money4 さん プロフィール

  •  
money4さん: お金の相談室・経営管理(Money.Consult)
ハンドル名money4 さん
ブログタイトルお金の相談室・経営管理(Money.Consult)
ブログURLhttp://money-consultation-4.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文お金の相談室・経営管理(Money.Consultation)〜お金に関する様々な情報を発信します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/05/14 19:14

money4 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 法人成りのメリットとは
  • 法人化(法人成り)のメリット1.税金面(節税面)基本的に法人化した方がメリットが大きくなります。 ⇒次のようなメリットが得られます。(1)給与所得控除(2)損失の繰越(3)損益(経費)にできる範囲(4)帳簿(1) 給与所得控除法人の場合は給与が「役員報酬」になり給与所得控除は最低65万円となります。個人の場合には、青色申告特別控除となり、最高65万円とほぼ同じ額になりますので、基本的に法人化した方が得に [続きを読む]
  • デューデリジェンスとは
  • デューデリジェンス(買収監査)とは、買収候補企業から依頼を受けた公認会計士や弁護士などの専門家が、一定期間中に財務、業務内容、法務、人事など、あらゆる観点から対象企業を調査・検証し、円滑で最適なM&Aをサポートするサービスです。デューデリジェンスには、会計・税務だけでなく、企業経営に関する幅広い知識が必要不可欠になります。デューデリジェンスは、一般的に基本合意契約の締結後に行われ、デューデリジェンス [続きを読む]
  • 事業承継とM&A
  • 事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。中小・中堅企業にとって、オーナー社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが非常に多く、そのオーナー社長が「誰」を後継者にして事業を引き継いでいくのかは重要なテーマです。また、事業承継は単に「次の社長」に誰を選ぶのか?という問題ばかりではなく、会社の経営権そのものである自社株式を誰に引き継ぐのかという問題も重要です。そこで [続きを読む]
  • 売却のタイミング
  • 経営者がM&Aを決断するタイミングというのは、M&Aが成功するかどうかという点において極めて重要な要素となります。業績悪化で赤字続き、債務超過解消の見込みも立たない、というような最悪の事態になってから、始めて売却について考えるのでは、良い条件を得ることができないばかりか、買い手がつかずに廃業するしかないという結果になってしまいます。ベストなタイミングに絶対的なものはありませんが、一定の利益を稼いでいると [続きを読む]
  • 売却価額の算出方法
  • ●よく使われる売却価額の算出方法M&Aにおいて利用される事業価値の算出方法にはいくつかの種類があります。原則としては対象会社が、将来、いくらビジネスで稼ぐかどうかを見積もり、そこで算定された将来キャッシュ・フローを現在価値に割引計算する「DCF法(Discounted cash flow method、収益還元価値法。以下「DCF法」)が理論的であるため、利用されることが多いと言えるでしょう。たしかにDCF法は理論的ではありますが、将 [続きを読む]
  • M&Aの種類
  • 「M&A」は売り手の出口戦略として有効な手段であり、また買い手にとっては企業の成長を加速させることから、各業界から高い注目を浴びています。M&Aは提携までを含めた意味合いを持っており、売り手と買い手の双方がWin−Winの関係になるM&Aは主に下記の4種類になります。●株式譲渡中小企業でよく用いられ、様々な事例に活用できる最もポピュラーなな手法です。売り手企業が、買い手企業に対して株式と共に経営権を譲渡するのが一 [続きを読む]
  • M&Aとは
  • M&A(エムアンドエー)は英語のMergers(合併)and Acquisitions(買収)の略です。読み方は、マージャーズ・アンド・アクイジションズとなります。つまりM&Aとは、複数の企業を一つの企業に統合したり(合併)、ある企業が他の企業の株式や事業を買い取ったりする事(買収)をいいます。M&Aは、自社に不足している経営資源(ヒト、モノ、カネ、技術、情報等)をおぎない、事業の拡大や再構築を行うための経営戦略のひとつです。M& [続きを読む]
  • MAS監査とは
  • MAS監査のMASとは(Management Advisary Service)の略です。経営計画で「ビジョンの明確化と具体化を実現」、目標管理で「起業体質の強化を実現」を目的とし、会社の経営計画作成のサポートと財務面でのアドバイスをしてくれる、主に税理士が行っているマネジメントサービス、マネジメント手法です。1) PLAN(計画)先見経営●中期5カ年計画の策定社長が明確なビジョンを示します。自社の強みと課題を整理した上で、経営理念・ [続きを読む]
  • あっせん代理業務とは
  • あっせん代理業務とは(特定社会保険労務士)職場トラブルは、これまで裁判で解決するのが一般的でしたが裁判は多くの時間と費用がかかるだけでなく、その後の円満な職場関係の回復が難しいという問題がありました。そこで、最近では裁判によらない解決手段としてADR(裁判外紛争解決手続)が活用されるようになりました。このADRは、経営者と個々の労働者との間で発生したトラブル(賃金不払い、パワハラ、セクハラなど)を対象に [続きを読む]
  • 社労士の仕事とは
  • 社会保険労務士の仕事社会保険労務士とは、労働社会保険の法令に精通し、労務管理その他、労働社会保険にかんする指導を行う国家資格者です。企業経営に欠かせない「人」「物」「お金」のうち、「人」について、経営者の皆様の身近なパートナーとして、コンサルティングや、事務手続きの代行者としてフルサポート。職場の活性化、生産性の向上、企業業績の躍進をお手伝いしてくれます。①人事労務管理のコンサルティング●就業規則 [続きを読む]
  • 弁護士の仕事とは
  • 弁護士の仕事弁護士は、一般の法律事務を行うことを職務としていますが、その内容は多岐多様に渡ります。まず、身近なところでは「民事事件・家事事件の代理人」、「破産事件の管財人」「刑事事件の弁護人」「少年事件の付添人」「以上の事件に掛かる法律相談」ですが、法律の専門家として、官公庁の委嘱を受けて各種委員会等の委員の仕事があります。①訴訟事件最も一般的な弁護士の職務で、当事者間に争いがあり裁判所が関係する [続きを読む]
  • 司法書士の仕事とは
  • 司法書士の仕事①相続登記②遺言書の作成③相続放棄、遺言執行者、その他相続にまつわる諸手続④不動産登記⑤特別代理人・財産管理人の選任等⑥債務整理・過払金請求⑦訴訟代理・裁判外和解・裁判所提出書類作成等⑧成年後見制度⑨会社・各種法人の設立、など会社・法人登記 や 企業法務こんな時は司法書士にご相談されてみてはいかがですか?●株式会社などの会社や医療法人などの各種法人を作るとき●取締役・監査役の追加、再任 [続きを読む]
  • 行政書士の仕事とは
  • 行政書士は、官公署への手続きや権利義務、事実証明関係書類等関する法律と実務の専門家です。「権利義務に関する書類」とは権利の発生、尊属、変更、削除の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。「権利義務に関する書類」のうち、主なものとしては、遺産分割協議書、各種契約書(贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解)念書、示談書、 [続きを読む]
  • 税理士の仕事とは
  • 税理士の仕事税務代理確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会い、税務署の更正・決定に不服がある場合の申立てなどを行う税務書類の作成確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、その他税務署などに提出する書類作成税務相談各種税金のご相談に対応会計業務財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行、その他財務に関する業務全般会計参与として中小の株式会社の計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるため、株式 [続きを読む]
  • 会社設立後の資金調達
  • 税理士の仕事税務代理確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会い、税務署の更正・決定に不服がある場合の申立てなどを行う税務書類の作成確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、その他税務署などに提出する書類作成税務相談各種税金のご相談に対応会計業務財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行、その他財務に関する業務全般会計参与として中小の株式会社の計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるため、株式 [続きを読む]
  • プロに任せるメリット
  • 【 会社設立を自分で行うより プロに任せるメリットとは 】1、時間の有効活用会社の設立には、定款の作成や認証、法務局に出向くなど、わずらわしい作業が沢山あります。その上、起業時にはそれ以外にも、事務所の選定、開業資金の調達などの様々な作業を同時並行で行わなければなりません。専門家に依頼すれば、会社設立に係る業務を全てお任せでき、余った時間をその他の事業準備に役立てられるのです!2、迅速で確実な対応私 [続きを読む]
  • 過去の記事 …