新宿鳥 さん プロフィール

  •  
新宿鳥さん: 新宿に注文住宅を建てる
ハンドル名新宿鳥 さん
ブログタイトル新宿に注文住宅を建てる
ブログURLhttp://loveshinjuku.blog.jp/
サイト紹介文こんにちは。心配性でROIにこだわるバード夫婦が、新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てました。
自由文駅近土地20坪、延床30坪の3階建てで、予算は約6000万円。
新宿だと建売価格でもこれ以上します。
この予算で、建築事務所設計デザイン住宅、耐震等級3、高気密高断熱(エネルギー等級4)、屋上全面バルコニーの注文住宅を建てました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/05/10 15:31

新宿鳥 さんのブログ記事

  • ランプの点る家(8)
  • 「ドールコラボランプ」シリーズの続きでざんす。↓ 1階廊下の照明付きニッチにも、今やドールが進入・・・。子猫ちゃんの着ぐるみにゃん?↓ 1階洗面台。こ、怖い? でもここは人感センサーが点いちゃうので、豆電球だけ点灯しているこの状態を目にすることはほぼありませぬ。↓ 左の子。ちょっとウィッグが気に入っていないので、そのうち変更します。。。↓ 右の子。ちょっと高いウィッグを被らせたら、恐ろしいほどの可 [続きを読む]
  • ランプの点る家(7)ドールコラボランプ
  • さて始まりました「ドールコラボランプ」シリーズです。すでに「Web内覧会(入居後) 階段の窓」で4カ所はお見せしましたけどね、他にもあるんですよ。ふっふっふ。さて最初にご紹介するは、我が家にある12体のドールのうち唯一のPhicenドールが置かれている3階手洗場!(Phicenのボディは、他のオビツ製作所のボディとは5倍の価格差!)だってここは設計中の記事にも「もし神がおわすなら、この3階手洗場」とまで表現した [続きを読む]
  • LED電球を無料でゲット
  • ランプの点る家シリーズはまだ途中ですが、ちょうどランプに関連するホットな情報ができたので、挟みますね。東京都民のみなさん、この情報、ご存知ですか?「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」白熱電球を参加協力店に持参すると、なんと無料でLED電球と交換してもらえるのです!(期間限定)こちらをご覧ください。上が持参した白熱電球で、下が無料でもらえたLED電球です。持参した白熱電球は、もう使えないように [続きを読む]
  • ランプの点る家(6)
  • 豆電球シリーズの続きです。↓ キッチン内、冷蔵庫の近くで24時間点灯させているランプ。数秒ごとに7色自動変色するLED豆電球です。↓ これが常夜灯となり、夜中に冷蔵庫に物を取りに行くときもたいへん便利。↓ バードがまだ若かりし頃、就職活動中にふらりと入った雑貨屋で、一目惚れして衝動買いしたキャンドルホルダー。いまだに「周りの装飾部分も透明だから光が透ける。ああ、なんて素晴らしいデザインなんだ!!」と [続きを読む]
  • ランプの点る家(5)豆電球ランプ
  • さて、バードワールドの最大の特徴である、豆電球(E10)を使ったランプシリーズです♪↓ おそらく誰もが理科の実験で使ったことがある、これらを使ったものです。↓ まずはパソコン部屋の窓辺。24時間点灯なので、真夜中もこうして部屋の隅を点してくれています。↓ 分かりやすいようにちょっと部屋の電気を点けました。↓ これは、バードが子供の頃に父に買ってもらったオイルランプに豆電球を仕込んだもの。↓ とっても [続きを読む]
  • ランプの点る家(4)置きランプ
  • ペンダントランプシリーズの次。置きランプ(テーブルランプ?)です〜。↓ 階段を上り、リビングに入るとすぐ目に入る光景。 ↓ まず右側から。東京タワーと月です。↓ 月はこの画像だと明るいですが、肉眼だと、後ろのガラスに映っているぐらいに見えます。↓ 半透明なので下からライト当てると光ってくれる。【あす楽】ジグソーパズル 48ピース クリスタルパズル 東京タワー(50192) ビバリー 梱60cm t104↓ 本当に月のよう [続きを読む]
  • ランプの点る家(3)
  • 「ペンダントランプ」の続きです。↓ リビングの窓辺。↓ 商品はこちらですが、バードが購入したときより倍以上値上がりしてる・・・。ステンドグラス ランプ ステンドランプ ステンドグラス ペンダントランプ 吊りランプ 照明 ガラス シャンデリア 可愛い上品 モダン 花柄 ペンダントランプ 新築祝い 開店祝い 結婚祝い お祝い プレゼント ギフト【送料無料】ステンドグラスランプ(ペンダント)↓ ヤフオクで落札した無色透明の [続きを読む]
  • ランプの点る家(2)
  • 「ペンダントランプ」シリーズの続きです。↓ リビングの隅を飾るランプ。設計中にヤフオクで落札し、竣工までじっとあたためていたお気に入りです。嗚呼、この琥珀色がたまらない・・・。↓ 洗面脱衣所のランプは2つともメルヘンチックです。↓ 天井のはヤフオクで落札した、淡いピンク色のアンティーク品。↓ 窓辺のランプは、10年ほど前に姉から誕生日プレゼントでもらったランプです。(もうそろそろ買い替えてもいいか [続きを読む]
  • ランプの点る家(1)ペンダントランプ
  • もうずいぶん前に書きましたが、バード宅のテーマは当初から「ランプの点る家」でございました。(今ではそれに加え、「ドールが笑う家」「文鳥が飛ぶ家」が加わってしまいました)Web内覧会中にブログを更新する気力が萎えてしまい、結局「Web内覧会(入居後)」をお見せしたのは階段とリビングのみとなっておりました。ごめんなさい。。。つきましては、これからしばらく「Web内覧会(入居後)」のつもりで、入居後の家の写真を [続きを読む]
  • 作り込み過ぎない設計(4)
  • もー、間が空きまくりですみません。でもやっと「作り込み過ぎない設計」シリーズも終わりです。◆ 内装は常識的なものにして、我を出すのは雑貨やファブリックにしたこういうインテリアをやりたがるバードです。自分の好みが一般ウケしないことは認識しとります。ですから、我を出すところは家具・ファブリック・雑貨など自由に変えられる部分に限定し、業者による工事を必要とする部分(間取り・住設機器・床・壁紙など)はごく [続きを読む]
  • 作り込み過ぎない設計(3)
  • ◆車庫にできる外物置きバード夫婦は車庫はいらないのですが、車庫を必要とされる人を想定して、外物置のシャッターを開ければ車庫にできるようにしました。 ◆手持ちの冷蔵庫・洗濯機サイズに合わせなかったスペースを限定せず、どんなサイズでも置けるようにしました。また設置場所や向きも変えられます。例えばキッチンは、入口付近の他に、コンロ前にも置けます(コンセント用意済み)。他にも望めばPSの横など。また洗濯機 [続きを読む]
  • 作り込み過ぎない設計(2)
  • ご無沙汰しております。。。前回の更新から5ヶ月経ってしまいました。◆ごく平凡な一般的な間取り売れやすい家の傾向に「ごく平凡な一般的な間取り」があるそうです。建売住宅は、施主のこだわりが入らない、売れやすい間取りで作られています。鳥が見てきた三階建ての建売は、1階:玄関・居室・バス・洗面脱衣所・トイレ2階:LDK3階:居室・居室・トイレという間取りが多かったです。鳥宅も、これから大きく外すことはしま [続きを読む]
  • 作り込み過ぎない設計(1)
  • 終の棲家として家を建てる方も多いと思いますが、バード夫婦は「歳を取ったらマンション」と思っていたので、狭小三階建てになろうとも都心近くを選びました。だからバード夫婦としては、この家を建てるときから・いつかこの家は売るという未来が頭にありました。そして、それは能動的な理由だけではなく、・人生には誰しも思いもよらぬ出来事が起こる。急に家を売らざるをえない状況に追い込まれるかもしれないという受動的な理由 [続きを読む]
  • 新築ブルー
  • 施主検査日だったか、引渡日だったか忘れましたが・・・。記憶にあるのは、もう完成しているリビングに、昼下がりの直射日光が射している景色。掃出窓からは、バッチリお見合い状態のお向かいさんが見えました。そのとき、「ああ、これからはずっとここで暮らすんだな」と思ってゾッとしました。「え? え? こんな狭い家でじっと暮らすの?」「こんな前後左右、他人の家に迫られた密集地で暮らすの?」「ここで歳を取っていくの [続きを読む]
  • コンサルさんとの最後
  • コンサルさんへの報酬の半額が払い終えていないことには、しっかり気づいていました。しかしあえてこちらからは放置。コンサルタントをつけた一番の理由である工事チェックを軒並み放棄され、怒り心頭となっていたバードは、「もし残額を請求してきたら医者の診断書を見せるように言う。もし診断書を見せないようなら、正当な理由のない契約不履行で、残額の支払いを拒否する」と考えていました。診断書の発行料も調べたりしていま [続きを読む]
  • コンサルさん経由の住設機器請求(下)
  • すみませんね、こんなくだらない内容で続きがあって。あー、もうこのメールのやり取りは書かなくていいかなと思ったのですけど、もー、いかにもコンサルさんらしいので書かずにいられなかった。有終の美。住設機器の追加請求の件でやり取りした4日後。バード夫が、コンサルさんが言い訳に転送してきた〇〇卸のメール内に書かれていた「ユニットバス日程変更代」も、バード夫婦に請求されるのかと増田さんに確認したところ、コンサ [続きを読む]
  • コンサルさん経由の住設機器請求(上)
  • Web内覧会も終え、書かねばと思っていた後悔ポイントについても書き終えました。さて、書き残していることと言えば・・・そう、コンサルさんとの末路、ですね。12月末、「骨折が判明し、医師から安静を告げられた」という理由を掲げ、施主検査の同行も放棄したコンサルさん。いつだって責任を負ってきてくれた増田さんと、和気藹々と家造りをさせていただいてきた尾崎さんのもと、晴れて完成した我が家を検査させていただく場に [続きを読む]
  • ご報告
  • すっかり筆が遅くなってしまっておりますが、コンサルさんとの最後もキッチリ書かないといけないですね 笑。さて、本日はご報告記事で失礼いたします。このたび日刊Sumaiさんにてライターのお仕事をさせていただくことになりました。昨日、記念すべき初記事が公開されましたので、ご紹介させてください。なぜ新宿なのか?【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】基本的にこちらのブログで書いたことのリライトにな [続きを読む]
  • もし次に家を建てるなら
  • 「後悔」とは違う。家を建てるまで家やインテリアにまったく興味のなかったバード夫婦なので、家を建てなきゃ知らなかった・分からなかった世界。自分がこんなに家が好きになると思わなかった。こんなに家が日々喜びを与えてくれる物だと知らなかった。そう実感すればするほど、もっと自分達の好きなテイストを勉強してから家を建てればよかったああああ!!という思いが強くなっていきました。えへへ。もとは建売と注文住宅の違い [続きを読む]
  • 後悔ポイント(11)
  • さてやっと4階まで上がってきました〜。◆塔屋・搭屋も無垢床にすればよかった(後悔度:低)涙ぐましい減額調整のなかで、K工務店さんで最も安く仕入れられる床材にした塔屋。でも西新宿ビルを眺めながらまったり情緒に耽る予定だった塔屋なので、着工してから徐々に「最安のプリント合板のフローリングじゃ情緒が・・・」と後悔し始めました。思い切って「2階と同じアカシアの無垢床にしてもらえないか」と頼んでみましたが、 [続きを読む]
  • 後悔ポイント(10)
  • 3階の続きどす。・3階トイレ窓に照明用コンセントをつければよかった(後悔度:中)型ガラスだからどうせ外からキレイに見えないと思ってコンセントつけなかったのですが、型ガラスでも光はキレイに見えると知り、後悔しました。仕方ないので窓枠にランプを置くことは諦めて、ウォシュレット便器用のコンセントから電源を取って、タンク上にランプを置くことで自分を慰めています。・・・かなり気に入っています。・3階パソコン [続きを読む]
  • 後悔ポイント(9)
  • 2週間ほど空いてしまいました。ハワイ旅行に行っておりました。新居に住んでから初めての海外旅行。奮発して5つ星ホテルに泊まったのですが、住設機器の使い勝手に大変不満でしたよ。我が家の水回りの快適なこと。をほほほほ。高級感は雲泥の差でしたけどね!↓ ホテルの洗面台↓ 我が家の洗面台さて3階です。寝室から。・寝室の押入れの扉を減額調整で削らなければ良かった(後悔度:中)書いたことありますが、減額調整のと [続きを読む]
  • 後悔ポイント(8)
  • ◆リビング(続き)・引掛けシーリングを2個連動スイッチにしなければよかった(後悔度:低)この2つのランプ、同じ一つのスイッチで点灯させるのですが、これを分ければ良かったです。掃出窓に面した右側のランプは外から見えるので、こちらだけ常夜灯として夜中じゅう点灯させていたかったなー。・ベランダに外用コンセントをつけたが、家内にスイッチをつければよかった(後悔度:低)いずれクリスマス時期に2階ベランダにイ [続きを読む]
  • 後悔ポイント(7)
  • ◆キッチン(続き)・キッチンパネルではなくステンレス板にすればよかった(後悔度:高)ガスレンジの前面・左面パネルは、サンワカンパニーのキッチンパネル(マットホワイト)にしました。でも願わくばステンレスを貼りたかった!施工直前に「やっぱりステンレスがいい」と言ったのですが、ステンレスにするとコストが跳ね上がると言われ、やっぱり取り下げてしまいました。このキッチンパネル・・・まあ、白が基調のキッチンな [続きを読む]
  • 後悔ポイント(6)
  • ◆キッチン・背面キッチンの高さを9500にすればよかった(後悔度:高)設計中に住んでいたマンションのキッチンが8500の高さだったので、あまり考えずに2台とも8500にしてしまいました(一般的な高さである安心感もあり)。でも改めて感じてみたら皿洗いの時に腰に負担がかかっている。身長÷2+5cmが快適な高さと言われているようですが、これって低くない?? 3階手洗場(壁付け実験用流し)は9500にしたのですが、これがと [続きを読む]