ギタースター さん プロフィール

  •  
ギタースターさん: GUITARSTER
ハンドル名ギタースター さん
ブログタイトルGUITARSTER
ブログURLhttps://guitarster.net/
サイト紹介文ギタリストによるギタリストのためのサイト ギタースター
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/08 17:10

ギタースター さんのブログ記事

  • 変形ギターX-STROYERの製作 その4 ボディの作成など
  • カーリー・メイプル ボディトップ材の左右(上下?)を接着今週は金曜日を有休にしたので思う存分作業ができます!まずは、ebayから送料込み$119でゲットした約6mm厚カーリーメイプル トップ・ボードの接着から。元々ストラト用のガイドラインが鉛筆で書かれてますが・・・X-STROYERのシェイプに合わせブックマッチをズラして接着します。指板インレイのサンディングメイプルのトップ板を接着している間、先週エポキシで接着したイ [続きを読む]
  • 変形ギターX-STROYERの製作 その3 指板作成(再)
  • エボニーで指板を作り直しとりあえず、スルーネックを加工した端材でコンコルド・ヘッドの両側不足部分用の耳を接着します。で、指板です。先週作業したジリコテ指板が、どうも茶色い感じがX-STROYERのメタルな雰囲気に合わない気がして、別の材を唐木のダイキンさんより取り寄せました。上から、作成済ジリコテインド黒檀現地挽 7×60/70×530 3,780円インド黒檀現地挽 8×60/70×530 3,780円パープルハート 9×70×530 1,2 [続きを読む]
  • 変形ギターX-STROYERの製作 その2 指板作成・スルーネック加工
  • 指板ポジション インレイ先週製作したジリコテ指板にヤフオクでゲットしたIBANEZ風インレイを埋め込みます。アバロンがセンターにあしらわれたヤツです。実寸を図ってミニルーターや彫刻刀で穴を掘ります。穴の絶壁を垂直にするのが面倒です。数時間かかってます。硬いと思っていたジリコテですが、それでもエボニー指板よりは加工しやすいかも。穴ができたので試しにはめ込んでみたところ。21F用インレイは無かったので、パーロ [続きを読む]
  • 変形ギターX-STROYERの製作 その1
  • X-STROYERを作ってみよう!DEF LEPPARDのフィル・コリンは彼がGIRLに在籍していた頃から好きなギタリスト。そんなフィル・コリンがDEF LEPPARD加入当初良く使用していたのがIBANEZのデストロイヤー。大成功を収めるきっかけとなった幾つかのMVにも登場するからか、フィル自身も思い入れの深いモデルのようです。ただ、最近はジャクソンとエンドースしていることもあり、まんまIBANEZのデストロイヤーを使えない為か、ジャクソンが [続きを読む]
  • バックアイバール 自作7弦ギター その13 完成編!
  • 研磨作業2液ウレタンのクリア塗布後中3日ですが、カラッとした晴天が続いたためか程よく乾燥しているようです。ホントはもう一回クリアを重ねようとも思っていたんですが、ゴールデンウィーク中に完成させたくて研磨に突入することにしました。水研ぎペーパー#1000→#1200と進めたんですが、近所のホームセンターで#2000が何故か売っていなかったので、それ以降はコンパウンド細→中細→極細→液体と進め、最後は甘い匂いのするPRO [続きを読む]
  • バックアイバール 自作7弦ギター その8 フレット打ちその他
  • 修復作業等指板にバインディングを接着しネック幅が確定したところで、バインディング部分を基準にトリマーでネックを削りましたが、一部トリマーが暴れてバインディングを損傷しておりました。トリマーのビットが緩んでベアリング部分が移動しベアリングが基準となるバインディングとズレてしまったようです。メイプルを削るときに弾かれてガガッとなったのがビットが緩んだ原因です。で、ウィークデーの夜、損傷部を整地して上か [続きを読む]
  • バックアイバール 自作7弦ギター その4 ボディ接着ほか諸々作業
  • 指板ポジション・マークの接着金曜日は私用で休みを取りました。さっさと用事を済ませ、作業を再開!白い色鉛筆でポジション・マークの型を取り、トリマーで指板にイナズマ型ポジション・マークを埋めるための穴を開けます。で、30分硬化型のエポキシにエボニー粉を混ぜて、前回作成した約2mm厚パーロイドのポジション・マークを埋めていきます。トラスロッド用溝堀りロッドは今回もギターワークスさんのダブルトラスロッドです。 [続きを読む]
  • バックアイバール 自作7弦ギター その2 スルーネック材加工
  • ヘッド面とネック材全体のカットそれではいつも通り、スルーネック材の加工から。まずは、ヘッド面。14度の角度でカット。そしてスルーネック全体部分は再利用できるように1本線でカットします。ボディ側の厚さを40mm残すために底面から25mmのところからカットしています。ボディ・トップはバックアイバールを貼るので、指板エンドあたりまでを5mmほどカットします。ヘッド面の耳貼り付け今のところ手元にある材料がこのスルーネッ [続きを読む]
  • バックアイバール 自作7弦ギター その1
  • 7弦ギター製作にチャレンジ!自作ギターが4本となりました。弾いたり調整したりと日々楽しんでおります。また何か作りたいなーと思いつつ、普通のエレキなら現在のラインナップで充分満足しておりまして、どうするかと思案しておりましたところ、5本目のギターは7弦にしようとの結論に至りました。理由は、弾くことと作ることの両方においてチャレンジができるからです。多弦ギターによる重低音はもはや一般化してきましたし、興味 [続きを読む]
  • 零号機アイスマン ボディ・トップ張り替え改造その6
  • 仕上げ研磨2液ウレタンのクリア塗布から1週間後。仕上げの研磨です。水研ぎ#1200→#1500→コンパウンド細→中細→極細→液体コンパウンドと進めます。パーツ組み込みやら・・・で完成!そして、パーツ類、ピックアップ等の電装関係をセットし、弦を張って完成!ピックアップは以前のエスカッション・マウント方式からボディ直付け方式に変更。シャム柿(ジリコテ)の迷彩模様のような派手な模様を活かしつつ、より精悍なルックスに [続きを読む]
  • 零号機アイスマン ボディ・トップ張り替え改造その5
  • バックのブラック塗装新年1月4日から始動!まずは、バックのブラックから。スプレーはいつもの2液ウレタン。途中でポツポツと小雨が降ってきやがったので、ササッと塗布して引き上げました。全体のクリア塗装初出勤の金曜と休みの土曜は乾燥させ、中3日経った日曜日。マスキングしてあったトップを最終調整。さらにブラックを塗布した部分の境目の段差調整も行い、改めて指板をマスキング。若干ズレていた1弦側のアンカーは1月3日 [続きを読む]
  • 零号機アイスマン ボディ・トップ張り替え改造その4
  • 音出しテストサウンドハウスよりFLOYDROSE用アンカーとスタッドが2セット届きました。テストをしてみようと思います。アンカーを打ち込みました。1弦側のアンカーが1mm弱ほどヘッド寄りになっています。。ブリッジやピックアップをセットして、弦も張ってみました。やはり、ブリッジがやや傾いてます。ピックアップはEMG81をリアのみアウトプット直結で鳴らしてみました。ボディ・トップをシャム柿に張り替えたことで、以前よりも [続きを読む]
  • 零号機アイスマン ボディ・トップ張り替え改造その3
  • ボディ・トップの加工ユニットの可動域に若干不安があったので、リセス加工の深さを9mmくらいにしました。全体のちょっとしたベベルド加工も進めてます。シャム柿(ジリコテ)は非常に硬いです。ネックヒールの部分も思い切ってカットしました。コントロール・キャビティのフタを作り直します。ハマりました。拡大。ボディ・バックにステインを試してみます塗装の残った部分をサンディングで削ります。で、またもやポアー・ステイ [続きを読む]
  • 零号機アイスマン ボディ・トップ張り替え改造その2
  • シャム柿トップ板の接着先週アンカー穴を塞いだメイプル丸棒をカットし、全体的に均したボディ。さらに、ピックアップ穴を結ぶトンネルになる溝の部分を広げておきます。タイトボンドをたっぷり塗って広げます。シャム柿のトップ板を乗せてクランプ。次の日、トップ板が接着できました。ピックアップ・キャビティやブリッジのアンカー穴の位置を製図します。垂直ドリルスタンドを使用します。約5mmのリセス加工を施すので、スタッ [続きを読む]
  • 自作ギター参号機 黒柿エレキング
  • シャム柿トップ板の接着先週アンカー穴を塞いだメイプル丸棒をカットし、全体的に均したボディ。さらに、ピックアップ穴を結ぶトンネルになる溝の部分を広げておきます。タイトボンドをたっぷり塗って広げます。シャム柿のトップ板を乗せてクランプ。次の日、トップ板が接着できました。ピックアップ・キャビティやブリッジのアンカー穴の位置を製図します。垂直ドリルスタンドを使用します。約5mmのリセス加工を施すので、スタッ [続きを読む]
  • 零号機アイスマン ボディ・トップ張り替え改造その1
  • 零号機アイスマンにシャム柿トップ板を張る!2017年初頭に完成した初めての自作ギター 零号機アイスマン。ラッカー・フィニッシュがピッキング時の指先擦れではがれています。その他、・FLOYDROSEの効きが悪い・倍音が少ない・ボディの角(右ひじの辺り)が痛いなど、諸々の問題が出てきました。そこで、このシャム柿(ジリコテ)13mm厚板をトップに張りつつ、これらの問題を解決したいと思います。ヤフオクで入手(4,800 円)した [続きを読む]
  • 自作ギター 参号機 黒柿エレキング その12 仕上げ研磨〜アセンンブル
  • キャビティ内に導電塗料を塗布木曜日に塗布したウレタンはまだ硬化中ですが、明日の日曜日には仕上げの研磨ができそうです。なので、今のうちにキャビティ内に導電塗料を塗布します。ピックアップのキャビティは導電塗料がタレないようにマスキングして。水性なのでタレてもすぐに拭き取れば大丈夫だと思いますが。ダイソーで購入したハケで塗布します。都合2回塗布しています。フレット処理フレットのエッジや頂点も研磨しておき [続きを読む]