hakozaki さん プロフィール

  •  
hakozakiさん: 大学生の就活、20〜30代の転職・キャリア支援
ハンドル名hakozaki さん
ブログタイトル大学生の就活、20〜30代の転職・キャリア支援
ブログURLhttps://ameblo.jp/hakohit-pht-career/
サイト紹介文元人事、今大学のプロのキャリアカウンセラーが、企業・大学両方の観点から就活やキャリアのリアルな話を
自由文大学生、2・30代のキャリア支援・教育を行うキャリアカウンセラー箱崎です。企業と大学両方の観点に潜在意識の働きを加えバランス良く、就活やキャリア、セラピー・日々の気付きの話など。特にまじめ過ぎるあなた、不器用なキミに、毎日が少しずつ良くなるきっかけや潤いを
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供407回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2015/05/10 22:05

hakozaki さんのブログ記事

  • 赤ペン先生
  • この歳になり、書いた文章に赤ペンを入れられることがこんなにうれしくなるものだとは思わなかった。読みたいような、読みたくないような。厳しいことを言ってほしいような、ほめてもらいたいような。書いてみなければ、始まらなかったこと。少なくても、チャレンジしたことは自分の「できたこと」として残る。 甘え、ではないが、こうした人が自分に存在する、というのがいくつになってもうれしい。自分の足で立つために、師匠の [続きを読む]
  • 7×7=49
  • あれから7週間が経つ。どうしても過去のことを振り返ってしまう。いない人はもういない人、なのだが。読んでいた本、録音されていた音声、使っていた小物、その人の香り。 7×7は49。ラッキーセブンを掛け合わせると、幸せの先には不幸がある。なんてことを思ってしまう。意味づけをどうしてもしてしまう。 逆に、不幸も区分けしていくとそこに幸せが見つけられるかもしれない。49=7×7。それで見えてきたもの、つながってくる縁 [続きを読む]
  • 年齢のすごい切り株のような力強さ
  • 今日は毎月一回の勉強会。何十人も参加して宿題提出率100パーセントだって。すごいよねぇ。不安になることはあっても、やらされている感がなく、むしろ進んで取り組んでいる。 こんな勉強会、してみたい。きっと、最初から作られたものではなく、作り上げてきたからこそできるもの。その大変さを思う。 近づけば、ペテン師先生のその背中は大きく厚く。すごいなぁ。年輪のすごい切り株のような力強さ。ただ、それが分かるまで近づ [続きを読む]
  • 【ナシ、がアリになる(プロロン・ダイアログ#39)】
  • 先日行われたプロロン・ダイアログカフェ。今回は「甘える」とは。4月の「恋愛体質」に続き、なんだか春っぽく、プロロンっぽくないテーマですが、続き物のような感覚があって、2か月分楽しめた感覚がある。 参加された方々の、甘えるにまつわる話は、概念的なものではなく、豊かな経験談を話してくれる。自分ゴトで話してくれることが嬉しくて、自分も含めて、一人一人の心を震わせる。人と違う自分でいいのかな?これを言っても [続きを読む]
  • 人生を、信じてみる
  • 人生は奇跡が起こる。 学生との面談。数日前に受けた企業の最終面接がうまくいかなかったとのこと。2週間以内に連絡がある、と伝えられているが、手ごたえのなさに落ち込んでしまっているとのこと。話をじっくり聴かせてもらい、次回に生かせる点をとことん話し、「足りない部分がわかりました」と、話した途端、その学生の電話が鳴る。電話番号から、少し驚く学生。自分は席を外した。 10分ほど話していただろうか。電話が終わっ [続きを読む]
  • 5月に「甘える」?(プロロン・ダイアログ#39)
  • 初夏なのか、春なのか。なんだかどっちつかずの季節感にGWが空けてもなんだかまだ気持ちが落ち着きません。この季節感に、ピリッとしなければいけない事柄にもちょっと甘えている感覚があります。 さて、この「甘える」この言葉を聴いたときにどんな印象が浮かぶでしょうか?どんなイメージを持っているでしょうか。「甘える」に縁遠さを感じている自分は、前月の「恋愛体質」というテーマ同様、またまたドキドキしています。きっ [続きを読む]
  • 就活の満足・不満足はここで差がつく(この時期、意識して行いたいこと)
  • 5月も中旬、寒暖の差が激しかった5月上旬を過ぎたら、初夏を思わせるような気候が続く。黒いスーツでの移動、建物内に入ると冷房が効いていて、温度の差で風邪も引きがちになるからご注意を。 5月中旬に入り、面接やリクルーター面談、企業での模擬面接(今年はこれが多いですね)などで、企業との接点が多くなってきた。それと同時に、選考結果が出始めて、これからの就活について思い悩む時期にもなってきた。ちょうどスケジュー [続きを読む]
  • 無くて七癖と、トイレのマーク
  • 無くて七癖、なんて言いますが。自分の癖、というか趣味は、トイレのマークを撮ること。便器の違いなんかも日本だけではなく各国で違って面白いのだが、今回は写真映りを気にしてトイレのマークをご紹介。 もともと、イタリア旅行に行ったときにツアーで知り合った人が車のホイールを写真に撮っていて、「それ面白い!」とマンホールを取り始めたことがきっかけで、今ではその趣味の幅はトイレのマークといったところまで広がって [続きを読む]
  • 試す場、失敗を共有する場(ナラティヴ・セラピー実践勉強会#21)
  • 先日土曜日に「ナラティヴ・セラピー実践勉強会」が行われました。今回で21回目。参加された方から「すごいですね」なんて言われましたが、一緒に行っているまぐさん(笹田さん)がいるからこそできているものだなぁ、など考えます。まぐさんは「根性で続けていますけれど」など笑って言っていました。 今回は九州や関西!からもご参加いただいて、なんだかびっくりしています。もちろんこの勉強会のため!ではありませんが、空い [続きを読む]
  • 平日よりも早起きをして(学びにぴったりの朝)
  • 平日よりも早起きをして。駅までの道のりに、小学生や保育園に向かうお父さんお母さんと手をつなぐ子どもが楽しそうにおしゃべりしながら歩いている。歩きながら電気カミソリで髭をそるおじさん。公園では、朝から聞し召している若人たち。駅の構内では、薙刀だろうか、弓道だろうか。長い得物をもってワイワイ話す女子高生。 いつもと違うの光景にちょっとわくわくしている土曜日の朝。さわやかな5月の風とともに、微笑みを運ぶ朝 [続きを読む]
  • それ自体がギフト
  • プレゼントをもらう。もらったプレゼントの中身がうれしいのはもちろん。それ以上に、「これはどうだろう?」と考えてくれることがうれしい。時間としては短いものかもしれない。それでも、自分に興味をもってくれること、それがうれしい。 こんな時間がもっと増えればいいな。そして、自分も他の人にこんな時間を提供したい。プレゼントだけではなく、話を聴くことでも、会話を続けることでも。考えてますよ、アナタのこと。 誰か [続きを読む]
  • 毎日かあさんと結婚意欲
  • 毎日かあさん。西原理恵子は昔からとても好きな作家。それでも最近このシリーズを読んで、素敵な女性だな、なんて思ってしまう。自分はこうはなれない、と思うが、こうした生活もいいなと思う。 結婚や子育て、大変だけどそれを上回ることがある。100パーセントいいものだよね。ではなく、大変なことも嫌いなこともムカつくこともひっくるめて、それでもいいよねと。51パーセントいいならいいんじゃないと。生きてるっていいね、と [続きを読む]
  • ナラティヴ・セラピーを日常で(実践勉強会#21のお誘い)5/12@渋谷
  • ナラティヴ・セラピーは日常で使える、とても豊かな会話ができます。上司と部下、組織の中で、夫婦間や子供との関係の中で。3月に国重さんが行われた「実践例からのナラティヴ・セラピーはじめの一歩」で、その可能性は確かにある!と感じています。いろいろな可能性を秘めているナラティヴ・セラピー、試してみませんか?試していくかかわりの中で、「こんなところにも使えそう!」という新しい発見を一緒に見つけていきたいです [続きを読む]
  • 新緑まぶしい5月、プロロンの活動予定
  • GWが終わりましたが、みなさんリズムは戻られたでしょうか?GW明け、そしてこの寒さ…まだ自分は、リズムがとれず、5月はなかなか苦労をしそうです。 今月のプロロンの活動のお知らせです。「対話」「キャリア」「ナラティヴ・セラピー」の3本立てで行いますよ。何かと落ち着かない時期ですが、落ち着かないからこそ、非日常の会話・対話が効果があるなぁと感じています。ピンときたものでご一緒できると嬉しいです。 ―――① [続きを読む]
  • 「休みの日、夜遅くに連絡をする会社はブラックか?」に思うこと
  • GWはいかがすごされたでしょうか。就活のことがあり、なかなか休もうと思っても100%休めなかった人も多いのではないでしょうか、お疲れ様。 就活の連絡がまったく無かった、という人は少なく、5月の平日には面接やリクルーター面談、テストセンターなどで就活に動いていた人が一般的かもしれないね。自分もGW直前やGW中の平日には、多くの就活生の話をうかがわせてもらった。 そんな方、最近何人の方からも相談を受けた内容 [続きを読む]
  • 「休みの日、夜遅くに連絡をする会社はブラックか?」に思うこと
  • GWはいかがすごされたでしょうか。就活のことがあり、なかなか休もうと思っても100%休めなかった人も多いのではないでしょうか、お疲れ様。 就活の連絡がまったく無かった、という人は少なく、5月の平日には面接やリクルーター面談、テストセンターなどで就活に動いていた人が一般的かもしれないね。自分もGW直前やGW中の平日には、多くの就活生の話をうかがわせてもらった。 そんな方、最近何人の方からも相談を受けた内容 [続きを読む]
  • 痛みが学びや哲学のもやもやに変わる朝(歯医者で考える)
  • GW前から痛みを感じていた歯の治療のため、歯医者へ。歯の噛み合わせが変わり、それが影響して知覚過敏を起こしていたそうだ。噛み合わせは年々変わるが、歯が磨耗してぴったりになるようだが、銀歯は磨耗せずにかみ合わせの変化によって痛みに変わる。歯はすごい。できることを少しでもしようとしている。 歯医者は行かずに済ませたいけれど、やっぱり定期的に見てもらうって大事なんだ。継続って大事なんだ。 噛み合わせも変わ [続きを読む]
  • プレゼントが怖い
  • どうして大好きな人へのプレゼントは渡すのが怖いのだろう。選んでいる間も喜んでくれるかな、なんて心配して。 プレゼントは手渡したら、後はその人のもの。願わくは、ほんのちょっとの微笑みくらいがおこるものであれば。 [続きを読む]
  • 人に会う3日間(尊敬するものに、本物にふれる)
  • 人生を豊かにするためには尊敬する人、もの、ことや場所に触れることが必要。本物に触れることが必要。 先日はジャズだったけれど、今回は人。尊敬するペテン師先生との3日間の学びは、自分の原点を思い出させてくれる輝きのあるものだった。「一度学んだことがある」なんて退屈にしている人を見かけるが、一度学んだことのある中でも気づけなかったものもあり、未だに難しいと感じることもある。そして、うれしいことに「これはで [続きを読む]
  • こどもの日に、就活を考える(就活で得られるもの)
  • 今日はこどもの日。都内でも、こいのぼりが風にたなびき、公園では五月晴れの中、元気に駆け回る子どもたちがまさに「こどもの日」を表している。そんな中、ふと、こどもの日と就活って似ているな、と感じた。 子どもは元気に走り回り、転び、けがして泣いていても、また立ち上がって駆け回る。そうした日々が、子どもを成長させ、大人にさせていく。なんでも試してみる好奇心と行動力がある子どものほうが、そうした経験を数多く [続きを読む]
  • こどもの日に、就活を考える(就活で得られるもの)
  • 今日はこどもの日。都内でも、こいのぼりが風にたなびき、公園では五月晴れの中、元気に駆け回る子どもたちがまさに「こどもの日」を表している。そんな中、ふと、こどもの日と就活って似ているな、と感じた。 子どもは元気に走り回り、転び、けがして泣いていても、また立ち上がって駆け回る。そうした日々が、子どもを成長させ、大人にさせていく。なんでも試してみる好奇心と行動力がある子どものほうが、そうした経験を数多く [続きを読む]
  • 複雑な一日(祝い、弔い、喜び、惜しむ)
  • 尊敬する人の誕生日をお祝いして、その場にいられることの喜びを感じる。尊敬していた人の誕生日を今年から祝えない現実に、悲しさを感じる。祝い、弔い、喜び、惜しむ。人生の縮図のような一日。単色の人生なんてありえないから。 憲法が生まれ、緑が生える。気候は五月晴れがぴったりとくるGWの日に、複雑な心持ち。 [続きを読む]
  • 尊敬するものに、本物にふれる
  • 人生を豊かにするためには尊敬する人、もの、ことや場所に触れることが必要。本物に触れることが必要。 ステージのど真ん前、演奏者と2メートルの距離で1時間半、音楽を浴びる。コロンビアのハープニスト(?)はまさにジャズでした。場所と音楽、ビールに会話。「はまりそうです!」一緒に行ってくれた方の言葉が、なんだかうれしい。 豊かさは自分に何をしてくれるか、未だはっきりしませんが、とりあえずお近づきになりたい存在 [続きを読む]