楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生 ほんとうに さん プロフィール

  •  
楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生 ほんとうにさん: 楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生 ほんとうに
ハンドル名楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生 ほんとうに さん
ブログタイトル楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生 ほんとうに
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hidebach
サイト紹介文     ・日ごろ考えること      ・日光奥州街道ひとり歩る記      ・おくのほそ道を歩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/05/14 19:34

楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生 ほんとうに さんのブログ記事

  • 台風一過
  • 台風一過、雲が消えた後の富士山山頂に、雪を確認した甲府地方気象台は富士山の「初冠雪」を発表しました。昨年より3日早く、平年より23日遅い初冠雪の発表です。雪は写って居ませんが、その日、我が家のベランダから、夕焼けと共に撮った富士山。(夕焼けの富士山)(その夕焼けの街の様子)その空を眺めていたら、空の真上に三日月が出ていた。とっても綺麗であった。(夕焼けの中の三日月) [続きを読む]
  • 招き猫
  • 先日パンダのぬいぐるみならぬ、パンダの風船を中華料理屋さんが宣伝に店舗の前に置いていた。まぎれもない客寄せパンダ。(パンダの風船)パンダではあまりお客さんが増えなかったのか、今度は、まぎれもない客寄せの招き猫を店舗の前に置いた。(千客万来の招き猫)これで益々客足が増えることを祈っている。 [続きを読む]
  • ボタン?ダリア?
  • 今日散歩の途中で、綺麗に咲いた花を見つけて、早速スマホに撮りこんだ。大きさが直径30cmもある大輪で、二輪咲いていた。(ボタン?ダリア?)ボタンでは咲く時期が違うし、花びらが全然違う。(あるいはダリア?ボタン?)ダリアにしては花が大きすぎる。改良種だろうか?ボクが命名すると「ボンダリア」になってしまう。話は変わるが。スマホはボクにとっては便利なオモチャである。写真を撮りたければ、いつでもどうぞ!ホ [続きを読む]
  • カマキリ君
  • 今朝、洗濯物を干そうとしていたら、物干し竿に、カマキリがいた。(物干し竿にとまったカマキリ君)オスなのかメスなのか解らないが、この時期に居るのはメスに違いないが、よく見るとお腹が小さい様な気がする。メスならば産卵時期に入っているので、お腹が大きい筈だ。ボクが住んでいるのはマンションの五階で、どうしてカマキリが来るのか不思議でならない。近所に昆虫好きな年頃の子供がいる訳でもない。ベランダに青い植物が [続きを読む]
  • 双子の葡萄
  • 今、青果店ではブドウが盛りで、デラウエア、巨峰、ピオーネなど店頭に並んでいる。お値段もそれぞれであるが、表題の双子の葡萄も珍しい。(双子の葡萄)こんなブドウを観るのは生まれて初めてのことである。今朝、食事の用意をするときに見つけた。食事の用意、実はカミさんが8/16日のこと、孫たちとの食事会に出かけた時、生憎の雨でレストランの床が笠のしずくで濡れていて、足を滑らして転んだ。その後数日は、なんてこと [続きを読む]
  • 中秋の名月
  • 旧暦では、秋は7〜8〜9月を指し、中秋は秋の真ん中の8月、中でも十五夜は空気が澄んで月が最も見やすく美しい月と言うことで、観月の宴が催された。それで中秋の名月と呼ばれるようになった。その旧暦の8月15日は2017年は10月4日つまり今夜の「月」である。幸い東京は晴れて月が美しく、老妻と交互に窓から月を眺め楽しんだ。その名月の数々をご覧ください。(雲にかかる名月)(雲から顔を出した名月)(雲が切れた [続きを読む]
  • 会社の同窓会
  • 定年退職した会社の同窓会の総会が毎年ある。会費は無く、ホテルを借りて立食パーティとなる。その場で、喜寿米寿の長寿の人たちが祝福される。名前を呼び挙げられて、金一封が贈られる。米寿の方は3人だけらしいが、さすがに出席されていなかった。喜寿の方は年々増えて、今年は過去最多となったようだ。新聞では、敬老に日に、今年は90歳を超える人口が200万人(総人口の8%)を超えたと報じている。社員をこき使うブラッ [続きを読む]
  • 手助け
  • 今日、ボランティアで出かけた。地下鉄に乗り、ラッシュアワーで混雑する中、いつも降りる駅で、ホームに一人立ち止まって居る人がいる。朝の忙しい時間、乗降客はほとんど改札を出て、ホームにはボクと老人らしいその人の二人であった。ボクが近づくと、その老人、手を挙げて、「改札はどちらですか?」と言う。よく見ると、右手には白い杖を握っている。盲人である。「ボクも改札に向かいますからご一緒に」と、その方の手を引い [続きを読む]
  • パンダ
  • 散歩途中にパンダのぬいぐるみでなく、風船?が置いてある。四川料理の中華屋さんの店前である。最近、パンダの赤ちゃんが生まれ、どんどん大きくなっているから、あやかって置いているのであろう。ドンドンお客が入ってくることを期待したい。(パンダの風船?)このパンダを見ていつもの散歩で、自然観察公園へ行ったら、足元で何やらもぞもぞ動くものがいる。目を凝らしたら、トカゲの子供であった。(トカゲの子供)パンダと同 [続きを読む]
  • えちごや
  • えちごや(越後屋)は、昔の名、今は三越。(えちごや=昔の三越 模型)(えちごやの看板1)(えちごやの看板2)この二つの写真は、江戸東京博物館にあったものです。「えちごや」の看板には、三井のマークに、「げんきん」「かけ祢(ね)なし」が左右にあり、中央に、古福具物志那じな(ごふくものしなじな)下段に、右に「?駿河町」左に「ゑちこや(越後屋)」とある。(ライオンの像)最近、百貨店は元気がないが、日本橋の [続きを読む]
  • 森の恵み
  • この間まで、うだるような暑さが、いつまで続くのだろうと案じていたが、台風15号が涼しい気温を呼び込んだと見え、朝晩、めっきり涼しくなった。時には半袖のシャツ一枚ではそぞろ寒く感じる時が有る。森には素早く季節を感じるのか、柘榴の実がはち切れんばかりの大きさになった。間もなく、自然に割れて赤い種を見せるだろう。(はち切れんばかりの柘榴の実)今や、この柘榴の実を採って、食べようとする人は居ないらしく、や [続きを読む]
  • 稲刈り間近?の案山子君
  • この春、子供たちが田植えした稲が稔って来て、公園を管理する園丁さんが、稲を小鳥たちから守ろうと、心を込めて造った案山子の数々。ふるさと農家の前の猫の額ほどの田に、コンテストでもしているかのように、並んで立って稲を守っている。(ふるさと農家前の田)(田んぼの周りの案山子)(案山子1)(案山子2)(案山子3)(案山子4)(案山子5)(案山子6)(案山子7)(案山子8)(案山子9)(もう一度田んぼの全景 [続きを読む]
  • 秋ーお祭りーお彼岸
  • お彼岸がやってきた。近隣の神社では、どこもかしこもお神輿かついで「祭りだ! 祭りだ!  わっしょい!わっしょい!  景気を付けろ!  塩まいておくれ! そーれ! それ! それ! お祭りだぁ!」美空ひばり お祭りマンボ(お祭りの神輿)(もう一つのお祭り)(景気を付けろ!お祭り騒ぎが大好きで)(休憩中のお神輿)(休憩所前)(お祭りの神社)(沖縄エイサー祭り)それにしても、ボクも日本人!お祭りサワギが大 [続きを読む]
  • 最近多い嫌なニュース
  • 最近、耳を覆うようないやなニュースが多い。風呂場で女性を殺し、その場で切り刻んで、ゴミ回収日に合わせて、ごみ袋に入れて捨てた。PTA会長が、小2の女の子を登校途中に誘拐して、殺して遺体を藪に捨てた。女性に複数で暴行を働き、裸にして土手に捨てた、などなど・・・・。昨日散歩の途中、植え込みの中に、左手の手首?が落ちているように感じて、ギョッとして立ち止まった。証拠写真を、と思って、近づくと、右手からは [続きを読む]
  • 免疫の力
  • ブロッコリーに含まれる成分の中に免疫力を高める成分があることが解って、××大学との共同研究で特許を取った。と紹介されました。「これまで免疫力を高めていると言われていた成分よりも、はるかに大きな免疫活性効果を発揮します。・アガリクス(β-グルカン)の50倍・メカブフコイダンの60倍・DHAの70倍・スルフォラファンの100倍以上・アサイーの240倍・プロポリスの1000倍以上ちなみに、免疫力が低下する一番の要因は加齢で [続きを読む]
  • 29連勝の余波
  • プロデビュー後29連勝を果たした、最年少14歳の藤井総太四段の快挙は、日本全国を駆け巡り、子供はもちろん大人や高齢者にも、将棋ブームを巻き起こした。ボクの将棋は、小学校高学年だった孫との将棋 第一局で敗れ、以後、将棋の駒を手にすることは無い。そのボクが毎日散歩する公園のベンチに、数人のご老人が集まっているのを見つけた。まさか将棋でも?と思ったが、そのまさか?であった。(将棋をするご老人と子供たち) [続きを読む]
  • コントロールの本
  • 本屋さんへ行くと、どうしたらよいのかを書いた、ハウツー(How To)ものの本がたくさん並んでいる。糖尿病で血糖をコントロールしたい人に贈る本、どんなことにも「怒り」をすぐ発する人へのコントロール本、酒で自分の感情をコントロールできない人へお酒をコントロールする本、東大へ入るための幼児教育の本、東大へ入るための記憶力養成の本・・・etc.まだまだ沢山あるが、こんな本が出て居るところを見ると、ほとんどの人がコ [続きを読む]
  • フウセン
  • いつもと気象状況が違うのか、フウセンカズラの実が中々稔らなかったが、ここにきて少し暑さが戻り、やっと実が付いた。(フウセンカズラ)この風船の中に種が出来るのであるが、黒色の種に、なんと白いハートを見ることが出来る。(ハートの形の種)この白いハートの部分に眼を入れると、お猿さんの顔になる。(目を入れてお猿さんの顔)大変楽しい種で、翌年その種を蒔けば、フウセンカズラの芽が出て、写真のように、緑一色で清 [続きを読む]
  • 2017年の月下美人
  • 今年初めて(8/19)月下美人が咲いた。しかも、昨年は12個も咲いたのに今年は一輪のみ。いつもなら6月頃から蕾が出来て、7月には咲くのに、天候不順のせいか、今年は咲くのが遅くなった。それもたった一輪、気のせいか少し勢いがない。(月下美人の木に咲く一輪)(咲き始めた20時頃の月下美人)(これで満開と思われる月下美人22時頃) [続きを読む]
  • 8月15日 敗戦記念日
  • 「憧れのハワイ航路」(2005.6.17.)「憧れのハワイ航路」副題:「どんなことがあっても、戦争は絶対避けなければならない!」(‘05.6.17.)の朝、ラジオ放送で、終戦時に中学生で戦争に参加し、沖縄で米軍の捕虜......>続きを読む疎開して居て、一日も早く父母の基に帰りたくて、9歳だったボクは、一年間貯めて置いた少ない小遣いを計算して、電車賃だけひねり出して、峠を越えて駅までの2里(約8km)の道を、弁当も [続きを読む]
  • 猛暑日 37.1℃
  • 四日前(8/9)の東京は猛暑日 37.1℃を記録した。日影でじっとしていても汗が噴き出した。当然のことで、夜も熱帯夜でエアコンがフル稼働した。我が家は4LKの間取りであるが、居間のエアコン1台で、家じゅう冷房が効く、と娘に鼻高々で話したら、娘の家(マンション)は、エアコン2台使っているらしい。娘が話すには、エアコン1台で全室冷やすよりも、2台使って冷房を効かす方が、電気代は安くなる、と言うのだ。電気機 [続きを読む]
  • プリーズ
  • 散歩の途中で、よく見かける看板。「ペットの糞尿は飼い主の責任です。」「庭にごみを捨てないで」などなど。ボクが住むマンションには、隣接して小公園を造ってあるが、(区条例で緑を集合住宅の敷地の20%を確保するがあるため。)日影になる大きな木を数本と僅かな広場と砂場が造ってある。この砂場に、毎日ワン公が糞を残して行く。砂場であるから、近隣の子供たちが砂遊びに夢中になる」と、思わぬワン公の糞を掴むことにな [続きを読む]
  • LED電球
  • 小池都知事になって、東京都民を対象に、「家庭における省エネ促進」をうたって、白熱電球2個以上でLED電球1個と交換すると言う。「100万個のLED電球を無償提供」される事になった。一人一回と言う条件付きだ。LED電球は一個千円ほど、白熱電球は200円ほどだから、二個の白熱電球と千円のLED一個の交換なら、損得勘定なら、すぐに100万個の在庫はゼロになるに違いない。そうで無くとも、東京都民はおよそ1 [続きを読む]