こころの万華鏡 さん プロフィール

  •  
こころの万華鏡さん: こころの万華鏡
ハンドル名こころの万華鏡 さん
ブログタイトルこころの万華鏡
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/satori41
サイト紹介文深層心理や精神世界を考察しながら、心の不思議を紐解くのが好きです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/05/11 14:14

こころの万華鏡 さんのブログ記事

  • 恵みの雨
  • 案の定、台風は投票日めがけて日本へ向かってくる今回のは超大型らしい、、と言ってもカテゴリー3だから、先月フロリダやカリブ海を直撃したのよりは小さい今回もまた豪雨による被害が懸念されます優しい雨恵みの雨浄化の雨雨は時に牙を剥き洪水などの災害をもたらすけれど雨が悪いんじゃない・・・私たち人間が問題を肥大化させてしまった私たちの都合のいいように自然に手を加えすぎた私たちがやってしまったことは私たちに跳ね [続きを読む]
  • Falling - John Frusciante
  • この音の組み合わせ、、おもしろい♪音色が音色を追いかけてるでも、届かないボタンの掛け違いで狂ってしまった現象を元に戻していくような調律FallingFallingわたしも落ちいく落ちることで調律される・・・遥か彼方へと飛んでゆく前にストン、、ストンと落ちていくことで飛行距離が伸びていくJohn Frusciante - Falling [続きを読む]
  • 森林火災
  • アメリカ、ロサンジェルスの森林火災は鎮静化せずに被害が拡大し、焼失家屋数は7000棟を超えたそうです。そんな中、ポルトガルでも森林火災が起きた・・こちらも収まる気配はなく、スペインにまで燃え広がっている。史上最悪とされるほどに拡大している理由は夏から続いた乾燥と季節外れの高温とのことで、これに加えて、ハリケーン・オフィーリアの異常な進路が関係しているのだそうだ。通常は大西洋で発達した台風は西に向か [続きを読む]
  • 母の空(くう)
  • 母の認知症は緩やかに進行している・・けれど、母の心の奥に溜めこんできた負の感情は着実に解放され続けているなと感じる。最近は鼻歌の頻度が増えていってることからも解放が促進されている事が伺えるのだ。何処でもここでも、暇さえあれば楽しそうに口ずさんでいる♪深夜のトイレの中からも気の抜けた唄声が聞こえてきて少々不気味でもあるほどだけど(笑)解放されている負の感情が如何ほどのものなのかは分からないが、緊張が [続きを読む]
  • 台風来るのかな・・
  • 昨日から冷たい雨が降り続いてる・・この時期の雨は好きこころの垢を洗い流してくれるような気がするから沈殿してた垢が表面化して少し苦しいけれど温かい目で見守っていると浄化され消えてゆく・・。さて、台風が発生?季節は急に前進かと思えば、こんな気温でも台風が発生しているようだ・・これも今までとは異質な感じの事象だな。ちょうど選挙投票日あたりに日本を直撃するつもりなのかな?台風の気持ちも判らなくはない(笑) [続きを読む]
  • 知識と知恵
  • 「知恵」が内側から内発的に生まれるものであるのに対し、「知識」は外側からのお仕着せであると思う。知識で理論武装することに終始するだけでは、本質的な(霊的な)成長は望めないだろう。ディベートで相手を打ち負かしても魂は喜ばないのだ。外側から得た知識を体験的に落とし込んでこその成長だと思う。外側から得た知識でも、、自己の内側で何度も燻らせていくうちに知識はやがて内発的な知恵へと変換されてゆく。それが人間 [続きを読む]
  • 岩戸閉め(ひふみ神示)
  • この世の調律は狂っている不協和音も甚だしいそれもこれも全ては人間の所業だけれどそもそもは、、日本神話のイザナギとイザナミの夫婦の仲たがいに端を発していると言われている。この夫婦神のいさかいが最初の「岩戸閉め」である。本来は夫婦和合であるべきものがどこでどう間違ったのか、、夫婦断絶へと向かってしまったのだ。そのせいで、、、この世は陽(男性原理)と陰(女性原理)が分離した世界となる。本来は和合調和しな [続きを読む]
  • 霊性
  • 無意識は闇意識は光すべては意識に掛かっている意識の状態が死後に赴く世界を決定するそういう意味で「気づき」は重要で気づいているか否かにかかっている幸・不幸はさほど関係はないのだ自分の内に在る惨めさ、怒り、悲しみ、憎しみ・・そういう内なる闇にどれほど気づいているかという事も霊性を測る一つの判断基準となるだろうそれら内なる闇に気づいてる人だけがそれらから自由になれる人でもある自由になるとは、それらに翻弄 [続きを読む]
  • 見えざる手
  • 夜中に強風が吹いて急に冷え込んだ。寝る時はまだ暑かったので母に厚手の寝巻を着せて掛け布団を薄手のものにしておいたから夜中に掛け布団をもう一枚足しに母の部屋にいく・・案の定、薄手の掛け布団は殆んど掛かっていない状態だった。母には季節感も認知できないし、身の回りの事も介護が必要なレベルなので、、そこそこに手は掛かるのだけどそれがまるで子育ての頃を彷彿とさせるのだ。まさかもう一度、子育てのような事をする [続きを読む]
  • 火山噴火と意識
  • おかげ様で風邪の症状は消えてスッキリした朝の目覚めでした♪新燃岳の噴火が気になります・・環太平洋火山帯では現在すでに30個以上の火山が噴火してるそうで、この新燃岳は34個目か35個目?36個目の火山が日本で噴火する可能性に注視しています。36はミロクですから、、もし日本の火山噴火が36個目であったとしたら「弥勒の世」の狼煙となり得る可能性は否定できません。ここ数日の異様な暑さも日本列島の地熱とか地磁場の影響も [続きを読む]
  • 音叉療法
  • 風邪気味です・・昨日昼頃から急に喉(正確には耳の奥)が痛くなって、、私の風邪はいつもここから始まります。で、葛根湯を飲んで、音叉を当てた。音叉療法・・ご存知ですか?音の周波数で癒す療法で、宇宙の理に適っています。本格的な音叉療法になると様々な周波数を持つ音叉を7本くらい用いて施術していくのですが、、私は528ヘルツのを1本だけ持ってます。この528周波数は万能と言われるもので、宇宙との調和やDNAの修復に [続きを読む]
  • 王仁三郎の予言
  • 前回記事にした出口王仁三郎に依れば、この現象世界(この世)の背後にある霊界(あの世)は未完成の世界なのだそうだ。因果でいう「因」の世界でもある霊界が未完成なので、霊界が移写したこの地上世界は、優勝劣敗・弱肉強食の獣の世となっている。(う〜ん、納得)このような宇宙内部の邪気はやがて一掃されこの世もあの世も祓い清められた後、宇宙は愛善と真信の光明世界である大完成時代に向かうというのが大本教の根本教説で [続きを読む]
  • ホログラム
  • 昨日は最高気温29℃で夏日に逆戻り。。大気はさほどでもなかったけど、太陽の陽射しが強くて帽子を被らなかったことを後悔する程だった。なんか、、気象の異常さもヒートアップしてるようです。夜も気温はあまり下がらず、肌寒さを感じなかったし、、むしろ暑かった。さて、昨夜の月が目に留まった時、写真を撮りなさいという内なる声が聴こえた気がしました。私の安物のデジカメでは上手く撮れないのですが、その方がむしろ意外な [続きを読む]
  • 王仁三郎の宇宙観
  • かの大本教、出口王仁三郎の霊界物語は最後の審判書とも言われ、 宇宙の剖判から未来に至る大宇宙の実相が物語の形式で開示されています。全81巻、83冊という他に類例を見ない長大な教典ですが、内容的にも難解で、、私もかつて全巻購入したものの、全体の半分も読めてないのが現状です。それでも気ままに読み進めているそのペースが遅すぎて内容を忘れるスピードの方が圧倒してます(笑)で、この書物にも人類と宇宙の関係につい [続きを読む]
  • くじらの声
  • 昨夜から雨が降り止まない・・(天気予報では未明には止む、、だったのに)風はもう止んでいて、、雨の音が心地よいこの雨がどうか慈雨となりますように・・なんて、ふと思った。未明と言えば、福島で震度5弱の地震があったようだ優しい雨音に触発されてか朝から深海を漂うような感覚が続いてるこんな日は クジラの声に癒されたくなります。仕事場でもCDでよく聴いていましたが、、こんなに深い優しさを感じる声には他に出会っ [続きを読む]
  • 虎笛に・・
  • 朝早くから強風が吹き荒れています。虎笛も聞こえてくるし、、、この音が昔から苦手でした。なので、、嘗てこの音と共に内側に深く入っていったことがあります・・まぁ、、瞑想ですね。風が吹き荒れる音その音に掻き立てられるように怖れが湧いてくるこの怖れは何処からやって来るのか?その根源へと辿っていこうとしたのです。その辿る道すがら思考(マインド)が掻き乱される心地悪さというものがまるで強迫観念のようだと気づき [続きを読む]
  • どうやらこの世界は原初の始まりから人間の都合の良いようには創られていなかったようだそのあまりの都合の悪さの反動なのか人々は掟を破り、、掟を忘れ、、自分たちだけの都合の良さを優先させ過ぎてしまった不都合なことには目を伏せて都合よき世界を造ることだけに躍起になり過ぎたようにも見えるまるで前後の見境も無しにねその結果はご覧のとおり・・どうにも収拾のつかない混沌を招くこととなってしまったんだ タガがはずれ [続きを読む]
  • 自分を偽らない
  • 本当に大切なもの何だったか思い出せないそれを忘れたことすら忘れてるそういう意味では・・認知症だね何とはなしの違和感やこころのモヤモヤ得も知れない不安感紛らわせるためのあれやこれやを試してみるこうすれば・・「幸せになれる」「健康になれる」そんな魔法のような効果でさえ効いているのかどうか本当のところ ワカラナイ実感は掴めないままに・・・揺らぎながらも自分に正直に生きるのがいい自分を力点に生きるのがいい [続きを読む]
  • ムーンマトリックス 〜覚醒篇⑦〜
  • 昨日記事を書いた後、そうだ と思い立って昔読んだ本を書棚から引っ張り出してきました。デービッド・アイク著、為清勝彦訳『ムーンマトリックス〜覚醒篇⑦〜』・・・この本は陰謀論ではありますが、レプティリアンという宇宙人の存在についてのくだり以外は腑に落ちる点が多々あるのです。特に私が大いに頷ける点は、、人類は太陽から放出された本来の情報のフォトンを解読しているのではなくて 、改竄されたフォトンを解読して [続きを読む]
  • 雨、、そしてAI
  • 今朝、目が覚めると雨の音、、、明け方からまとまった雨が降っていたようです。そして久々に大きな耳鳴り・・ これは気圧の変化のせい?で、脈絡もなく、ふとAIのことについてが頭をよぎった。最近、AIが暴言を頻発するという事例があるようですね。人工知能ロボットが人間の思惑を超えて暴走する可能性は大いにあるということでホーキング博士らが警鐘を鳴らしています。その昔、ある霊能者の方からこんな話を聞きました・・ [続きを読む]
  • ai
  • 人を愛するのに理由なんて要らない愛に理由付けをする度に愛は形を変えやがては朽ち果ててゆくだろう互いを不自由にするのは愛に似せた束縛の縄真綿で首を絞められる感覚にも似てる愛は人間の本性だからことさらに謳い上げる必要もないのに声高に語る声には偽善が見え隠れする「愛」を「ai」と綴るとなんだか軽やかでホッとする♪だけど“AI”に宿る愛みたいになるから・・ちょっと怖いね [続きを読む]
  • 旧約聖書の中の日本地図
  • かつて、、日本は神々の土地だったもしこれが真実なら(私は真実だと思ってるけど)随分と穢されたものだと感心するだからこそか、、日本はカルマの温床に成り果てて浄化力もないナとも思うけれど・・。それはともかく、、このハヤシ浩司氏は色んな角度から精査されていていつも感心して見入ってしまう。(宇宙人ネタに関しては疑問もあります)ちょっと長いですが、、暇つぶしにでもご覧ください。2289(7)Map of Japan in Old T [続きを読む]
  • おまえが言うな!
  • 国難確かにそうだ国難どころか世界のピンチとも言える状況下で少なくともその原因の一翼を無自覚にも担いでいる当の本人でもあるおまえにだけは言われたくはない希望のためのリセット?希望の意味が理解できてるの?真の希望とは絶望をくぐり抜けた人間だけが手にすることのできる内なる創造の種でもあるうすっぺらな美辞麗句で誘導する作戦は通用しない時節の到来であることをもう、いい加減に悟ったほうがいいまるで蜘蛛の糸のよ [続きを読む]
  • 地震とか噴火とか・・
  • 昨日は最高震度3以上の地震が2回起きている・・和歌山北部で震度3と岩手県沖で震度4先日記事にした地震雲とその5日後位に垂直方向の雲が出てたのもこの和歌山北部の前兆だったのだろうか?耳鳴りは今のところ落ち着いてるけど変な浮遊感と眩暈のような症状が消えないのは多分、、地球全体の磁場とかシューマン共振とか大気の変化をエーテル体がキャッチしているのだと思う。世界中、、特に環太平洋で地震と火山噴火が頻発してい [続きを読む]
  • ホログラフィック原理 その3
  • この世界が実体のないホログラムだとして70数億人が一斉に参加するという超巨大シュミレーションゲームだとして、、、ゲームはいよいよ最終ステージに突入したのかもしれないという予感は以前からある。まず第一に、異常気象による地球の激変ぶりを見るだけでも尋常ではないし、(特に今年は・・。)これまで聞いたことが無いような劣悪な事件や事故などが多発化するのを見ても、時間(意識)の圧縮を感じる・・ まるで10年位のス [続きを読む]