ふり〜まん すく〜る さん プロフィール

  •  
ふり〜まん すく〜るさん: 教育現場レポート
ハンドル名ふり〜まん すく〜る さん
ブログタイトル教育現場レポート
ブログURLhttp://fanblogs.jp/freemanschool/
サイト紹介文今、教育現場で何が起こっているのかレポートします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/13 05:48

ふり〜まん すく〜る さんのブログ記事

  • 今まで通用したことが通用しない!
  •  今まで、力で言うことをきかせてきたのに、通用しなくなっていることが多くないでしょうか? 厳しく叱ればすんだのに、効果がないと感じている先生も少なくないと思います。  効果のある叱り方と効果のない叱り方があります。 今の子どもたちは、伸び伸びと育ってきているからでしょうか?感性のいい子が多いです。 教師が叱っていても、その心を感じています。 自分のために叱ってくれている、教師自身のために叱っている [続きを読む]
  • どこで起きてもおかしくない!
  •  自殺の原因が、教師の叱責だった。 これはどこで起きてもおかしむないと思います。 学校で働いていて、生徒が自殺してもおかしくないと思うことがあります。 死にたいと訴える子もいます。 叱責している教師に言うと、「そんな勇気ないから大丈夫」と。 自分の人格を全否定するかのような叱責をする教師が増えています。 どうしてでしょうか? そんなことぐらいでと思うのですが、自分の思う通りにならないとダメだと思っ [続きを読む]
  • 学校という安全地帯
  • 今までの学校は、安全地帯だったと思います。 確かに暴力行為をする生徒もいて、危険が伴うこともありました。 でも、これ以上やったらダメという境界線もあったと思います。 見るからに悪そうな子が・・・とわかりやすかったと思います。 でも、まじめな子の方が大きな事件を起こすようになってきました。 これからは、まじめな子だけでなく、まじめな先生も、抑制がきかなくなってきます。 今は、窃盗やわいせつ行 [続きを読む]
  • 気がない!
  •  気がない、つまり気持ちがない! 学校で先生たちを見ていると、気持ちがないのです。 いいなあと思う先生は、自分の理想をもって、思いのある先生です。 しかし、学校現場で働いてみて、思いのある先生がほとんどいないのです。  本当に生きていますか?と言いたくなります。 何のために生きてますか?って歌がありますが、本当にそう思います。 私を見て、仕事が趣味ですねっていう先生もいますが、なんで先生をしている [続きを読む]
  • 加計学園問題
  •  加計学園問題が話題です。 安倍首相が、便宜をはかったかどうかで議論されています。 学校法人加計学園 岡山理科大学の獣医学部新設。  獣医学部は、52年以上新設されていません。 文部科学省の告示により、申請することを禁止されてきたので、新設がなかったそうです。 本来議論されるはずの獣医学部の新設は必要かどうか、ということを議論されず、便宜をはかったかどうかだけが問題になっています。 これは、岩盤規制 [続きを読む]
  • いい判断では?
  •  ある先生から、夏休みの短期留学を学校が中止にしたと聞きました。 去年と同じ人数の申込者数だったのに、人数が少ないという理由で中止にされたと先生が怒ってました。 引率して一緒に行こうと思われてたのと、行きたい生徒がいるのに・・・と怒っておられました。 フィリピンに短期留学、今のご時世では、人数が集まらないのなら、無理して行くこともないなあと思いました。 安全面でも、不安があるのではないかなあと思い [続きを読む]
  • 教育困難校
  •  大学にも教育困難校があるそうです。 理由はよくわかります。 勉強のできない子を、入学させているのですから予想はできます。 基礎学力のない子が問題になって、ずいぶんたつと思います。 日本の小中学校には、留年制度がありません。 これは珍しいそうです。 留年もなければ、飛び級もありません。 小学校1年生からつまづいた子は、ずっとそこでつまづいたままです。 解消することなく、大学まで行ってしまうのですか [続きを読む]
  • 教員の不祥事
  •  教員の不祥事のニュースが毎日のように報道されています。 体罰、性犯罪、万引き、覚せい剤、暴力事件、殺人事件など、さまざまです。 ニュースが報道されるたび、教育委員会からは、不祥事が起こらないように連絡があり、管理職が指導しています。 厳しく言われれば言われるほど、教師の犯罪は増えていきます。 やればやるほど悪化していくのです。 110年ぶりの刑法改正で、性犯罪規定が改正され、平成29年7月13日に施行 [続きを読む]
  • 教員不足
  •  教員不足が問題になっています。小中学校で「先生が足りない」理由|けさのクローズアップ|NHK ... 20年ぐらい前から、企業に先駆け、教員の非正規雇用が増えました。 人件費削減といい、正規採用を減らし、半年単位で契約更新する臨時講師の数を増やしました。 また、今まで臨時講師だったところを非常勤講師にと、どんどん条件を悪くしていきました。 校長先生とお話しする機会が多かったので、これからどんどん教員は減 [続きを読む]
  • 最近、多いです!
  •  最近、教員の不祥事が多いです。 今月、教員が2人の不祥事があった学校もあります。「援交募集」知人女性なりすまし投稿容疑 高校教諭逮捕:朝日新聞デジタル高校教諭が下半身映った動画投稿 滋賀、容疑で書類送検(京都新聞) 滋賀 ...  今月は、全国で教員の採用試験が行われています。 毎日のように、教員や公務員の不祥事が報道されています。 教員のストレスは、限界を超えているのかもしれません。 「わいせつ教員 [続きを読む]
  • 学校の価値観
  •  学校の価値観が変わって来ている。 最近は、通信制高校、通信制大学が増えて来て、転学する子も多いです。 高等学校に通っていたときよりも、自分らしくためになることを学べるという子も多いです。 高等学校授業料無償化で、就職しようと決めていた子が、先生が無料だから高校に行った方がいいと言うから来たけど、高校の勉強は楽しくないと、結局、3年間、1年生をやって進級できず、退学していった子がいました。 無償化 [続きを読む]
  • 夏休みが10日間!?
  •  静岡県吉田町の教育委員会は、来年度から小中学校の夏休みを最短10日間と決定したそうです。 理由として、教員の長時間労働を解消するためということです。 1日の授業時間を減らす代わりに、夏休みを短くするということです。 クーラーを設置し、涼しい環境で学習できるようにするそうです。 最近は、学校のエアコン設置数が増えてきて、暑いから学習できないということはなくなってきています。 夏休みを短くして、前期 [続きを読む]
  • 自由な時間
  •  授業の中で、自由な時間があれば喜ぶと思うかもしれません。 しかし、保健室に来る子に多い時間帯、それは自由な時間です。 とくに、試験前になると、試験勉強の時間をとることも多いです。 部活で忙しい子たちにとって、この試験勉強の時間は有り難いものです。  ただ先生の話を聞いているだけの授業はいいけど、自分で考えて何かをすることが苦手な子が多いです。 最近は、小学校から、特別支援が定着し、先生が細かく指 [続きを読む]
  • クーラーの設置
  •  公立小中学校の約半数に、冷房設備が設置されたそうです。公立学校施設の空調(冷房)設備設置状況調査の結果について (PDF:575KB) PDF  以前は、市町村立よりも県立の方が設備は充実していましたが、最近は、県立の方が設備が悪いです。 小中学校で冷房が完備されているのに、高等学校で冷房がない。 いい環境で学習してきて、高校に行っても冷房があると思ったら、冷房がないというのは、大変です。 逆だったら、いい [続きを読む]
  • 隠ぺい体質
  •  学校も隠ぺい体質があります。 何か問題が起こったとき、隠そうとします。 しかし、隠せば隠すほど、問題はどんどん大きくなります。 教育委員会で、支援員をしていた頃、問題が起こると呼ばれ、学校に派遣されていました。 問題が解決するかどうかは、校長先生を見ればわかります。 とにかく隠して穏便に済まそうとする校長先生は、解決しません。 解決どころか、ますます大きな問題になり、新聞に載ってしまったり、警察 [続きを読む]
  • スマートドラッグ
  •  中高生の間で、スマートドラッグ(頭のよくなる薬)を服用する子が増えてきているそうです。 発達障害やてんかんの子に服用されている薬だそうですが、集中力がついて、暗記力がよくなると言って、頭のよくなる薬として服用しているそうです。 親が飲ませていることも多いそうです。  薬なので、作用することもあれば、副作用もあります。 薬は飲み続けると、最初は効果があってもだんだん効いてないと思うと、量が増えてい [続きを読む]
  • 学校のセキュリティ
  •  予算がないということもあり、学校の情報漏洩の危険は高いです。 学校の情報関係の校務分掌をやっていましたが、先生方の意識も低いし、ほとんどが業者の力を借りることなく、自分たちでやっていることばかりです。 各校ではなく、都道府県教育委員会のサーバーを経由してというところも多いと思います。 都道府県で管理されているので、緊急時のHPの更新やメール配信をしようと思うと、すべての学校が一斉に配信するとき、た [続きを読む]
  • 心のシャッター
  •  子どもと接していると、心のシャッターがガラガラと開く瞬間があります。 どうやって開けるのか?とよく聞かれます。 こじあけようとすると、よけいに頑丈に閉められてしまいます。 どうやっているのか?あまり考えたこともありません。 でも、私が心のシャッターを閉めていないからではないかと思います。 自分は閉めたままで、見せたくないのに、子どもの心だけ見ようとしても見せてもらえないと思います。 自分の心の中 [続きを読む]
  • いくつになっても
  •  学ぶことは、学生だけのものではありません。 一生かけて学ぶのだと思います。 遅いということもありません。 いくつになっても、学び、成長できます。 子や孫に教えられることも多いです。  ご主人が60歳の定年から、自分を変えてきた夫婦がいます。 仲のいい夫婦でしたが、最初の頃はバラバラに来られていました。 しかし、あるときから、夫婦一緒に通って来られるようになり、2人で映画に行ったり、二人で楽しむこ [続きを読む]
  • ともに学ぶ
  • 教師は、教える方だと思っているけれども、子どもたちから教えられることも多いです。 目から鱗、新しい発見をもらいます。 何よりも、自分が成長できます。 子どもたちに育てられてるなと実感します。 一方的に教えているのではなく、子どもたちのことばに耳を傾ければ、気付きが多く、ともに学び、成長していくのだなあと感じます。 子どもたちの悩みを聞いていると、私自身もいろんなことに気付きます。 自分を見つめ直す [続きを読む]
  • 新しい学校のかたち
  •  私は、3月末で、1人の教員として学校に勤めることを終えました。 20代後半ぐらいから、学校をつくりたいという夢がありました。 あまりにも大きな夢で、笑われるのが普通ですが、35歳のときに、同じく学校をつくりたいと思っていた同級生と再会しました。 それから10年、教育委員会や学校に勤務しながら、模索してきました。  今のままでは、学校はいきずまっています。 かといって、何ができるか確信があるわけで [続きを読む]
  • 自転車の日
  •  今日は、自転車の日です。 5月1日に「自転車活用推進法」が施行されました。 5月は自転車の月だそうです。 健康増進が主な目的だそうで、歩道と別に自転車専用道路ができていくそうです。 自転車というと、近年は事故が増えてきて、自転車を乗るのも保険に入らなければなりません。 自治体によっては、義務づけているところもあります。 特に、歩行者と自転車の事故が多く、死亡事故もあり、賠償責任が問われています。 [続きを読む]
  • 憲法記念日
  •  今日は、憲法記念日です。 あちこちで憲法改正に関する集会が行われたそうです。 安倍首相が、憲法改正に関して、改正拳法を2020年に施行することを目標とし、第9条と大学までを義務教育とし、無償化すると発言し、話題となっています。  高等学校の授業料無償化で、いろんな課題もみえてきました。 教育困難校では、中卒で働こうと思ってた子たちが、無料だからととりあえず高校に行くように言われたと入学してきました。 [続きを読む]
  • 教員の労働時間
  •  教員の労働時間が問題になっています。中学校教員の8割が月100時間超の残業 働き方改革「上限規制」の対象 ... 高等学校でも調査をされていますが、月80時間を超えると、指導を受けるので、残業時間のないように申告しているという先生も多いので、実際はもっと多いのかもしれません。 本当は、授業をするための教員が、他の仕事に追われて、片手間に授業をしているような感じにもなっています。 公立学校も、私立学校も、 [続きを読む]
  • 地毛証明書
  •  東京都の高校の記事を見つけました。「地毛証明書」、都立高の6割で 幼児期の写真を要求も:朝日新聞デジタル  以前勤めていた高校でも、証明書まではありませんでしたが、入学時に髪の毛が黒髪でない子は申請をさせていました。 幼児期の髪の毛の色を確認するため、写真で確認していました。 入学式に、髪の毛の色見本を使って番号を記録し、毎月、服装頭髪検査でその番号よりも色がおちていれば黒染めさせたりしている学校 [続きを読む]