なぎさ さん プロフィール

  •  
なぎささん: ご主人お借りしてます
ハンドル名なぎさ さん
ブログタイトルご主人お借りしてます
ブログURLhttp://anatagahoshi.blog.fc2.com/
サイト紹介文既婚男性と独身女性の不倫。いつか、終わりが来るその日まで、愛したことを書き残しておきたくて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/05/07 11:08

なぎさ さんのブログ記事

  • 秘密のふたり
  • 自分の立場をわきまえ、彼を困らせない。ただの都合のいい女じゃないと人に言われても気にしない。大事なのは彼と私。ふたりが納得していること。それだけでいい。そんな殊勝なことを言ったり、感情のコントロールができるようでも、実は人一倍さみしがりで甘えん坊な私。そんなことお見通しな彼は、会えない日が続くとLINEではなく電話をしてきてくれて、声を聞かせてくれたり、私がいないとわかっていても、基地に差し入れを持っ [続きを読む]
  • 大切にしたい
  • やっと、やっと、やっと…大好きな彼に会えた〜‼?嬉しくて嬉しくて、ずっと甘えてくっついて離れない私に、彼は笑ってばかりだった。会えない間、彼は家に咲く桜の写真や動画を送ってきてくれた。お互い運転中にすれ違うこともあった。思わず彼に車内電話をかけた。一瞬でも彼の車、ナンバーを見逃したりなんてしない。それでもなかなかゆっくり基地で会えない日々が続き、ずっとさみしかった。だから今日はいっぱいいっぱい甘え [続きを読む]
  • あなたじゃないとダメなの
  • お久しぶりです。まだ諸々片づけ中ですが、終わりが見えてきました。なんだかんだで半月以上、彼と会っていません。完全に私の都合に合わせ、協力してくれているのに、…さみしくなってしまいました。我ながら本当に勝手なことを言っていると思います。今日も久しぶりに会えるはずのお泊りデートを私の体調不良でキャンセルしたのに、やっぱり会いたいとLINEしてしまう始末。…心配かけるようなLINEをしてごめんね。私はあなたに可 [続きを読む]
  • 近況報告
  • 久しぶりの更新です。彼と何かあったのではありません。彼は変わらず私を大事にしてくれています。更新しなかった間もイチャイチャしていました(笑)3月に入ってから、私にとって大きな出来事がありました。今まで私を悩ませ続けていた問題が、解決へと動き出したのです。それで今少しバタバタしています。私個人の問題なので、彼には心配かけないように、こまめに経過を報告、連絡しています。来月には全て片づいて落ち着くと思 [続きを読む]
  • 大勝負
  • 彼といるとき、私が話していることが多い。真剣な話も他愛ない話も、いつもきちんと耳を傾けてくれる彼。そんな彼が先日、珍しくたくさんお話をしてくれた。それはとても大切なお話だった。「今度、人生を賭けた大勝負って言ったら大袈裟だけど、それぐらい重大な交渉事がある。難しいけど絶対に負けないから。」彼はたまに、お仕事の話や小さい頃のこと、学生時代のこと、親兄弟の話などしてくれる。このときしてくれた話は今まで [続きを読む]
  • 愛情表現
  • 会うのは週イチペース。平日の昼間が多いけど、出張が続く時は、毎週お泊りなんていう夢のようなこともある。出張の日程は先方の都合もあるが、彼が決められる時もあるようだ。というのも、お泊りの翌日が私の通院日に当たると、彼は夕方ぐらいまで基地に居られるのに、私はお昼には基地を出なくてはならないので、損した気分になってしまう。せっかく一緒にいられるのに、彼を置いて出かけるなんて、後ろ髪を引かれる思いだといつ [続きを読む]
  • また会えるなんて
  • いつもの出張帰りのお泊り。次の日は夕方くらいまで一緒にいることが多いけれど、今回は彼が外せない会議があり、翌日10時には基地を出る。それもあってか彼は出張から早く帰ってきてくれた。19時前からイチャイチャしながら飲んで食べて…。楽しくて調子に乗って飲み過ぎた私は、翌日体調を崩してしまった。私は通院日で、彼を見送ったら病院へ行く。「つらかったら、タクシーで病院に行くんだよ。」そう言われていたけれど、大丈 [続きを読む]
  • ささやかな逆襲
  • 前記事では心温まるコメントの数々、ありがとうございました。とても嬉しかったです。これからもよろしくお願いします。さて、先日、私のブログがとあるサイトで紹介されていることを知りました。そのサイトでは、いくつかの不倫ブログを紹介していたのですが、私のブログの紹介文だけ、どこかトゲがあるというか、悪意を感じてなりませんでした。一番ショックだったのは、このブログが私の妄想を綴った『キラキラブログ』かもと思 [続きを読む]
  • 【終了】コメント欄解放
  • 今から朝までコメント欄を解放します。彼が見てみたいとのこと。私は怖いから…絶対キツいコメント入るよと言ったけど、彼は前向きです。明日、時間は未定ですがコメント欄は閉じます。☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆いくつかのコメントをいただき、嬉しく思っています。ありがとうございます。この記事に関してはこのままコメント欄を解放しておきます。そして今少し体調を崩しているため、コメントのお返事はゆっく [続きを読む]
  • 萌えキュン
  • 前回は3日連続で彼と会えるという、とても嬉しいデートだった。初日は出張に出かける彼を、駅まで車で送るだけの短時間だけれど、大好きな彼の顔を見られるだけで幸せ。次の日の夜、駅までお迎えに行き、その日は基地にお泊り。だから3日連続というワケ。お迎えの後、いつもは基地に帰るけれど、この日は個室の焼鳥屋さんに寄った。一番奥の個室に通されたのだが、6人用の席のお座敷。彼と向かい合わせで座ったら、テーブルもそ [続きを読む]
  • 日曜日でも、短時間でも
  • やっと彼と連絡がとれて、私は落ち着き安心した。更に彼から来週お泊りできそうだと聞き、嬉しかった。来週までもう少し…そう思っていた週末、日曜日。彼が会いに来てくれた。2〜3時間しか居られないのに来てくれて、「次まで我慢できないかも…だから来ちゃった。」なんて言われたら、もう…愛しくてたまらなくて、彼に抱きついた。彼は我慢できそうにないから来たって言ったけど、本当は顔を見せて、私を安心させたくて来てく [続きを読む]
  • 思い知る
  • こんなとき、私から何もできない。さみしさと不安でどうにかなりそうだった。何度もLINEを開きチェックをした。そしてとうとう既読になった。ホッとしたのも束の間、今度は返事がないのが気になった。この既読、ホントに彼?他の人じゃないよね?やたらに連絡できない。不安なままだった。それから数時間後、彼から電話が来た。なんてことはない、二日酔いで寝てたとのこと。「もう〜、心配したんだから!」「ごめん、ごめん。」声 [続きを読む]
  • 胸騒ぎ
  • めずらしく連絡をとりあわないまま1週間が過ぎた。私はそろそろさみしくなってきていた。でも間が空きすぎるとなんだか連絡が取りづらい。そこへちょうど口実の様な連絡事項ができて、彼にLINEを送った。夜に送ったLINE。彼が会議や宴会など用事があるときは、既読にならないまま次の日になることもある。それでも翌日の朝やお昼には既読になるし、返事もある。それが今回、お昼を過ぎても未読のまま。胸騒ぎがした。ただでさえ1 [続きを読む]
  • なんでも買ってくれるワケじゃない(2)
  • …なのに、ここで調子に乗ってしまった私は、彼に美容系のモノをおねだりした。すると彼はいいよ…とは言ってくれたけど、ひとつだけねと釘を刺した。「あれもいい、これもいいってなると、美容系はキリがないから。」彼の目は優しく笑ってはいたが、“めっ”と窘めるように言った。変かもしれないけど、私は彼のこういうところが好き。私の言うことやお願いをなんでも聞いてくれる人より、自分の価値観がブレない人の方がいい。彼 [続きを読む]
  • なんでも買ってくれるワケじゃない(1)
  • 記録的な降雪があった関係で、彼の出張がなくなり、それに絡めたお泊りもなくなった。お泊りがなくなったのは残念だけど、彼があの酷寒の中、混雑や渋滞に巻き込まれなくて良かった。もし出張を強行していたら、帰ってくるまで心配でたまらないもの。来週まで会えないと思っていたけど、別の日、地元での宴会の前後基地に来て、お泊りしてくれた。そのとき彼は、加湿器とホットカーペットを買ってきた。確かにお部屋が寒くて辛かっ [続きを読む]
  • マンネリなブログネタでも
  • 彼と基地でイチャイチャ飲食中。彼の電話が何度も鳴った。どうやら今夜会合があるみたい。その打ち合わせのようだった。話す相手は何度か変わり、電話をかけたり、かかってきたり。最初は話が終わるのを待っていたけれど、長くなってきたから先にひとりで少しずつ飲んだり、食べたりしていた。先日記事にした日本酒がとても美味しくて、つい調子に乗ってハイペースで飲み続けてしまった。「ごめんね、待たせてしまったね。」電話を [続きを読む]
  • 通じあうもの(2)
  • 私からも彼にプレゼントがあった。だいぶ遅れたけれど、クリスマスプレゼントに用意した物。彼は箱を開けると、「これ、前から気になっていたんだよ。」と言って身につけた。「うん、いいな、これ。」なんと私も彼のドストライクにハマったみたい。いつもなら、私がプレゼントした物は、持ち帰る時期を気にしたり、持ち帰ることができずに、基地で使っていたりする。でも今回は偶然にも、彼が以前から気にしていた物で、彼自身が買 [続きを読む]
  • 通じあうもの(1)
  • 今年になってから初めて、彼に会えた。本当は三が日が明けて直ぐに、基地に行くよと連絡はもらっていたのだが、私の体調が悪くて会えなかった。その後、連休中にもかかわらず会いに来てくれた。「貰い物だけど美味しかったから。なぎさが好きそうだと思って持ってきた。」彼の手には日本酒とレアチーズケーキ。「ありがとう…わ〜っっ!」「え?何?どうしたの?」「この日本酒ね、美味しいって聞いて、もうずっと探してたの。この [続きを読む]
  • 彼がくれたお財布
  • 先日、彼からお財布をプレゼントしてもらったことは、少し書いたが、その財布が本当に嬉しかった。彼はブランドには拘らない。むしろ質や使用感を重視する。彼のもので、パッと見て誰もが直ぐにわかるのは車ぐらいだろうか。だけど、そんな彼が服を脱いだとき、有名ブランドのタグがついていたりする。それがまた素敵だな、彼によく似合うなって、私が見て思っていたりしたものだったりすると、微妙な気持ちになる。話が逸れたけれ [続きを読む]
  • 今年もあなたと一緒にね
  • この年末年始、彼と連絡をとっていない。今までは、行けなかったけれど初詣に誘ってもらったり、突然基地に来てくれたりもした。だけど今回は、LINEも電話も一切なし。さみしくないの?と聞かれれば、もちろんさみしいに決まってる。そんなわかりきったこと、確認する必要はない。考えれば考えるほどさみしさが募るだけ。考えないようにするというより、他のことをする。例えば私は、彼の次に大好きな甥っ子たちと妹と、年越しパー [続きを読む]
  • あなたを笑顔にしたい
  • 今年はイブもクリスマスも彼と会うことはなく、LINEも我慢して息を潜めていた。今まではクリスマスに会えたり、LINEを送ったりしたけれど、今年はしなかった。やっぱり危険かなとも思うし、もしお孫さんのサンタさんをしている最中だとしたら、邪魔したくないから。だけどクリスマスの夜、彼は電話をかけてきてくれた。とても嬉しかった。「お孫さんのサンタさんとかするかもしれないけど、ホントは私のサンタさんだからね。私だけ [続きを読む]
  • 一緒にいられることが最高のプレゼント
  • 先日は私の誕生日だった。彼の出張の関係で誕生日当日に会うことができた。基地だと、彼と一緒にお風呂で足を伸ばせないから、久しぶりにラブホに泊まりたいとお願いした。一緒にお風呂でイチャイチャしたいの…とおねだり。誕生日当日に、お外にお泊まりというワガママをきいてもらうのだから、他には何も要らないと彼に言った。先にホテルに入って彼を待った。しばらくして来た彼は、アレンジメントとケーキを買ってきてくれた。 [続きを読む]
  • 目玉焼き、どこから食べる?
  • お泊りをした翌朝。彼とのんびり朝ごはん。食べ終わり頃、彼が笑いながら言った。「あれ?なぎさも最後なの?」えっ?何が?…とお皿を見ると、ふたりとも綺麗に黄身だけが残ってる。「あはは…ホントだ。こんなところも仲良し〜」と彼に抱きついた。私は黄身を固く焼くのが好みだけど、彼はなんでも大丈夫。この日は柔らかい黄身をご飯の上で崩して食べた。先に白身から食べるの一緒だね、仲良しだねって嬉々とする私を、彼は微笑 [続きを読む]
  • やっと会えたね(3)
  • 彼と出逢ったのは夜のお店だった。真夜中の2時3時になっても、外にいるのが当たり前だったあの頃。最近は日が暮れる前には帰宅し、夜に外出するのは皆無に等しい。彼から帰りの新幹線の時間を知らせるLINEが入った。田舎の夜は早い。走る車は少なくて、ほぼ時間通りに駅に着いた。「おかえりなさい。お疲れ様でした。」「ただいま。」忙しない移動と用事。無理させてごめんね。翌日私は通院の為、お昼までしか一緒にいられない。 [続きを読む]
  • やっと会えたね(2)
  • 当日、彼からLINEが来た。“(基地で)お昼食べてから出かけます”送迎だけだと思っていた私は嬉しかった。そして今度は彼から電話。「今から出るよ。…シャワー浴びておいてね(笑)」「えっ?…あっ…はい…えへへ(笑)」「えへへ(笑)」普段、彼は“えへへ”なんて言わないのに…もう…可愛いなぁ。そしてその後、やっと会えた彼はとってもとっても“元気”で凄かった…えへへ(笑)それまでの私のさみしさや不安など掻き消し [続きを読む]