マーニ☆ さん プロフィール

  •  
マーニ☆さん: 本物のパートナーに出逢うまでの道のり
ハンドル名マーニ☆ さん
ブログタイトル本物のパートナーに出逢うまでの道のり
ブログURLhttp://manipura.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代独身女。本物のパートナーをみつけて結婚するための活動や感じたことを綴るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/05/07 18:40

マーニ☆ さんのブログ記事

  • 過去のことは過去のこと
  • 秋山君とは、週に1・2回会っている。その会うことについて、不安なことが私にはあった。坂本君のときも、山口君のときも増田君のときも、「今度いつ会える?」と私が聞いてたように思う。いつ会えるのだろう?次は会えるのだろうか?そういうことを考えなくてはいけないのが、なんだか寂しかった。20代30代の頃は、お互いが休みの日は会うのが当たり前で、いつ会えるのだろうとか、次会えるのかなとかそういうことに不安を感 [続きを読む]
  • どうしても消えない不安
  • 秋山君とお付き合いが始まって、3週間がたった。週1・2回は会っているし、毎日ラインのやり取りもしている。会っているときは楽しい。居心地もいいし、仲良く付き合えていると思う。だけど、1人になると不安になったり、余計なことをいろいろ考えてしまうのだ。なんでこんなに余計なことを考えるようになってしまったのだろう?40代に入る前は、そこまで余計なことは考えていなかったし、付き合い始めなんてラブラブでしかな [続きを読む]
  • 恐怖と不安と考えすぎ
  • 誰とも付き合っていないときは、冷静に考えられる。だけど、付き合いが始まると冷静でいられなくなる。結婚したいし彼氏もほしいと思っていたのに、付き合うことが恐怖だ。また冷静でいられなくなるのが怖い。1年半の間に3人も彼氏ができたのに、あっという間に別れてしまった。そんな自分がイヤになってしまう。うまくいかなければ別れる。それでいいんやでと周りの友人たちは言ってくれる。この年齢で、彼氏ができたこと自体が [続きを読む]
  • 自らうまくいかない方向へ
  • 山口君のあとに付き合い始めたのが、増田君だ。増田君は自分でマメだと言っていた。だけど私が思っているマメとは違ってた。朝ラインをしても、返事がくるのは22時過ぎてから。そういうことが多くなった。返事がないときも増え始めた。忙しい人なのだから仕方がない。そう思いながらも、不満が大きくなった。周りの友人たちは、他に女がいるんじゃない?と言った。私はそんなことないと思ってた。だけど、マメだと言ってたのにな [続きを読む]
  • 付き合い方の違い
  • 私は毎日マメに連絡を取り合いたい人だ。そして週末は必ず会いたい。週1・2回は会いたいのだ。20代30代の頃は、週2・3回は会っていた。お互い、会いたいと思う頻度が同じだったのだ。40代になり、全然彼氏ができなくて、すんごい久しぶりに出来た彼氏が坂本君だった。付き合い方ってどんなだっけ?と思うぐらい、どうすればいいかわからなかった。坂本君と別れ、山口君と付き合ったけど、山口君とは今までの付き合い方と [続きを読む]
  • 続かない原因の一つ
  • 人によって付き合い方が様々だ。毎日連絡を取りたいと思う人もいれば、毎日は面倒くさい、しんどいと思う人もいる。毎週末会うのが当たり前だと思う人もいれば、自分の時間や友人たちとの時間を持ちたいから、毎週会うのは無理だと思う人もいる。坂本君と付き合ってたとき、私はしんどいと思うことがあった。坂本君は毎日ラインをくれる人だった。それに加えて、声が聞きたいからと週に1・2回電話をしてきてくれた。最初は声が聞 [続きを読む]
  • 妥協じゃなく・・・
  • 実家に帰ったとき母親に言われた。「今度の彼氏は続きそうか?」 と。「まだわからん。」 と私は言う。安心感が出てきたものの、不安やモヤモヤが消えたわけではなかった。秋山君と付き合うときに言われたことがある。「すぐ結婚は考えられへんと思う。」それは家の事情があったからで、仕方ないと思っていたし、誰と付き合ったとしても、すぐ結婚できるかなんてわからない。そのときはそう思ってた。山口君とだって、増田君とだっ [続きを読む]
  • 今年の始まりは
  • 2019年が始まりました。今年はどんな年になるのやら。本年もどうぞよろしくお願いいたします。お正月を彼氏と過ごすというのは、何年ぶりなんだろう。毎年年末から実家に帰って、のんびり過ごすのが定番だったので、元旦に彼氏とお出かけなんて、数年ぶりぐらいだ。秋山君とのデートはいつも新鮮で、私の予想を裏切ってくれる。関西の定番の初詣というのは、やはり京都。京都はもういいかなーと思ったときには、奈良に行く。私 [続きを読む]
  • 今年1年のたくさんの出会いに感謝
  • 今年も、マーニのブログ、『本物のパートナーに出逢うまでの道のり』を応援してくださりありがとうございました。読んでくださった読者の皆様、本当にありがとうございました。今年はいつも以上に、いろんなことがあった1年でした。楽しいこと悔しいこと、悲しいこと辛いこと、最後には嬉しいこと、いろんなことを経験した1年でした。たくさんの変わった男性にも出会いました。しんどかったーーー。今年入ってすぐの頃、今年彼氏 [続きを読む]
  • 少しずつ愛を育てていけばいい
  • 付き合ってみないとわからないこともある。お付き合いを始めようとすることは大事なこと。付き合ってみてダメだったら、別れたらいいやん。マーニちゃんはいつも考えすぎ!!そう友人たちは言う。周りの友人たちは、お付き合いを始めて何ヶ月かすると結婚が決まる人がほとんどだ。私はすぐ結論付けて、すぐ別れを選ぶ。増田君と付き合い始めたとき、この人と出会えてよかった!と強く思ってた。好きだ!と強く思っていたし、今度こ [続きを読む]
  • 不安と恐怖が押し寄せる
  • 秋山君とお付き合いすることに決めた私。OKしたあとすぐ、不安と恐怖が押し寄せてきた。ほんとにお付き合いをOKしてよかったのだろうか?と思い始めたのだ。もう少し様子を見てからでもよかったんじゃないだろうか。告白されたことに舞い上がってしまった自分を情けなく思った。秋山君はマメじゃないと言っていたのだ。私はマメな人がいいと言っていたので、マメじゃなくてごめんねと秋山君は言った。山口君や増田君がマメじゃ [続きを読む]
  • クリスマスイブの奇跡
  • クリスマスイブのお昼、私は植田さんにランチをブッチされた。ボーゼンと立ち尽くし、自分のバカさ加減に腹が立ち、植田さんの行動に驚き、私はどうしていいかわからなかった。1人でランチする気にもならず、どこかに行く気にもならず、私は家に帰ることにした。わざわざ電車に乗ってここまで来たのに。なにやってるんだろ。近所の美味しいパン屋さんでサンドウィッチを買い、コンビニでカフェラテを買い、部屋で1人孤独にお昼ご [続きを読む]
  • クリスマスイブの悲劇
  • 5人目の男性、植田さんとランチに行く約束をした。秋山君は結婚願望がなかった。パートナーはほしいみたいだけど、籍を入れることにこだわっていないようで、そのことが私は気になっていた。植田さんは、できるだけ早く結婚したいと飲み会の席で言っていたのだ。もう少し、じっくり話をしたいと思ってた。秋山君のことが気になりつつも、自分の気持ちがハッキリしなかったので、植田さんと話をして、自分がどう思うかハッキリした [続きを読む]
  • 期待した告白は・・・
  • この日は、会うのは3度目。友人や職場の人たちから、この日告白してくるんじゃないかと言われていた。クリスマスイブの一日前。イブイブに会うのだから、絶対告白してくるよ!と友人は言った。そう言われると、やはり期待してしまう。昨年付き合った坂本君からは、2度目に会ったときに付き合ってほしいと言われた。今年付き合った増田君からは、3度目に会ったときに付き合ってほしいと言われた。付き合う気があるのなら、この日 [続きを読む]
  • 会いたい気持ちと不安な気持ち
  • 2度目は朝から丸一日デートした。私はすごく楽しくて、また会いたいと思ってた。秋山君はどう思ってるんだろう?まったく気持ちが読めない。好意があるような言葉もないし、手を繋いだだけでなにもない。手を繋いだということは、それが好意のある証と思っていいのだろうか。今まで期待を裏切られたことが多すぎて、不安や迷いのほうが大きくなる。秋山君もまた会いたいと思ってくれてるのだろうか?マメに連絡くれるわけでもなく [続きを読む]
  • 予想をはるかに超えた楽しさ
  • 秋山君と一度目の食事から一週間後、朝から待ち合わせて出かけることになった。秋山君が行きたいという場所に行くことになったのだ。正直私は、その場所には何度も行っているので、えー!そこ?と心の中で思った。有名な観光スポットなので、あまりにもベタやん!と思ってた。だけど、期待していなかった分、完全にやられてしまった。良い風に。有名な観光スポットなので、10代の頃からいろんな人と観光に来てた場所。だけど秋山 [続きを読む]
  • 新しい恋始まる?
  • 飲み会で一番気になっていた男性、秋山君と食事に行くことになった。待ち合わせの場所に立っていた秋山君を見つけ、私は手を振った。すると、秋山君も手を振り返してくれた。そのしぐさがとても可愛く見え、少しドキッとした。横に並んで歩いても違和感がない。居心地がいいのがすぐわかった。野口さんと食事に行ってから、あまり日にちを空けずに秋山君と食事に行っているのだけど、会う相手によってこんなにも違うものなのだと自 [続きを読む]
  • 急展開がありまして
  • おはようございます。いつも夜に更新する私が、朝から記事をアップさせていただきます。今年もあと2日となってしまいました。婚活が進んでいるものの、ブログの記事が追いつかず、バタバタと記事を更新しております。今年中に順序だてて説明したいため、一気に記事を更新することにしました。なので、今日 明日と一日に何度も記事を更新しますが、時間のあるときにでものんびり読んでくだされば幸いです。ランキングに参加してま [続きを読む]
  • 1人が終わり、もう1人が始まる
  • 野口さんとの食事はドッと疲れるものとなった。親父ギャグと面白くない話。他の女性からしたら面白いのかもしれないけれど、私には合わなかった。食事を終え、カフェに行き、駅に向かい、そこでも面倒くさいことを言われたけど、なんとか笑顔で乗り切った。笑顔で対応してたのが悪かったのか、野口さんは、またマメに連絡してくることとなった。私はもう会う気がなかったので、もう野口さんとは会うことも連絡することもやめますね [続きを読む]
  • さらに面倒くさい男
  • シーンとなるとよけい辛いので、興味はないけれど、私はいろんな質問をしてみた。話をすればするほど、勘弁してくれーと思った。早く帰りたい・・・とばかり考えていた。2時間がたち、お店を出るとカラオケ行きませんか?と言われた。ムリーーーーーー。密室に2人きりなんて。しかも2時間とか言われたら、絶えられない。カラオケはちょっと・・・。カラオケ好きなんですよね!行きましょうよーと言ってくるけれど、今日はやめと [続きを読む]
  • 面倒くさい男
  • 食事に行くことになった親父ギャグの男性、野口さん。会った瞬間、なんか違うな・・・と思った。だけど今日は楽しく飲もう。そう決めていた。最初のほうで、「親父ギャグは大丈夫ですか?」と聞かれた。「うーん。あんまりかもしれないですねー。」「その親父ギャグを面白い!と思える女性だとうまくいきそうですね!」と私は答えた。それから何度か親父ギャグを連発。私は面白い!とは思えなかった。どんどん冷めていく私。そして [続きを読む]
  • 親父ギャグの男
  • 6人目の男性と食事に行く約束をした。ラインはほとんど毎日マメにくれる。山口君や増田君と付き合って、私はマメな人としかムリなのかもしれないと思うようになった。マメに連絡くれるというのは、私にとっては嬉しく好印象だった。見た目はあまりタイプではなかったけど、飲み会では話せなかったし、じっくり話してみたら気が合うかもしれない。一度食事に行ったら、また会いたいと思うかがわかるし、とにかく会ってみようと思っ [続きを読む]
  • たくさんの男性の中から
  • 婚活パーティや婚活イベントでは、カップリングが成立しないと始まらない。企画している場所にもよるのだけど、カップリングが成立した人だけ連絡先が交換できるというところがほとんどだ。連絡先を渡したい場合は、誰にでも渡せるというところもあるけど、もらえる数は少ない。飲み会というのは気軽な場所なのか、ライン交換しましょうと気軽に言ってくる男性が多かった。私は7人の男性とライン交換をした。今までは、交換しても [続きを読む]
  • 性懲りもなく出会いの場に参加
  • 落ち込んでる気持ちも少し復活し、私はまた出会いの場に参加しようと思えるまでになった。懲りない女なのか、諦めの悪い女なのか。私の参加した飲み会は、たくさんの人が集まっていて、こんなに集まるもんなんだ!とかなり驚いた。何度か席替えがあり、何人かの男性と話はできるものの、話せる男性は数人しかいなかった。ほとんどの人が、隣の人とずっと話していることが多く、みんなでワイワイ話すという感じではなかった。私は特 [続きを読む]
  • 婚活してて思うこと
  • 一ヶ月以上前、私は落ち込むばかりで気力もでず、取り残された気持ちになり、ブログの更新さえできなかった。だけど、いつまでも落ち込んでばかりではいられないものだ。私は少し復活し、飲み会にでも参加してみようという気持ちになった。その飲み会にはたくさんの人が集まっていた。婚活してていつも思うことだけど、婚活パーティや婚活イベントには、毎回たくさんの人が参加していて、結婚相手や彼氏彼女を求めている。こんなに [続きを読む]