野良猫岡山の糖尿病・奮闘記 さん プロフィール

  •  
野良猫岡山の糖尿病・奮闘記さん: 野良猫岡山の糖尿病・奮闘記
ハンドル名野良猫岡山の糖尿病・奮闘記 さん
ブログタイトル野良猫岡山の糖尿病・奮闘記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/noranekookayama
サイト紹介文糖尿病治療中の奮闘記です。病名は、糖尿病・高脂血症・慢性膵炎・低ナトリウム血症・高血圧・脂肪肝・糖尿
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供185回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/05/14 10:05

野良猫岡山の糖尿病・奮闘記 さんのブログ記事

  • はしか 新たに7人判明 患者63人に
  •  県地域保健課は18日、新たに1歳〜30代の男女7人に麻疹(はしか)の感染が確認されたと発表した。県内では4年ぶりとなるはしかの感染が3月下旬に確認されて以降、患者は計63人となった。 判明した7人は、沖縄市の30代女性、那覇市の30代男性と1歳男児、うるま市の30代女性、名護市の10代男性と30代女性、北部管内の20代女性。那覇市の30代男性は職場内で感染したと推測されるほか、名護市の10代男性 [続きを読む]
  • 糖尿病を職場でカミングアウトすべきか
  • 6人に1人が「職場で差別を受けている」と回答 血糖コントロールが良好で、深刻な合併症が出ていなければ、多くの場合で糖尿病は就業の妨げにならない。糖尿病の治療を続けながらプロスポーツ選手として活躍している人もいるし、飛行機のパイロットもいる。英国の首相も1型糖尿病患者だ。 糖尿病は制約であっても、良好にコントロールできれば、そこから得られるものも多い。 英国糖尿病学会(Diabetes UK)は、職場での糖尿病へ [続きを読む]
  • 糖尿病が原因のがんは28万例
  • 糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 糖尿病と肥満が原因でがんを発症する人が、世界で年間に80万人に上るという研究が発表された。糖尿病と肥満が、がんを引き起こすことを、はじめて定量化して確かめた研究だ。糖尿病が原因のがんは年間28万例 英国のインペリアル カレッジ ロンドンによる研究で、2012年に発症したがんの6%が、「糖尿病」、BMI(体格指数)が25以上の「過体重」、BMIが30以上の「肥満」によるものであることが [続きを読む]
  • 【日立】尿でガン検査
  • 日立製作所,尿検体を用いたがん検査に関する実証試験を開始〜約6ヶ月間の実証試験を行い,尿中代謝物によるがん検査の実用化に向けた研究を加速〜(株)日立製作所(以下,日立)は,尿検体を用いたがん検査の実用化に向けた,体外診断分野では初となる実証試験を2018年4月より開始する。この実証試験では,臨床情報(がんの有無)付き尿検体の回収から検体搬送時の温度のトレースや時間の管理,液体クロマトグラフ/質量分析計(L [続きを読む]
  • コーヒーは予想以上に代謝に影響する
  •  コーヒーは健康にさまざまなベネフィットをもたらすことが知られているが、毎日摂取するとこれまで考えられていた以上に代謝に影響を及ぼす可能性のあることが小規模な研究で示された。研究の詳細は「Journal of Internal Medicine」3月15日オンライン版に掲載された。 これまで多くの研究で、コーヒーを摂取するとパーキンソン病や糖尿病、多発性硬化症、一部のがんなど多くの疾患の発症リスクが低減する可能性が示されている [続きを読む]
  • 病院食?(´・ω・`)
  • 食材費上昇が給食に波及 小中、10%値上げへ 全国の公立小中学校で4月から給食費を値上げする動きが広がっている。小麦や肉など食材価格の上昇を受けて、月額で数百円程度、率にすると10%前後引き上げる例が多い。消費増税に伴う値上げはメニューの工夫などで見送ったものの、食材価格の上昇が追い打ちをかけ吸収できなくなっている。各自治体は値上げを保護者に理解してもらおうと、給食内容を充実させるなど知恵を絞ってい [続きを読む]
  • 発症前に「慢性腎臓病」は悪化
  •  糖尿病を発症する前から、腎臓の機能低下を示す数値が悪化しており、「慢性腎臓病」(CKD)を発症している人が多いことが、米国の大規模調査で明らかになった。 「CKDを検査で早期発見し治療を始める必要性があらためて示されました」と、研究者は述べている。「糖尿病」と「高血圧」が発症に大きく影響 糖尿病と診断された患者の多くが、糖尿病の発症にさかのぼり、「慢性腎臓病」(CKD)の症候を示していたことが、米国のテネシ [続きを読む]
  • 糖尿病診断基準の50年
  • 負荷試験の種類はさまざまだった 現在、75g経口糖負荷試験(OGTT)は確立された糖尿病診断の方法である。OGTTは、1950年代には既に行われていた。ただし葛谷氏によると、投与するグルコースの種類や投与量・投与回数はさまざまで、グルコース以外に坂口食を用いた試験が行われていたという。坂口食試験とは、東京帝国大学教授の坂口康蔵らが考案し1960年頃まで広く用いられた負荷試験で、270gの米飯と卵2個を摂取し、食後の血糖 [続きを読む]
  • 糖尿病は5つに分類できる
  • 糖尿病は5つの疾病に分類でき、それぞれに合った治療が可能になるかもしれない――。スウェーデンとフィンランドの科学者らはこのほど、こんな研究結果を発表した。血糖値がコントロールできない病気、糖尿病は従来、1型と2型に分類されてきた。研究者たちは今回、糖尿病のより複雑な姿が分かったことで、オーダーメイドに近い治療法ができる可能性があると考えている。専門家らは、研究内容は糖尿病治療の未来を示しているが、治 [続きを読む]
  • ちと・・・高いか・・・
  • 今朝の血糖値です。207(mg/dl)です(´・ω・`)インスリン打って、血糖降下剤飲んで。健常者なら「入院レベル」なんでしょうが。プロの糖尿病患者、しかも糖尿病性神経障害なら余裕(`・ω・´)b 楽勝!また更新します。皆様もご自愛ください。(´・ω・`)・・・ [続きを読む]
  • 今朝の血糖値です。
  • 今朝の血糖値です。175(mg/dl)です。ちと高いか(´・ω・`) お団子責任論。昨日耳鼻咽喉科に行ってきました。相変わらずで。(´・ω・`)ちっとも良くならず。ちっ!その後、相続登記の件で岡山県井原市に。小雨が降る中で。これ、なんかね?(´・ω・`) 桜は全滅していたが。これも桜??? なんかね??? また更新します。皆様もご自愛ください。 [続きを読む]
  • 糖尿病とコーヒー
  • コーヒーの発がん性警告を LA裁判所、スタバなど販売者に命令 米ロサンゼルスの裁判所は30日までに、米コーヒーチェーン大手スターバックスなど販売業者に対し、コーヒーに発がん性成分が含まれているとの警告を表示すべきとの判断を下した。AP通信などが伝えた。健康被害があるとする原告側の非営利団体の主張を認めた。販売業者は上訴できるが、判決が確定すれば、カリフォルニア州でコーヒーを販売する場合、発がん性表 [続きを読む]
  • 坂口憲二が大腿骨頭壊死症で決断
  •  俳優坂口憲二(42)が5月末の契約終了をもって所属事務所「ケイダッシュ」を退社し、芸能活動を無期限で活動休止することが31日、分かった。 約3年前に、右股関節が「特発性大腿(だいたい)骨頭壊死(えし)症」と診断された。今後は治療に専念する。 所属事務所によると、体の変調に気付いたのは12年8月の舞台「十三人の刺客」に出演していた時。股関節に違和感があったが、痛み止めを服用しながら乗り切った。その [続きを読む]
  • 22日ぶりの更新です。
  • 今朝の血糖値です。106(mg/dl)です(´・ω・`) もう22日ぶりで・・・。3月16日、病院の血液検査に行った時のものです。HbA1cがやっと「6.9」に。先月血糖値平均も114(mg/dl)。最近の血糖値も90(mg/dl)〜130(mg/dl)って感じで(´・ω・`) インスリン薬物治療健康児です。されど・・・インスリン注打って、血糖降下剤飲んで・・・もうかれこれ6年目。「先生!もうインスリンから飲み薬だけに(´・ω・`)なりませんか?」 [続きを読む]
  • 北島三郎次男・大野誠さん 51歳孤独死
  • 演歌歌手の北島三郎(81)の次男で作曲家の大野誠(おおの・まこと)さんが東京都調布市の自宅で、3日に遺体で発見されていたことが7日、分かった。病死とみられる。51歳。東京都出身。通夜は7日、都内で営まれた。8日に近親者で葬儀・告別式を行う。喪主は北島三郎こと父、大野穣(おおの・みのる)氏。北島はこの日夜、都内で会見し「我が子が先立ってしまった」と声を詰まらせた。憔悴(しょうすい)しきった様子で会見 [続きを読む]
  • メラノイジン
  • メラノイジンとは●基本情報メラノイジンは、トーストを焼いたり、タマネギを炒めたり砂糖を鍋で焦がした時にアミノ酸と糖質が結合してできる褐色の物質です。メラノイジンができる過程をメイラード反応といい、長時間の加工行程があるしょうゆや味噌もメイラード反応によってメラノイジンをつくり出します。メラノイジンは食品の風味や味わいに関わる要素で、抗酸化作用[※1]や便秘予防効果を持つ一方、多くつくられすぎると食品 [続きを読む]
  • 脳卒中後に生活習慣を是正する人はわずか
  • 不健康な生活習慣のある人が脳卒中のような深刻な疾患を発症したら、その後は健康的な習慣に改めるはずだと考える人は多いだろう。しかし、実態はそうでもないことが米ロサンゼルス郡保健サービス局のAmytis Towfighi氏らによる脳卒中経験者を対象とした調査で明らかになった。調査では、心血管疾患の予防で重要とされている「禁煙」や「健康的な食事」、「定期的な運動」といった生活習慣を身につけている脳卒中経験者は100人中1 [続きを読む]
  • メロン食べて3人死亡
  • 【シドニーAFP=時事】オーストラリアで最近、メロンを食べてリステリア菌に感染し、3人が死亡した。リステリア菌に感染しても大半の人は発症しないが、高齢者や妊婦、糖尿病やがんの患者の場合、深刻な危険があると保健当局は警告している。当局は2月23日に警告を出したが、その後も15人の感染が確認された。ビクトリア州で1人、ニューサウスウェールズ州で2人が死亡。地元の農場の一つが感染源と疑われている同州は3月2日付の声 [続きを読む]
  • 低脂肪vs.低炭水化物ダイエット
  • 体重減効果は?健康的低脂肪(HLF)ダイエットと健康的低炭水化物(HLC)ダイエットについて、12ヵ月後の体重減効果は同等であることが、米国・スタンフォード大学のChristopher D.Gardner氏らが、609例を対象に行った無作為化比較試験で示された。また遺伝子型やダイエット開始前のインスリン分泌能は、いずれの食事療法の体重減効果とも関連がみられなかったという。結果を踏まえて著者は、「疾病の素因と仮定される遺伝子型お [続きを読む]
  • 中性脂肪を下げるには?
  • ◆「中性脂肪が燃える」は間違い?「中性脂肪を燃やしてダイエット」という言葉を見かけることが多々ありますが、これは問題ありの表現だと感じます。筋肉は、中性脂肪をそのまま燃やすことなどできないからです。筋肉が使うことができるのは、脂肪細胞が蓄えている中性脂肪ではなく、その成分の脂肪酸というものです。ですから、「脂肪酸を燃やしてダイエット」というのがより正確なところでしょう。実際に、ジョギングのような短 [続きを読む]
  • 今朝の血糖値です。
  • 今朝の血糖値です。102(mg/dl)。(´・ω・`)昨日の晩御飯(´・ω・`)見た目ちょーwこれが現実!おじや・わかめ汁・サラダ。芸能人のブログでもあるまいし(´・ω・`)なにか???なにか??? 問題でも???理想(´;ω;`)ウッ…また更新します。皆様もご自愛ください。 [続きを読む]
  • 大杉漣さんが急死 66歳 急性心不全
  • 「ソナチネ」や「HANA―BI」など、北野武監督(71)の映画をはじめ、数多くの作品で存在感を示した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名大杉孝=おおすぎ・たかし)さんが21日、急死した。66歳。徳島県小松島市出身。所属事務所が「弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました」と公式ホームページで発表。葬儀は本人、家族の意向により親族のみで執り行うとし、「これまで [続きを読む]
  • 糖尿病患者さんにうれしい最新研究結果
  • 「卵(鶏卵)は1日1個まで」「卵を食べるとコレステロール値が上がるので良くない」などということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。糖尿病患者さんはコレステロール値も注意しなければならないため、卵料理や卵を使った食品を食べるのを制限されている方もいるかもしれません。そんな中、卵に関する最新研究結果で糖尿病患者さんにうれしい発表がされましたのでご紹介したいと思います。卵(鶏卵)のコレステロールは悪 [続きを読む]
  • 糖尿病には「冷や飯」
  • 炭水化物なのに太らない秘密はレジスタントスターチ「健康のためには、炭水化物の摂取は控えよう」とはよく言われるところ。特に近年は低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット)が注目を浴び、ご飯やイモ類などの炭水化物を控えている人も多いだろう。ところが、炭水化物の中には食物繊維と同様の働きをする「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」なるものを含む食材・食品がある。しかも、このレジスタントスターチ、 [続きを読む]