管理人Ari さん プロフィール

  •  
管理人Ariさん: 東京のカウンセラーAri ブログでは病気の相談なし
ハンドル名管理人Ari さん
ブログタイトル東京のカウンセラーAri ブログでは病気の相談なし
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ari39s/
サイト紹介文東京の精神科の心理カウンセラー&「強迫性障害の案内板」の管理人である有園正俊のちょっと思ったこと
自由文精神科で認知行動療法の心理士をしてます。専門は強迫症(OCD)、発達障害、トラウマ関連疾患、認知行動療法ですが、ブログでは、相談は行っていません。相談をご希望の方は「強迫症/強迫性障害の案内板」をご覧ください。
このブログは、ちょっと思いついて、誰かに知らせたい・・・なんてことを、たまに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/05/10 09:19

管理人Ari さんのブログ記事

  • 炊飯器、PCの修理
  • 最近、炊飯器とPCが壊れて、修理に出していて、戻ってきた。①炊飯器昨年の3月に買った象印のIH炊飯ジャー。炊飯と、保温に関しては、問題なく、満足していた。今月の始め、台所で、電子音が何度かしたと思ったら、炊飯器の時計が止まらなくなった。分の桁が、どんどん進んでいく。動画は、早送りしているわけではない。電源をコンセントから抜いても、時計は止まらなかった。 保証書を見ると、買ってから1年以上たっているので、 [続きを読む]
  • 春・・・年度の変わり目
  • 患者さんの中には、この春で、進学、進級、就職、彼氏とか伴侶ができた人、もしくは、それが残念な結果となった人もいたり、それから、過去にカウンセリングをしていた人から、そういう報告をいただいたこともあった。今年の正月から今週末までは、そんなニュースが、比較的に多い時期だった。どんな状況であれ、久々であれ、ちょっとでも、近況やその後の話を教えていただけることは、ありがたい。合格、進学、就職、結婚といった [続きを読む]
  • 3月の植物
  • 季節が、春めいてきました。春は、三寒四温という言葉があるように、お天気の移り変わりが大きいのが特徴。来週は春分の日で、日照時間も、どんどん伸びている時期。「秋の日はつるべ落とし」の逆。道端で、見かけてスマホで撮った写真。まずミモザの花。この名前を知ったのは、ここ数年の話。別名アカシア。歌謡曲で「アカシアの花」とか聞いた覚えがあるけれど、これかと思った。花言葉は、優雅、友情、秘密の恋だそうだ。次は、 [続きを読む]
  • キレる症状と精神療法〜感情の症状と家族の問題③
  • 感情が爆発して、そのコントロールが困難なことが繰り返される場合、精神科での相談・治療の対象となる。1)病名についてこの症状は、いろいろな精神疾患、パーソナリティ、発達の問題を持つ人で起こりうる。そのため、患者さんの状態を医師がくわしく調べていかないと、一概に「切れやすいから**病、**障害」とは言えない。ただ、このような症状では、診断名も、医師によって異なることもある。とはいえ、感情の症状が、どの [続きを読む]
  • 「母がしんどい」を読んで〜感情の症状と家族の問題①
  • この作品を読むきっかけは、同じ作者のマンガ「キレる私をやめたい」を、クライアントさんから教えてもらったからだ。作者の田房永子さんは、夫に対し切れてしまい、その感情のコントロールが困難であることに悩んでいたが、「キレる私をやめたい」には、その症状を克服した体験が書かれている。しかし、その症状は、彼女の母との関係の影響が大きいため、作者の前著、マンガ「母がしんどい」(新人物往来社、2012年)の紹介しつつ [続きを読む]
  • 大腸の検査を受けたお話
  • 昨年末から1月にかけて、ブログも、地味なネタを書いたりしていたが、実は自分でも体調が気になる点があったためだ。それが、一段落ついてきたので、その話を。 昨年クリスマスの頃、腹部に、にぶい痛みができて、なかなか取れなかった。「なんだろう?」と思いつつ、だんだん心配になってきた。もしや癌(がん)では?などと思ったりしたら、夜に寝ていたら、夢で、癌で亡くなった知り合いが久々に出てきた。夢は病気には関係ない [続きを読む]
  • 恵方巻を吉方に向かって食べるとどうなる?
  • 節分に恵方巻を売るという商法が、以前は関東では聞くことがなかったのに、近年、巷では行われている。検索してみると、恵方というその年の縁起のいい方向に向かって、太巻きを食べるのだそうだ。そうすると、「縁起がいい」と書いてあるサイトもあれば、「願い事をしながら食べる」と書かれているサイトもあった。しかし、これで実際に願い事がかなった人はいるのだろうか?全国で、どのくらいの数の太巻きが売られるのか知らない [続きを読む]
  • 身寄りのない人の入院
  • 以前、福祉の仕事をしていたときに、高齢者や障害をもった人の入院に同行したことがあった。その中で、一人暮らしで、身寄りがない人のケースがしばしばあった。ある女性は、持病があり、これまでにも何度か同じ病院で、入院をしていた。一度、入院すると、1ヵ月くらいは、帰宅できない。そのため、入院予定日に、自宅を出る前に、長期間、自宅を留守にしてもいいようにしていく。つまり、食品でくさりそうなものを処分したり、ゴ [続きを読む]
  • 2018年の年始から・・・
  • 2018年・・・年明け早々、星野仙一元プロ野球監督が、70歳で亡くなられて、人生、長いとは限らないと、つくづく思う。昨日は、OCDサポートのホームページで、個別相談のページを、修正していた。ホームページのデザインは、私には難しい。なかなか現代っぽい、おしゃれな感じにならない。とはいえ、おしゃれなデザインを調べる時間があるくらいなら、その時間を他に回した方がいいので、デザインはダサくても、機能的でわかりやす [続きを読む]
  • 洋楽和訳8 デヴィッドボウイ Fashion
  • 「洋楽和訳2 追悼 デヴィッドボウイ Ashes to Ashes」へのアクセスが多いので、同じアルバム「スケアリー・モンスターズ(Scary Monsters)」(1980年)の中の曲を取り上げる。この曲も歌詞の意味が分かると、プロモーションビデオの理解も深まるはず。 英語の歌詞は、主にこのサイトから引用し、曲に忠実に一部修正しました。---------------------------------------------------------------------Fashion「ファッション」 [続きを読む]
  • 神奈川県の大山登山
  • 昨日29日、神奈川県の大山に初めて行きました。東京からも、よく見える丹沢山系の東にあるとがった山です。伊勢原駅からバスに乗って、さらにケーブルカーに乗って阿夫利神社の下社へ。12月なので、大祓いの輪があって、くぐり方の説明が書いていないので、どうしていいかわからない人がいたので、回り方を教えてあげました。そこから、頂上の本社を目指して、登山開始。小さなお子さんを連れた人、中高年も、よく見かけました。年 [続きを読む]
  • 洋楽和訳7 デュランデュラン Ordinary World
  • デュランデュランは、イギリスのロックバンド。1978年、当時のニューウェーブに乗って、いろいろなバンドが登場していた時代にデビューした。1980年代になって、MTVが盛んになってきた時代に、ビジュアル的にもアピールして、ヒット曲を連発していた。 最近、改めて気にいって、よく聞いている。今は昔と違って、ネットでいろいろ調べられるし、動画も見放題である。今でも、オリジナルメンバー4人が残っていて、現役で活躍してい [続きを読む]
  • 「不都合な真実2」と二子玉川
  • 映画「 不都合な真実2」を見てた。地球の温暖化、つまり気候変動を扱った映画で、主張するのは、アル・ゴア前副大統領。1948年生まれで、1992年、44歳で副大統領になった。気候変動は、20年以上、問題となっていて、毎年、copという会議が開催されている。問題を主張する人と、それに抵抗する人々、国との間で、進んだり、後退したりを繰り返してきた。映画では、2015年のパリ協定の場面が出てくるが、それも、トランプ大統領によ [続きを読む]
  • 札幌での勉強会と散歩
  • 先週末は、認知行動療法(CBT)の勉強会に参加のため、札幌に行っておりました。出発の24日(金)、札幌航空交通管制部の通信装置のトラブルで、新千歳空港に着けない便もあったそうですが、私は、夜に無事到着できました。そして、札幌に着くと雪。25日、26日と勉強会。26日に、発表したのですが、その前に、スライドのチェックを受けていて、それも含め、自分の至らない点に気づく勉強になりました。普段の仕事だと、自分の仕事を [続きを読む]
  • 横浜弁天(洲干弁天社)
  • 11月19日(日)午後、関内駅のそばで、発達障害の研修を受けてきました。久しぶりの横浜なので、付近を少し散歩。伊勢佐木町。その近くで、昼食は、味噌ラーメン。そして、食べた後、神社を発見。ビルに囲まれた中規模の神社。厳島神社と書かれていたけれど、横浜弁天ともあって、弁天様も祭られているらしい。境内に、鎌倉の銭洗い弁天のように、お金を洗う場所もあって、なんか鎌倉の銭洗い弁天と、広島の厳島神社の両方を取り入 [続きを読む]
  • いろいろなその後と、ずるずる防止
  • 10月30日「プチ模様替え 2017」に書いた自宅のテーブルの上に、物を置きっぱなしにしない作戦は、この週末で、ようやく物をどかした。といっても、無理やり収納やら本棚やらに、物を移動させただけなので、本質的に物が減っているわけでない。とはいえ、今後は、積みっぱなしにせずに、一度テーブルに置いた物は、使ったら、片づけるようにする。同じ部屋に机もあって、そっちにも置きっぱなしにならないようにしよう。あと、スケ [続きを読む]
  • 生きるってこと(大仰なタイトルだけれど)
  • 今夜、近所のスーパー銭湯に行っていて、ふと思った。例えば、5年前に亡くなった人がいたとして、その人は、そこから先の体験がないことになる。でも、生きている人には、それ以降の記憶がある。2010年代の出来事をまとめた「出来事JP」というサイトがあった。こういう記事を読んで、記憶を思い出して、共有できるのは、生きているから。サイトの個々のニュースを読むと、だからどうなのってのも多いけれど、この間、個人的には、 [続きを読む]
  • プチ模様替え 2017
  • この頃、自宅の部屋で、家具をちょこっと買い替えて、物を片づけている。今回のポイントは、主に2つ。生活の機能をアップのため。1)机に向かうイスを、リンクライニングできて、回転するものに替えた。普通のイスだと、PCに向かって、仕事か、だらだらと動画などで時間を過ごしてしまうか、酒かコーヒーを飲むかなので、その生活パターンに変化をつけるため。左が、買ったイス。室内が写らないよう上から写したものだが、かなり [続きを読む]
  • 「よくわかる強迫症」の事情
  • 拙著「よくわかる強迫症」主婦の友社は、128ページ中、96ページ(75%)がカラーで、その他のページが2色刷りである。一般に、カラーの本を作るのは、モノクロの本を作るより、経費がかなりかかる。文字だけの本に比べたら、図やイラストを入れると、その分、経費がかかる。つまり、文字だけのモノクロ本に比べたら、本書はイラストも図も多いので、出版社にとっては費用は何倍もかかることになる。そして、病気に関する本は、一般 [続きを読む]
  • 絵はがき
  • 久しぶりに、絵はがきを作った。昔、自分で描いた絵を使って、PCで印刷原稿を作って、印刷会社に発注して、今日、届いた。300部、頼んだら、思ったよりも分厚く、さらに数十枚余分に梱包されていた。ハガキの印刷って、200部でも300部でも、いくらも違わないから。描いた絵は、自宅にしまっておいてもしかたないし、なかなか人様に見てもられる機会がないから。発注した後で、気が付いたのだけれど、ただ絵をハガキにするだけでな [続きを読む]
  • 弥彦山
  • 9/29,30と新潟で、日本認知・行動療法学会に参加し、昨日10/1は観光。wJRローカルに乗って、原稿書きつつ、弥彦村に到着。弥彦神社に参拝。かなり由緒ある神社。はかまを履いて、弓道をしている人がたくさんいて、なんかいりりしい。そして、その裏からロープウェイに乗って、弥彦山に登りました。日本海と佐渡島が見えるのではないか。車でも山頂に登れる観光地。そこから、700m歩いて・・・というかハイキングですね。西側の神 [続きを読む]
  • 美輪さんの音楽会に行ってきた
  • 美輪明宏さんの音楽会に行ってきた。数年前にも行ったが、いつ見納めになるかと思って、また行った。前から2列目、ほぼかぶりつきです。w今秋の音楽会は、昔の「銀巴里」という美輪さんが歌っていたシャンソン喫茶時代を、イメージした舞台と楽曲だった。銀巴里は、興味はありつつ、行かないまま、1990年に閉店してしまった。本日の会場は、池袋の東京芸術劇場。ロビーは、このようにお花と、年齢多彩な観客でいっぱい。美輪さんは [続きを読む]