Mad・Horn さん プロフィール

  •  
Mad・Hornさん: MAD WORLD 〜映画ログ編?〜
ハンドル名Mad・Horn さん
ブログタイトルMAD WORLD 〜映画ログ編?〜
ブログURLhttp://mad0world.blog61.fc2.com/
サイト紹介文基本的には映画の感想。あまり細かくストーリーは書いてないです。思ったこと書いてます。
自由文なんか細かい映画の感想書かれても読むのが面倒だろうと思い簡潔に書いてる。
まぁ。映画なんて感じ方それぞれだし。参考程度になればと。基本自分へのログみたいなもの。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/05/06 21:47

Mad・Horn さんのブログ記事

  • 空中庭園
  • 空中庭園家族にはルールがある。秘密は一切しないこと。それが唯一のルール。隠し事はダメ。何もかもさらけ出そう。やましいことはこの家族にはない。娘がお父さんに聞いた。私はどこで仕込まれたの?父は答える野猿っていうラブホテルだ。母はそこしかなかったの。と答えた。物語冒頭で、そんな秘密のない家族ルールが誇示されていた。しかし蓋をあけてみればみんな秘密だらけ。父は浮気、母は過去を偽り、娘はラブホテルでエロ本 [続きを読む]
  • ミックス。
  • ミックス。意外に面白かった。程よいコメディ感が物語とマッチしていた。そして新垣 結衣が可愛い。ストーリーは主人公は都会で男性と付き合ったが、浮気されて田舎に帰還。そこで昔の友達と会う。その友達に当時していた卓球を勧められる。彼氏に浮気されて田舎に帰るとか。おいおい。ってなるけど。そんな人がいても世の中おかしくはないけど。結構メンタルは弱い人かと思いきや、元彼を見返す為、取り戻すために卓球を本気で頑 [続きを読む]
  • 斉木楠雄のψ難 映画
  • 斉木楠雄のψ難 映画漫画でおなじみ?斉木楠雄のψ難。漫画は結構好き。途中からも見れる一話完結型。超能力を持つ高校生の学園コメディ。主人公は斉木楠雄。高校生。ただみんなと違うのは超能力を使えることだ、テレポーテーション、自身の透明化、可視化、一般的にみんなが思いつく超能力が使える。本人はそれを公表していない。何かと騒がれたりするのを嫌う。普通の生活を送りたいからだ。そんな主人公に様々な災難が起こる。 [続きを読む]
  • Wの悲劇
  • Wの悲劇 昔の映画。テレビで放映していたので見たら昔の映画だった。セリフが臭すぎる。たえられない。と思うほどだ。これが昭和の感覚なのだろう。そして俳優が若い。ストーリーは役者志望の主人公、次の講演のためのオーディションを受けるが落ちる。そんな中、舞台に立つチャンスを得るのだが、、、、見どころはthe昭和を感じるところだろう。行動、言動、どれをとっても昭和全開。その昭和感を受け入れられれば、それなりに楽 [続きを読む]
  • 罪の余白
  • 罪の余白主人公の心理学者・安藤と、その愛娘を死に追いやったクラスの木場咲の心理戦。ん。心理戦?特に心理戦はなかったように感じられたが。娘が亡くなり、ただただ、必死に娘が亡くなった原因を探すおっさんにしか見えなかった。高校生に踊らされる感じにしか見えなかった。おっさんの行動、行動が、いたたまれない。心理戦というより、その場、その場で感情むき出しの行動にしか見えなく、もう相手の手の上の中ってイメージし [続きを読む]
  • 寝ても覚めても
  • 寝ても覚めても違う名前。違うぬくもり。でも。同じ顔。運命の人は二人いた。この映画のキャッチフレーズ。ストーリーはヒロイン役の朝子が学生時代に恋をし、その恋人がどこかに消えて、数年後消えた恋人と同じ顔の男性と出会い、物語は進んでいく。恋愛を描いた映画。久々に映画館で見た。やっぱり寒い。トイレに行きたくなる。この映画のヒロイン朝子は物静かな女性で、いったい何考えているんだ。全く謎すぎる。感情が分からな [続きを読む]
  • ラスベガスをぶっつぶせ
  • ラスベガスをぶっつぶせ天才学生が計算を基にラスベガスで荒稼ぎするという話。これが実話だというから面白そう予感。チキン・ディナー チキン・ディナー チキン・ディナー主人公の一人言から始まる。チキン・ディナーとはバカ勝ち。ギャンブルはしないけど、バカ勝ちはしてみたいもんだ。どんな気分なんだろうかと考えた。でも想像もできないのが本音だ。一度に2000万。結構な額である。普通の少年がギャンブラーになる様を描い [続きを読む]
  • プレデターズ
  • プレデターズ名前くらいは誰でも知っているだろう。プレデター。 当初第1作目は怪獣のようなものを想像していたが、そうでもない。最強の生物だから大型と思いきや人型。どことなくインパクトがかける。まだ、エイリアンのほうが強そうに感じる。「エイリアンVSプレデター」のほうがタイトルのインパクトが強い。単純に化け物VS化け物のほうがワクワクしません?地球外最強?ヤクザに日本刀でやられるのに?おいおい。最強感がな [続きを読む]
  • 狗神
  • 狗神おおまかなストーリーをサイトで見て面白そうと思ってみたが。残念。方言で言葉がなまっているのか、言葉が聞き取りにくい。内容もなんかあまり。。。。早送りしてみたからちゃんとした感想はないが。面白くなかった。あくまで個人の感想である。おや睡眠。主演:天海 祐希監督:原田 眞人 [続きを読む]
  • スタンド・バイ・ミー
  • スタンド・バイ・ミー「12歳の時のような友人を、私はその後二度と持ったことはない。誰でもそうなのではないだろうか?」これは名言。考えさせられる言葉で。確かにそうかもしれないと思う。この年代でできた友人とは損得勘定もない、気を使うこともない。その人の価値観にもよるだろうけど。原題は『THE BODY』 「死体」である。そう死体を探す旅だからである。名作と言われるが、自身はすごく面白いとは言えない。勘違いしない [続きを読む]
  • 聲の形
  • 聲の形満足度94%おすすめ度98%これは完成披露上演会のアンケートからの結果である。パーセンテージが高い。ほぼ100%じゃないか。この映画NHKのEテレで放映していて。最初Eテレ?と頭にハテナマークが浮かんだ。Eテレで映画なんて珍しいな。なんだ。なんだ。社会問題でも取り上げた映画か?なんて思ったけど、アニメ―ション映画。タイトルが聲(コエ)の形。なんか深そうな内容な映画だな。でも面白そう。そう感じた。だってEテ [続きを読む]
  • 君の膵臓をたべたい
  • 君の膵臓をたべたい「君の膵臓をたべたい」一瞬ホラー映画と勘違いするようなタイトルで惹きつける。パッケージを見れば、青春映画なんだろうとわかる。ただ、どんな映画内容なんだろうとやっぱり気になる映画。鑑賞して15分足らずで、この映画に引き込まれた。あ、、この映画面白いな。と思った。見終わって知ったのだが、16年の本屋大賞で2位にランクインし、累計発行部数が265万部という大ヒットした小説を映画化したもの。そし [続きを読む]
  • 僕の初恋をキミに捧ぐ
  • 僕の初恋をキミに捧ぐベタベタの恋愛映画。心臓病持ちの男の子とその彼女。男の子は20歳までは生きられないと医者に宣告される。残りわずかの人生をどう過ごすのか。最近この手の映画が多い気がする。ついこの間テレビで「君の膵臓をたべたい」という映画を見たが、それもあと何年か命という設定。同じような題材だが、中身は全然違う。中身というのは面白さ。断然、「君の膵臓をたべたい」のほうが面白い。あくまで個人の感想だ。 [続きを読む]
  • メアリと魔女の花
  • メアリと魔女の花絵柄を見て、ジブリ作品?と感じた方がいるだろう。元ジブリのスタッフが制作した作品。どことなくジブリ感がある。ジブリが大好きなら見るに値するんじゃないかな。11歳の少女メアリ・スミスが魔法の国にいって大暴れするお話。もうこの説明だけで、いいんじゃないかなと思う。なんとなく頭にはストーリーが描けたんじゃないだろうか。おや睡眠監督:米林 宏昌原作:メアリー・スチュアート 予告動画 [続きを読む]
  • サマータイムマシンブルース
  • サマータイムマシンブルース大学生のほのぼのバタバタ物語。平和な大学生だから成立する物語。真夏の日。部室にあるクーラーのリモコンにコーラーをこぼしてリモコンが壊れた。クーラー本体には電源らしいものがない。暑い、暑いと嘆くそんな時に部室の中に突然、変な乗り物がある。それがタイムマシーンだというのだ。普通今世紀最大のビックリな出来事だけど、さすが田舎の大学生「なんかタイムマシーンがあるぞ」みたいなリアク [続きを読む]
  • 森山中教習所
  • 森山中教習所ひょんなことから車の教習所に通うことになったお話。恋あり笑いありのほのぼの映画。この主人公がぶっ飛んでいる。完全に変人すぎて。こんな人実際にいるのかと常に考えてた。何も考えていないというか、変な方向に物事を考える人なのか。何かは分からないが、とにかく変人。映画を見て頂けたら、分かると思う。このキャラで成り立っているようなものだ。俳優さんの演技が上手いのか、もともとそんな表情なのか。なん [続きを読む]
  • SEXテープ
  • SEXテープちょっとエッチな映画だ。夫婦間で、マンネリしたセックス。そんな夫婦がセックスをテープで撮ったのだ。刺激が欲しかったのか。そんなデータを間違って友人や仕事の取引先に渡ってしまった。そんなデータを取り返すために奮闘するコメディ映画。この映画で印象に残ったセリフがある。「おしりが見えた。君のおしりが「はじめてちゃんと見た」「我慢できない」といってキスを始めた。なんかよかった。これは感覚の問題で [続きを読む]
  • アナコンダvs殺人クロコダイル
  • アナコンダvs殺人クロコダイルタイトルからB級感があふれ出ている。内容もごくごくある怪獣映画。ただ、アナコンダと殺人クロコダイルというタイトルにした方がいい。対してVSしてない。ただただ人間が、襲われるというよくあるパターンにちょっとして設定をつけたしたもの。キャラ設定もわかりやすく、もう確実にのちのち殺されるであろう人物がわかる。映画を見ながら、こいつはいつやられるんだと思いながらも見ていた部分もあ [続きを読む]
  • ザスーラ
  • ザスーラボードゲームが宇宙と繋がるという映画。そのボードゲームの名前がザスーラ。映画のタイトルになった。比較的子供向けの映画でもある。気軽に見れるB級映画。グッとくるものはなく、何となく内容も読めるので、気軽に見ることができる。深く考えたくない時に見るのがお勧めなのかもしれない。子供ゆえに家が突然宇宙空間に繋がっても不思議がらないところがいい。これが大人だったらパニック必死である。さらに頭のいい大 [続きを読む]
  • 昼顔 映画
  • 昼顔 不倫を描いた映画である。もともとはドラマが好評で映画化に至った。芸能人の不倫のニューズなどで、よく炎上したり、不倫をした人を最低のクズ呼ばわりする一方でフィクションだと高視聴率という。不思議なものである。よくドラマで主演を務める上戸 彩さん。ドラマ等はあまり見ないので、演技はぜんぜんしらない。最初は、なんだかなぁーって感じで見てたけど、ちょっとづつ面白くなってきた感じで。後半はストーリーが読め [続きを読む]
  • オデッセイ
  • オデッセイ 火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士が生きて地球に帰れるのか。という内容の話。よくある話で。似た内容の映画を見たこともある。面白い。最初はよくある話だし、なんだかなぁ。なんて思っていたんだが、いや、この映画面白いぞ。何が面白いか?感じてくれ。映画は感じるしかないんだ。ただ、言いたい。お勧めだ。展開も早く、問題が起きるが解決も早く、一つのストーリーの中身いろんな展開もある。同じうちゅうの [続きを読む]
  • ガープの世界
  • ガープの世界ガープという男の生涯を描いた映画である。そー言うと、何か大きなことを成し遂げた人の話に聞こえるけど、そうではない。普通の男の生涯である。その普通の男の日常を描いた映画。おいおい。それはつまんないだろ。と思う人もいれば、そんなのほほんとした映画が好きだって人もいる。そんな映画が好きなら一度見てはどうだろう。おや睡眠。主演:ロビン・ウィリアムズ監督:ジョージ・ロイ・ヒル [続きを読む]
  • LIFE!
  • LIFE!素晴らしい映画である。そもそも映画って何億というお金をかけて創作される芸術作品なのだ。そんな作品が面白くないわけがない。たくさんのスタッフに俳優さん。一つの映画に魂がこもっているのだ。それはこの作品だけじゃない。そしてこの映画の内容自体も主人公が世界を駆け巡る。一つの写真(ネガ)を求めて。しがないサラリーマン。しかし情熱をもって仕事に取り組む一人の物語であるのだ。(実際はあまりピンとこな [続きを読む]