Around 50 人生はアドベンチャー! さん プロフィール

  •  
Around 50 人生はアドベンチャー!さん: Around 50 人生はアドベンチャー!
ハンドル名Around 50 人生はアドベンチャー! さん
ブログタイトルAround 50 人生はアドベンチャー!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nyannyan1058
サイト紹介文40代半ばにして再婚 妊活のおかげでベビーを授かりました。 ベビー誕生まで・日常・野球・読書など
自由文40代半ばにして再婚
妊活のおかげでベビーを授かりました。
ベビー誕生まで・日常・野球・読書など気まぐれで綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/05/07 18:50

Around 50 人生はアドベンチャー! さんのブログ記事

  • オー!ファーザー
  • (内容)父親が四人いる!?高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件ー。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。大好きな伊坂幸太郎。本当にこの人は小 [続きを読む]
  • ラットマン
  • (内容)結成14年のアマチュアロックバンドのギタリスト・姫川亮は、ある日、練習中のスタジオで不可解な事件に遭遇する。次々に浮かび上がるバンドメンバーの隠された素顔。事件の真相が判明したとき、亮が秘めてきた過去の衝撃的記憶が呼び覚まされる。本当の仲間とは、家族とは、愛とはー。「カラスの親指」で衝撃を受けて以来、追いかけ続けてる道尾秀介作品。読者メーター登録前も含めるとかれこれ10冊目くらいになるはず。ま [続きを読む]
  • インビジブルレイン
  • (内容)姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。暴力団同士の抗争も視野に入れて捜査が進む中、「犯人は柳井健斗」というタレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、というのだ。隠蔽されようとする真実ー。警察組織の壁に玲子はどう立ち向かうのか?シリーズ中もっとも切なく熱い結末。今年になって読み始めてすっかりハマってしまってる姫川玲子シリ [続きを読む]
  • 孤狼の血
  • (内容)昭和六十三年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出 [続きを読む]
  • まほろ駅前狂騒曲
  • (内容)まほろ市は東京都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田と、居候になって丸二年がたつ行天。四歳の女の子「はる」を預かることになった二人は、無農薬野菜を生産販売する謎の団体の沢村、まほろの裏社会を仕切る星、おなじみの岡老人たちにより、前代未聞の大騒動に巻き込まれる!まほろシリーズ完結篇。まほろシリーズ第三弾で完結編。前二作を読んでからちょっと間があいてもうたけど、ちゃんと前作の経過を覚えてたから [続きを読む]
  • 探偵ガリレオ
  • (内容)突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。ガリレオシリーズの第1作目。読んでてなんか既読感があったのは、もしかしてドラマで見たからかな?と思いながら読 [続きを読む]
  • 青の炎
  • (内容)櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に [続きを読む]
  • ゲームセットにはまだ早い
  • (内容)クビを宣告されたプライドばかり高いエース、過去から逃れられない元プロ野球選手、夢と家族の間で葛藤するキャプテン…。ひとりの監督との出会いが、そんな問題だらけの社会人野球チームに奇跡を起こす。元気と勇気が湧いてくる大人のための、読む栄養ドリンク。高校野球シーズンに「雲は沸き、光あふれて」を読んで、すっかりお気に入りになった須賀しのぶ。他の作品も読んでみたくなり本作を読んでみた。設定は新たに立ち [続きを読む]
  • スロウハイツの神様
  • (内容)莉々亜が新たな居住者として加わり、コーキに急接近を始める。少しずつ変わっていく「スロウハイツ」の人間関係。そんな中、あの事件の直後に百二十八通もの手紙で、潰れそうだったコーキを救った一人の少女に注目が集まる。彼女は誰なのか。そして環が受け取った一つの荷物が彼らの時間を動かし始める。辻村深月作品は5作目。今まで読んだ作品がなかなか良かったので、今回も楽しみにしてた。上下巻からなる大作。上巻はい [続きを読む]
  • マスカレード・イブ
  • (内容)ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2 [続きを読む]
  • かばん屋の相続
  • (内容)池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語り、遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに?表題作他五編収録。完読を目指してる池井戸作品。ようやく半分を超えたくらいかな?池井戸作品初の短編集。読みやすくて面白かった [続きを読む]
  • マスカレード・ホテル
  • (内容)都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!?いま幕が開く傑作新シリーズ。間もなく新刊「マスカレード・ナ [続きを読む]
  • 連続殺人鬼 カエル男
  • (内容)口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。怖い。めちゃくちゃ怖い。実際に自分が [続きを読む]
  • AX(アックス)
  • (内容)最強の殺し屋はー恐妻家。「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。『グラスホッパー』『マリアビートル』に連 [続きを読む]
  • 劇場
  • (内容)演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会ったー。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまにもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。又吉直樹の2冊目。以前にも書いたけど、俺は芸術が苦手。美術や音楽の才能は全くないし、興 [続きを読む]
  • 花の鎖
  • (内容)両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガンで入院した梨花。職場結婚したが子供ができず悩む美雪。水彩画の講師をしつつ和菓子屋でバイトする紗月。花の記憶が3人の女性を繋いだ時、見えてくる衝撃の事実。そして彼女たちの人生に影を落とす謎の男「K」の正体とは。驚きのラストが胸を打つ、感動の傑作ミステリ。久しぶりの湊かなえ作品。雪、花、月と3つの話が絡み合いながら話が進む。それぞれの話で少しずつ共通項があ [続きを読む]
  • シンメトリー
  • (内容)百人を超える死者を出した列車事故。原因は、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。危険運転致死傷罪はまだなく、運転していた男の刑期はたったの五年。目の前で死んでいった顔見知りの女子高生、失った自分の右腕。元駅員は復讐を心に誓うが…(表題作)。ほか、警視庁捜査一課刑事・姫川玲子の魅力が横溢する七編を収録。警察小説No.1ヒットシリーズ第三弾。姫川玲子シリーズの第3弾。初めての短編集ということで、ど [続きを読む]
  • シャイロックの子供たち
  • (内容)ある町の銀行の支店で起こった、現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪…!?“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上らない成績…事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮すことの幸福と困難さに迫った傑作群像劇。今、一番好きな作家 池井戸潤。最近の作品は読んだので、少しずつ遡って読んでいってる。第1話から読み進めていって、珍し [続きを読む]
  • 夏は終わらない 雲は湧き、光あふれて
  • (内容)弱小野球部の三ツ木高校は、エース月谷と主将笛吹のもとで確実に実力をつけていった。急成長を遂げるチームの中、捕手の鈴江は月谷の投球に追いつけず苦しむ。 一方、ライバル東明学園の木暮も、思わぬ乱調でエースナンバーを剥奪される危機に。 それぞれが悩みと熱い想いを胸に秘め、最後の甲子園へ向けて走り出す!! 感動の高校野球小説、クライマックス!高校野球シーズンにぴったりの小説。3日続けて完読。前作に続いて三 [続きを読む]
  • エースナンバー 雲は湧き、光あふれて
  • (内容)県立三ッ木高校に赴任した若杉は、野球部の監督を任せられることに。初戦敗退常連チームに、野球経験のない素人監督。だが今年の選手たちは、二年生エース月谷を中心に「勝ちたい」という想いを秘めていた。やがて迎えた夏の甲子園地区予選。初戦の相手は名門東明学園。弱小チームと青年監督の挑戦が始まる…!!少年たちの熱い夏を描いた涙と感動の高校野球小説集。今日も熱戦が繰り広げられている夏の高校野球。昨日の引き [続きを読む]
  • 雲は湧き、光あふれて
  • (内容)超高校級スラッガーの益岡が最後の甲子園を前に腰を故障した。監督は益岡を代打で起用し、さらに補欠の俺を益岡専用の代走としてベンチ入りさせると言うのだ。そんな理由で数少ない選手枠を奪っていいのか?益岡との関係もギクシャクする中、ついに地方大会が始まって…。友情、嫉妬、ライバル心、そして一体感。少年たちの熱い夏を描いた涙と感動の高校野球小説集。 熱戦が続く聖地甲子園。今日はベスト8の残り4枠をかけた [続きを読む]
  • シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン(2)
  • (内容)東京、下町の老舗古本屋「東京バンドワゴン」。営む堀田家は今は珍しき8人の大家族。伝説ロッカー我南人60歳を筆頭にひと癖もふた癖もある堀田家の面々は、ご近所さんとともに、またまた、なぞの事件に巻き込まれる。赤ちゃん置き去り騒動、自分で売った本を1冊ずつ買い戻すおじさん、幽霊を見る小学生などなど…。さて、今回も「万事解決」となるか?ホームドラマ小説の決定版、第2弾。「東京バンドワゴン」シリーズ第 [続きを読む]
  • 沖縄を変えた男 栽弘義ーー高校野球に捧げた生涯
  • (内容)1990、91年と沖縄水産高校を甲子園準優勝へと導いた名将・栽弘義監督。常識を覆す独自の練習法と、暴力さえ厭わない苛烈な指導で、沖縄野球を全国レベルに押し上げた。大酒飲みで女好き、公私ともに豪放磊落な栽には敵も多かった。それでも、沖縄人の誇りとアイデンティティーを失わないために、生涯を野球に捧げた。成功の裏に隠された命を削るほどの重圧と孤独に迫る傑作ノンフィクション。1980年代、90年代の高校野 [続きを読む]
  • 聖地なう-4
  • ゴジラを生んだ石川県の日本航空石川と宿敵浦和学院を倒して来た花咲徳栄との第3試合。花咲徳栄 9-3 日本航空石川晴れたり曇ったりの甲子園。晴れると日差しがキツく肌にダメージを受けてしまうほど。点差はあいたけど、日本航空石川は初回の5失点が悔やまれる。四死球と守備の乱れでリズムに乗れないうちの大量失点。その後、落ち着いた展開になっただけに残念。日本航空石川も終盤の粘りは素晴らしかった。朝から3試合観戦してお [続きを読む]
  • 聖地なう-3
  • 曇り予報がまさかの晴れにさすがに暑くなって来た。初出場初優勝以来、甲子園の常連校になりつつある前橋育英と同じく優勝経験のある名門明徳義塾の戦いとなった第2試合。前橋育英 3-1 明徳義塾前橋育英の先発 皆川くんがナイスピッチング!明徳打線をキッチリ抑える。明徳も最終回に意地の反撃で1点を返すも時既に遅し…第2試合も点差より前橋育英の強さが際立った試合やった。今日はあと1試合観戦予定。第3試合もいい試合になっ [続きを読む]