はるみ さん プロフィール

  •  
はるみさん: 続。のほほん介護士、海を渡る。
ハンドル名はるみ さん
ブログタイトル続。のほほん介護士、海を渡る。
ブログURLhttps://ameblo.jp/overworkalert2/
サイト紹介文オーストラリアの持ち上げない介護をご紹介。自分を大事にしながら長く介護を続けるヒントはこちらです。
自由文日本では1年で介護を辞めようと思っていました。
腰痛、身体的負担、精神的負担で押しつぶされそうになりました。

NZ,オーストラリアを渡り歩き、今では介護歴14年。今も楽しく介護を続けています。
なぜか、といわれると一言では説明できないので、ブログ、読んでくださいね♪

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/05/14 13:45

はるみ さんのブログ記事

  • ポジティブ感で巻き込もう。
  • 先日のがんばらない介護講習で自分が周りを巻き込む力のお話をしていただきました。 その中で、ポジティブな言葉の力、 という話が出てきたんです。 10日から来ている義母さんと一日しゃべりすぎ、笑いすぎ、しっかり英語脳、笑い上戸になった私は、 職場にもそのポジティブ感,持ち込むことが出来たようにおもいます♪ 普段から入居者の皆様とは楽しいお話をしてますが、 普段より余計に楽しいお話が出来た気が。 自分のリフレ [続きを読む]
  • 10月9日、がんばらない介護講習、終わりました。
  • ご報告が遅れましたが、10月9日、東京表参道で「がんばらない介護」の講習会開催させていただきました。 ご参加の皆様、まことにありがとうございました。 今回は初のコラボで笑声インフルエンサーの今川良枝先生と講習会でした。 第一部私の「オーストラリアのがんばらない介護」についてということで、 日本の介護士さんの離職理由と対比しながら、少しでも解決に向かえるのではないかというオーストラリアのシステムや働き方を [続きを読む]
  • 派遣、継続。
  • 結果からいいますと、 派遣は継続することにしました。 持ち上げない介護からの日本の現実にいろいろ考えるところはありますが、 前回のブログ記事じゃないけど まだ2ヶ月じゃ、「信頼される人材」になるのはむずかしいかなと。 もう少し続けてみて、様子を見ようと思います。 もちろん、その前に腰を壊しそうだったらさっさとやめる計画ですけども。 シフトの融通もかなりきいていただけるのでそれはありがたいです。 それに、や [続きを読む]
  • 周りを巻き込む力は、やっぱり。。。
  • 介護の現場、いろいろ変えたいことありますよね。 腰痛対策でリフター入れたいとか、 シフトのやり方を変えたいとか、 ちょっとしたことでいうと、●階の人を先に介助して、○階の人を後にする、とか。 事故対策でこうしたいとか。 こうしたらうまくいくんじゃないか って思うこと、 たくさんありますよね。 大きな変化こそ、動かすのが難しかったり、反対にあったりする。 そういう時は(イラスト Noenoe Art Work https://w [続きを読む]
  • 許しあえる、社会に。
  • 先日は、上記のようにえらそうなことを書きましたが、自己肯定感をもちながら育てられるかどうかは正直分かりませぬ。 子育ては失敗ばかりですもの。 知らない間に、こうなる予定がああなってた!なぁんてこともきっとあるでしょうし。 ただ、やっぱり日本では自己肯定感を育てるのはオーストラリアより難しいなと感じております。 なぜなら。 比べる文化だから。 「普通であるべき」と人は思い、普通でないものを排除しようとす [続きを読む]
  • ちゃんと仕事するって何?
  • 働き方改革により、 「より短時間で(残業なしもしくは減らして)より効率的に利益を上げる」ことを目標にしている昨今。 昨夜、私はハローワークの求人一覧のプリントを眺めながら、「正社員でも20万円以下か。。。世知辛い世の中よね」とつぶやきました。 するとうちの父(団塊の世代)が「若いやつはお金のことしかいわん。ちゃんと仕事してからものいえっちゅーんや」だそうだ。 そして、私の頭の中には「ちゃんと仕事する [続きを読む]
  • インターネットからの素敵なご縁。
  • あなたは、インターネットでのご縁を信じますか?私はね、完全に信じてます。 正確には、同性限定で(笑) ミクシー時代からそこで知り合った人たちと実際に会って、実際にお友達になったりした人も何人もいます。 いまだにお友達ですし、家族ぐるみでもお友達だったりします。 今日も、ご一緒しました。 フェイスブックで私を発見してくださり、遠路はるばる、うちの最寄まで来てくださいました! すごいよ、それって。会ったこ [続きを読む]
  • 仕事復帰して嬉しいこと。
  • 五連休明けの入浴介助。出勤してすぐです個浴ですので一人ずつ。だから、お一人がもうちょっと浸かりたいわなんてことになるとどんどんおしてきますでも、割とゆっくりはいってもらえる時間配分がされているのでいいんですが。気がついたらそんなサウナ状態で三時間。水ものまず!自分が危険だわ!とはいえ、十年ぶりに日本の介護に復帰してなんか嬉しいこと。個浴だったりする。十年以上前に働いていた老人ホームは言っちゃ悪い [続きを読む]
  • ありのままの最期
  • ブロトモさんが今、悩みに悩んでいる看取り。 私はまだ遠いところに居るけれど、いつか、「治療しますか?延命しますか?それとも看取りますか」 といわれる日はきっと来るに違いない。 ブログを書きながらテレビをつけていたら こんな番組が始まった。 「ありのままの最期」医師であり、僧侶である田中さん。今までにたくさんの方の看取りをされてきた。その方が、自分がすい臓末期がんだと分かった。最期の密着450日。 文字 [続きを読む]
  • 褒めるコミュニケーション講義 2時間目。
  • 同じ日に奇しくも「褒めるコミュニケーション」という講義が二つあるという幸運。 タイトルはほぼ同じなのに内容はぜんぜん違う切り口で。 でも結果は同じだった気がする。 相手が自分とは違うのだから、自分のアプローチを変えるしかない。 相手によって、どういうアプローチがあるか、 それにはどうしたらいいか、 というのを分かりやすく順序だてて教えてもらったのが午後の講義。 オーストラリアでふんわり経験してきたこ [続きを読む]
  • 褒めるコミュニケーション講義 1時間目。
  • 金曜は。勉強三昧。 くしくも「褒めるコミュニケーション」についての授業2本立て。 1本目。 一宮の介護の朝カフェにて今川良枝先生による「褒め達」 自分がどういう人か、ということを知ること。 そして、相手がどういう人かを知ること。 イライラするポイントがどこか分析し、それをポジティブに変えるようにする。 要は「自分の心の中から相手のことを褒めていく。」ことなのかなとおもいました。 相手のことを知るとアプロー [続きを読む]
  • 心のオアシス。女医さん。
  • 前回のフラストレーションの話。そんなイライラした一日でもスッキリとした人がおりました。娘の耳鼻科の先生。でも。受付ではまたまた私を???にさせるやり取りがあったんですけどね。最近、電話の自動案内で予約が取れる病院って増えてます?お登りですもんで今日初めてやりましたけど。そこはね、時間で予約するのではなく順番制。[今、予約すると25番です。]ふぅん。そして[今、24番の方を診ています]だって。いるー?それ [続きを読む]
  • 細かいことだけど、フラストレーション。
  • 今年3月くらいまでは特にひどかった、ここが変だよ日本人、病。私の心の病ですオーストラリアと比べてしまってね悪い癖だとは知りつつも。ちょっとは慣れてきたかと思った矢先、また発症。ここからは愚痴ですので、嫌な方はスルーしてくださいね。まず、市役所事件。保育園に私の仕事が決まったことを申し出たらば早速市役所から連絡が来て、現況届とやらを書きなさいとのこと。職場でどれくらいの時間、収入かっていうのを書い [続きを読む]
  • ビジネスセミナー参加。
  • 最近は、現場に戻ったがために講習会へのモチベーションが下がらないために、セミナーにちょくちょく行っています。 なんでもいいんです。 直接介護に関係なくっても。 何でも勉強になるので。 みなさんもやってみては? たくさんの人の前で分かりやすくしゃべろうとか それでお金を頂こうと思ったら、周りのすべてが勉強の種になります。 たとえば、テレビの構成とか。芸人の言葉の使い回しとか。分かりやすくストーリーをまとめ [続きを読む]
  • 働き方改革のセミナー参加。
  • 昨日は。こんなのに行ってきましたよ。遠路はるばる(笑)車で1時間半ほど。日本ってこういうセミナーを無料でやってるからすごい。(だから自分のセミナーの値段を上げづらいというのもあるんですがね。。。)なかなか内容も充実していましたよ。働き方改革の内容をざっと教えていただいたのですが働き方改革に政府は多額の助成金を出してなんとか軌道に乗せたいと思っているポイントは働く時間数を減らす(適正な時間数にする残 [続きを読む]
  • 派遣会社のフォロー。
  • 今の雇用形態は前回の記事にも書きましたが、「派遣」です。 ぶっちゃけたところ、派遣でも、直接雇用でもあんまり条件は変わらなかった。 決め手は。 上司になるであろう人が(現上司ですが) 「1年は続ける覚悟で入ってください」 といわれた、というそれだけ。 1年も続けれるなんて、誰がわかりますか?? あぁ、そのプレッシャーって本当にいや。 ころころ職場を帰る私ではありません。 ただ、最初はやめたいやめたいと正直 [続きを読む]
  • これからの施設づくりは。。。?
  • 入職した施設は全体的には割といい施設かと思いますがやっぱり移乗方法は気になるわけで。オーストラリアでのリフター使用を考えてしまうと、人力移乗には抵抗あり。。。いろいろありまして、いろいろ考えた結論は。60代女性介護士が楽に働ける職場づくり。これを目指したい!賛同してもらえませんかねぇ?日本人で今、介護に従事してもらえそうな人材ってもう子供が巣立ったくらいのいわゆる[おばちゃん]と呼ばれる世代の方々なん [続きを読む]
  • 現場復帰。
  • 介護に復帰してから5日。やっぱり高齢者に癒やされています。多少のやんちゃも全然許せる心の余裕そりゃ、9ヶ月も休んでましたから。思えばそんなに介護を休むなんて2003年以来。私ってそんなに介護やってきたのね。自分のことながら引くでも、体は勝手に動くのよね。オーストラリアで介護をやってたことは施設長以外知らないので私は長い間ブランクがあって(日本の介護に)復帰、ってことになってますがこなれ感がにじみ出ちゃ [続きを読む]
  • めざせ!スーパー派遣(笑)
  • 仕事が始まって4日たちました。 うーん。 慣れてきたような、慣れてきてないような。。。 さほど大きくない施設なので、名前を覚えるのは全員はいきなり無理にしろ、結構覚えられたりして。 お昼に一緒に体操していたら、 「BUNさん、なんだか、すでに慣れた感じですよ?」「慣れてきた様子だねぇ」 なぜでしょう? 態度がでかいから??? こうなったら、めざせ、あこがれのスーパー派遣大前春子!(ドラマ 派遣の品格より) 時 [続きを読む]
  • ビジネス体験クラス。
  • 本日の備忘録。 先日、私の講習会に参加してくれた友人に勧められ、 とあるビジネスの学校の体験クラスに参加してきました。 私のやっていることとは全然関係ないとお思いかもしれませんが、大いに関係ある!とても勉強になりました。 クラスは「クリティカルシンキング」(直訳:批判的思考 ですが、意味は客観的、論理的思考かな?) あろうことか、開始時間を30分遅れて把握するという致命的ミス。。。 幸運なことに最初の20分 [続きを読む]
  • セミナー参加。トラベルヘルパーと共生型サービス
  • 本日はセミナーに行ってまいりました。 探せばあるのかもしれませんが、地元で介護系セミナーがあまり見つからない。。。 名古屋まで出ればどれだけでもあるんだが、名古屋までの道のりは。。。長い。 田舎ですものでね。。。 というわけで、今日のテーマはトラベルヘルパーと障がい、介護分野における共生サービスについて。 どちらもとても興味深い内容でございました。 トラベルヘルパーになろうとおもったほどです。 あぁ、 [続きを読む]
  • また現場に戻ります。
  • 講師活動はがんばってますが、これだけでは正直、食べていけませんし、(そんなちょくちょくも出来ませんし) 私の体重もどんどん増えてしまっているので、( My work is my exercise :) ) 仕事、始めることにしました。 甥っ子の面倒を見るという私のお仕事も終わりましたので。 そんないいタイミングで、求人広告に介護派遣の広告が。 妹家族が帰ったのが日曜日、施設見学に行ったのは水曜日。 そして今日。合格の通知を頂きま [続きを読む]
  • オーストラリアの介護講習会 IN 名古屋 終了。
  • ご報告が遅れておりますが、 オーストラリアの介護〜利用者も職員もハッピーな介護システム講習会 IN 名古屋ナディアパーク 無事に終了いたしました。 ご出席いただきました皆様、誠にありがとうございました。 遠方からもご出席いただき、本当にうれしい限りです。 こんな感じ。 この講習会は帰国後すぐ(昨年12月)の第一回東京から、松山、大阪、で講習させていただき、 その他、各講習会でもお話させていただきました。 回 [続きを読む]
  • 思い立って福祉機器展。
  • またも写真を撮り忘れ、お馬鹿なのですが、 今日は岐阜県の福祉機器展に行ってまいりました。 昨日までまったく知らなかったこの福祉機器展。 ひょんなことから今朝フェイスブックで知り、友達でもなかった方に「いきたいんですが、何時までですか」と不躾な質問を送り、 相変わらず子守で日中は空かないので、夕方、出陣。 以前からお世話になっている福祉器具の会社の方々にまたまたお世話になり、たくさんの素敵なご縁をつない [続きを読む]
  • 東京講習会。
  • 週末は講習会のため、東京に出張しておりました。 15日はノーリフティングポリシー(持ち上げない看護、介護について) 16日はオーストラリアの介護 システムとコミュニケーションについてお話しました。 必死すぎて写真を撮り忘れるという不覚。いや、とって貰ったのもあるんですが、参加者に許可を取り忘れる、不覚。。。 必死すぎた。 みなさま、熱心に聴いてくださり、ありがとうございました。 毎回、話すたびに、課題が見 [続きを読む]