管理人Ari さん プロフィール

  •  
管理人Ariさん: 東京のカウンセラーAri ブログでは病気の相談なし
ハンドル名管理人Ari さん
ブログタイトル東京のカウンセラーAri ブログでは病気の相談なし
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ari39s/
サイト紹介文東京の精神科の心理カウンセラー&「強迫性障害の案内板」の管理人である有園正俊のちょっと思ったこと
自由文精神科で認知行動療法の心理士をしてます。専門は強迫症(OCD)、発達障害、トラウマ関連疾患、認知行動療法ですが、ブログでは、相談は行っていません。相談をご希望の方は「強迫症/強迫性障害の案内板」をご覧ください。
このブログは、ちょっと思いついて、誰かに知らせたい・・・なんてことを、たまに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/10 09:19

管理人Ari さんのブログ記事

  • スマホが壊れた
  • 先月の日曜の昼、休日だったが、用事があって自転車で三鷹駅に向かっていた。その道のりの中ほど、住宅地の路地を曲がったところで、転んでしまった。普通に運転していたので、「なぜ??」って、思った。少しすりむいて、スマホがポケットから出てしまった。でも、大けがではないので、自転車に再び乗ろうとしたら、タイヤがパンクしていることに気づいた。そして、スマホも、ちょっとひび割れた程度かと思ったら、指で何度もいじ [続きを読む]
  • 滋賀と三井寺
  • すごく暑いですね!暑中お見舞い、今年は実感をもって、申し上げます。m(_ _)m気が付けば、ブログの更新が1ヵ月途絶えておりました。さて、先週、滋賀県の大津で、認知行動療法の勉強会に参加してきました。合宿なので、参加した先生方と旅館は一緒。2日目の朝、同室だった先生が、三井寺の拝観時間を旅館の人に聞いていて、間に合うので散歩に行くという。私は、どんな場所は知りもしないのですが、なんかついて行きたくなりまし [続きを読む]
  • イラストのwebページの更新
  • Hearts and the galleryという私の絵を載せたwebサイトがあって、約8年、更新していなかった。しかし、今日は朝から修正して、アクリル画と過去の展示のページを中心に直した。といっても、2015年以降は、心理の仕事が忙しいので、新しいアクリル画などを描いている暇はない。その後は、去年、「よくわかる強迫症」の改訂版を出すために、本文イラストや図を、何十点か描いたり、修正したくらいだ。webサイトに載せているのは、仕 [続きを読む]
  • 銭洗い弁天の強迫疑惑
  • 銭洗い弁天は、鎌倉市にある宇賀福神社で、そこの洞窟から湧く水で、お金を洗うと何倍にもなって戻ってくるといわれる神社である。平安末期、鎌倉は災害が続き貧困にあえぐ庶民のために,源頼朝が世の救済を祈願したところである。この風習は、北条時頼が、この霊水でお金を洗って、一族繁栄を祈ったのが銭洗の始まりだといわれている。しかしだ!一般に人が、お金を水で洗うか?ましてや、それで一族の繁栄を祈ったりするだろうか [続きを読む]
  • 大昔のマンガ新人賞の体験
  • NHKの朝ドラ「半分、青い。」で、今週、主人公の同僚ユーコがデビューした。それで、思い出すこと。実は、私、1984年の今頃の季節だったが、小学館の新人コミックス大賞一般部門の佳作を受賞した。本名ではなく、ペンネームだった。当時は23歳で、まだ大学に通っていた。受賞前に、当時のスピリッツの編集長だった白井さんから電話があった。私は、少年部門に応募したが、一般部門の方がいいということで、変更を了承した。作品名 [続きを読む]
  • 輪島功一さんの活動
  • 井の頭公園の西園付近を、普段、よく通る人にとっては、とても有名な話なのだが、ボクシングの元世界チャンピオンの輪島功一さんは、この付近を、トレーンングがてら、ゴミ拾いをしている。トレーニングウェアのジャージ姿で、ゴミ袋とそれを拾う金属のトングを持って、熱心に行っている。毎日新聞に載った記事は、これ「人生は夕方から楽しくなる」。三鷹市の広報でも、市長さんと出会った記事が載っていた。(2010年5月16日)別 [続きを読む]
  • 映画「ブラザー・サン シスター・ムーン」と淀川長治さん
  • 相談室は9階なのだが、昨日、カウンセリングの合間に、窓の外で、鳥が鳴いているのが聞こえた。降っていた雨も、弱くなってきたのかと思った。しして、狭い場所だけれど、ベランダに出て、鳥を探した。鳥の声を聞いていて、昔の映画「ブラザー・サン シスター・ムーン」の始めのシーンを思い出した。この映画(1972年)は、イタリアのアッシジで、キリスト教のフランシスコ会の創設者の物語だが、宗教的な映画ではなく、当時の権 [続きを読む]
  • ハラスメントと学校の関係で思うこと 2
  • 最近の日大アメフトの事件・・・聞いていると、前回、書いた専門学校の対応の話と、日大の対応とに共通点があるように思った。昨日の23日の日大のU監督とIコーチの記者会見でも、学校は、事態の真相を解明するために、適切な立場と言えるのか疑問だった。この事件は、マスコミで大きな問題となっているけれど、大学でも、専門学校でも、マスコミに上がらないハラスメントやら犯罪まがいのトラブルはあるもの。通常は、当事者、家族 [続きを読む]
  • ハラスメントと学校、政治の関係で思うこと 2
  • 最近の日大アメフトの事件・・・聞いていると、前回、書いた専門学校の対応の話と、日大の対応とに共通点があるように思う。23日の日大U監督とIコーチの会見を見て、パーソナリティ的に気づいたことがあるので書いてみる。ニュースから知った情報だけなので、くわしいことはわからないが、おそらく当てはまる部分のみを書く。NHK「ニュースウオッチ9」の取材では、U監督を頂点とするピラミッド体制があり、その下のコーチには、U監 [続きを読む]
  • 5月のその後
  • 日ごろは、カウンセリングなどのお仕事。休みの日に、GWにほとんど進まなかった原稿書きの仕事を、自宅にこもって、取り掛かってみた。いつ本になるかもわからないが・・・ちょっとずつ進めている。NHKの連続ドラマ「半分、青い。」今日は、たまたま見ていた。主人公が描いた漫画のネーム(鉛筆ラフ)は、若いころ出会った男女が、神様の手違いで再会する年齢を55歳に書き間違えられてしまったという話だった。脚本は、北川悦吏子 [続きを読む]
  • PCと無線LANとの接続不調が、5GHzにつなげられて解決した話
  • 今回は、少しテクニカルな話なので、興味のない人は、パスしてください。OCDサポート相談室の無線LANは、昨年11月のビルの停電工事をきっかけにして、不調になってしまっていた。休日の工事だが、相談室のネットの機器は、電源を入れっぱなしにしてあったのが、あだとなった。その後、LANの親機を交換したが、ノート型PCとの接続が不安定で、インターネットにつながらないことが頻発するようになった。そのたびに、Windows10で、ネ [続きを読む]
  • ハラスメントと学校、政治の関係で思うこと 1
  • 昨今、ニュースでセクハラのことが話題になったりしていたが、それと政治での取り扱い方が、疑問な点がある。ハラスメント問題では、被害を訴える者と、加害を疑われる者とがいるため、客観的なアプローチが必要だ。しかも、プライバシィを守り、被害を訴える者の健康状態も考慮する必要がある。しかし、政治というのは、駆け引きの場だ。事実究明の段階では、力関係に左右されて、被害の客観的な判断には、向かないのではと思う。 [続きを読む]
  • 6月4日 OCDウォーク
  • 2018年6月4日「OCDウォーク 1 million steps 4 OCD walk in Tokyo」主催:OCD-Japan強迫性障害を、多くの人に知っていただくために、アメリカのIOCDFという団体が中心になって考案されたイベントです。アメリカで、行われていたものを、昨年からOCD-Japanが、日本でも行うようになりました。13:30渋谷駅ハチ公前集合!〜原宿〜表参道を歩く予定当事者、治療者、家族、どなたでも参加できます。参加費:Tシャツ代とおまけ付=3,000円 [続きを読む]
  • GWを振り返って
  • ここ数年、週の半分は、診療所に勤めていることもあって、GWも世間の人並みに、休業できるようになってきた。しかし、昔は、仕事していたときが多かった。今年のGWは、当初、日ごろ、手が付けにくい、原稿書きや片づけをするつもりであった。しかし、前半は、午前、ぐーたらネットを見たりして、午後になったら、昼寝・・・(笑)夜は、自宅で飲酒という・・・ひきこもり中年の生活になってしまった。(*´ω`)これはまずいと思って [続きを読む]
  • たぶんハクビシン?を見た
  • 一昨日29日(日)の夜、ほぼ満月。←満月の写真は、自宅で撮ったもの。私のカメラでは、丸い形に写るのがせいぜいで、月の模様までは映らない。それで、休日で、近くのコンビニに買い物に行くつもりで、外を歩いていたら、あるマンションから出てくる動物。タヌキ?誰かが飼っているのかと思ったが、ひも、リードもなく自由に動き回っている。で、バス通りに出て、道路を渡って、向かいの住宅地に消えた。尾っぽが長くて、全身は長 [続きを読む]
  • 「よくわかる強迫症」とOCDの改善体験
  • 昨年前半を思い返すと、「よくわかる強迫症」の原稿書きに追われていた。2月頃から始めって、GWも忙しかった。それが一段落したのは、昨年8月2日のブログに、校了と書いてあるから、そのときまで。9月に出版されて、10月5日「ダ・ヴィンチニュース」に「心配性や潔癖性とどう違うの? 小さなことが気になってやめられない、“強迫症”」という記事を載せていただいた。もし増刷になったら、体験記の1ページが、私の治療を受けた10 [続きを読む]
  • 炊飯器、PCの修理
  • 最近、炊飯器とPCが壊れて、修理に出していて、戻ってきた。①炊飯器昨年の3月に買った象印のIH炊飯ジャー。炊飯と、保温に関しては、問題なく、満足していた。今月の始め、台所で、電子音が何度かしたと思ったら、炊飯器の時計が止まらなくなった。分の桁が、どんどん進んでいく。動画は、早送りしているわけではない。電源をコンセントから抜いても、時計は止まらなかった。 保証書を見ると、買ってから1年から半月ほどたってい [続きを読む]
  • 春・・・年度の変わり目
  • 患者さんの中には、この春で、進学、進級、就職、彼氏とか伴侶ができた人、もしくは、それが残念な結果となった人もいたり、それから、過去にカウンセリングをしていた人から、そういう報告をいただいたこともあった。今年の正月から今週末までは、そんなニュースが、比較的に多い時期だった。どんな状況であれ、久々であれ、ちょっとでも、近況やその後の話を教えていただけることは、ありがたい。合格、進学、就職、結婚といった [続きを読む]
  • 3月の植物
  • 季節が、春めいてきました。春は、三寒四温という言葉があるように、お天気の移り変わりが大きいのが特徴。来週は春分の日で、日照時間も、どんどん伸びている時期。「秋の日はつるべ落とし」の逆。道端で、見かけてスマホで撮った写真。まずミモザの花。この名前を知ったのは、ここ数年の話。別名アカシア。歌謡曲で「アカシアの花」とか聞いた覚えがあるけれど、これかと思った。花言葉は、優雅、友情、秘密の恋だそうだ。次は、 [続きを読む]
  • キレる症状と精神療法〜感情の症状と家族の問題③
  • 感情が爆発して、そのコントロールが困難なことが繰り返される場合、精神科での相談・治療の対象となる。1)病名についてこの症状は、いろいろな精神疾患、パーソナリティ、発達の問題を持つ人で起こりうる。そのため、患者さんの状態を医師がくわしく調べていかないと、一概に「切れやすいから**病、**障害」とは言えない。ただ、このような症状では、診断名も、医師によって異なることもある。とはいえ、感情の症状が、どの [続きを読む]
  • 「母がしんどい」を読んで〜感情の症状と家族の問題①
  • この作品を読むきっかけは、同じ作者のマンガ「キレる私をやめたい」を、クライアントさんから教えてもらったからだ。作者の田房永子さんは、夫に対し切れてしまい、その感情のコントロールが困難であることに悩んでいたが、「キレる私をやめたい」には、その症状を克服した体験が書かれている。しかし、その症状は、彼女の母との関係の影響が大きいため、作者の前著、マンガ「母がしんどい」(新人物往来社、2012年)の紹介しつつ [続きを読む]
  • 大腸の検査を受けたお話
  • 昨年末から1月にかけて、ブログも、地味なネタを書いたりしていたが、実は自分でも体調が気になる点があったためだ。それが、一段落ついてきたので、その話を。 昨年クリスマスの頃、腹部に、にぶい痛みができて、なかなか取れなかった。「なんだろう?」と思いつつ、だんだん心配になってきた。もしや癌(がん)では?などと思ったりしたら、夜に寝ていたら、夢で、癌で亡くなった知り合いが久々に出てきた。夢は病気には関係ない [続きを読む]
  • 恵方巻を吉方に向かって食べるとどうなる?
  • 節分に恵方巻を売るという商法が、以前は関東では聞くことがなかったのに、近年、巷では行われている。検索してみると、恵方というその年の縁起のいい方向に向かって、太巻きを食べるのだそうだ。そうすると、「縁起がいい」と書いてあるサイトもあれば、「願い事をしながら食べる」と書かれているサイトもあった。しかし、これで実際に願い事がかなった人はいるのだろうか?全国で、どのくらいの数の太巻きが売られるのか知らない [続きを読む]