新体道人 さん プロフィール

  •  
新体道人さん: 新体道人
ハンドル名新体道人 さん
ブログタイトル新体道人
ブログURLhttps://ameblo.jp/shintaidojin/
サイト紹介文新体道の稽古会をやってます。 稽古の事とか、滝行の事とか、マニアックな事とか!おもしろいよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/05/12 20:07

新体道人 さんのブログ記事

  • しなやかさと貫く意思が重要です
  • 「古い社会というものは、その体制を壊さないために、しきたりや風習や筋を通すことを異常なほどに大事にする。太古の社会を考えた場合、一歩圏外に出たらどんな危険がひそんでいるかわからない地域では、常に仲間と共に在ることほど安全なことはない。したがってそういう地域ではそれぞれの集団の中だけで通用する価値観が発生し、その社会だけの「和」が構築されてゆく。しかしそうした価値観は当然のことながら一歩圏外に出た [続きを読む]
  • 真剣に向かい合うということを練習しよう
  • (あーあ、入っちゃった。)江戸時代というのは、剣術を通じた思想が一つのピークを迎えた時代です。銃器の登場、華美な装飾になってゆく日本刀サラリーマン化してゆく侍たち、そんな中、実技を通じて思想を深めた侍も多くいました、針ヶ谷夕雲もその一人です。? ?*´¨`*?.¸¸.?*?.¸¸☆?*´¨`*?.¸¸「聖化しきったといおうか、こういう境地に達した者同士が立ち合った時、『互いに当たらぬ時を『相抜け』と云うなり [続きを読む]
  • 死について真剣に考えると、生きやすくなります
  • 今、街を見ても生き生きしてる!って人は少ないですねー? ?*´¨`*?.¸¸.?*?.¸¸☆?*´¨`*?.¸¸「人々の考えは『いかに生き残るか』から、いつ訪れるかわからない『死をいかに受け入れるか』ということへ変わっていったのである。」「からだは宇宙のメッセージ」青木宏之地湧社p144☆※*…〜…*※☆※*…〜…*※☆※*…〜…*※☆※*…〜…*※☆…私たちの稽古している天真体道では「死」ということが大きなテ [続きを読む]
  • 言葉の定義づけもほどほどにしておくと、生きるのが楽だと思います
  • 天真体道では、型稽古、形稽古を重視します。型と形、天真体道では定義上の区別があります。? ?*´¨`*?.¸¸.?*?.¸¸☆?*´¨`*?.¸¸「型を生んだ行き方そのものが把握される時、人は型を理解する。」「からだが拓くいのちの地平」青木宏之天真会p179☆※*…〜…*※☆※*…〜…*※☆※*…〜…*※☆※*…〜…*※☆…天真体道では、形は技などの個別の形、型はその形と形が流れや意味を持って一つの物語となった [続きを読む]
  • 自分が不幸だと思った時に
  • 日本に住んで、普通に生活していても自分を不幸だと思い込んでいる人は多いですね。そういう人と話をする時、言葉で追い詰めていって、強引に「自分は幸せだ」と言わせるのが私の趣味なんですけど(笑)そういえば、インドの古典ウパニシャッドには「条件付きの幸せは、別の名を持つ不幸である」とあるそうです。「幸せ」ってのは、要は「幸せ」なんですよ。論理ぶっ飛んじゃってますけど。(笑)自分が不幸だ! と主張する人の話 [続きを読む]
  • 災害の時ほど本能が大事です。
  • この度の関西での大雨、水害で、被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。どうやら河川の決壊、土砂崩れなどが多く起きているようです。まだまだ被害が拡大している地域があるようです。これ以上、被害が拡大しない事を祈ります。大雨、洪水は終わった後、伝染病をはじめとする、各種の細菌性、感染性の病気にも気をつけなければならないですね。まして、今の季節は夏です。こういう時私たちはは、可能なら手をどんどん差し [続きを読む]
  • 心に方向性を持たせるには
  • この度の関西での大雨で、被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。私も関西に友人知人、道友がいますが、私の関係の方は大きな被害には遭われていないのですが、どうやら河川の決壊、土砂崩れなどが多く起きているようです。大雨は、終わった後も地盤が緩んだままになっているので、予断を許しません。お気をつけていただきたいですね。なぜ、ここまでの大災害になるのか?よく言われるのが、効率最優先の治水事業、利益最 [続きを読む]
  • 目を見なければ異常なのか?
  • 世間の子どもと、その教育について少々思うところがあります。よく「子どもは無垢で、罪はない」なんて言いかたをする事がありますが、ああいうのは「ウソ」です。自分の汚さにウンザリした大人が、理想を押し付けたにすぎません。子どもにも自我はあるし、欲もある。どのように発露するか? これが、大人次第ということです。大人の世界の理屈は、「子どもは大人と同じ」もしくは「子どもは無垢な大人」です。精神医学では、相手 [続きを読む]
  • 杖遊びをしています。
  • 天正道場の「杖術」ですが、明確には「杖遊び」です。稽古とは、「『書経』尚書/堯典等中国古典籍にあることばである。 日本では『古事記』太安万侶序文末に「稽古」がありその意味は、古(いにしへ)を稽(かむがへ)ることである。同文の「照今」(今に照らす)とあわせ、「稽古照今」という熟語としても使用される。 」(ウィキペディア)つまり、以前からあった型などを学ぶ事によって、技の練磨、人格の陶冶、哲学的思索の深 [続きを読む]
  • 相手にフォーカスしすぎるのも、無視するのもダメです
  • 組手って本当に性格が出ます。私は、自爆型、逃避型って別けてますけど(笑)こんな分類は、天真体道には無いですよ! 私が勝手に言ってるだけです(笑)約束組手なんだから、ちゃんとやればぶつかるわけ無いのにぶつかる(笑)自分から痛い目を見に行く(笑)さもなければ過剰に逃げる(笑)こういうのって、これまでの人生をどうやって生きてきたかが、如実に出てきます。どっちにしろ、相手にフォーカスし過ぎてるか、見てない [続きを読む]
  • 時に言語を捨てる必要があります。
  • わたしは、指導者としてはお喋りが多い方です(笑)いや、別にお喋りが好きって言うわけじゃないですよ(笑)どうやら、両親兄姉の話を総合すると、発語は早かったようですけどそれがキチンと意味をなす文章を話せるようになるまで、ずいぶん時間がかかった様です。また私は、幼稚園への入園は年中さんからでした。家が貧乏だったのです。そのお陰で、ずーっと両親と一緒だったわけですけど。親父の仕事は、建築関係の仕事が多か [続きを読む]
  • 非言語コミュニケーションが基盤
  • (2015年アースデイにて、石井俊充NPO天真体道代表との組手)組手というのは面白いと思います。というのは、普段のコミュニケーションの癖が、そっくりそのまま出るんです。大事なところで、ふっと退いてしまう人がいますでしょう? そういう人は、見事に単にすれ違えばいいだけの組手で、過剰に避けます。余計な一言を言って、自分から災い引き寄せる人がいますでしょう? そういう人は見事に単にすれ違えばいいだけの組手で、ぶ [続きを読む]
  • 男の子よ、しっかりなさい!
  • 天正道場には、親子で参加してくださっている方が、何組もいます。本当にありがたいなぁと思います。一家全員で。という方もいらっしゃるんですよ!ところで親和体操っていうのがあります。 立って行うのと、すわって行うのとがあります。。 親和体操 #天真体道 #天正道場 A post shared by Atsushi Soneda (@shintaidojin) on Jun 26, 2018 at 5:50pm PDTここまでやらなくていいです(笑)でまあ、これを親子でやってもら [続きを読む]
  • やると決める事が大事
  • 私は時々くにゃくにゃ、ふにゃふにゃを皆さんに要求することがあります。酔っ払いよりも、へろへろ(笑 ワークショップ中毒というか、ボディーワーク中毒の人はここで迷います どういう風に動いたら良いんだろう? どう体を操作したら良いんだろう? そんなの関係ないのに(笑 体をどのように操作するか? っていうワークショップが流行りですけど、 そういうのってほとんど、体を脳の奴隷として扱っているだけだったりします。 [続きを読む]
  • 自由について考えよう
  • 天正道場では、杖を稽古に取り入れています。武道! 杖術! と言うより、杖遊びですね。だから本格的にやりたい人は、それなりの場所に行ってもらうのが良いかもしれません。私としては、棒術も合わせてやりたいなぁと思うんですが(笑)基本をキッチリ! とかね。それでもまあ、きらーくに遊んでもらうのもまた良いかな〜って思っています。杖はとても自由なんです。ルール無しって言っても良いくらい。そうは言っても、武具とし [続きを読む]
  • 短所即長所
  • 東洋に伝わる陰陽の思想って面白いと思うし、役に立つなあと思っています。それに関して面白いなあと思った事があります。テレビで私もよく見てた萩本欽一さんの言葉を見つけたんです。http://asaikikaku.co.jp/talent/profile/hagimotokinichi。。。。。。。。。。。人間のキャラクターって、長所が伸びることではない。短所が伸びたところがキャラクターっていうんだよね。だから短所が長所になったときに運が来る。(中略)そ [続きを読む]
  • 価値観を見直す稽古
  • 天真体道を稽古していると、創始者の青木先生はやっぱり、真面目で熱心なキリスト教徒だったんだなぁと思う事があります。稽古を通じてわかるんですね。私は、田舎は曹洞宗で今は特に何もないのですけれど、そういう現代人に、特に教会やら、お寺やらに行かなくても済むように稽古が組まれているなぁと思います。稽古においては特定のあれ信じろも、これ信じろも無いのですけれど、自然と、神やら、大きな摂理やらに心が向くよう [続きを読む]
  • 有事の基本。
  • 2018年6月18日朝、大阪で地震がありました。この度の地震で被災された方、お亡くなりになられた方もいます。心より、お見舞い申し上げます。私も、ワークショップを大阪で行うなどしますので、皆さんの消息が気になっていましたが、無事が確認されました。震源は大阪の北部。マグニチュードは6、震度は6弱だったそうです。http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20180618075838.html今回の地震の発生メカニズムは、従来の [続きを読む]
  • 言葉の厚みと感覚
  • チャップリンの「独裁者」最近ヒットラーの演説原稿を読んで、ちょっとびっくりした事があります。これはチャップリンだけど(笑)何か?というと「「「実はそんな大した事言ってないんです」」」これにはちょっとびっくりでした、その辺にある自己啓発本に出ているような言葉が並んでいるだけです。そんなこと言ったら、ヒットラーの研究家からは怒られそうですが、少なくともわたしにはそう見えます。言葉に奥行きが無いのです [続きを読む]
  • ワンダラー
  • ワンダラーという言葉を知ったのは、もう30年ほど前になります。なんでも、魂が地球生まれではなく、他の星や、異次元から来た人なんだそうです。こういう話を嫌う人もいますので、そういう人は読まないでくださいね(笑)私は、そういうのはあり得ると思っているんです。前世の記憶や、胎内記憶がある子も話にはよく聞きます。人間の可能性、まして心の可能性というのはすごいものがありますね。その可能性の一端というか進展と [続きを読む]
  • 上手くなりたい、人生進めたい時にすべき事
  • 稽古をするにあたっては、切って、斬って進むという事が重要になる事が多いです。これは人生全般に言える事かもしれませんね。吉川英治の宮本武蔵じゃあありませんが、「ゆるしてたもれ、ゆるしてたもれ」そう刻んで前に進まなきゃいけない事っていっぱいあります。進めーーーー!切って進む時、切るのは武蔵の様に恋心かもしれないですし、自分の想いかもしれない、思い出かもしれないし、なんだかんだあります。でも、時々に切 [続きを読む]
  • 胸を開くには、愛が必要
  • 最近は、胸が開いていない人が多いですねーースティーブカッツ Steve cutts http://www.stevecutts.com/じゃあお前はどうよ?って言われたら、厳しいところもありますけど、それにしてもすごい。胸を開くエクササイズやると、苦しくって倒れちゃうんです。子どもは違うんじゃないか?そんな事ないんです。小学校3、4年生になったら完全に閉じちゃってる。。。私は閉じてる子の代表的な特徴をこんな風に感じます元気がない胸が前弯 [続きを読む]
  • 型が即しているべきもの
  • 天真体道は型稽古が主体ですが、そうなると正しい、正しくないと言うことにすごくこだわる人が出てきます。確かに、正しい型であると言うことは、とても重要ですね。間違っちゃいけない。一点一画狂っちゃいけない。ですが、何に対して正しいか? と言うことが大事なんです。天真体道大基本の栄光、そして、天真五相。さらに天真五相が生まれて40年が過ぎて生まれた天真一法は、とてもシンプルです。シンプルであるがゆえに、あの [続きを読む]
  • 型を使って観照を行うと、美とイノチが観えてきます。
  • このところ、型の稽古を重点的にやってます。とはいえ、天真体道は型稽古が主体なので、ずーっとそうだったと言えば、そうなのですけど。お互いに向かい合ったり、全員で一緒にやったり、とにかく回数です!型にはめるという言葉がありますけど、天真体道はそれぞれの稽古が解放する力が強いので、型はしっかりしないといけません。でないと独りよがりになってしまう。そんなこともあるのです。自由自由って言ってると。自由が腐 [続きを読む]