月 さん プロフィール

  •  
月さん: 今日は旅日和
ハンドル名月 さん
ブログタイトル今日は旅日和
ブログURLhttp://tabibiyorika.blog.fc2.com/
サイト紹介文大阪在住のアラフィフ会社員です。一人旅や外食のことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/05/09 18:01

月 さんのブログ記事

  • 『Pancake Cafe mog 京橋店』(大阪市都島区)
  • 久し振りに京阪高架下にある『mog』でパンケーキをいただきました。焼きリンゴとクリームブリュレのパンケーキ(ドリンク付きで1,510円)焼きリンゴとクリームブリュレって最強の組み合わせです ものすごく美味しかったのですが、お腹がはちきれる 紅茶もポットサービスでしっかりカップに3杯ありました。とても美味しかったので、次に行く時は、お腹に余裕を持って行きたいと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『日の名残り』カズオ・イシグロ
  • 「ノーベル賞記念版」が図書館にも入っていたので、借りてきました。新しい図書なので嬉しい。気持ちよく読めます。ミス・ケントンの登場場面で、なぜかエマ・トンプソンの顔がちらつく。なんで…?あ、映画だ すっかり忘れていました。映画で観たのでした。ストーリーはすっかり忘れていたのですが、映画と小説はだいぶ違うのだろうか。エマ・トンプソンは好きな女優さんのひとりなので、彼女が出演しているだけで観てしまいます。 [続きを読む]
  • 『やまや 京阪京橋店』(大阪市都島区)
  • 久し振りに京阪高架下の『やまや』でランチをいただきました。土曜日の11時半過ぎ到着で、20分くらい並んだと思います。前回、鶏の唐揚げ定食にしたら、ボリュームたっぷり過ぎて食べ放題の明太子をひとつ(四分の一腹っぽい)しか食べられなかったので、今回は一番あっさりとしていそうな「がめ煮(筑前煮)定食 1,000円」を注文。し、しかし、やっぱりボリュームがすごい とても美味しいのですけど…。この食べ放題の高菜と明太 [続きを読む]
  • はたして旅行に行けるのだろうか?
  • 関空発で予定していた旅行まであと1週間程度となりました。行きたいところがぎっしり詰まったベトナムツアーを申し込んでいたのですが、ツアー中止か代替空港からの出発かは3日から5日前にならないとわからないらしく(旅行会社からの手紙によると)。準備をして「中止です」と言われたら嫌だし、どうしたものかと… 被災されて大変な人たちがたくさんいるんだから、遊びの悩みなんて大したことではないのですが。旅行会社も対応 [続きを読む]
  • MUJI「チキンとごろごろ野菜のスープカレー」
  • ここのところ自炊熱が急降下中なので、「ごろごろ野菜」に惹かれて買ってしまいました深皿に出してみると…。ホントにごろごろ野菜です。嬉しい唐辛子マークが4つついていたので、ちょっと心配でしたが、辛いの苦手なわたしでも大丈夫でした。いつもは100円程度のレトルトカレーを買っていましたが、たまのことだし、これからは奮発して()色んなレトルトカレーにチャレンジしてみようかなと思いました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『日本の最も美しい図書館』
  • 昨日の土曜日にやっと台風後のベランダの片付をしました。どこから飛んで来たのか、プラスチックの破片やウチのベランダの鉢植えの葉っぱなどなど。外壁も床も、ベランダの手すりやガラスもドロドロでしたすっきりしたところで、図書館でこちらの本を借りてきました。『日本の最も美しい図書館』写真と文(立野井 一恵)で構成されているのですが、この本、とっても楽しいのです日本全国から41の図書館が紹介されていて、どれもと [続きを読む]
  • 関空、頑張れ!
  • 台風の次は北海道の大地震。大きな災害が続くので落ち着きません。被害の大きさがニュースから伝わってきます。まだ西日本豪雨の被災地も完全復興していないし、何を優先するのか、国や自治体やライフラインを請け負っている会社は悩ましいだろうな。そして、関空 ニュース映像で見る姿が痛々しくて。テレビでは「想定外はあり得ない」という辛口のことを言っている人もいますが、個人的には「想定外はあり得る」と思います。「絶 [続きを読む]
  • 台風の恐さを初めて知りました!
  • 「台風21号」本当に恐ろしかったです職場からは前日に「自宅待機」を命じられていました。「会社休める、ラッキー」くらいに思っていたのですが、そんな甘いものではありませんでしたマンションなのですが窓ガラスがピシッとかビシッとか言うたびにガラスが割れたらどうしようと右往左往。ゆっくりドラマ鑑賞でもと思っていましたが、とてもそんな心境になれませんでした。外ではトタンのようなものがぶつかっているかのような物音 [続きを読む]
  • 小さい黒船カステラ
  • 職場でいただいたのですが、一切れサイズの黒船カステラ。ちょっとしたプレゼントにちょうどいいですね。コーヒーと一緒にいただきました。一切れサイズをさらに半分にして。甘くて美味しかったです。カステラ大好きなので瞬時に幸せ気分になりました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『遭難信号』キャサリン・ライアン・ハワード
  • またまた豪華客船での失踪事件。今度はアイルランドの作家のミステリー小説です。セリフの一部。実のところ、クルーズ船は危険に満ちた逃げ場のないスペースだ。何か起きたら、連中はそれをもみ消そうとする。何より重要なのは、マスコミに漏れないように手を打つことなんだハリウッド映画の脚本家になる夢を持ち続けている主人公のアダム・ダン。その夢がやっと叶いかけた時、一緒に暮らしている恋人のサラが行方不明に。脚本のリ [続きを読む]
  • 『ORANGE FIELDS』(大阪市北区)
  • 天神橋筋商店街の天三の位置にあるお店「ORANGE FIELDS」に行きました。このお店は「ティーフリー」を注文すると紅茶飲み放題になります。紅茶アイス(486円)とティーフリー(529円)紅茶のアイスクリーム美味しかった。実は、このお店はフレンチトーストしかないのだと思っていたのです。で、わたしは何を隠そうフレンチトーストが食べられない 基本的に牛乳が得意ではないので、牛乳らしきものでベショベショになったパンは問 [続きを読む]
  • 『BiaNca』(大阪市鶴見区)
  • 今福鶴見駅すぐのところにあるイタリアンのお店です。ずっと行きたかったのですが、ランチセットが平日のみということでなかなか行けずにいました。が、お盆明けが平日扱いだったので、ついにランチで訪れることができました。ご近所の新しい友人とカウンターがあるので、ひとりでも大丈夫そう。パスタセットを注文。パスタは5種類の中から選ぶシステム。2種類を選んでシェアしました。(1,000円+1,200円)前菜 可愛い。パン活ハ [続きを読む]
  • 『乗客ナンバー23の消失』セバスチャン・フィツェック
  • 面白い本が立て続けに出て来ます。これもむちゃくちゃ面白かったです。話題のドイツミステリー。読み始めたら止まりません。ちょっとグロテスクな場面もありますが…。数年前、大西洋横断客船「海のスルタン号」で行方不明(自殺とされてしまう)になった妻子の謎を追う囮捜査官のマルティン。同じ船でふたたび行方不明になった妻子が。読み進むごとに新事実が次々と。最後まで飽きずに一気読みです。世界の客船では年間に20人を超 [続きを読む]
  • 『真夜中の子供』辻仁成
  • 『真夜中の子供』は無戸籍の少年を主人公とした小説です。無責任な親の下に生まれ、出生届を出してもらえず無戸籍となった少年、加藤蓮司。親には恵まれませんでしたが、中洲で暮らす温かい大人たちに見守られて、成長して行きます。「真夜中の子供」とは、幼い蓮司が深夜の歓楽街中洲をひとりちょこちょこと走り回る姿を見て、大人たちがつけた呼び名でした。小説のもうひとつの主役は博多祇園山笠。遊園地にも動物園にも行ったこ [続きを読む]
  • 『コロッケいまむら』のコロッケが美味し過ぎです!
  • お盆休み中にウチに遊びに来てくれた知人が、蒲生四丁目で『コロッケいまむら』のコロッケをお土産に買って来てくれました。噂は耳にしていたのですが、自分ではまだ買ったことがなかったのでワクワクしながら袋を開きました定番の牛肉ブイヨンコロッケが二つと特製ミンチカツ、ハムカツが一つずつ入っていました。ちゃんと袋に名前が付いています。衣がサクサクなのが見た目からもわかりますまだ温かいコロッケとカツを二人で分け [続きを読む]
  • 『Tea House 茶摩』(大阪市北区)
  • 天五中崎通り商店街を天六側の方から入ってすぐのビルの2階にあります。HPに「紅茶と猫とアンティークが大好きな姉妹の小さな紅茶屋です」とあり、一度行ってみたいと思っていました。天六に用事があって出かけた日に、ランチで行って来ました。小さな隠れ家のようなとても素敵なお店でした。ランチセット 1,000円サラダ、ホットサンドイッチ(卵とベーコン)、デザート(かぼちゃのパウンドケーキ)、紅茶(ポットサービス)これ [続きを読む]
  • 『丸福珈琲店 中之島ダイビル』(大阪市北区)
  • 『プーシキン美術館展』を堪能した後、ゆっくりコーヒーを飲みながらぼーっとしたくて、美術館からすぐの中之島ダイビルにある『丸福珈琲店』にやって来ました。展覧会って足が棒になって、ものすごく疲れていることに、いつも観覧後に気付く…。お盆休み中の午後3時半頃でしたが、結構空いていました。落ち着くわーコーヒー 540円とはいからセット 420円はいからセットは焼き菓子が3種盛り合わせられたセットです。丸福の苦いコー [続きを読む]
  • 『プーシキン美術館展』(国立国際美術館)
  • マハさんの本に影響を受けたことと、連日の暑さを避けるため、このお盆休みに美術館に出かけてみました。「竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージした外観デザイン(美術館のHPより)」だそうです。国立国際美術館はこの入り口だけが地上で、館そのものは地下にあります。なのでエレベーターでぐんぐん下りて行きます。チケットを買うのに10分ほどかかりました。クレジットカードが使えるので便利です。チケット売り場の横に [続きを読む]
  • 『たゆたえども沈まず』原田マハ
  • 「たゆたえども沈まず」とはパリのことだそうです。セーヌ河の氾濫に幾度も苦しめられたパリ。そのたびにより美しく再建されたとか。いつしか船乗りたちは、自分たちの船に、いつもつぶやいているまじないの言葉をプレートに書いて掲げるようになった。----たゆたえども沈まず。パリは、いかなる苦境に追い込まれようと、たゆたいこそすれ、決して沈まない。まるで、セーヌの中心に浮かんでいるシテ島のように。まだ印象派がパリで [続きを読む]
  • 『逢魔が時に会いましょう』荻原浩
  • 夏らしいタイトル。とても可愛いストーリーです。進路に悩む大学4年の女子学生、高橋真矢と民俗学の布目准教授が妖怪の目撃談を追いかけて、撮影機材を抱えて飛び回ります。座敷わらしに河童に天狗。変わり者と思われていても自分の好奇心に真っ直ぐな布目と珍道中を繰り広げるうちに、徐々に自分のやりたいこと、それに近づく方法に気付いていく真矢ちゃん。とても読みやすい小説なので、旅行用に向いていそうです。読んでいる最 [続きを読む]
  • 映画『ONCE ダブリンの街角で』
  • 原題『ONCE』(2007年 アイルランド)このお休みにテレビで観ました。ダブリンの街並みが見たくて、録画しておいたのですが…。観てみると、内容がとても良くて。ストリートミュージシャンの主人公の歌が切なくてとても良い。最後に気付きましたが、主人公ふたりは名前が出て来ないのですね。エンドロールに「guy」「girl」となっていて、そういえば、と…。名前は全く重要ではなく、互いの存在が重要なのだということでしょうか。 [続きを読む]
  • モーニング『Machi Cafe』(大阪市城東区)
  • 城東図書館の近くにある『Machi Cafe』にモーニングをいただきに行きました。ウチでじーっとしていることが苦にならないので、「行くぞ!」って決めてどこかに出かけないと運動不足になってしまいます。昼間より少しでも涼しい朝の間に運動がてら出かけよう。ということで自転車と徒歩で20分ほどのこちらのお店に。8時半くらいに到着。到着時はこんな感じでした。この後、常連さんが数人。Machiセット 450円を注文(バタートースト [続きを読む]