victoriat さん プロフィール

  •  
victoriatさん: チリ人と日本人とその子供 in Chile
ハンドル名victoriat さん
ブログタイトルチリ人と日本人とその子供 in Chile
ブログURLhttp://victoria0501.blog.fc2.com/
サイト紹介文チリでの出来事、考えさせられることなどをつづっていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/05/14 22:56

victoriat さんのブログ記事

  • 物忘れの激しい旦那
  • ウチの旦那、物忘れが激しいんです。もう、もって生まれた性質としか言いようがない。自分が3分前に手に持っていたものをどこに置いたか忘れて私を責めるくらいです。オバジェに来て2回引越しをしました。1回目は義妹のアパートへ、2回目は新居へ。引越しをすると何かしら行方不明の荷物が出てくるもんです。しかも近場の引越しなもんだから引越し業者とか使わない。知り合いの小型のトラックとかで物を移動させてしまう。わざわざ [続きを読む]
  • 徹底的に経費削減をする公立病院
  • 経費削減、もちろん、無駄な経費を削減することはいいことです。公立病院に入院中、経費削減を目の当たりにしました。やけどをしてすぐ、本当に体が気持ち悪かったんです。お風呂にははいれないし(上半身やけどしてるから当然ですが)何かしらの体液はどろどろと出てくる。その上、息子が5ヶ月だったんで母乳が出てくるというオマケ付。夜何とか眠りについて朝起きたら上半身湿ってるんですよ。しかも悪臭がする。そして感染に気 [続きを読む]
  • 裁判所からの呼び出し
  • 7月中旬、近所の人から連絡が。何か変な手紙が届いていたよ、と。ラ・セレナの家、近所の人にたまーに様子を確認してもらっています。で、旦那に手紙が届いていると。とりあえず、内容を確認してもらうと裁判所からの呼び出し。身に覚えが全くないのですが、詳細を確認すると旦那名義の車が駐車違反をしたという。駐車違反だけではなく、問題は駐車違反をした後違反金を支払っていない悪質な人間だから裁判所に来い、ということ。 [続きを読む]
  • 自分に正直な会社の社長さん
  • 旦那のボス、自分にとっても正直です。最近旦那から聞いたまさか、という話。あまりに正直すぎてすがすがしいくらいです。ある日旦那はボスに呼び出されボスから指示が出た。あの労働者クビにしてくれる?いや、普通に考えて何事かと思いますよね。絶対にボスに何か悪いことでもしたと思ってしまいます。旦那としては怠け者のチリ人労働者の多い職場でボスがクビを要求する労働者は働き者だから理由がわからない。当然、疑問を口に [続きを読む]
  • 家を購入するのに面倒なこと
  • Ovalleにて家を購入しました。家を購入するには色々と問題があったのですが、何とか解決。銀行からお金を借りて、頭金を払い、書類にサインをしてすぐに引越し!!!・・・・・・とはならなかった。もう支払いはすんでいるんですよ。でも書類にサイン後、約10日待ってから入居できますって契約書に書いてある。一体何のために10日も待たなければならないのか・・・・・・。旦那の妹のアパートからとっとと脱出したいのに・・・・・・。そう [続きを読む]
  • ちょっと前の手術の話
  • ずーっと病院ネタ放置、というかブログの更新ができていませんでした。とにかく忙しい。トラブルが次から次へと降って沸いてくる。・・・・・・新しい家に移れたら全て風向きがよくなる気がする。いや、よくなる、と思わなければどうしようもないほどトラブル勃発です。でも他人から見るとどうやら私は不幸オーラを発していないから嫉妬されてるみたいです。とりあえず、圧力鍋が爆発してやけどをし、無事公立病院から生還しました。もう [続きを読む]
  • いい旦那を捕まえたと思った瞬間
  • 旦那の家族、どこか変なんです。とりあえず、普通の日本人ならまず受け入れられないタイプ。で、先日事件を起こしました。現在私達が仮住まいをしている場所、旦那の妹のアパートなんです。旦那の妹は母親の家にパラサイト。アパートを貸してくれたはいいんだけど、まず普通に人に貸せる状態じゃなかった。トイレもシャワーも窓も壊れている。台所の蛇口は水がもれっぱなし。まぁ、それでも旦那の実家に居候するよりはマシなので住 [続きを読む]
  • 娘の新しい幼稚園
  • 私のやけど事件の影響を受けて娘はOvalleの幼稚園に移りました。そして先日、その学校での保護者会に参加して先生から聞かされたのが娘の能力がかなり高いということ。でもね、卑屈になっているわけではないんだけどたかが5歳児、数字を早く覚えてたって他の子供よりも何かが器用にできたって大人になったらそういった基本的なことなんて皆できてるからそれほど驚くことでもないと思ってるんですよ。旦那はもう親バカというか、や [続きを読む]
  • 沈黙の中唱えられた謎の呪文
  • 病院って入院したことがなかったから消灯時間もイマイチよくわかりませんでした。入院患者は早寝早起き・・・みたいなことを勝手に想像していたんです。ですが、想像とは完全に違っていました。夜は夜中の12時くらいにやっと病室の電気が消えて朝は約5時半に起こされる・・・まとまった睡眠時間は約5時間半・・・。寝不足気味で2度寝するということも何度もありました。入院しているとですね、はっきりいってやることってないん [続きを読む]
  • 入院中に目頭が熱くなったお話
  • やけどで入院という大事件とりあえず、やけどしたその日に私がやけどしたという事実を知っていたのは近所の人一人だけ。なぜかというと、幼稚園から戻ってくる娘をバスから引き取るようにお願いしたから。その1週間後くらいに別の近所のおばあちゃんがウチの家のフェンスのドアが開いていてニワトリが脱走しているのを発見。で、ウチに知らせにやってくると旦那が娘と息子の面倒をみていて私がやけどをしたということを知る。家事 [続きを読む]
  • 痛みの表現方法と個人差、我慢しないチリ人
  • 痛みって多分人によって感じ方が違うと強く思ったのがチリの公立病院での患者の態度。本当に多くの患者がいるから当然患者の性格も年齢も全く違う。患者もポジティブなオーラを発している患者もいればものすごくネガティブなオーラを発していて近寄りたくないタイプの人もいる。入院中に一番嫌な隣人だと思ってしまったのがこのネガティブ患者。ネガティブLと名づけます。彼女の何が気に入らなかったかって、ネガティブでその上私 [続きを読む]
  • チリでまさかの時間前行動
  • チリの公立病院ネタまだまだ続きます。やけどを負い、救急車で病院に運び込まれたのが木曜日の夕方、看護師さんに死んだ皮膚を除去してもらい救急部門で一夜を明かす。その後別の場所へ移動し、さらにその数時間後に入院部門へ移動。それが金曜の午後。土曜日・日曜日・祝日は通常医者は働いていません。もちろん、救急部門には常駐していますが各々の専門の手術をする医者は特別なことがない限り金曜の午後から日曜日まで手術する [続きを読む]
  • 公立病院の救急部門で感じたこと
  • チリの公立病院編がしばらく続きますやけどを負い、人生初、救急車で病院に搬送され、廊下に放置。医者はやってきたけれどもあー、3日か4日入院ね、と言われそのままその医者の顔を見ることはありませんでした。でね、まぁ、チリだし3日か4日くらいなんていわれたら多分1週間くらいの入院かなぁと思ってたんですよ。ところがまさかの5週間以上の入院もうびっくり通り越して気分は刑務所に入れられた囚人のよう。実はですね、 [続きを読む]
  • 人生初!チリにて救急車で病院へ搬送
  • お久しぶりです。しばらくブログの更新が滞ってしまっておりました。なんせ約5週間病院に閉じ込められてでてくることができなかったからです。病院では色々と初めての経験をし、危うく生命の危機にさらされるといったこともありましたが無事生還。事件は4月の上旬、納豆を作ろうとしていたときに発生。一晩水にさらした大豆を圧力鍋でゆでて火を止め、圧を抜き蓋を開けようとしたところいつものように開かない。で、もしかしたら力 [続きを読む]
  • ハイチの人と仕事
  • チリでは現在移民急増中です。そんな中で目立つのがハイチから来た人達。彼らの言語はフランス語っぽい言語です。仕事を求めてチリにやってきていてたとえスペイン語が離せなくても気にせず仕事を探しています。その姿勢は本当にスゴイ。ハイチの人たちを一言で表現するなら働き者。旦那の職場でもハイチの人を数人雇っていてちょくちょく彼らの様子を聞いていました。チリ人よりもはるかに働き者だからイメージとしてものすごくい [続きを読む]
  • 泥棒から家を守るために必要なモノは?
  • チリって本当に日本と比較すると信じられないくらいの数の泥棒が存在します。正直言ってそれまで盗むか!!って物まで盗んでいきます。3日前にウチの庭の塀を隔てて向こうの家、ウチの裏の家が泥棒に侵入され物を盗まれました。塀を隔てて向こうだからウチも危険なわけで、急遽塀の上に手を置いて簡単に庭に侵入されるのを防ぐため針山(?)を塀の上に設置。とりあえず今のところは泥棒に侵入されていません。今回泥棒の被害にあ [続きを読む]
  • 犯罪者とチリ政府やっていることは似ている?
  • チリに持ってきた私の預金、全額チリ政府に持っていかれた!!!・・・・・・とおもいきや。私がお金を預けているFinancoopという会社を倒産に追い込んだチリ政府の人間がその職をクビになり、新たに政府の人間が問題を解決するためにFinancoopに送り込まれました。で、彼は問題を解決し預金者に対して預金の10%を返還するように指示。ただ、がめついFinancoopという会社はその指示を隠してお金を囲い込んでいました。でもその情 [続きを読む]
  • フェリアでの不思議な事件
  • 毎週日曜日、私一人だけでフェリアに行くのが習慣となっています。ですが、今回は家族全員でぞろぞろとフェリアに。すると不思議な事件に遭遇。フェリアに行くと必ずフリーマーケットも見てまわります。何でかって、掘り出し物があったりするから。今回遭遇したのはいろんな意味で興味深い落としもの。フリーマーケットを見て歩いていると旦那が杖を発見。冗談交じりに、この杖を買って車を運転したら障害者用の駐車スペースとか使 [続きを読む]
  • 12時間の快適さよりも一瞬の耐久性が欲しい
  • 今日、息子の4ヶ月の定期健診がありました。あいかわらず、タテにはあまり成長しておらず太り気味といわれました。でも、母乳のみだから何もする必要はないということでそのまま経過観察。4ヶ月なのに同じ位の年齢の子供がものすごく小さく見える。息子、現在7.5キロでございます。4歳の娘はというと、もう自分に注目がいかないもんだからかなりひねくれています。ワンオペ育児状態で夜中の2時から明け方まで頭痛が原因で叫 [続きを読む]
  • どうしてもつっこみたくなってしまったTシャツ
  • チリってドラゴンボールが人気なようです。小さな子供でもドラゴンボールのキャラクターのフィギアを持っていたり、高校生くらいになると逆にドラゴンボール関連のおもちゃなんかをどこからか仕入れて売ったりしています。旦那の話によるとチリでドラゴンボールが放映されはじめたのが1995年あたりだとか。鳥山明先生、素晴らしいです。今日、娘と息子を連れてセントロに行ってきました。息子は3ヶ月だというのにほぼ7キロま [続きを読む]
  • またしてもセカンドオピニオン
  • 娘が2週間以上痰のからんだ咳をしています。期間が2週間になろうとする頃、先週末なんですがそろそろ診療所(consultorio)へ行こうかと考えていたときのこと。まぁ、こちらが叫びだしたいくらいのことがおきました。簡単に言うと、診療所行ったけど意味もなく、セカンドオピニオンのために明日ドクターに診察してもらいに行きます、ってこと。子ども2人いるとどうしても順序とか考えてしまって、いかに自分が疲れずに動くかを考 [続きを読む]
  • 卵に関するちょっとした発見
  • ウチにはニワトリがいます。雌鳥を多く育てたいのにどういうわけか雄鶏が多かったりします。ヒヨコだと雄鶏か雌鳥の見分けがつきづらいんです。その上、雌鳥2匹と雄鶏1匹が欲しいといったらおじさんが間違えて雌鳥1匹と雄鶏2匹を持ってきたり。その後に、必要なのは雌鳥2匹だって、と言うとおじさん、雌鳥もう一匹持ってきたんです。で、雄鶏を引き取らずに帰ってしまったのでなぜか雄鶏がおおすぎる。早く鶏肉にせねば雌鳥がつか [続きを読む]
  • 女性が女性の育児負担を重くしていることもあることを知った日
  • 昨日起こった信じられないような出来事です。チリは男女平等の社会とは言いがたいことも多々あります。ある家庭では男性が最低の亭主関白であったりすることも。どのくらい最低かというと、奥さんに生活費などもろもろを稼がせ自分は働かず、家事育児一切せずにご飯が用意されるのをひたすら待っているというくらい。まぁ、このくらいまでくると奥さんにも原因はあるかもしれません。そんな人間放置して出て行けばすむことです。だ [続きを読む]
  • 2度の出産を振り返ってみた
  • 人生で二度出産した私です。出産ほど想像通りにはいかないということは痛感しています。実は一人目出産(娘)の時には自然分娩でしたが、出産後2週間マトモに動くことができませんでした。ぬった箇所が痛くて痛くて本当に2週間動くのさえ苦痛だったんです。だから授乳のためにわざわざ体を起こして子供を抱っこするのでさえ本当にきつかった。近所を散歩するなんてもってのほかです。それが、今回二人目出産(息子)で全く違う経験 [続きを読む]
  • 貯金ごっそりとられて考えたこと
  • 以前にブログで全財産ごっそり消えてなくなった話を書きました。実は先日定期預金の10%だけ手元に戻ってきました。Financoopという会社の担当をしていた政府の人間が全くの使えない人間で会社を潰したということだったらしい。どこまで事実かはわかりませんが。で、その会社の担当者を換えて新しい担当者が会社に対してお金を一部戻すように言ったそうです。それが預金額の10%(最大100万ペソまで)を預金者に対して返還す [続きを読む]