nyororo さん プロフィール

  •  
nyororoさん: Perspective drawings 作ったり考えたりの記録
ハンドル名nyororo さん
ブログタイトルPerspective drawings 作ったり考えたりの記録
ブログURLhttp://yanagihamidorihana.blog21.fc2.com/
サイト紹介文岩手県盛岡市で水彩を描いています。「今日の作品」のほかスケッチ教室での様子などをアップしています。
自由文スケッチを始めたきっかけは、旅行が好きなのであちこちの場所に行って絵を描けたら楽しいなーと思ったから。いまは旅スケッチが一番の楽しみです。
風景画、裸婦デッサン、花など描きたいものを気楽に描いています。その他手帳、染織の記事があります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/05/06 08:15

nyororo さんのブログ記事

  • パステルで描くバラ
  • 先日岩手県立美術館のワークショップに参加してきた際にいただいたバラをパステルで描いてみました。パンパステル、ちょー楽しい!!!   最近買った画材の中ではかなりヒットです。なかなか無くならないのでじゃんじゃん使わなくては!#ひとりスケッチ合宿 今日は #パステル で #バラ を描いています pic.twitter.com/Nb0kqDPIMR— nyororo (@nyororo) 2017年2月7日その2#ひとりスケッチ合宿 #パステル #バラ #パンパス [続きを読む]
  • 水彩手帳スケッチ
  • 去年末からトラベラーズノートの画用紙リフィルにスケッチを描き始めました。なかなかたのしい!お手軽に描けてしかも毎日楽しく感じられる。何をみても、何に触れても「どんなふうに描こうかなあ」と前向きな気持ちで望めるのがうれしい。毎日のちょっとしたスケッチをずっと大切にしていきたいなー1冊目が終わった様子はこちら#水彩手帳スケッチ 1冊目終わりました#トラベラーズノート #超軽量薄型水彩パレット #水彩 #テチョカ [続きを読む]
  • Hulu を使って英語学習を始めた
  • 今年は前職を辞めてから10年となる。blog「亜米利加滞在日記」を書いていた時から数えて10年が経つ。全く準備をせずに外国生活に臨み、コミュニケーションがままならずに残念な思いをした経験を思い出しながら、現在も思うように英語の力が身に付いていないことを反省して過ごしている。細々とではあるが辞めずに続けてきた英語学習もなんとなくマンネリであると感じているので年末AEONなどに問い合わせてみたが、残念ながら予算を [続きを読む]
  • 「余命一年」という設定で暮らす
  •  最近健康や睡眠に気遣い、とても穏やかに楽しく生活している。なんというか、とても満足感があって、特別じゃないけど幸せだなあって感じる。最近も靴下編んでみたりとかして、のんびりした気持ちで過ごしていてホンワカ。そんな時イギリスの歌手ジョージマイケルさんの訃報を知った。まだ53歳だったんだって。私は先日44歳になったのだけど、自分の「寿命」というものを考えるようになってきた。そうか、50代になってくる [続きを読む]
  • さよなら糸車
  •  実は今日、長年使っていた紡毛機を高校時代の友達に譲った。あげる前にワックスがけをしたところ。彼女は一緒に画塾に通った同級生で、市内で美術の先生やってる人だからさびしいけど寂しくもない。 彼女ならきっと大事に使ってくれる。 そしてハンドカーダーなどの道具はフェルト作家さんのえれさん@youmouichigoya のところにお嫁にいった。長年連れ添った道具との別れは寂しい。染織の道具たちは少しずつコツコツと揃えてき [続きを読む]
  • Twitterなかよし年賀状企画
  • 先日Twitterで呼びかけました年賀状企画の追加のお知らせです。ご希望の方はこの記事のコメント欄にお知らせください。(コメント欄は承認制になっていますので住所が公開されることはありませんのでご安心ください)年賀状希望の旨と一言をお書きの上Twitterハンドル名ご住所とご本名をお知らせください。先着20名くらいまでの予定でーす。マシェリの、季節を感じる岩手の野鳥から、ジョウビタキをかきました。お気軽にどうぞ〜 [続きを読む]
  • たのしいお誕生日
  • 今日は誕生日。もうジブン手帳は買っちゃったけど来年の持ち歩き手帳用として「トラベラーズノートパスポートサイズ」を買いました。うふふ。可愛い。今日はマシェリでの年内最後の授業だったので、みなさんで「小型パレット」と作ったあと、一緒におやつをいただきました。生徒さんのサプライズで図らずもプチ誕生会になり、なんだかとっても嬉しい気持ちになりました。授業のあとちょっと時間があったのでフクロウカフェに行った [続きを読む]
  • ぶらり東京の旅
  •  12月上旬に東京美術展めぐり(&スケッチ)に行ってきました!Twitterで長くお付き合いしている英語クラスタさんや、手帳文具好きの奥様方、水彩スケッチを始めたなかよしフォロワーさんなど、とっても、とっても楽しい旅になりました!ああ。楽しかったなあ!!一緒に行ったのはもちろん金魚のぷくぷく丸!一人旅もたのしい道中になりました。 [続きを読む]
  • 捨てる情報と残す情報
  • 毎年秋はTwitterを休んで一年の総決算と誕生日前の身辺整理をしている。今年も部屋の片付けと掃除、そして古い手帳を断裁してscan snap にかけてevernoteに入れて本体はシュレッドした。捨てながら「残す情報」と「捨てる情報」の差別化と検索性を考えたノート記載が必要と思った。私にとっての「残す情報」は仕事に関する技法ノートやお金に関するノートや体調メモ。「捨てる情報」とは何かを行う際に瞬間的にメモした類のもので [続きを読む]
  • 革の手袋
  • 夏にオーダーしてた革手袋がイタリアから届いた。CARIDEIというとこの手袋。チョコレート色がいい感じ。千駄ヶ谷の革のお店「フリーハンド」ってとこなんだけど革製品がとても素敵なのでオススメ…… http://www.freehand-bag.jp/2016gloveladys.html予約注文のおまけにグローブホルダーが付いていたんだけど、カバンにつけられるので便利。わたしお洋服は全然オシャレじゃないけど、革小物には弱くてついうっかり買ってしまう…夫 [続きを読む]
  • 片付け2016 ほぼ終わり
  • なかなかモノは減らせないが常に整頓された状態で仕事したいって思う。 片付けしてるととっても疲れるけど、これからもずっと生活を大切にしようと思えるから片付け自体は嫌いじゃない。2012年の片付け祭り以来、毎年秋に片付けして捨ててるけど、まだまだ減らすものがたくさんある。 「早くモノを減らさなきゃ」って思ってた時もあったのだけど、今年は急いでものを減らそうと焦るのをやめた。 なんでかというと、不思議とい [続きを読む]
  • 片付け2016
  • 実は先週末、急にMacが壊れた。パソコン作業できなくなったので今週は自室の片付けをすることにした。きょねんヘヤカツ本を読んで、去年片付けをしたのだけど、全然足りてない……のでまたせっせと片付けをしています。何がアレってね、絵が捨てられないのよ……でもね、邪魔なのよ……というわけで、ノート類、手帳類、修行初期のスケッチを中心に捨てる!というわけで押入れのものを出して……床に散乱した状態で今日は力尽きた [続きを読む]
  • 家事ノート、つけてよかった。
  • 先月末から「コントロールジャーナル」(家事手帳)を付けるようになったんだけど、食費が大幅に減りそう!すばらしい!朝晩のルーティーンワークを決めて家事を行うようにしたら、家事がかなり効率的になった。いままで食事の支度が面倒だなーっておもっていた部分はほぼ解消して、「冷蔵庫の食材を見える化」しておおよその献立を立てるようになったところ、外食の回数が激減&毎日のご飯が充実するようになってきた。その代わり [続きを読む]
  • 弁当日記
  • 家事とか料理のこと。家事ってなんとなくいつも「やらされている」っていう感じがあって、めんどくさがってていけないと思いつつもいまひとつモチベーションが上がらないときがおおいので、Instagramで毎朝の弁当記録をアップするようにしている。最近夫の弁当箱も古びて来たので、奮発して「大館曲げわっぱ」の弁当箱を買う事にした。作るのが楽しみだ。うきうき [続きを読む]
  • バラの苗を注文した
  • 震災前は挿し木のものを含め最大30鉢近くあったベランダのバラ。311で心が折れ、多くを人にあげて手放したり、枯らしたりして残ったのは3つだけ。ろくに世話もできなかったけど、5年半かかって「ホワイトクリスマス」と「ハニーキャラメル」と「ジュリエットグレコ」もやっとちょっとずつ咲くようになった。昨日夜思い立って新しい苗を買おうとサイトを見ていたら、テス・オブ・ザ・ダーバービルズジ オルブライトン ランブ [続きを読む]
  • 野鳥観察チャレンジ
  • マシェリの野鳥イラストを描いていて、これまで知らない野鳥の事を少しずつ学んでいます。冬の間、餌の少なくなる時期、鳥の餌付けを行い野鳥の観察をすることにしましたバードフィーダーって買うと結構お高いので、自作してみることに。材料はウチにあつた百均のハンガーと針金と植木鉢の受け皿。まだ暖かいし、多分一月位は来ないと思うけど、野鳥用の撒き餌をすこーしずつ撒いてみようかな。多分スズメくらいしか来ないだろうけ [続きを読む]