いますが、まさに綿薩摩にさらり感を加えた風合い、しかも廉価の綿薩摩ではなく、一桁上の上質な綿薩摩です。 価格:49,900円( [続きを読む]
  • 型絵染九寸名古屋帯/添田敏子作品「乱菊に蔦」
  • たとえ乱菊と蔦に見えなくてもこうした作品はそもそもで言えば写実性を求めている訳ではないのだから、何かに見えなくてはいけない、なんてことはまったくないし、むしろ何かに見えない方がとても面白い、少なくとも私はそう思います。 彩色も然り、添田敏子さんの作品に共通するエゴイズムとでも評すべくような質、 どこにも属さない作品性、他の誰の作品とも似ていない質、着物との添いなんてきっと考えてもいないであろう、そ [続きを読む]
  • 草木染手織り紬織物/三才山紬 制作/横山俊一郎
  • 桜色に肌色をほんの少し溶け込ませ、微かに、極々微かに蜜柑色をかぶせたかのような色がなんとも美しい絹布です。 兎にも角にも唯一枚の布、一枚の絹布として唯々美しいのです。 単に淡い桜色系の一枚の絹布と言ってしまうにはあまりにも勿体ない存在感があるのです。 画像でお分かり頂けますように細密な絣が施されている訳ではありません。 複雑な織技が掛けられている訳でもないのです。 でも稀有な存在感を放っているので [続きを読む]
  • 摺り友禅/九寸名古屋帯 燻し銀ペルシャ更紗
  • 燻し銀、墨色の地に燻し銀ただ一色、、。目に残像を残す…、かと思うのだけれど残像として目に強く残らない…、残るのはむしろ美しいという余韻。。 間違いなく相当に美しい…。墨黒地の塩瀬(しおぜ)に燻し銀の摺り箔でペルシャ更紗が描かれただけの帯。 そう、言葉にしてしまえば、唯、それだけの意匠/designです。 でも、この帯から感じるのはそうした単純な印象では決してありません。 描かれているものは更紗、使われた [続きを読む]
  • 手描き九寸名古屋帯/山本由季・薔薇
  • まるで絵画のように描かれています。 美しいです。。。 描かれているものは薔薇…、ただそれだけです。 でも、ただ、それだけの画が極めて美しく、私の心を捉えて離さないのです。 手描きで描かれたそれはまさに世界に一枚の画、、、一枚の薔薇の画なのです。 青鈍(あおにび)※苔生したような緑色、に染められた背景に浮かび上がる薔薇が極めて印象的な作品です。価格:305,000円(税込)薔薇挿して山気にガレの灯を点す 熊岡 [続きを読む]
  • 信州伊那紬九寸名古屋帯/石畳模様
  • 「着物や帯は“使われてこそ”、そこに価値がある」というものがあります。 いわゆる“用の美”に通ずるものです。 つまり使われてこそ初めて美しい、とした徹底した“用の美”を予感させてくれるのです。 加えて申し上げれば職人しての言わば“腕の美しさ”を想わせてくれるところ、でしょうか。 織上げられた市松/石畳の絣糸ならではの得も言われぬ美しさ…、 使うひとを想い機に向かう美しさ、すべての美が相俟ってひとつ [続きを読む]
  • 本場久米島紬/九寸名古屋帯  織/中山由美
  • この久米島紬はとても綺麗です。 もちろんここで申し上げる綺麗とは、友禅的な綺麗さではありません。 草木染紬織物特有の温かみの在る柔らかな彩(いろ)が実に見るものの目に馴染み、その織感と相俟って綺麗な印象を想わせてくれる、そうゆう意味での綺麗さです。 久米島紬に憧れはあるけれど、あの暗色の焦げ茶色が…と躊躇されていた方(実は私もそのクチ、〜なので弊店に暗褐色の久米島は在庫しておりません。)ぜひご覧頂 [続きを読む]
  • 型絵染九寸名古屋帯/岡田その子 青い薔薇
  • 摘み置かれたかのような青い薔薇が印象的な型絵染九寸名古屋帯です。 こちらの帯を制作されたのは岡田その子さん。 薔薇が「和」のモチーフとして使われることはそれほど多くないのですが、こうして帯の意匠/desigとして使われるとどこかしら「和」の「趣」が浮かぶようです。 意匠とは奥深くかつ面白いものです。 私の記憶の中に刷り込まれた“薔薇”を想えば、深紅やピンク、青では決してありません。 実に巧みな彩色です。 [続きを読む]