す〜さん さん プロフィール

  •  
す〜さんさん: 犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
ハンドル名す〜さん さん
ブログタイトル犬小屋:す〜さんの無祿(ブログ)
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/su-san43
サイト紹介文犬と楽器と日々 ゲゲゲの調布住まいの須山。 雑種犬カバサ&ジーロと戯れ、 音楽をこねくりつつ、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/05/06 06:03

す〜さん さんのブログ記事

  • アシナガバチの食事
  • 我が飼い犬ジーロくんは毎朝、雑草を食っては吐くという健康習慣が有るが、この夏は地面を掻いて土を食うようになった。と、書いた途端、ここ数日はまた草を食う。土も食うが。※犬の散歩で行った先で、アシナガバチを見た。先日、拙宅にも連日何匹も上がり込んで来たので、反感と親しみと興味が深まっている。木の枝にぶら下がるようにとまっている。私の目より少しだけ高いくらいの位置なので、観察しやすい。何かを捕まえて来た [続きを読む]
  • サンスクリット独習の灯
  • [あらすじ] 蛙ネット(仮名)はインド言語と漢文の解説が充実したサイトだ。 管理人はタクシー運転手である蛙さんの奥さんのT子さん。 T子さんは牧師でこれまたギリシャ語ヘブライ語などを学んでいる。 しかし3年前に亡くなっている。今女元男、つまりMTFだと ツイッターアカウントの自己紹介にある。 https://blog.goo.ne.jp/su-san43/e/b68b033a6b7ea43ed42c62e15355ff57 という内容をブログに書いて、アップして、私は気 [続きを読む]
  • 毎朝の習慣
  • 以前、我が飼い犬が毎朝、雑草を食っては吐くという習慣が有ることを書いた。若い頃からだったのだが、ここひと月ほど、変わった。全く葉を食べなくなったわけではないのだが、毎朝ではなくなったのだ。そして、土を食うようになった。地面を舐めているのかと思ったら、前足でちょいとカリカリと削り、そこをかじるようにして土を食っている。やわらかく盛り上がった土をモリモリ食うわけではない。きまって、踏み締められたような [続きを読む]
  • サンスクリットからMTF
  • サンスクリットを独習している。古代インドの言語である。世界史に登場する、『バガヴァット・ギーター』とか『シャクンタラー』とか何千年も昔の古典で使われていた言葉である。日常会話に使う一般的な言語だと、どんどん変わってしまう。日本語だって、十年ひと昔で新しい表現が生まれているのは、一人の人の生きている間だって経験する。ひと世代違っても、言葉遣いがずいぶん違うということは、誰しも経験していると思う。これ [続きを読む]
  • ライト不満
  • 駅からの帰り、自転車のライトが点かない。 しまった、充電が切れていたか。 後日、帰り道、自転車のライトが点かない。 しまった、充電するのを忘れていた。 すぐにライトを外して、ポケットに入れる。 帰宅して、PCのUSBポートに挿す。 翌日の帰り道、自転車のライトを点けようと思ったら、無い。 しまった、充電したまま忘れていた。 後日、自転車のライトを点けてみたら、点かない。 おかしいな、充電したはずなのに [続きを読む]
  • 9月1日いわてレインボーマーチですと
  • しまった。 これに合わせて母のショートステイを申し込んでおくんだったなあ。ブツブツ… 前
    のりして晴れた日に岩手山に登って、道端の温泉で卵茹でて。ブツブツ… 6月の青森レインボー
    パレードにも代表者たちが来てアピールしていた。 若いコたちが頑張っておるのう。 ツイッタ
    ー https://twitter.com/search?q=%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%A6%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%8
    1&src=typ [続きを読む]
  • 秋風
  • 土日の夜8時過ぎ、「カプシュ」という音に続いて、隣家の次男の奥さんの声が聞こえてくる。下町やアパートなら当たり前のことだが、農家も多いここでは家と家が離れているので、なかなか隣家の人声というのは聞こえてこない。ましてや、新しく建った若い世帯の家は、高気密住宅なんちゃらで、気配すらしない。そんな中、クーラーも使っていない。扉全開で風を通し、ビールを飲んで涼を取る。隣家の手法と私の過ごし方が共通したお [続きを読む]
  • いなづまじじぃ
  • 散歩中に犬がした便は拾って持ち帰る。私の住む東京郊外調布市辺りでは、マナーとして浸透して20年くらいは経つだろうか。以前は空き地だの植木畑だの道端の陰だの、土の面はいくらでも有ったので、そこならいいという雰囲気だった。拾わずとも土をかぶせれば良い、という時期も有って、シャベルを持ち歩く人も多かった。今は、小さなポリ袋を持ち歩いて、便は確実に拾って持ち帰るべし、となっている。※お隣の世田谷区で犬を散歩 [続きを読む]
  • レバニラ引っ越しました。
  • 「冷やし中華はじめました」と「引っ越しました」のチャンプルーのようなタイトル。 昨日、新しい動画をアップしたことを書き、そのブログが なぜか今までに無い人数に読まれたにも関わらず、 動画はまるで視聴されていないというケッタイな事態に陥っております。 もしかして、私はブログをアップした後に動画を編集して、 動画のURLが変わったんじゃなかろまいか。取り乱して日本語も乱れる。見ろし。 https://www.youtube [続きを読む]
  • 「レバニラ」
  • 不満な点や反省点なんて挙げ始めたらアップロードできなくなる。 汚点には目をつぶってびゃっと公開やけっぱち! 見てね! https://www.youtube.com/watch?v=Qyk8U3OHrCU このたびはエルヴィス・プレスリーの歌った「Burning love」を 毎度ご迷惑さまな自作の日本語詞で「レバニラ」。 ほんとすみません。 でも内容や語呂はちゃんと元の歌詞に即しているんですよ。ほんとです。 ※ 冒頭で「I feel my temperature risin'」と言 [続きを読む]
  • 米沢泉美編著『トランスジェンダリズム宣言』2003
  • 私は4年前にブログやSNSでカムアウトした。自分にまつわることをブログにちまちまと書き綴って来たが、クローゼットのままだと、どうしても書けないことだらけになってくる。書いても書いてもすっきりしない。書けば書くほど隠すことになる。そういう矛盾に耐えられなくなって、噴き出した。という流れだったような記憶が有る。他にもカムアウトに至る理由はいくつか有るが、今日の主題ではないので割愛する。カムアウトは、そ [続きを読む]
  • 映画『性別が、ない!』 二度目篇
  • [あらすじ] 7月28日、初日二回目の上映がトークショー付だったので、 台風を突いて渋谷アップリンクへ行った。 もう一回観たい。 一回目はA4に3頁メモしまくった。 二回目は、もう少し落ち着いて見られるのではないか。 ※ 終わってみたら、また同じだけの紙面が文字で埋まっていた。 感覚としては、一回目よりゆったり全体を観たという気がしたのだが。 最初のシーン、仕事場での様子で××がアップになるが、 これはこ [続きを読む]
  • ジーロくんカレンダー八月篇 西瓜割りだよ
  • 竹刀は4枚の竹を組み合わせて作られる。そのおかげで、あの「パン!」という派手な音が鳴る。以前、筮竹を自作した時に、竹ひごが何本かできたはず。それを更に割いた。節は無いので、少し反らせた。それを4枚、四角く合わせて、白い紙のテープで巻いた。小いこい竹刀のでき上がり。発泡スチロールを割って、外側は丸くキレイに削った。割ったボコボコのところは赤、外面は緑のマーカーで塗って黒ペンで縞模様。割れた西瓜もでき [続きを読む]
  • 七転び即忘れ
  • 玄関先に桃の木が有る。真っ白な花が見事に咲くので毎年のたのしみになっている。夏には実が付くが、大きさは梅の実程度だし、食べられない。鳥の餌にはなっていると見えて、庭におんなじ桃が生えておんなじ花を咲かせるようになった。鳥に食われなかった実はただ地面に落ちる。※数日前の夕方、久しぶりに母85歳パーキンソン病が、室内で転んだ。何かを床に落としたのを拾おうとして、バランスを崩し、前のめりに転んだのだ。うー [続きを読む]
  • 性差別が、ある!
  • ここのところ「産まない幸せを言うのはわがまま」とか「LGBTは生産性が無い」とか「女子は減点、不正をしている意識は無かった」とか性差別的な事件がぽんぽこ起きている。ちょくちょく怒っていると、くたびれる。なんでしょう、疲れさせて戦意を喪失させようとでも言うのでしょうか。社会的なことはもちろん、政治的なことについて考えるのは、私は得意でないようだ。すごく難しく感じる。でも放棄しない。だからくたびれる。 [続きを読む]
  • 避暑道具
  • 網戸が嫌いでね。蚊に食われるのはいやだけれど、網戸で風が通らなくなるのはもっといやだ。友人KKが言うことには、通風60%減だそうだ。そんな。調べてみると、およそ半減はするようで、通風2割増しを謳った商品なんてのも在るようだ。ま、がんばりたまへ。風通しが良いほうがいい、と言っているくせに言うのもなんだが、開けっ放しだと、風で室内の紙類が飛んだり、何かが煽られて何かに当たって何かが倒れて何かが破損したり [続きを読む]
  • 養蜂家にあらず
  • [あらすじ] 室内にアシナガバチが入って来た。ガラス瓶に捕獲。思えばこの瓶には蜂蜜が入っていた。無事に蜂をとっ捕まえて、やれやれと二階へ上がると、室内にアシナガバチがいる。こっちもか。そりゃそうだよな。窓は開けっぱなしだ。空き箱を使って、窓の外へと追いやる。(そう書いている今、部屋を「ぶぅーーん」と横切って行くものが有った。)次の日の夜、階段に一匹。もう、追い出す気にもならない。ま、出てくでしょ。こ [続きを読む]
  • ミツバチにあらず
  • [あらすじ] スズメバチに睨まれた経験が有る。 https://blog.goo.ne.jp/su-san43/e/c3f571f21622d7a528c2d20c72498c1c たった一匹のスズメバチに、刺されたわけではなく睨まれただけで、 あれだけおっかないのだから、襲われた人などどれだけ怖かったのかと思う。 巣が有るのは軒下というイメージが有る。 山の中でも、木の枝に作ってあるのを見た。 しかし、木の根元にも作るらしい。 そんなもん、気付かずに踏んでしまったら! [続きを読む]
  • 私立法螺吹き学園高等学校
  • [あらすじ] 都内のある私立高校で、創立70周年記念式典音楽の作曲を非常勤講師に依頼。ただし報酬は特に無いという。んなことやってられっかというわけで、授業内容を作曲にして、理論に基づいた籤引きで作曲した。というのは、嘘です法螺ですそんな事実ございません。あー、せいせいした。毎日書いているブログで、毎月一日に法螺を吹いている。毎日読んでくれている人や、たまたまその日に流れ着いた人にはご迷惑様でございます [続きを読む]
  • 創立記念音楽
  • 都内のとある私立の女子高校が、創立70周年を迎えた時のことである。その学校のブラスバンドの指導をしている、古い友人から聞いた話だ。音楽の教員が校長に呼ばれたので何かと思うと、記念の楽曲を作れとのことであった。それはひと仕事だということで、報酬の話になる。その教員は、通常、作曲家に委嘱するとこれこれくらいはかかるけれど、自分はこれくらいでやりましょう、と言った。しかし、予算は組んでいない、と校長は言う [続きを読む]
  • 映画『性別が、ない!』 予告編篇
  • [あらすじ] 台風の中、公開初日に見に行って、トークショーも見られた。 https://seibetsu-movie.com/ 映画の予告編が公開された時、わくわくして動画を見た。 理由は知らないが、予告編には2種類有った。 予告編の中で、新井祥が語る。 映画のインタビューが有ってから、パートナーであるこうくんと もう二度と会わないというレベルの喧嘩をしたのだ、と。 そわそわした。 なぜそうなったのか。今はどうなっているのか。 その [続きを読む]
  • 映画『性別が、ない!』 ゲイねば篇
  • [あらすじ] 28日、台風の接近する中、映画『性別が、ない!」の公開初日トークショーに行ってきた。昨日、うさきこうさんのことを新井祥さんのアシスタントと書いたが、今は漫画家デビューしてアシスタントはしていないようで、「パートナー」と書くべきだった。新井は最新刊の『学校では教えてくれないセクマイの話』の中で照れながら紹介している。さて映画の終盤に、そこまでは無かった監督の質問の声が入る。声の方を見て、こ [続きを読む]
  • うさきこう『ぼくのほんとうの話』
  • 出口から遠い席だったにもかかわらず、人の流れに乗って動いていたら、3人目くらいに物販の場所に流れ着いた。既に持っている『ぼくのほんとうの話』をもう一冊買って、私は一番にこうくんの前に進み出た。台風で豪雨の予報だった。留守の間、家の雨漏りがひどくなるかもしれない。夕方のヘルパーさんが来られなくなるかもしれない。電車が止まるかもしれない。道路が冠水するかもしれない。迷った挙句に車で渋谷に向かった。合羽 [続きを読む]
  • つまらない人間とくだらない人間
  • 私は詰まらない人間です。中学1年の終わりに牡蠣に中って以来、下痢しやすくなった。それまではおなかぱんぱんに食べてもちっとも壊さなかったのに。牡蠣はもちろん怖くて食べられない、牛乳も飲めなくなったし、食べ過ぎには注意するようになったし、生理の時には必ずひどい下痢になるようになった。そのかわりと言ってはナンだが、便秘はしない。毎朝、起きて30分もすると排便おはようございます。私はつまらない人間です。私の [続きを読む]