す〜さん さん プロフィール

  •  
す〜さんさん: 犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
ハンドル名す〜さん さん
ブログタイトル犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/su-san43
サイト紹介文犬と楽器と日々 ゲゲゲの調布住まいの須山。 雑種犬カバサ&ジーロと戯れ、 音楽をこねくりつつ、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/05/06 06:03

す〜さん さんのブログ記事

  • 認定通知
  • [あらまし] 同居母85歳パーキンソン病要介護2認知症状少々。去年の正月前後に室内で転倒するようになり、定期巡回介護をお願いすると同時に、それまで要介護1だった介護度を変更してもらった。それから認定の期限が1月末日になった。今月末の期限に向けて、12月半ばに認定調査が有った。認定調査を受けて、会議にかけられ、介護度が決まる。その結果通知がなかなか来ない。認定まで時間がかかると、途中で「いま会議にかけてま [続きを読む]
  • キッチンクリップ生き返るの巻
  • 今日はうっかり、有用な事を書くよ。食品の包装のプラ袋に封をするのにたいへん便利な、クリップ。百円均一でよく売っている。やたらと愛用している。スナック類の食べかけ、コーヒーやお茶の袋、スパイスの袋、だしの袋、粉ものの袋等々、いくつ有っても足りない、と思うくらいだ。袋の口を挟み込んで封をするわけだが、プラスチック製であり、いかに構造的に強い形にしてあるとは言え、使っていると変形してくる。変形すると、袋 [続きを読む]
  • お怪我はございません
  • [あらすじ] 寒がるので、犬に赤いフリースのちゃんちゃんこを買ったよ。セーターのサイズがちょっと小さくて、着られるのだが、前肢が充分に前に出ない。すると、段差でコケてしまう。登る時も上の段に充分に前肢がかからないでコケるし、飛び降りて着地する時も前肢が充分に前に出ていないのでコケる。これはいけない。フリースの大き目サイズを買ったので、今度は大丈夫。と思ったが、やはり、だんだん後ろにズレて、前肢をちょ [続きを読む]
  • 分別
  • [あらまし] 母85歳パーキンソン病要介護2認知症状少々。とりあえず、手近な所にやる。ゴミでも、物でも、何でも。一歩でも動かずに済めば都だ。冷蔵庫からチーズを出して、包装紙を剥がして、足元のゴミ箱にヒョイと投げ入れる。でもそこにはゴミ箱は無い。古紙回収に出す紙を入れる箱が置いてある。混乱して判断を間違うことがよく有る。ここには紙を入れる、燃やせるゴミはここ、燃やせないゴミはここ、プラはこっちに捨てる、 [続きを読む]
  • スカシたやつら
  • 小型のサーモグラフィカメラが10万円弱、 スマホに取り付ける物で3万円せずに買えるのだそうな。 ※ 私は屁が多い。 と、先日このブログにも書いた。 子どもの頃から多かった。 人より多いと思った。 人との比較を措いても、こう多くては社会生活に困る。 我慢するのはつらいが、平気でこき回すでもない。 ※ 父も屁が多い人だった。 家では平気でぶーぶーこいていた。 母の話によれば、結婚式から自宅に帰ってすぐに二発ほど [続きを読む]
  • 顔真卿「顔勤礼碑」
  • [あらすじ] 東京国立博物館で顔真卿展が有る。正直言って好きじゃないから書いてこなかった顔真卿だが、見に行く前に臨書して、知っておきたい。ここまで、「郭虚己墓志銘」「多宝塔碑」「麻姑仙壇記」と臨書してきた。碑文などの全部を臨書するのを全臨と言う。書を始めた頃は、わけもわからずに全臨していたが、いくつか書いていくうちに、全臨することもないと気付いた。というのも、なんなら二千年近くも経っている石碑である [続きを読む]
  • 地球膨らんだか
  • 世界地図を見ていて、ウェゲナーは大陸移動説を思い付いたという。離れた陸地の輪郭が似ていることに気付いたのは、ウェゲナーばかりではない。ご幼少のわたくしも、同じことを発見した。知育玩具というやつだ。世界地図のパズルが好きだった。日本地図のパズルも持っていたが、世界地図のほうが好きだったように思う。その理由はやはり、大陸の輪郭が似ていることだ。あっちの海岸線とこっちの海岸線を引き寄せたらぴったりくっ付 [続きを読む]
  • 定期巡回丸一年
  • [あらまし] 同居母85歳パーキンソン病要介護2認知症状少々。一昨年末、つまり一年少し前に、夜、室内で転倒し、朝に発見された。年明けにも転倒した。この事を受けて、介護度の変更申請をケアマネさんがしてくれた。調査は月末だった。定期巡回サービスは、変更に先立って、1月12日に開始した。9日にケアマネさんが訪問してくれ、11日に急遽、介護担当者会議を開いた。とても素早い対応だった。※定期巡回の介護は、当初、朝6 [続きを読む]
  • 赤いちゃんちゃんこ
  • [あらすじ] 飼い犬ジーロ13歳(爺ぃ)が寒がるので、セーターを買った。商品のレビューに、「ちょっとゆるめだから、飼い犬がサイズの境目なら小さいほうを選ぶといいよ」というのが有った。上のサイズを選ぶと、数字が大きかったので、下のサイズを選んだ。着てみたら、かなりピッタリだった。そのため、前肢が充分に前に出ない。すると、段差を昇る時に段を踏み外し、段差を飛び降りる時に踏ん張れない。だから、散歩に着て行けな [続きを読む]
  • テレビドラマ化
  • [あらまし] 久しぶりにコミックスを買った。鈴木良雄の『フルーツ宅配便』だ。東京で就職したものの会社が倒産し、帰省した主人公は、高校生の頃によく食べていたラーメン屋に寄り、いつもそこで食べていたネギミソラーメンを注文する。すると、隣にいたのは、当時その店で知り合った常連客だった。事情を知ったその客は、自分の所で働くように言ってくれる。それは、デリバリーヘルスだった。いきなり店長になった主人公を狂言回 [続きを読む]
  • 再び正夢
  • 母が死んだという夢を見た。タイトルに「正夢」と入れておいてこう書き出すのも穏やかでないが、見たもんは見たんである。※通夜なのか、家に遺体が寝かせてあって、近所の人が集まって飲み食いしている。遅くなって、ほとんどの人は帰ったが、Sさんが座って飲み続けており、しかしこれは迷惑とかではなく、優しさから居てくれている、そして台所ではTさんが立ち働いてくれている。その人たちも帰って一人になった。遺体の方を見 [続きを読む]
  • おみくじ飯と反省文
  • 反省している。 毎日反省している気がする。 反省ノートでも書くか。 夢ノートを書くと数日前に書いたな、両方やるのか。 普通に日記を書けばいいんじゃないのか。 反省すべき事が起きたら、しっかり反省すべきだ。 どうしてそうなったのか、何が問題なのか、 そして同じ事を繰り返さないためにはどうすると良いのか。 最後の点まで考えて、反省は成立する。 そこまでやらないと、 「どうして私はこんなイカんことやっちゃうんだ [続きを読む]
  • 腰は痛まなくていい
  • 繰り返し紹介している本が有る。 『サーノ博士のヒーリング・バックペイン』だ。 カタカナにしないで訳出すればいいのに。 肩、背、腰の痛みを治す。とはっきりと。 https://blog.goo.ne.jp/su-san43/e/25f740eeaa0aff8fd17b2672b3b3cac0 ※ 年末の大掃除で頑張って、夜中まで起きていて、 おせちでいつもと食生活が違い、寒波がやってくる。 そういったきっかけで、一月はぎっくり腰が多い。 ということを知っていて、 だから [続きを読む]
  • 風林火山こ
  • 疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵し掠めること火の如く、動かざること山の如しという言葉を思い出した。ただ、侵掠のところだけ意味が通じない。いやお通じは有ったのだが。たしかに、すばやく一瞬だったので、見た時に意外に多くて驚いたし、音も立てなかったし、粘り気が強くて一回のフラッシュでは流れなかったのだ。今朝の私の大便は、風林火山。 [続きを読む]
  • 顔真卿「麻姑仙壇記」
  • [いきさつ] もうすぐ、東京国立博物館で顔真卿展が開かれる。 見る前にいくらかでも臨書して、理解とまではいかずとも、触れておきたい。 顔真卿(709-785)の書を、750年の「郭虚己墓志銘」、 752年の「多宝塔碑」と臨書してきた。 急いでいるから、全臨なんかしない。 数ページ食い散らかして次いってみよう、だ。 ※ 顔真卿の書のスタイルを、顔法と呼ぶ。 その中に、蚕頭燕尾(さんとうえんび)という言葉で表現される形が有 [続きを読む]
  • 初正夢
  • この頃、また夢を見ることが多い。 あまり良くない夢だ。 先日も、久々に怒ってパンチを繰り出した。 目の前の壁をしたたか殴って目が覚める。拳が痛い。 私の悪い夢は、誰かを怒るか、蟲だらけか、侵入者がいるか、トイレが汚くて入れないか。 昨夜の夢では、部屋の中に猫が何匹も入っている。 なぜ猫が、と思うと、鼠がいる。 室内で鼠を仕留めないでくれよ、と思う間もなく、猫が鼠を捕らえる。 鼠の血で布団が汚れるのはごめ [続きを読む]
  • 長岡弘樹『教場』
  • 図書館に若手コント師でもいるのだろうか。 一番よく行く分館、入って正面に本マグロの漁場が有ることは先日書いた。 https://blog.goo.ne.jp/su-san43/e/c9af1febf76eacba2ea24d4b4e239970 今度は、貸し出しカウンターの横に、鳥居ができている。 賽銭箱も有る。空っぽの様子だが。 そして、おみくじが有る。 「みんなで作ったんですよー。」 おみくじのことだろうか、鳥居のことだろうか。両方のことだろうけど。 顔なじみの嘱 [続きを読む]
  • 池谷裕二『記憶力を強くする 最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方』
  • 一年あまり前、もう一昨年読んだ本について、去年も十月に入ってから感想を書こうとしたら、あらかた内容を忘れていた。池谷裕二『記憶力を強くする 最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方』の感想だというのに。これでは本の内容が良かったという説得力ゼロである。※そんな脱力記事を書いてから、じわじわと内容を思い出した。そのうちの一つは、「初めての事をするのあストレスを感じる。前に経験したときの記憶が有ると、その [続きを読む]
  • 顔真卿「多宝塔碑」752
  • [あらすじ] もうすぐ東京国立博物館で顔真卿展が有る。その前にいくらかでも臨書して、知見を持っておきたい。一年自習して一年サボった後なので、筆は重い。顔真卿(がん しんけい 709-785)の楷書が、今現在の楷書のお手本になっている。と言っていいのだろう。私は、書を始めてみてやっと、楷書の成立が遅いことを知った。なんでも始原を辿りたい癖が有るので、行草をさらりと舐めたら隷書をやった。隷書を理解するにはやはり更に [続きを読む]
  • 正月馬鹿
  • 四月一日では飽き足らず、毎月一日に法螺を吹こうと、四月馬鹿ならぬ毎月馬鹿を敢行している。つまり昨日は正月馬鹿であった。しかし、前半は丸々事実。同居の母85歳パーキンソン病要介護2認知症状少々は、元旦、転倒していた。ガタン!と倒れたわけではない。元旦なのに。ずるりと倒れて、起き上がれないという状態になる。日中の薬が効いている時間なら起き上がり動作はできるが、夜半に転ぶと起き上がれないようだ。その前日に [続きを読む]
  • 骨太転倒日記 元旦篇
  • 元旦。初日も昇る前に、母85歳パーキンソン病要介護2認知症状少々は、室内で転倒したようだ。床に横になって、他人の手助けが無いと起き上がれない。薬の効いている時間なら自力で起きられるが、夜間は起きられなくなる。だから、ベッドから離れては危ない。初めて転倒したのが、ほぼ一年前だった。それ以来、夜間のトイレはベッドサイドのポータブルに、という事は繰り返し言ってきた。本人も、転倒する度に「身をもって痛感した [続きを読む]
  • ジーロくんカレンダー12月 三井の晩鐘
  • 明星食品の深大寺そばという乾麺を愛用している。安価であり、この価格帯の乾麺の中では、できが良い。メーカーは長野県のようだが、スタートは深大寺だったらしい。マツキヨで売っているので便利だったのだが、どうも、この頃置かなくなってしまった。マツキヨがやめただけなのか、明星食品でもう生産していないのか。いづれにしろ、私の食生活はちょっと困っている。年越しそばはカップ麺で済ましちまおうか。もうヤケクソ気分で [続きを読む]
  • 排気野郎
  • 朝6時前後に介護のヘルパーさんが来る。その前後に犬の散歩をする。この頃は日の出が遅いのと、ヘルパーさんと相談しながら進める事が有ったりで、犬の散歩は介護の後になることが多い。6時過ぎに家を出ると、町はまだ静かだ。新聞配達はとうに終わっているが、出勤する人はまだ少なく、バス通りに車もまだほとんど無い。そんな住宅街を、犬を連れてのんびり歩いていると、爆音がする。重低音も激しく、狭い道をけっこうなスピー [続きを読む]
  • メタひもち
  • 私も鍼灸師のはしっくれだから、今時分忙しそうにしていても文句は言われまい。師走と言うのは師が走るからなんてのは、しはすという音が決まってからその音に師走という字を当ててそこから逆にできた語源説だろう。と、たかをくくっている。語源説に強いとか、書物の初出を押さえているとか、そういったところで評価の高い、日本国語大辞典で師走を引いてみる。暇か?語源説の最初の一つに、「経をあげるために師僧が東西を馳せ走 [続きを読む]
  • 本性
  • 「ハンドルを握ると人が変わる」というのは、間違いだと考えている。人間性がそんなことで変わるわけではない。ちょいと負荷がかかって余裕が無くなったところで、素が出る。'普段は穏やかなのに運転は荒い'という人がいるなら、本性は荒いのに普段は抑えている、ということだと思う。運転すれば誰しも必ず人が変わるわけではない。運転に慣れて余裕が有れば、普段と同じように抑制が効く。だから運転が穏やかなら本性から穏やかな [続きを読む]