ゆうこ さん プロフィール

  •  
ゆうこさん: 女子の格好でお店訪問
ハンドル名ゆうこ さん
ブログタイトル女子の格好でお店訪問
ブログURLhttps://ameblo.jp/lizyuko/
サイト紹介文女子の格好で外出しお店めぐりをする体験記です。
自由文女の子の可愛い洋服好きがこのような「悪趣味」につながりました。
女の子の格好になるだけで、幸せな気分に・・
(病気ですね。笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2015/05/05 23:47

ゆうこ さんのブログ記事

  • 私が女子の格好をする理由(再掲載)
  • 訪問記は一旦お休みして別の話題に・・・最近スマホでブログを見られる方が圧倒的に増えました。感覚としては7割くらいはスマホではないだろうかと思っています。パソコンの場合は私のブログも項目別にある程度分けているので過去記事を見るのも容易ですが、スマホの場合は過去記事を見るのは大変ですね。そこで見られていない方に最初に書いたメッセージを再度書きたいと思います。内容は当時の気持ちの変化から変わってる部分が [続きを読む]
  • 店員さんに突撃暴露の北陸新幹線編〜その2
  • 「すぐに男ってわかりました?」「え、そうなんですか?わからなかったです。」どうやらわからなかったようです。(‐^▽^‐)そのときの動画です。「いつもそうしてるんですか?」興味津々の目で問いかけます。「プライベートの時だけなんですよ」「そうなんですね。」店員さんは笑みがこぼれました。その直後にホームで撮ったのがこの写真でした。右手にますの寿司です。(≡^∇^≡)新幹線、かっこいいですよね!今回はあまりば [続きを読む]
  • 店員さんに突撃暴露の北陸新幹線編〜その1
  • 今回は久々の乗り物編です。すれ違う売り子さんはこの女装男に気づいていないようです。今回の乗り物は北陸新幹線です。ルートは富山から東京迄のルート。新幹線の駅になって広いですね。それにしても今回はほとんど見られません。洋服はセシルマクビーの超ミニスカです。可愛い系では珍しくありません。この超ミニスカ、エスカレーターの後ろからは丸見えなので後ろを手で押さえました。ここで女性の気持ちがわかりました。(^O^) [続きを読む]
  • 恥ずかしい姿で失敗だらけの稲成神社編〜その3
  • 下に降りると、崖の下が海の風景です。天気がよかったらなーって思いました。(T_T)それにしてもすごい場所にある神社ですね。今回は置きカメの連続ですが、ローアングルだらけになりました。(*^.^*)このひまわりワンピも天気がよければもっと鮮やかなのになーって思います。^^上に上って帰路に。。途中に展望台がありました。ここから見る風景よかったですよ!潮吹きは見れませんでした。><ここも置きカメです。よくもま [続きを読む]
  • 恥ずかしい姿で失敗だらけの稲成神社編〜その2
  • 置きカメをしますが、角度が低く首から下しか映っていません><カメラを直したとき、前にカップルが・・・・このお二人は私のほうは全く見ませんでした。撮れません・・・・やっと、行ってもらえて・・・ここでも苦労した割に、いまいちの写真に。鳥居がほとんど写っていないのです・・・気を取り直し、奥に向かいます。天気がいいときこんな感じで綺麗なんですよね。ここは無人でした。地域の綱元(漁業を営む者のこと)である岡 [続きを読む]
  • 恥ずかしい姿で失敗だらけの稲成神社編〜その1
  • 今回の訪問記は神社です。山口県にある、元乃隅稲成神社です。ここはたくさんの鳥居が海に向かって立っています。京都の稲荷神社とはまた別の意味で趣がありますね。場所は山口県の長門の左の付近。タイトルに失敗と書いてありましたが、まずは参拝方法です。順路を書いてあるのに、私は上から下に下るルートをとりました。今回の服装は多くの人前でめちゃ恥ずかしい、ひまわり柄のワンピースです。この丈の短さは尋常ではありませ [続きを読む]
  • 再開します。
  • (いつまで、休んでんだよ。   Byりとる)「・・・・・・・」(もう1回、行けばいいんだよ! Byりとる)( ̄□ ̄;)「そうだね。」(  ゚ ▽ ゚ ;)ということで、リトル君の天の声によって前向きな気持ちに一気に向かいました。いつになるかわからないけど、いつかもう一度行きます。これは10分前に撮った写真です。元気出てきてるでしょ。(*^ー^)ノスカートは今年流行りのチェック柄です。吹っ切れました!再開するので、 [続きを読む]
  • やっと立ち直って来ました。
  • 自分の不注意から大事なものを無くしました。それは1枚のマイクロSDカード。入れたはずのケースに入っていなかったとき絶望感が半端なかったです。二つのカメラをもっていってるのですが、無くしたカードはメインで撮ったもの。もう一つのカメラに写っていたのはわずかな写真のみ。場所は沖縄県の宮古島でした。前回の記事を書いた後、無くしたことが発覚し、ブログを書く気力を喪失して今に至ります。前回の記事のコメント有難 [続きを読む]
  • ブログ延長のお知らせと予告
  • 皆様こんばんは! いつも私のブログを見て頂いて有難うございます。 最近時間がなく、ブログも書けていない状態です。 このブログですが2015年4月に開始し、長くても2年半という期間を設定していました。けれども、思った以上に行きたい場所が増え続け、訪問記も書けていないことから終了予定を今年の12月20日にしていましたが、大幅に延長します。 皆さんこれからも見てくださいね! それではいくつか予告編です。 ぼっ [続きを読む]
  • ノーザンホースパーク編〜その3
  • 色々遊ぶ施設がああるのですが、ここは大きな公園でもあります。みどりがたくさんの中、歩いていると癒されますね。広いので、人も分散されてほとんど周囲にはいない状況です。かなり広いです。。正面に展望台のようなものがありました。展望台を上がると広大な牧場が。この場所で、名馬たちも余生を送っているのですね。この絵は昔流行ったダービースタリオンというゲームの風景と一緒ですね。これでノーザンファーム編を終わりま [続きを読む]
  • ノーザンホースパーク編〜その2
  • これはリアルスティールがドバイで勝利した記念品ですね。優勝カップがありました。これはモーリスという馬です。ここの展示物も見ていて楽しいですね。(-^□^-)これはジェンティルドンナの記念品です。この馬も強かったです。2階にはオークション関係のものが置いてありました。セリで新馬が買われていったのですね。プロでないと見てもわかりません。(‐^▽^‐)外に出て散策していると、黄金の馬が置いてありました。なかな [続きを読む]
  • ノーザンホースパーク編〜その1
  • 訪問場所に着きました。場所は北海道千歳にあるノーザンホースパークです。ここは乗馬やポニーのショーを見たり、引退した競争馬などを近くで見ることができます。厩舎がありました。写真を撮ってると、私に気づいて人なつっこく近づきます。(‐^▽^‐)馬も可愛いですね。自然と笑顔に。。(^∇^)ノーザンの文字はそうです。競馬のあの有名な生産牧場です。ここはちょっとした博物館が敷地内にありました。凄まじい数のG1馬を [続きを読む]
  • ラップスカートで硫黄山編
  • 今回の訪問記は単発記事となります。右前方に目的地の山が見えてきました。場所は北海道の硫黄山です。屈斜路湖と摩周湖の間にある山です。山肌から硫黄が噴出しています。においもあの温泉のにおいでした。看板を見ると、許可以外の蒸玉子販売にご注意くださいの文字がありました。(´0ノ`*)何とも言えない雰囲気ですね。地面が生き物のようです。今回の洋服はLizLisaのラップスカートです。このスカートもかなり丈が短い [続きを読む]
  • チェックのスカートで鯨館編〜その3
  • 2Fは興味深い鯨についてのパネル展示でした。潜水能力3000mってすごいですね。そして鯨は間違いなく、海の食物連鎖の頂点です。進化の過程で昔4本足だったこと、赤ちゃんには母乳、肺呼吸であることなどが書かれていました。知能も高いことから何か人との共通点も見いだせます。一番大きな鯨で120tもあるんですね。屋上階へ。女の子っぽく撮れたかな。。(‐^▽^‐)海をバックに・・・帰りに、下には鯨料理の専門レストラン [続きを読む]
  • チェックのスカートで鯨館編〜その2
  • 大きなスクリーンに海で泳ぐ鯨が・・・そこに男たちを乗せた船がやってきます。それにしても身軽な姿です。鯨は潮を吹いています。ウェストをキュッと絞めておっきなリボンって好きなんですよね。スクリーンを離れると、先ほどの船が裏から足場があって登れました。上から覗き込みます。当時は救命具もなく、大変だったのでしょうね。船をバックに笑顔で。(‐^▽^‐)2Fに上ります。ここは鯨の生態についてのパネルが展示され [続きを読む]
  • チェックのスカートで鯨館編〜その1
  • 今回の訪問記は高知県の室戸方面にある鯨館です。入口のガラスには女の子の姿が。。入った瞬間、受付のカウンターの女性3人から一斉の視線攻撃です。((((((ノ゚?゚)ノそれでも行きます。いきなりの暴露です。「すぐに男ってわかりました?」真ん中の女性が明るい笑顔で、「わかりました!」瞬殺です。ここまではっきり笑顔であっさり言われると清々しいですね。(  ゚ ▽ ゚ ;)やっぱり背が高いところといわれました。ばれるときのいつ [続きを読む]
  • 洞爺湖スナップ写真集〜後編
  • ここの展望台にはウッドデッキもありました。ワンピースって男にはない女の子特権の洋服ですよね。(‐^▽^‐)綺麗な景色を独り占めしています。(≡^∇^≡)この湖も透明度は抜群に高いそうです。それにしてもこの看板おっきいです。(ノ´▽`)ノ真ん中の島には遊覧船で上陸もできるそうですよ。やっぱりこのような場所は人がいないほうがいいですね。真ん中の島は大きいです。?ヾ( ̄0 ̄;ノ後で知ったのですが、撮影中まさかこの上 [続きを読む]
  • 洞爺湖スナップ写真集〜前編
  • 洞爺湖に着きました。ここは洞爺湖サイロ展望台の名称です。やはりサイロがありました。(^∇^)時間は混んでない時間を狙って早朝7時です。洋服はこの柄のワンピース。これは初登場ですね。朝日の中、さわやかな空気が抜け、とっても気持ちいいです。日付は9月14日でした。自撮り棒をセットして、、、撮ります。(^∇^)ちょっぴり笑顔で。。少し逆光気味なので、白っぽくなるのは仕方ないですね湖の真ん中の島がいい感じです。サミ [続きを読む]
  • 洞爺湖サミット記念館編〜その3
  • 日本食でおもてなし。世界に誇れる和食です。総理夫人昼食会も実施されたようです。北海道のご馳走も。土の座卓も展示されていました。この撮影スポットもいいですね。さまになってないような・・・面白い写真が撮れました。(‐^▽^‐)洞爺湖の模型です。色々な写真が展示されていました。このワンピースいい色でしょ。(‐^▽^‐)最後はこの写真で締めくくりますね!これでこの場所の訪問記は終了します。次回は・・・各国 [続きを読む]
  • 洞爺湖サミット記念館編〜その2
  • 色々とパネルがあったのですが、これなんかは興味深く読みました。正面に何やら撮影スポットがあります。置きカメをしてパネルの背後へ・・・これは思い切り失敗作でした・・・・(T_T)誰もいないことをいいことに自撮り棒を振り回しています。(  ゚ ▽ ゚ ;)再度テーブルの場所へ。参加国は拡大して行われたのですね。やっぱり、インドネシアではなく、日本の場所で撮影を行いたくなったので戻ります。やっぱりここです。(^O^) [続きを読む]
  • 洞爺湖サミット記念館編〜その1
  • 目的地に着きました。中に入ります。すれ違った男性の方は全くこちらを見ませんでした。奥に入っていくと、何でしょうか。サミットとは関係なさそうです。ここは北海道の洞爺湖で行われたサミット記念館です。2008年の七夕の日に行われたようですね。入口には環境破壊、温暖化の文字が見えます。実際使われたテーブルのようです。一度でもいいからこんな会議出てみたいですね。(^∇^)座り心地は・・・普通の椅子でした。(‐^▽^ [続きを読む]
  • レンタル着物屋さんでの恥ずかしい体験記〜その4
  • 男が女性用の下着をつけて、女性の目にさらす。。。こんな恥ずかしい思いをするとは・・・気持ち悪いの見せてごめんなさい。「うふふ。」笑顔で笑っています。大丈夫ですよってオーラが漂っていました。「海外のお客さんは逆の方が結構いますよ。」「逆ですか?」「はい」「女性の方が男性の着物を着るケースですね。」「そうなんですね。」「おとこになりたいみたいな」私は恥ずかしいのですが、完全に和気あいあいムードでした。 [続きを読む]
  • レンタル着物屋さんでの恥ずかしい体験記〜その3
  • 「言ってくださって。」やはり黙って難しい顔でこのようなことをするのは相手も相当な緊張感を生むのでしょうね。私は終始冗談をかましてるので、もはや女性二人は終始笑顔でリラックスモードでした。そして質問攻めにあいます。「普段もですか」「いえ、オフモードだけです。」「そうなんですね」「では脱ぎましょうか」着付けの女性は手に浴衣の内に着るのを手に取っています。私は思わず、「やっぱり恥ずかしいですね」「うふふ [続きを読む]
  • レンタル着物屋さんでの恥ずかしい体験記〜その2
  • 選んでるときは花柄のいいのないかなーって内心めちゃ思います。。メイク担当の可愛い店員さんに聞きます。「おすすめはどれですか?」「おすすめどれやろー」可愛らしい関西弁で話します。女性はロングのワンピース姿でした。「どれですかね。全部新作なので」女性が指で差しました「これなんかは・・」私はその着物を見た瞬間、これだって思いました。即決です。「これお願いします」「あ、早い。うふふ」私はここで驚愕の事実に [続きを読む]
  • レンタル着物屋さんでの恥ずかしい体験記〜その1
  • 今回の訪問記は史上最高に恥ずかしい思いをしたお話です。お店への恰好はこのミニスカートでした。ホテルを出て、近くのレンタル着物屋さんに向かいます。ミニスカ姿で外をうろつくのは何とも思わなくなりました。店に入ります。事前に予約をしていた、京都祇園のレンタル着物屋さんです。「いらっしゃいませ。」「予約してました〇△です。」「はい。奥にどうぞ。」写真はここまでです。入口から入ると手前にメイクスペースがあり [続きを読む]