マーニ☆ さん プロフィール

  •  
マーニ☆さん: 本物のパートナーに出逢うまでの道のり
ハンドル名マーニ☆ さん
ブログタイトル本物のパートナーに出逢うまでの道のり
ブログURLhttp://manipura.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代独身女。本物のパートナーをみつけて結婚するための活動や感じたことを綴るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/05/07 18:40

マーニ☆ さんのブログ記事

  • 飲み会の開催が決まる
  • 飲み会や出会いの場を提供するのはいつも私だ。男友達に連絡を取り、人数を集めてもらい飲み会の幹事をする。婚活パーティ、婚活イベントを調べ、これなんでどう?と提案するのもいつも私だ。友人から提案してきたり、企画して誘ってくれたりすることはほとんどない。いつも私任せだ。それがたまに不満に思うことがあった。今回何年かぶりに、友人からお誘いがあった。婚活イベントでカップリングした人と、お付き合いはしてないけ [続きを読む]
  • 男は勝手だ
  • 「恋愛以外に生きがいを見つけるといいよ。」石原さんにそんなことを言われた。あなたが好きとか言ってくるからでしょうよ。好きと言われた私は、もしかしたら恋愛に進んでいけるかもという期待を持ってしまった。だけど、そうではないのだとこの言葉で打ちのめされた。男は勝手だ。恋愛する気がないのに、好きだと言ってくる。パートナーがいるくせに好きだと言ってくる。私に会えるならと言って、もう一泊したくせに。それだけ会 [続きを読む]
  • 忘れ去られたバレンタイン
  • そういえば、水曜日はバレンタインだった。今の私にはまったく関係のない日だ。その日、女友達とカフェに行っていたのだけど、「私と会ってて大丈夫なん?」と聞かれた。「好きな人はおらんの?」「チョコレートあげる人はおらんの?」おったら、その人と会ってるでしょうよー。なにげない言葉なのかもしれないけど、こっちにしたら傷つく言葉なのだ。好きな人も、チョコレートあげたい人もいないのだから。4年前、石原さんにチョ [続きを読む]
  • 好きでも一緒になれないなんて
  • 4年ぐらい前に好きだった人。(石原さんとします。)4年前、2人で何度も会っているうちに、私は石原さんのことが好きになった。石原さんは、彼女は作る気はない。結婚もする気はないと言って、私の気持ちを受け入れてはくれなかった。それでも2人で会い続けた。会っている途中で、私は好きな気持ちを諦め、友人関係を続けた。そして石原さんは関西を離れ、新しく仕事を始めた。関西に来るときには必ず連絡をくれ、ご飯を食べに [続きを読む]
  • 友人にイライラ
  • 男女数人で遊びに行くことになった日。遠出するので、朝早くに待ち合わせすることになった。待ち合わせに向かう電車に乗ってたとき、1人の友人からラインが入った。「ごめーん。電車が遅れてて少し遅れそう。」え??しかも寝坊したと言う。うそでしょ。この日は、車で遠出する予定だったので、車出してくれる人は、かなり早くに家を出てくれていたのだ。他の人も待たせることになる。飲み会に少し遅れるのとはわけが違う。その友 [続きを読む]
  • そんな無責任な
  • 結婚して2人の子供がいる友人とランチに行った。「子供がおったら大変やで。」と友人は言う。確かに大変なのだと思う。だけど私からしたら、旦那さんがいて子供が2人いて、家もあって、絵に描いたような幸せを手に入れてるように思える。子供は男の子と女の子。理想的だ。女の子だと一緒にカフェに行ったり、雑貨やアクセサリーを一緒に見に行ったり、すごく楽しいと言っていた。そういうことを聞くと、また後悔してしまうのだ。 [続きを読む]
  • 楽しい連休のはずが・・・
  • 三連休の一日は、2人で会うのは2回目の男性と京都に行った。もう一日は、男女合わせて6人で、パワースポットと美味しいものを食べに行った。ほんとなら楽しい休日になるはずが、気疲れが半端なかった。京都に行った男性とは、会話があまり弾まず、他にも気になることがあり、とにかく疲れた。6人で会った日も、企画してくれた男性の態度が悪いときがありすごく疲れた。連休に遊びに行くなんて、楽しいはずなのに、こんなに疲れ [続きを読む]
  • 仲を深めたいとは思えなかった
  • 京都のカフェに行くことになった。今回で会うのは2度目の男性と、ステキなカフェに行った。出会いの場で会ったわけではなかったので、友人としてランチやお茶に行く。カフェ友達として、仲良くなれればいいなと思ってた。それで仲良くなっていけば、恋愛に発展することもありえるかもという期待もありながら…。メールでいろいろやり取りしていたら、気が合いそうだと思うのだけど、2人で会って話してみるとなんか違う。1度目に [続きを読む]
  • ほんとは悲しかった
  • なんで40過ぎてまで、体の関係だけを求められるのだろう。ずーっとずーっとモヤモヤしてた。男友達に相談すると、魅力があるからや。魅力があると思っとけばいいんやと言う。確かにそう思えば、気持ちも楽になるかもしれない。そう思ってたけど、またもや、仲良くなったら家に行っていいですか?と仲良くなるかどうかもわからない男性に言われて、またモヤモヤしてた。一人暮らしの女性の部屋に行っていいですか?と堂々と言って [続きを読む]
  • 付き合うのはオススメしない
  • 婚活イベントで佐藤さんとカップリングした私の友人まきちゃんとご飯に行った。会う前にも、佐藤さんと2人で会ったことは伝えていた。まきちゃんは佐藤さんとカップリングしたけど、気に入ってたわけではないと言っていたし、2人で会ったあとも友達って感じで、それ以上は考えられないと言っていた。マーニちゃんが佐藤さんのことを気に入ってるなら、いってくれて全然いいよーと言ってくれていたのだ。まきちゃんは私に、マーニ [続きを読む]
  • 少しずつ冷めていく気持ち
  • 気になっていた佐藤さんのこと。電話がない間ずっと気になってた。どうしても気になった私はラインをした。そのあと電話がかかってきたとき、「声が聞きたかってん。」と言ってしまったし、電話を切ったあとは、ホッとした自分がいた。なのに、次の日にまた電話が入ったとき、いろいろ話してたらしんどくなってしまったのだ。好意は持っていたけど、これ以上好きになることはないな・・・と思ってしまったのだ。佐藤さんの彼女にな [続きを読む]
  • 婚活がうまくいった人の話
  • 美容院で雑誌を読んでいた。その雑誌には、婚活特集みたいな記事があって、婚活が成功した人たちの意見が書かれてあった。全部は覚えてないけど、いくつか紹介しようと思う。1回会って、ないなと思っても最低2回は会った方がいい私は1回目会って、ないなと思ったら2回目会おうとはしなかった。だけど、婚活をうまくいかせた人は、最低2回は会え!と言っている。1回目は緊張してうまく話せないという人もいるので、2回は会っ [続きを読む]
  • どうでもよくなるときがある
  • ずーっと何年も婚活を続けて、前に向いてる人を尊敬する。その精神力はとてつもなく強いのだろう。私は前に向いても立ち止まり、前を向いては後退し、そんなことの繰り返し。そしてなにもかもどうでもよくなるときがある。それが今だ。次の三連休で、2人の男性と会う約束をしているのに。1人は、2人で会うのは2回目の男性。もう1人は、5年ほど前からの友人の男性。2人とも、恋愛や結婚に発展しそうにない。私はなんのために [続きを読む]
  • 図々しい男
  • 次の日も、田中さんからなにげない内容のラインがきて、その次の日もラインが入った。そして、また質問攻め。「どんな人がタイプなんですか?」「男友達ってたくさんいるんですか?」「いい感じの人はいないんですか?」「誘われたりしないんですか?」「料理はするんですか?」すべての質問に答え、最後の質問はこう答えた。「料理はしますよ。一人暮らしなので自炊してます。一昨日はハンバーグを作りました。」すると、「食べて [続きを読む]
  • 質問攻めの男
  • こないだ映画を一緒に観に行った男性。田中さんとします。映画観に行った日から、毎日ラインが入るようになった。そして、質問攻め。「一人暮らしですか?」「結婚経験はあるんですか?」「どれくらい彼氏いないんですか?」私も質問返しをする。もう何年も彼女がいないという田中さんに、「彼女ほしいと思ってるんですか?」と質問した。すると、「今は彼女というより、仲良くなれる相手ができたらいいなと思っています。」との返 [続きを読む]
  • 自分で相手を運命の人にしていく
  • 運命の人って、早い段階でこの人だ!ってわかるものだと思ってた。そうじゃない人もいるけど、私の場合は、ビビッとくるものだと思ってた。結婚しようと思ってた元カレとは、2人で会う前から、この人が付き合う相手は私だと思っていたし、2人で初めて会ったときも、この人だ!という確信があった。何度目かに会ったとき、お互いの気持ちを確認しあって、お付き合いが始まり、付き合って半年もしないうちに、お互い結婚する意思が [続きを読む]
  • 声が聞きたかってん
  • ずっとマメに電話があった佐藤さんからの電話がこなくなった。急にこなくなると気になってくる。恋愛において、「押してダメなら引いてみな」ってのがあるけど、これかなり効果ありだと思う。佐藤さんはわざと引いてるわけではないと思うけど、私はまんまとその罠に引っかかっている。罠でもないと思うけど・・・。待てども待てども、電話はかかってこない。どうしようもなく気になったので、思い切ってラインを入れてみた。結局返 [続きを読む]
  • 違う男性とも向き合ってみよう
  • 昨年知り合った男性と映画を観に行った。その男性は、婚活とは違うところで出会った。映画が始まる前に少し話をして、そのとき好きな食べ物を聞かれた。好きな食べ物を言うと、今度一緒に食べに行きましょうと言われたのだ。帰ってからもラインが入って、ぜひご飯食べに行きましょうねと言われた。少しは好意を持ってもらえたのかな。あまり何も考えず、その人とも向き合ってみようと思う。2人で会えたら、その人に興味を持ち、い [続きを読む]
  • 目の前の人と向き合おう
  • 声が聞きたい人。それは佐藤さんだ。昨日は結局、いつもの時間に電話はなかった。こないだ会ったとき、私の言動に悪いところがあったかもしれない・・・なんて思ったり。もう私には興味がなくなったのかもね。私は結局、結婚にこだわりすぎてると思う。結婚するならこんな人。こんな人は嫌だ!なんて、考えすぎている。目の前の人ととにかく楽しめばいい。目の前の人とコミュニケーションを取ればいい。声が聞きたいなら、電話すれ [続きを読む]
  • 結婚ということにこだわりすぎ
  • 最近、たまたま見つけて、読んでいるブログがある。その人は恋愛相談をLINEで受け付けていて、その相談内容と返事をブログで紹介しているのだ。恋愛マスターくじら">恋愛マスターくじらさんという方なのだけど、そのくじらさんの言っていることがすごく納得できるし、いいこと言うなーこの人!と感心するぐらいなのだ。婚活してる人にぜひ読んでもらいたい記事がある。結婚を意識し過ぎる女の落とし穴">結婚を意識し過ぎる女の落と [続きを読む]
  • これって好きなのかな
  • 電話がかかってくるのを待ってる自分がいる。先週は、月曜日と金曜日に電話があった。先々週は、水、金、土曜日に電話があった。その間も、ラインでやり取りしてる。今月、2人で会ったのは2回、数人で会ったのも2回。今月で4回も会ってる。急激に仲良くなったと思う。なのに、相手の気持ちはよくわからない。友人として会ってるのだと、自分もそう思ってた。だけど、連絡がないと気になるのだ。このまま会えなくなるのは寂しい [続きを読む]
  • 彼らはなにかを気づかせるために
  • 「恋愛呼吸」の本の中で加藤先生が話してる内容にすごい納得したことがあった。感謝するのは、都合のいいことだけではダメで、都合の悪いことにも感謝なのだということ。出会う男性や近づいてくる男性は、少なからず自分となにか波長が合った人なのだという。自分が発してる波長と相手の波長が合う。だから引き合うのだ。そのことに気づき、気づかせてくれた相手にも感謝なのだという。嫌な相手に出会ったということは、私に何かを [続きを読む]
  • 潜在意識が邪魔をしていた
  • 昨日記事にした「恋愛呼吸」の本は、今、出会いがなかったり、出会いがあってもうまくいってない人に大切なことが書いてあった。恋愛のきっかけは自分で作ったほうがいいということや、どうやればいいのかということまで。なるほど。そうしてみるのもありかも。なんて思える。顕在意識と潜在意識のことも書いてあった。顕在意識とは、表面意識。潜在意識とは、無意識。顕在意識が占める割合は1割、潜在意識が占める割合は9割だと [続きを読む]
  • 恋愛呼吸を始めてみる
  • 恋愛呼吸 という本に出合った。本屋で見つけ、なんだこれ!と思い手に取った。Amazonのレビューを見てみると、今までモテなかったのに、アプローチされるようになったとか、彼氏ができプロポーズされたとか、効果が現れた人がいたのだ。マーマーマガジンの編集長である服部みれいさんが、呼吸法を開発された加藤先生との出合いから呼吸法を始め、恋愛呼吸をやり、結婚が決まった経緯まで書かれてある。対談形式になっているのでと [続きを読む]
  • 疑うより信じるほうを選んでみよう
  • もう忘れたい出来事。1年と少し前、婚活パーティで出会った人との出来事。その人は最初の嘘つき男だった。そして、昨年末の婚活イベントで出会った藤井さんとの出来事。この人は大嘘つき男だった。婚活パーティで出会った人は、もしかしたら、職業もでたらめだったかもしれないし、プロフィールカードに書いてあった年収もでたらめだったかもしれない。嘘が発覚すると、他のことまで疑ってしまう。良く思われようとして嘘をついた [続きを読む]