orange12 さん プロフィール

  •  
orange12さん: 清水エスパルスを分析してサポートするブログ
ハンドル名orange12 さん
ブログタイトル清水エスパルスを分析してサポートするブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/s-pulse-support/
サイト紹介文清水エスパルスを良くするために、前向きに、客観的に分析していくブログです
自由文ブログの文章は一人で書いていますが、意見や経験は1人ではなく複数人の仲間のものです。サッカー経験のある人から、ない人までいますが、ほとんどが、応援歴20年以上の仲間となります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/05/08 11:19

orange12 さんのブログ記事

  • 敗因はいくつ?
  • 今日の敗因は極めてシンプルな個人的要因だったと思う。 それは、エスパルスの両サイドバックのプレーが極めて悪かったことだ。 前半は、立田選手が浦和のサイドの選手との距離が遠すぎて、綺麗なクロスをあげあげられてしまった。 興梠選手一人しかいなかったが、入り込むのが非常に上手かった。 そして2点目は左サイドで1対1で浦和の選手(確かユースから入ったばかりの選手)に松原選手が簡単に突破されて綺麗なクロスが入 [続きを読む]
  • ユニットはどこへ
  • 一定のエリアで連携した守備をするにあたっての相互の距離感やボールの動かし方の共通意識が消えてしまったようだった。 また、白崎選手がトップの位置では、J1では生きないことは散々見てきている。 白崎選手のベストポジションは、石毛選手と同じ左MFであり、そこであれば活躍は期待できる(もっとも、石毛選手が調子が良いので、ポジションを奪うのは相当大変だろう。)。 次節の2トップのスタメンは、今回途中出場だった [続きを読む]
  • 硬いゲームとアウェイの洗礼
  • 硬いゲームだった。 例えて言うと開幕戦のような戦いだった。 両チームとも「絶対に負けたくない」という強い気持ちと硬さがあったため、守備の場面での集中力は高いものの、攻撃でのアイデアを共有しにくかったように見えた。 エスパルスは安全にクリスラン選手に入れるロングボールが多かったし、ジュビロは川又選手を狙ったロングボールが多かった。 名波監督は「90分通して我々のゲーム」と言い切っていたが、明らかに前半 [続きを読む]
  • 残念だったが
  • 敗戦は残念だったが、エスパルスがやりたいサッカーの方向性は見えた。 横浜FMは、予想通りDFを浅くコンパクトにして、GKがその背後をケアするという特殊なサッカーをしてきた。 ヨンソン監督もその対策はしていたようで、エスパルスの試合の入りは良かった。 コンパクトなエリアの中で連携してボール奪取のための動きをしていたので、一時横浜FMも本来のサッカーを出せないでいた。 前半11分の失点は、扇原選手からの [続きを読む]
  • リベンジ
  • リベンジ。2017年10月14日、J1リーグ第29節。あの日の退場と悔恨の想いを忘れていないはずの選手たちがいる。まず松原選手。君は忘れてはいないだろう。君にとって雪辱を晴らせる唯一の舞台がやっと巡ってきた。プロサッカー選手にとってのリベンジは、フィールドでの正当なプレーでしか行うことはできない。そしてダービーにおいて、挑発する選手や相手チームを最も悔しがらせる唯一の方法。それは、君がエスパルスの [続きを読む]
  • ホーム内容至上主義
  • 今日はゲームの入りがとても良かった。 きっちりと、前戦からは北川選手・クリスラン選手がボールを追い、金子選手・河井選手・竹内選手は、抜群のポジション取りでゲームを支え、4バックとの連携もきっちりとできていた。 強いて言えば、デューク選手が攻守に噛み合わない場面でカウンターが怖かった程度だった。 だから、ボクも「いずれ、得点は入るだろう」と落ち着いて見ていられた。 そこへ、金子選手のスーパーミドル! ホ [続きを読む]
  • ユニット外し
  • 甲府の戦術にハマってしまった面もあったが、今後の参考にもなる敗戦だった。今日の甲府のように攻撃の時にワイドに広がり、ボールサイドに一定数のエスパルスの選手が寄ったのを見てボールを散らす。つまりエスパルスの攻守のユニットを意図的に外す戦略だった。ただ、ユニットと言っても、基本的な約束ごとを一定のエリアの選手が共通するというものなので、外されるリスクがあることは承知の上だ。結局は、ユニットでボールを [続きを読む]
  • 素晴らしい逆転劇
  • 前半の失点の仕方は、まさに相手の狙い通りだった。札幌の兵藤選手からエスパルスの左サイドに大きく振られて、駒井選手のクロスにジェイ選手のヘッド。ユニットで攻守の連携を取るエスパルス対策として、ユニットが整っていない逆サイドに振って、さらに折り返せば、連携が崩れやすい。ミシャ監督が事前に練った戦術が当たったことは確かだ。しかし、ボクはため息はついたものの、全く落ち込みも慌てもしなかった。理由は二つあ [続きを読む]
  • 相手あってこそ
  • 19時10分アイスタ着。 今日の目的は3つあった。 テセ選手の得点を見る。 ?橋大悟選手の将来性を確認する。 そして、ダービーでの勝利を見る。 こんな水曜日に無理して観戦に行くのは相手がジュビロだからだ。 また、ヨンソン監督のサッカーが一定の決まり事があることから、メンバーが代わっても戦えるのではないかという期待もあった。 ボクの期待は全てかなえられた。 こんなことは珍しい。 テセ選手が90分間スライドと [続きを読む]
  • 相手のミス?
  • エスパルスの選手達は、今日もワクワクするプレーを見せてくれた。 神戸には昨シーズンのラストゲームでも勝利したが、その時は神戸の順位が中位でモチベーションが弱かったこともあった。 今日は、神戸の選手たちも十分なモチベーションを持っていた中で、追いつかれて、突き放した。 神戸の吉田監督がインタヴューで、「ウチのミスで自滅した」と評していた。 開幕の鹿島戦のときにも、大岩監督が同趣旨のことを言っていたよう [続きを読む]
  • ヨンソンサッカー
  • 0−0とは思えないようなエキサイティングなゲームだった。 PKは惜しかったが、全体的にエスパルスの選手たちは良いプレーをしていた。 昨年とは違うチームになったような良さが出たのは、ポジショニングの良さと判断の早さが原因だろう。 ボールにチャレンジする選手と周囲の選手たちが、セカンドボールを拾えるような良いポジショニングをとっていた。 そして、ボールを受けてから、次のプレーへの判断が昨年とは比較になら [続きを読む]
  • 開幕前夜
  • ごぶさたしていました。 なかなかブログを書く時間が無い中、開幕戦観戦のために時間を蓄えていました。 今シーズンもよろしくお願いします。 もちろん、明日の13時はアイスタへ! チケット完売ということで、あとは転売やスポンサーのチケットが余らなければ、何年かぶりの約2万人のスタジアムになるかもしれない。 とはいえ、相手は鹿島。 難しい試合になるのは間違い無い。 TVなどで2015年の開幕戦の同カードでエスパル [続きを読む]
  • 経営など雑感
  • この時期、練習は始まったものの、移籍情報は終わり、話題となるような練習試合もない。 強いて言えば、U23アジア選手権の立田選手の活躍情報を楽しみにしていたのだが、ミスだけが報じられているようだ。 どこかの動画で1試合の一部だけ観た感想だけれど、森保監督がやらせようとしているサッカーは、個々の選手の判断力を大きく求めるもののように見える。 3バックだけみても、あれだけDF3人が開いて守っていたら、相手 [続きを読む]
  • 市川大祐選手引退試合
  • 今日、アイスタで開催されたイチの引退試合を観てきた。 選手の引退試合を観るのはノボリの時以来だ。 集まってくれ元選手たちは、エスパルスOBも元日本代表も素晴らしいメンバーだった。 こちらがエスパルス・オールスターズ メンバーは次のとおり。 《S-PULSE ALL STARS》オズワルド アルディレス(監督)長谷川 健太堀池 巧大榎 克己澤登 正朗永井 秀樹齊藤 俊秀伊東 輝悦森岡 隆三久保山 由清安永 聡太郎戸田 和幸三都主 ア [続きを読む]
  • 更改と復帰
  • やっと、嬉しい契約更改の発表が昨日始まった。 まだいくつか補強は必要だが、その前提として現有戦力の維持と成長がなければならない。 もちろんシーズン通して試合に絡めない中堅以上の選手の移籍や契約満了はやむを得ない。 だが、「簡単に所属選手を入れ替えるチーム」と評価されることの怖さは、ある程度長いファンなら身をもって体験しているはずだ。 更改してくれた選手たちに感謝するとともに、来季の活躍を応援していき [続きを読む]
  • 「プロ」サッカー選手
  • この時期になると契約更改について様々な情報が流される。 最近では、犬飼選手が鹿島と名古屋からオファーを受けて、エスパルスが全力で慰留しているとのニュースも流れている。 客観的に見れば、鹿島で昌子選手と植田選手とポジションを争うのはエスパルスでポジションを取るより遙かに厳しいしJ1復帰ファーストイヤーの名古屋の戦いの厳しさは、今年のエスパルスで思い知っていると思う。 移籍はないと思うが、代理人が年俸つ [続きを読む]
  • ヤン・ヨンソン監督就任か
  • 今朝の静岡新聞の1面に「新監督としてヤン・ヨンソン監督が有力」と掲載されていた。 以前も書いたが、株主であり、役員を送り込んでおりかつ大スポンサーである静岡新聞(SBSグループ)に、エスパルスがガセネタをつかませるわけはない。 ということで、「有力」ではなく「確定」と見て良いだろう。 ヨンソン選手の記憶はあるが、監督としての記憶は多くの方と同じ今シーズンのものしかない。 もっとも、今シーズンに残 [続きを読む]
  • 小林監督の解任
  • 監督の解任の是非については、賛成派と反対派とどちらとも言えない派が、同じくらいいそうだ。 どの意見もあり得るし、どれも間違っているとは言い切れないシーズンだった。 ひとまず、ボクの勝手な主観を言わせてもらいたい。 個人的には、エスパルス創設からの歴史の中で、消滅危機の時に次ぐ苦しい時期を一緒に乗り切った戦友を失ったような寂しさを感じる。 1年でJ2からJ1に昇格させてもらった恩は、オジーやペリマンと [続きを読む]
  • 地力と自力で
  • 「新潟戦の良いところを残して、ゲームの締め方を修正した」というまさに狙い通りの勝利だった。 1失点目は不用意なパスミスからのカウンターだったものの、渡邉選手のシュートコースは4人くらいのエスパルスの選手がふさいでいた。 その中で、角田選手の足に当たってゴールマウスギリギリのコースに飛んでしまったので、やむを得ないと思って見ていた。 むしろエスパルスの選手たちの硬さが取れて攻撃的になってくれると信じて [続きを読む]
  • 全ては自力で
  • 今日の敗戦をどう評価するか?は、北川選手と鎌田選手との交代を、どう評価するかにかかっている。 エスパルスが2点先制した前半はまさにゲームプラン通りだった。 正直、新潟は前節までのような迫力はなく、スペースも時間もくれたので、選手たちは比較的自由にボールを持てた。 あれだけの余裕があれば、ボランチも前を向けるし、それに対して調子の良い北川選手、金子選手が得点を演出するのは自然な流れだった。 得点を取っ [続きを読む]
  • 新潟戦予想
  • 新潟戦のスタメンとベンチの予想をしてみた【スタメン】 テセ 北川 金子 デューク 竹内 増田松原 二見 犬飼 清水 六反【ベンチ】西部河井 杉山鎌田 フレイレチアゴ 長谷川本当は、デューク選手の所に長谷川選手を入れた方がゲームを作れると思うのだが、小林監督のやり方ではデューク選手と見る。ボクがそう予想するということは、新潟もデューク選手の [続きを読む]
  • 寒い試合
  • 準備してきたことや、試合中の修正がよく分からなかった。 ジェイ選手と兵藤選手にマンツーマンで1人ずつつけるだけで大分展開は変わったと思うのだが。 ここをみていただいているエスパルスファンの方と多分ボクの感覚は一致していると思う。 開幕からの長期的な成長も、1試合限定の対症療法でのスカウティングも見えない。 何試合かごとに、何節か前に戻ったかのような同じ失敗を(特にホームで)繰り返している。 そして、毎 [続きを読む]
  • メンタルと精神論
  • Jリーグが始まる前のJSLの頃、静岡県のチームということで、今では信じられないが、ヤマハとホンダを応援していた。 大榎選手や青島選手もいたので、裏切り者とまでは呼ばないで欲しいけれど・・・ 交通の便がヤマハスタジアムの方が良いので、年に数回はヤマハの試合を観にいっていた。 スタンドはいつもガラガラで、観客の数を数えられる程度だったと思う。 その頃はTV放送もあまりなかったけれど、サッカーでも戦術論は、マン [続きを読む]
  • ひとつのスタイル
  • 結果は引き分けだが、仙台戦とは違った。 仙台戦は運良く引き分けだったが、今日の試合は内容も結果もイーブンだったと言える。 ピンチで言えば、ゴールポストに当たった永井選手のシュートもあった。 しかし、永井選手がシュートを撃つ時に、ファーサイドには二見選手がスライディングでコースを消しており、ニアサイドは六反選手が足を出して牽制していた。 そのため、ニアサイドのギリギリのコースに撃たざるを得なくてポスト [続きを読む]
  • FC東京戦スタメンは?
  • 次節FC東京戦は、アウェイだが何としてでも勝点が必要だ。仙台戦を観る限りではなく、守備中心で行きつつ、もう少しボールを持てるように修正してくれるだろう。とすると、スタメンの要はボランチだ。2人同時に変えるのはリスクが高いことを考えると竹内選手の相棒を誰にすべきか?河井選手と増田選手の二択になるのだが、その選択が難しい。最近、ボランチとして試合経験をしている増田選手を重視するのか?昨シーズンに竹内選 [続きを読む]