きよひと さん プロフィール

  •  
きよひとさん: 演歌、歌謡曲徒然歌日記
ハンドル名きよひと さん
ブログタイトル演歌、歌謡曲徒然歌日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/kiyo2014/
サイト紹介文新曲情報、坂本冬美の軌跡、懐かしい歌まで色々と書いています。演歌から歌謡曲まで。。。
自由文主にブログに書いているのは
1、坂本冬美の軌跡を書いています。これまでの出来事やシングル曲、アルバムの情報等
2、村上幸子のシングル曲の紹介
3、演歌の新曲情報
4、テレビ埼玉で放送している「こちら最新歌謡曲」の情報
5、オールディーズ(1950年代〜60年代のポップス)の情報
これ以外にも気が付いた事を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/05/07 15:32

きよひと さんのブログ記事

  • 5分で分かる「西郷(せご)どん」第30回「怪人 岩倉具視」
  • 5分で分かる「西郷(せご)どん」第30回「怪人 岩倉具視」 吉之助(鈴木亮平)は一蔵(瑛太)とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を訪ねるが会えば金の無心。かつて凄(すご)腕とうたわれた男は生気を失っていた。 京に戻った吉之助(鈴木亮平)は一蔵(瑛太)とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を訪ねる。岩倉は下級の公家ながら、かつて孝明天皇の妹・和宮と将軍徳川家茂の縁談をまとめ [続きを読む]
  • 勝海舟との出会い
  • 勝海舟との出会い 元冶元(一八六四)年九月十一日、越前福井藩士の堤正誼と青山貞の二人が、突然西郷の元を訪ねてきました。 二人は西郷に対して、「今、大坂に幕臣の勝海舟という人物が滞在しているが、勝は幕臣中一廉の人物であるので是非面会なさった方がよい」と進言しました。 西郷はその話を聞き、早速勝に面会を申し込みました。勝は西郷からの申し出を快く受け入れ、ここに薩摩と幕府の英雄が顔を合せたのです。 勝は [続きを読む]
  • 西郷の着京と蛤御門の変
  • 西郷の着京と蛤御門の変 元冶元(一八六四)年二月二十八日、西郷は約一年八ヶ月ぶりに鹿児島の地に戻りました。 西郷がその翌年に沖永良部島の土持政照に送った手紙によると、鹿児島に着いた時の西郷は長期に渡る遠島生活で歩くこともままならず、駕籠を使って自宅まで帰り、その翌日斉彬の墓に参詣した際も、まさに這うようにして行ったようです。西郷はそんな自分の姿を「哀なる為体(ていたらく)」と自称しています。沖永良部 [続きを読む]
  • 五島つばきのプロフィール
  • 五島つばきのプロフィール 生年月日 昭和53年10月10日出身地 長崎県福江市(現・五島市)特技 書道五段趣味 音楽鑑賞目標とする歌手 香西かおり好きな歌手 鳥羽一郎好きな事 お祭の夜店巡り好きな食べ物 焼肉などの肉類好きなお酒 焼酎嬉しい時 家族と話している時私の自慢 五島列島(故郷)、両親 1 お願いします。演歌ランキング [続きを読む]
  • NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」第31回「龍馬との約束」8月19日放送
  • NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」第31回「龍馬との約束」8月19日放送 吉之助(鈴木亮平)は坂本龍馬(小栗旬)を薩摩に連れて帰る。龍馬は雨漏りする西郷家に驚き吉之助にほれ直す。吉之助は、そんな龍馬に倒幕の切り札は長州だと持ちかける。番組内容慶喜(松田翔太)が再び長州征伐を断行しようとする中、吉之助(鈴木亮平)は坂本龍馬(小栗旬)を薩摩に連れて帰る。龍馬は雨漏りする西郷家に驚き清貧を貫く吉之助にほれ直す [続きを読む]
  • 五島つばき「雪国情歌」(作詞・みやび恵、作曲・聖川湧)
  • 五島つばき「雪国情歌」(作詞・みやび恵、作曲・聖川湧)       「長崎オロロンバイ」(作詞・みやび恵、作曲・聖川湧)〜カップリング曲〜           (2017年7月5日発売) 保護司としても活動する五島つばきの演歌歌手としての勝負作。師匠・聖川湧氏のアドバイスもあり、デビュー以来ずっと法務省主唱「社会を明るくする運動」にも積極的に参加し歌手としてばかりではなく、社会福祉的な活動も行ってきた五 [続きを読む]
  • 石原詢子 詩吟揖水流「詢風会」(石原詢子が詩吟教室を開講。)
  • 石原詢子 詩吟揖水流「詢風会」」(石原詢子が詩吟教室を開講。) 石原詢子自身が運営する詩吟教室が2018年4月より開講しています。 揖水流家元である父・石原源風に4歳から厳しく指導を受け、12歳で師範代となった石原詢子。師匠である亡き父親が「揖水流を継いでほしい」という願いを叶えるべく、本人が立ち上がり大阪教室・東京教室にて始動しました。揖水流 詢風会〜もっと詩吟を伝えよう、もっと詩吟を楽しもう〜詩吟の魅力 [続きを読む]
  • 石原詢子「30周年記念アルバム 詢風」(2018年9月5日発売)
  • 石原詢子「30周年記念アルバム 詢風」(2018年9月5日発売) デビュー30周年の石原詢子、初の詩吟をテーマにしたアルバム 詩吟の師範代でもある石原詢子が、30周年を記念して初めて詩吟をテーマにしたアルバムを発売。「明日坂」「寿 契り酒」等これまでの詩吟入りのシングルに加えて、「黒田節」「白虎隊」など有名な詩吟入りの民謡、歌謡曲や、「川中島」「本能寺」など著名な詩吟も新たに録音。 30周年記念アルバム『詢風』の [続きを読む]
  • 西郷赦免
  • 西郷赦免 薩摩藩は会津藩と提携し、京都における勢力回復を目論み、八月十八日の政変というクーデターを敢行し、成功させました。 京都から長州藩を中心とした尊王攘夷派の勢力を一掃した薩摩藩は、再び久光が上京し、将軍・徳川家茂以下、幕閣の有力者や有力諸大名を京都に参集させることに尽力しました。久光は再び朝廷と幕府の間を周旋しようと試みたのです。 また、久光は、朝廷、幕府、そして諸大名、この三つの勢力間の意 [続きを読む]
  • 5分で分かる「西郷(せご)どん」第29回「三度目の結婚」
  • 5分で分かる「西郷(せご)どん」第29回「三度目の結婚」 長州征伐で名を挙げた吉之助(鈴木亮平)が薩摩に帰る。周囲は薩摩を代表する男に早く嫁を!と騒ぎたて、満寿(美村里江)が糸(黒木華)を吉之助に引き合わせるが・・・。 禁門の変、長州征伐で名を挙げた吉之助(鈴木亮平)が1年ぶりに薩摩に帰る。すると周囲は薩摩を代表する男に早く嫁を!と騒ぎたて、花嫁候補が西郷家に押し寄せる。そんな中、一蔵(瑛太)の妻・満寿 [続きを読む]
  • 西田あい「愛がたりなくて」(作詞・岡田富美子、作曲・林哲司)
  • 西田あい「愛がたりなくて」(作詞・岡田富美子、作曲・林哲司)      「翔べない踊り子」(作詞・岡田富美子、作曲・林哲司)〜カップリング曲〜         (2018年8月8日発売) 西田あいが歌う 哀愁の歌謡バラード「最後の頁」発売から約2年ぶり、西田あい待望のニューシングルは広く演歌歌謡曲ファンに届けたい『哀愁の歌謡バラード』が完成しました。愛が足りなくて 結ばれないなら 命夜空で燃やします…西田あ [続きを読む]
  • NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」第30回「怪人 岩倉具視」8月12日放送
  • NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」第30回「怪人 岩倉具視」8月12日放送 吉之助(鈴木亮平)は一蔵(瑛太)とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を訪ねるが会えば金の無心。かつて凄(すご)腕とうたわれた男は生気を失っていた番組内容京に戻った吉之助(鈴木亮平)は一蔵(瑛太)とともに朝廷工作の切り札として岩倉具視(笑福亭鶴瓶)を訪ねる。岩倉は下級の公家ながら、かつて孝明天皇の妹・和宮と将軍徳川 [続きを読む]
  • 野中さおり「天の川恋歌」(作詞・仁井谷俊也、作曲・徳久広司)
  • 野中さおり「天の川恋歌」(作詞・仁井谷俊也、作曲・徳久広司)      「いなせだね・・・」(作詞・仁井谷俊也、作曲・徳久広司)〜カップリング曲〜          (2018年8月1日発売) “ナチュラルファルセットの歌姫” 野中さおりデビュー30周年を記念すべきシングル!!「天の川恋歌」 野中さおりデビュー30周年を記念するシングル。「天の川恋歌」は日舞・五條流の振付付きで、ドラマチックかつスケール感を打ち [続きを読む]
  • 裕次郎さん有難う!歌の後継、金児憲史名曲デビュー
  • 裕次郎さん有難う!歌の後継、金児憲史名曲デビュー 俳優金児憲史(39)が26日、昭和が生んだ大スターで、1987年(昭62)に52歳で亡くなった石原裕次郎さんの“歌の後継者”として、都内でお披露目ライブを行った。命日にあたる7月17日、裕次郎さんのダブルミリオンヒット曲「夜霧よ今夜も有難う」で歌手デビューする。 裕次郎さん愛用のジャケットを「お守り」代わりに着用。金児は緊張した表情を見せながらも、 [続きを読む]
  • 出光仁美「茶屋町しぐれ」(作詞・もず唱平、作曲・水森英夫)
  • 出光仁美「茶屋町しぐれ」(作詞・もず唱平、作曲・水森英夫)      「蝉しぐれ」(作詞・麻こよみ、作曲・水森英夫)〜カップリング曲〜         (2018年7月25日発売) 「なんとかなるよ、ボチボチいこか」ビルの谷間の酒場に咲いた浪花人情を歌います2017年の「忘れ雨」がロングセラー!近年、関西地区での活躍が続く出光仁美。今作では浪花人情物の第一人者、大阪在住のもず唱平氏に作詩を依頼し、もはや第二の [続きを読む]
  • 【沖永良部島への遠島、生麦事件と天誅の嵐】
  • 【沖永良部島への遠島、生麦事件と天誅の嵐】 久光の逆鱗に触れ、薩摩へと送還された西郷は、その後、藩から徳之島への遠島を言い渡されました。これが西郷にとって初めての罪としての流刑です。 遠島という重い処分を被った西郷は、この時本気で隠居(引退)することを覚悟したようです。そして、西郷は奄美大島から妻子を徳之島に呼び、穏やかな暮らしをすることを考えていましたが、そのような安寧の日々が訪れることはありま [続きを読む]
  • 島あきののプロフィール
  • 島あきののプロフィール 本名:堂下 晶乃出身:北海道亀田郡七飯町誕生日:9月12日血液型:O型尊敬する人:北島三郎先生好きな歌:千恵っ子よされ好きな色: オレンジ色好きな食べ物: たちポン・牡蠣・ジンギスカン・えいヒレ好きな場所: 函館山・実家のトイレ好きな言葉: 日々是好日特技:腕相撲・貝の殻剥き・イカを捌く・スキー・相撲・雪かき将来の夢: 日本中の人に名前を覚えてもらえて、老若男女、全ての人に好かれる歌 [続きを読む]
  • 島あきの「津軽海峡」(作詞・円香乃、作曲・原譲二)
  • 島あきの「津軽海峡」(作詞・円香乃、作曲・原譲二)      「こころの故郷」(作詞・円香乃、作曲・原譲二)〜カップリング曲〜        (2018年7月4日発売) 芸名の名づけ親は同郷の大先輩北島三郎!楽曲も北海道にゆかりのある作家陣による書き下ろし!北海道出身の新人、島あきのデビュー!! 作詩 円香乃氏、作曲 原譲二氏、編曲 伊戸のりお氏の、北海道にゆかりのある3人が後押しする、北海道出身の新人歌手島あき [続きを読む]