mackey さん プロフィール

  •  
mackeyさん: ママヘアメイク&着付け師、千代田区で子育てして候
ハンドル名mackey さん
ブログタイトルママヘアメイク&着付け師、千代田区で子育てして候
ブログURLhttps://ameblo.jp/mackey-888/
サイト紹介文新米ママヘアメイク、千代田区で子育てしております。出張ヘアメイク・レッスンいたします。
自由文大切な晴れの日



ご自宅で「おめかし」しませんか?



子連れでお仕事させていただきますので格安です。



着物の着付けは一律9800円!



ヘアセットやメイクとご一緒ですとさらにお得です



完全予約制ですのでおでかけの日時が決まりましたら早めのご予約がおすすめです。


どうぞお気軽にご相談ください♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/05/06 13:29

mackey さんのブログ記事

  • 着付け師、着付けのプロになる方法を教えます。
  • 着付け師、着付けのプロとは?「着物を着せることに対して対価を得るている人」ということになりますが、「年に1回成人式の時だけ着付けをする人」も、「結婚式場などでバリバリ着付けている人」も着付け師で着付けのプロです。あなたがなりたい着付け師、着付けのプロはどっち?Officeクラシカルはいわば、着付け師の進学塾。医学部を目指す人が医学部合格のノウハウのある塾や講師を選びますよね。着付け師のなるための方法がOff [続きを読む]
  • 初心者が意識すべき「練習用着物」を選ぶポイント
  • こんにちは。 東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩5分、あなたを「失敗しない着付け師」に導く、着付けビジネス塾「Officeクラシカル」です。着付けの練習を始めるのに必要なマストアイテム、練習用の着物についてお話しますね。練習用の着物に最適なサイズもし、プロを目指すために着付け(他装)を練習するのであれば身丈160以上裄64以上前幅23以上後幅29センチ以上の着物がベストです。なぜ、このサイズなのか。を説明 [続きを読む]
  • プロにあって趣味の着付けに無いもの①
  • こんにちは。 東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩5分、着付け師になる夢を叶えたい!売れっ子着付け師になりたい!着付けで売り上げアップをしたい!という人たちを手取り足取りサポートする、着付けビジネス塾「Officeクラシカル」です。プロの着付けにはあって、趣味の着付けに無いものがありますが、あなたはそれはなんだか知っていますか? お金がもらえること?技術・・・?こだわり・・・?それももちろん、大事なことではあ [続きを読む]
  • プロの着付けと趣味の着付けの決定的な違い
  • こんにちは。 東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩5分、着付け師になる夢を叶えたい!売れっ子着付け師になりたい!着付けで売り上げアップをしたい!という人たちを手取り足取りサポートする、着付けビジネス塾「Officeクラシカル」です。今日は「プロの着付け、と趣味の着付けの違い」を誰よりも理論的にお話したいと思います。プロの着付けと趣味の着付けの決定的な違いプロの着付けと趣味の着付けを「折り紙」に例えると「着付け [続きを読む]
  • 体験講座を始めました!
  • いつか着付けで仕事をしたい「着付け師」に憧れるけど、どんな仕事なの・・・?本格的に他装(人に着物を着せる着付け)を習いたい!全くの初心者なんだけど出来るか心配・・・大手の教室は信用できないお客さんを着付けてるのに自信が持てず、不安ばかり・・・教室を離れて一人で現場に立つことがこわい・・・興味があるけど先生はどんな先生なの?とお悩みのあなたへ体験講座ではこんなことが学べます【少人数制】時間:90分 [続きを読む]
  • 「先生」選びの重要性
  • こんにちは。東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩5分、着付け師を目指す方フリーランスの着付け師を目指す方着付けで売り上げアップをしたい美容師さんのための、日本一厳しい着付けビジネス塾「Officeクラシカル」です。平成最後の夏も終わりに向かっていますが、受験生も着付け師も「先生選び」が人生を左右します。「およそ師を誤るほど不幸なことはない」これは、オウム裁判の死刑囚に向けられた裁判長の言葉です。師(先生)を誤 [続きを読む]
  • 締めても締めても帯が崩れる理由
  • こんにちは。有楽町線「麹町」駅徒歩5分「着付けビジネス塾」Officeクラシカルです。 先月開催したセミナーでもプロとして着付けをしているにも関わらず締めても締めても帯が締まらないという悩みを持った方が多かったです。締まっていない帯の特徴●結び目が帯の上線に乗らず、下がってしまい、胸紐、伊達締めが見えてしまう●脇がゆるみたるみがあるという特徴があります。この状態だと、「ゆるみ」に帯結びの羽根の部分の重さで [続きを読む]
  • 浴衣着付けセミナーへお越し下さりありがとうございました。
  • 6/26に開催しました「浴衣着付けセミナー」へお越し下さりありがとうございました。●着付けのプロを目指す方●現役バリバリの着付け師●美容のスペシャリスト、美容師の方など東京都内、神奈川県、栃木県、埼玉県、遠くは大阪から総勢10名の方がご参加くださいました。参加して下さった受講者の声も紹介しますね。受講者の声着付け師 Y・K 様たっぷり勉強させていただきありがとうございました!帯の巻き方など、なんとなくや [続きを読む]
  • 6/26(火)浴衣着付けセミナー開催します。【残15席】
  • 浴衣着付けで失敗したくないあなたへ短時間で最高の仕上がりを提供し、技術的にも精神的にも楽になれる。そんな「理想の浴衣着付け」をお伝えします。浴衣着付けのお悩みベスト3帯結びのバリエーションがない・帯結びのバリエーションを知りたい・帯結びアレンジを学びたい・帯が短い時、長い時の最適な帯結びを知りたい浴衣の補正が知りたい・毎年の暑さで補正をするかしないか迷う・快適な補正が知りたい・留袖、振袖とは違う浴 [続きを読む]
  • 6/26「浴衣着付けセミナー」を開催します!
  • 春もあっという間に終わり夏がどんどん近づいています。夏といえば・・・、日本人が最も着物を着る季節!そんな夏を前に当スクールでも浴衣着付けセミナーを開催しようと予定していますが、当スクールはプロ向け、中〜上級者向けのセミナーが主体なのでハッキリ言ってプロにとって浴衣の着付けって簡単過ぎてお伝えすることなんて無いんですよね。浴衣の着付けって長襦袢を着付けるよりも簡単です。(逆に長襦袢の着付けは難しいの [続きを読む]
  • 【受講生の声】今までの着付けとは素人とプロ位の差があった
  • 受講生の声をご紹介します。●Officeクラシカルに決めた理由は?以前から自装ではなく、他装をしっかり学びたいと思いながら時が過ぎてしまっていました。今はNETで動画で何でも見ることができますが、色々アクセスしてみましたがなかなか、ここだと思うところが無く、そのうち、そのうちと延びてしまいました。仕事も忙しく、休みも貴重な時間ですが、一昨年主人が亡くなり自分に時間とお金をかけられるようになり、どこかに決 [続きを読む]
  • 【4/19】対応力アップセミナーを開催します!
  • あなたなら・・・、どう対応しますか?着付けの現場で起きるトラブルのほとんどが「必要なモノがないこと」や「サイズが合わないこと」本来あるべきモノが無い時の対応こそ、プロとしての真価を問われます。●帯締めが無い場合(振袖・二重太鼓別)の対処法●三重紐が無い場合の対処法に加えてさ ら に「ハサミも針も使わない【タオルと紐で作る】帯枕」のワークショップも行います。もしもの時の帯枕のハンドメイド術を伝授!今 [続きを読む]
  • 仕上がりに差が付く!プロの袴の丈の決め方
  • 3月に入り、卒業シーズンの到来!袴の着付けで気を使うべき、「袴の丈の決め方」について解説します。プロなら知っていて当然の知識なので無料で公開しますね。●袴の丈は「草履」か、「ブーツ」かで変わるお客様の履物に合わせて、袴の裾線の位置を決める。袴の位置を決めるタイミングは着物を着せた後。裾丈を決めてから帯の位置を決めます。帯の位置は袴の前板より1センチ帯が見える位置帯を結んでからは調整不可能なので着物 [続きを読む]
  • 「意思のあるリボン」と「意志の無い」リボン
  • 袴の着付けでは「リボンの仕上がり」次第で見栄えに大きく差が出ます。プレゼントのリボンがぐちゃっとしてたら中身が100万円のプレゼントが台無しになりますよね?袴のリボンも同じです。あなたのお客様を台無しにしないためにも、袴のリボンの仕上がりには気を使って仕上げましょう。■仕事になる着付けが学べる「着付けビジネス塾Officeクラシカル」http://officeclassical.com/■最新情報、仕事術、LINE@限定配信「着付け事件 [続きを読む]
  • ホームページが出来ました。
  • 仕事に使える着付け(他装)が学べる「着付けビジネス塾Officeクラシカル」のホームページが出来ました。●初級、中級など、段階を踏まないで最初から「他装」が学べる●着付けの仕事で必要なスキルだけを学べる●短期集中、免状の授与、一切なし着付け教室の常識をすべて覆した、プロとして着付けを仕事にしたい、している人の為のスクールです。「着付けを習ったことがある」は着付け教室に行けば誰でも言えることですが、プロと [続きを読む]
  • 2/13、2/20「鉄壁の袴セミナー」開催します。
  • 間もなくやってくる卒業式シーズンに向けて、袴の着付けセミナーを開催します。題して、「鉄壁の袴セミナー」〜袴が落ちない、落とさせない極意〜開催日:2月13日(火)、2月20日(火)袴着付けのクレームの8割が「袴のズリ落ち」です私が袴着付けにおいて「絶対的な技術を身に付けたい」と思ったキッカケは、現場で「あの人が・・・?」というベテラン凄腕着付け師の着付けたお客様の「袴が落ちてしまう」というクレームを目の当 [続きを読む]
  • 「補正は誰のためのもの?」
  • こんにちは、Officeクラシカルの鈴木です。昨日、当スクールにとって初めてのセミナー「成人式直前補正セミナー」を開催しました。「●●な体型の人にはどうしたらいいのかに」「??にしたら衿が動くんじゃないか・・・」というようなことばかり考えている人はハッキリ言ってお客様のことを考えていません。「自分のやりたい着付けをするためにどう補正したらいいのか」ということばかり考えていますし、自分の実力の無さを「補正 [続きを読む]
  • 年末年始のお知らせ
  • 今年も残すところわずかとなりました。当スクールは年内の営業は、明日12月31日(日)まで。来年は1月4日からより平常通りの営業を開始いたします。(休業期間中のお問合せは1月4日以降の対応となります)来年のofficeクラシカルは1月5日の「成人式直前セミナー」を皮切りに、多数のセミナー展開を予定しています。●卒業袴●3大基本帯結び(ふくら雀、文庫、立て矢)●大きいサイズ(B100以上)の方の着付け●トラブル [続きを読む]
  • LINE@、はじめました。
  • OfficeクラシカルのLINE@に公式アカウント始めました。・仕事術やコラム・着付けのノウハウ動画・モニター募集情報・セミナー開催情報などをいち早くお届けしていこうと思います。●着付けのプロの世界をのぞいてみたい方●着付けの仕事をしたいとプロを目指す方●現在着付けの仕事をしている方にとって役に立つ情報を配信していく予定です。また、お友だち登録して下さる方には気軽に着付けの悩みや、仕事に関する悩みなどもメッ [続きを読む]
  • 【12/26締切り】成人式直前「補正」セミナー【残り7名】
  • 作り方が分からなくなる補正にサヨナラここを三角にして、こっちは半分の三分の一で・・・なるほど!これはすごい!なんて思って練習するのですが、いざ家へ帰って・・・、現場へ出てみてその補正、確実に効果を発揮したことはあるでしょうか?セミナーで教える補正はタオル3本、たたみ方も半分に折るだけの超簡単補正です(笑)なぜ、それだけで補正として効果を発揮するかお分かりですか?プロとしての着付けの補正の目的を果たし [続きを読む]
  • 【残り9名】絶対にやってはいけない振袖の補正【補正講座】
  • まず、最初に↓の画像をご覧ください。補正がもっこり、当教室ではオムツ補正と呼んでいますが実は成人式にこの状態になっているお嬢様がたくさんいます。オムツ補正になってしまう原因・タオルと綿花が無いと着付けられない・補正は腰に当てると思っているなど、「補正の目的を分かっていない」可能性が大です。では、補正の一番の目的とは何でしょうか?それは、「着崩れをしないこと」です。プロの着付けは「着崩れないこと」が [続きを読む]
  • 【1月5日】成人式直前対策セミナー開催のお知らせ【定員10名】
  • 成人式へ向けて練習の日々・・・を繰り返している人も多いかと思いますがそれは・・・全く意味のない練習かもしれませんボディで出来る練習は「やり方」、いわば手順の確認です。「手順」を繰り返しているだけの単純作業です。「手順」を覚える段階にある人にとっては非常に意味のある練習ですが着付けのやり方は分かっているのにボディに着付ける練習を繰り返していませんか?着付けの失敗の原因は手順ではありません、「補正の考 [続きを読む]
  • 【受講生の声】「やらなければ」という気持ちになる。
  • 受講生からの声をご紹介します。●着付け Before & After●Officeクラシカルに決めた理由は?大手や誰かの紹介などではなく、全く知らない、何のしがらみもない場所で学びたかった。習い事ではなく、仕事をするために短期間で学びたかった。●実際にOfficeクラシカルに通ってみてどうでしたか?二人の講師を一人占めできるレッスンは内容が濃い。着付けの方法だけではなく、様々なトラブルへの対処法流派の違う着付けの考え方な [続きを読む]
  • 東京きものの女王2018に選ばれました。
  • 当教室の講師がヘアメイク、衣裳、着付けをトータルプロデュースした楠田愛里さんが10月29日日本橋の三井ホールにて開催された「東京きものの女王コンテスト」の決勝で優勝、「東京きものの女王2018」に選ばれました。着付けの技術を競う選手権ではなく、日本女性美を際立たせる“きもの姿”のNo.1を選ぶ伝統的イベントでグランプリに選出されたことは当教室の「着る方自身を一番に輝かせる着付け」が着物のプロ、着物業界人に [続きを読む]