hakozaki さん プロフィール

  •  
hakozakiさん: 大学生の就活、20〜30代の転職・キャリア支援
ハンドル名hakozaki さん
ブログタイトル大学生の就活、20〜30代の転職・キャリア支援
ブログURLhttps://ameblo.jp/hakohit-pht-career/
サイト紹介文元人事、今大学のプロのキャリアカウンセラーが、企業・大学両方の観点から就活やキャリアのリアルな話を
自由文大学生、2・30代のキャリア支援・教育を行うキャリアカウンセラー箱崎です。企業と大学両方の観点に潜在意識の働きを加えバランス良く、就活やキャリア、セラピー・日々の気付きの話など。特にまじめ過ぎるあなた、不器用なキミに、毎日が少しずつ良くなるきっかけや潤いを
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供415回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2015/05/10 22:05

hakozaki さんのブログ記事

  • 仕事でも、いい連休
  • 連休中ではあるが、大学生の就活スタートアップ講座が2日間行われた。大学生は結構忙しい。平日の祝日は半分以上授業があったりするので、先週も今週も普通の土日になる。 今日は関西や新潟、なんと北海道から参加してくれた学生もいる。講座で何かを伝える、という以前にこの場に足を運んでいるこのこと自体で、もうすでに参加者は大切なものを得ているのだ。「掴み取る」という感覚を持って参加した2日間、就活のスタートとして [続きを読む]
  • ボクの好きな景色に、味わいを添えて
  • ボクの好きな景色。瞬きした瞬間にこの光彩や、夜と昼と夕焼けが交じり合う絶妙な色合いは消え、もうこの景色は変わっていく。そんな一瞬一瞬が積み重なるひと時を誰かと過ごせる。眺めた後には、一言二言言葉は交わしたいけれど、言葉もいらずにただただ眺める。あいにく大好きな人と、はなりませんが、こんな景色を大学生たちとともに眺めていました。 熱心に学んだ休憩時間のちょっとしたご褒美。大好きな人と、ではなくても、 [続きを読む]
  • ナラティヴの「わ」
  • 2年前に発祥の地、ニュージーランドで出会ってから、ナラティヴ・セラピーは色あせることなく、ボクを魅了し続けています。それはきっとボクだけではなく。ナラティヴがもっと身近な存在になれば、日常がもっと楽しく、そしていい意味で日常のいろいろなものから緩まるのでは、と感じています。日々に「ゆるさ」と「物語」を。 ナラティヴに触れる「輪」が広がり。ナラティヴが日本ならではの「和」のナラティヴに発展したり。ナ [続きを読む]
  • あんかけに囲まれて(嫌いも、好きになっていく)
  • ボクの四大好きな食べ物は、トマトにケチャップ、そばに、あんかけがある。今日は中華で、あんかけに囲まれ、とても幸せ。人は好きなものに囲まれると、やっぱり幸せになる。 その好きなものの中に「誰かの何かを一緒に作る」というのが最近入ってきた。キャリア講座に、ナラティヴの勉強会、対話の場などなど。以前は誰かと何かを作るのが苦手で、合わせすぎてしまうところが窮屈さを感じていた。もちろん、今もその窮屈さや配慮 [続きを読む]
  • 体に空いた真空の穴
  • 夢がかなわなかったり、目標が見えなくなったり。大切な人との別れや、好きな人に振られたり。 そうすると、体の中にぽっかりと真空の穴が開く。それは求めていたものが大きければ大きいほど、その穴は大きくなり、大きい真空はなんでも吸い込んでしまう。その穴を埋めるために、いいものも悪いものも。 真空の穴は今まであったものが零れ落ちたもので、きっとかさぶたにならない傷口のようにいつも傷んで、夢や大切な人やモノの大 [続きを読む]
  • お祝いできる日々
  • 先日、弟の誕生日があった。今年は大切な人との別れがあり、当たり前はいつまでも続かない、という当たり前のことを思い知らされる。今祝えることを大切にして、珍しく実家にいる弟に誕生日プレゼントを贈った。これからも、そのときにそばに居る人をたくさんお祝いできるような日々を送りたい。 というわけで、9月はたくさん祝わせてもらっている。誕生日に合格お祝い、就活の内定祝いに引っ越しのお祝いなどほんとに様々。中には [続きを読む]
  • 就活支援講座「社会人と話そう」#1
  • 今日は、就活実践講座「社会人と話そう」を行いました。栄えある一回目、対話のカタチを初めての形でチャレンジしたことでどうなることかと思いましたが、学生の方の満足度はもちろん、参加された社会人の方も自分が思ってもいなかったコメントを頂き、興味深い時間を過ごすことができました。大学生も本気で話す、社会人ももちろん本気で話す。オープンダイアローグの考え(+ローマ時代の夫婦喧嘩の仲裁方法)を使った仕掛けが、 [続きを読む]
  • 秋空のボクにしみいるペテン師の声
  • この連休は2日間続けて、毎月1回のペテン師先生の勉強会だ。毎回、参加してはへこみ、翌月まで悶々と考え、日々試すという(ドMにはたまらない…、ではなく)ホントに自分にとってありがたい学びを得られる場が、今週は2日連続。ある意味では、旅行よりも楽しく幸せな2日間。 「ありがたやありがたや」と名言をもらって帰るだけのものや、やった気になるセミナーとは全く異質のもの。今回も、自分の至らなさやペテン師先生のすご [続きを読む]
  • 【違和感がありながら、一番好きで自分らしい時間(プロロン・ダイアログ#43)】
  • ボクが一番好きな時間。プロロン・ダイアログで対話をじっくりした後に、それを紙に振り返る様子である。それまで2時間ほどの対話をそれぞれが振り返りながら、集中して紙に書いている時間は、話していないのに何か一体感がある。すべての対話や価値観がかみ合っているわけでもないのに、ホントに不思議だ。 自分が一番自分らしくいられる場所。それは一人でいる時間、友達や好きな人といる時間と比較しても、そう感じる時間。役得 [続きを読む]
  • 「喜んでもらって…」こんなところにもその人らしさ(対話前夜)
  • 喜んでもらってうれしい。喜んでもらってほっとする。こんなところにも、その人らしさが出るのが興味深い。 ちなみに自分は後者が多い。他の人はどうなんだろう。「なぜなぜな〜ぜ、どうしてなの♪」と遠慮なく聴ける場所。(ちなみにこれが歌える人は…世代がわかる) 言葉に敏感になる、プロロン・ダイアログ、対話前夜。体全体が対話に準備しているのが面白い。 ―――プロロン・ダイアログカフェ#43@渋谷9月14日(金)19:30〜 [続きを読む]
  • 「違和感」を手に取る(プロロン・ダイアログカフェ#43)
  • 人生をちょっと変えるには、対話、しかも良質な対話が必要だと思う。自分ではなかなか物事の視点を変えられないからそして、外からの問いかけに言葉にすることで、自分の考えていることがわかるから。自分はこんなことを考えていたのか、と気づく。 対話には、自分以外の発話もある。全く同じ価値観、ということはほとんどなく、大抵は少しの、時たま、認められないくらいの大きな違いがある。日常では拒否してしまうそうしたモヤ [続きを読む]
  • 就活を継続している割合は(就活を続けて孤独を感じている4年生へ)
  • 就活を続けられているキミへ。「今時点で就活をしているのは自分だけじゃないか・・・」と考えてしまうことってあるんじゃないでしょうか。 就職みらい研究所(リクナビ運営)が毎月出している「就活プロセス調査」というものがあります。8月1日時点で就活を続けている人は22.4%となっています。5人に1人は就活をつづけているんですね。就活を続けているアナタは一人じゃないですから。 詳しくはこちらをhttps://data.recruitcareer. [続きを読む]
  • ひげもじゃと2:2:6
  • 仕事をしているにも関わらず、16時過ぎにひげをそり忘れたことに気付いた自分はいったい・・・。相談に来てくれた学生に謝り、「そうですかねぇ、気にならないですよ」といってくれたけれど。数日ひげをそらないと顔がゴリラ化の自信がある自分だったが、ひげが薄くなってきたことを喜ぶべきか。そういう働き方もOKな環境にいられるようになったことを感慨深く思うべきか。身だしなみ、という点では無頓着になったことを嘆くべきか [続きを読む]
  • うれしい言葉と新たな決意(ナラティヴ・セラピー実践勉強会#25)
  • 日曜朝に学ぶ。以前なら、眠くて勘弁、という感じだったが、この勉強会を始めてから休日の午前中は学びにぴったりの感覚がある。何より午後からの時間を有効に使える。そして、ランチビールもうまい。 25回目の今回は13名の方々とともに、ナラティヴ・セラピーを身近にするべく、いろいろと取り組んだ(改めて考えると、これってスゴイことですね)。興味深かったのは、ナラティヴに触れるのは初めての方の「これは日常で使えそう [続きを読む]
  • 採用担当が就活生に対して残念に思うこと(遅刻でも欠席でもなく・・・)
  • こんなメジャーとはいえないブログを読むようなキミだから。この夏休みはインターンシップをはじめ、大学外のいろいろな講座やセミナーなどに積極的に参加されていると思います。そんなキミだからこそ、お伝えしたいことがあります。 いろいろな活動に積極的に参加することで、どうしても予定していたものに参加できないこともあるでしょう。予定などがバッティングしたり、体調不良や交通の乱れたりなどなど。理由はなんでもよい [続きを読む]
  • ワークショップ100回で初のチャレンジ
  • 対話の場を中心に、いろいろなワークショップを3年半で100回近く行ってきたが、今日は初のチャレンジ。暑いので、おやつにアイスを持ってきた。クーラーバックに保冷剤をどっさり。準備は万端、かと思いきや、アイスは5割以上溶けていた。む、無念。 大坂なおみが、テニスで日本初の四大大会優勝を達成したように、時代は変化していく。まだまだ工夫できることも、チャレンジできることもあるんだ。いつも通り、は安心するけれど、 [続きを読む]
  • 想いが届かなくても
  • アナタの想いが溜まりに溜まって、熟れた果実のようにぷっくりと大きくなって。それが届けたい人の手に渡らず、それでも想いが膨らんで。熟れた想いは大きくなりすぎて、やがてぺちゃっと地面に落ちてしまう。 それは悲しいことと嘆かないでほしい。届けたい想いは、届けたい人に届かなかったかもしれないけれど、ぺちゃっと落ちた想いは、それで拡がり、思いもしなかった人に響いたり、それがホントに必要だった人に届いたりする [続きを読む]
  • 「とにかく会話(対話)を続けよう」(ナラティヴ・セラピー実践勉強会)】
  • 「とにかく会話(対話)を続けよう」数ある印象に残るナラティヴ・セラピーの中でも、お気に入りの言葉ナラティヴ・セラピーがほんとに頼りになるところで、これまで何度助けられてきたのか。それでも使っていないと、その距離は離れ、存在感がぼんやりしてきてしまう。分かりやすく言うと、下手になっていく、ということが恥ずかしながらある。 自分は、大学生のキャリア支援(就活相談)がメインだが、夏の期間は相談件数が少な [続きを読む]
  • おばけ美術館
  • 残暑の季節、仕事帰りに以前から気になっていたこちらへ。ホラー映画は好きではなく、どちらかというとこわさとは距離を置きたいものだが、「おばけ美術館」というのはマイルドな感じがして立ち寄りやすかったのもある。 絵画をみながら、小さい頃のことを思い出した。お盆の時期、地元のお寺に行くと地獄絵が飾られていた。悪いことしたらこうなるんだな、ということを誰に教えられるものでもないのに教わり、夜眠れなくなったこ [続きを読む]
  • 北風でも、太陽でもなく(就活実践講座)
  • 月火と、就活実践講座「自己分析」。自己分析はこうやるものだ、とhow toを一生懸命教えるのも大事ですが。自分を知る(自己分析)って楽しいもんだよ、って体感覚で感じてもらうほうが次につながるのではないかと思っています。本を読みなさい、と起こっても子どもは本を読まないけれど、「この本、こうなんだよ!」と目を輝かせて伝えることで、読んでみようかな、と思うように。 自己分析はやらなきゃいけないという「北風」で [続きを読む]
  • 折れない傘と、これからの生き方(失敗しても大丈夫)
  • 最近、傘を差しても無駄なゲリラ豪雨が多い。横殴りの風で、雨宿りするしかないスコールがたたきつける。どうしても時間に間に合うように移動しなければならないとき、傘をさして歩く人たちの勇気は、傘がぽきっと折られることでくじけさせられる。 先日、自分が入手した傘は、折れない傘、ではなく、折れても大丈夫な傘。傘が折れないものを作る。のではなく、折れても大丈夫なものを作る。ちょっとしたことだけど大事なことだと [続きを読む]