三毛ネコ さん プロフィール

  •  
三毛ネコさん: 二草庵摘録
ハンドル名三毛ネコ さん
ブログタイトル二草庵摘録
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nikonhp
サイト紹介文本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供431回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2015/05/15 09:26

三毛ネコ さんのブログ記事

  • 「笑顔集合っ!」NO.20 帰り道
  • 「笑顔集合っ!」NO.20。ある田舎町で撮影した帰宅途中の小学生。「家族に乾杯!」の鶴瓶師匠のような有名人ならともかく、いまではこういうスナップはほぼ御法度である。子どもたちの行方不明・殺人事件があいついだことがあったため、帰宅途中の子どもに近づくことそれ自体が、一般的に「疑わしい行動」と見なされる。世の中に疑心暗鬼の環が拡がってしまった。保護者や教員が、辻々に立って監視している。まことに嫌な時代にな [続きを読む]
  • 「二十世紀日本の戦争」座談会(文春新書 2000年刊)レビュー
  • 特売品コーナーのワゴンにあったのがふと目に付いたため、帰り際に買ってきた。手に入れると、大抵は「序章」だとか、「まえがき」だとか、「おわりに」などを先に読むクセがついた。いつごろからだろう、おそらく本をたくさん(月に10〜20冊)買うようになってからだろう。いくらTVはない・・・とはいっても、まだ現役で仕事をしているため、どうしても時間は限られる。読みたい本が10冊あったとしても、1冊か2冊しか読めないケー [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.19 男子高校生
  • 「笑顔集合っ!」のNO.19。このシリーズは20枚で終り//☆ したがってあと2枚はどれにするかなあ・・・と迷った。背景をご覧になれば、関東に暮らしている方なら「ははあ、浅草ですね」とおわかりになる方が多いだろう。元気印の背の高い高校生、顔に素直さ、田舎人らしさが滲みでている♪ 右の男子がリーダーかしら? ノーファインダーでエイヤッ・・・何とか枠におさまった、Thank you very much! [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.18 イェ〜イ!
  • Wi-Fi技術の普及により、撮ったらすぐに写真をUPするという風潮がある。わたしは少々へそまがりだから、その逆をいく。この「笑顔集合っ!」のNO.18の場合でも、この子どもたちは、すでに中学1年か2年生。そこに意義を感じている(^_^)/~ ただ、あわててシャッターを切ったせいで、地平線がひん曲がってしまった。だからそこに「臨場感」がある・・・といえるかどうか? 要するに演出写真ではないということだ。撮影地は足利。 [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.17 “敬虔なるもの”の佇まい
  • 「笑顔集合っ!」NO.17。わたしがここにUPしているのは、「タイム+」の写真である。つまり、5年以上前に撮った写真という意味。そういう手法を「タイム+」と名づけることにする♪ 被写体となった方々に対する配慮というわけである。さて・・・この写真の真ん中におられる外国人の男性は視覚障害者で、通りがかりのスナップのため、この3人の関係はこの画面から想像するしかない。予期せぬ出会いであったのだろう、何やら熱心に [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.16 フリマのお二人
  • 少々息切れ気味だけど「笑顔集合っ!」のNO.16。桐生市はなぜか、フリーマーケットの開催が盛ん(*^-^) これもその一コマ、中年のお友達同士。古着、骨董、アクセサリー、陶器、オモチャ、機械部品、本etc. 断捨離ということばをよく耳にするようになったけど、行きつく先はフリマだったりする。豊かなになったニッポン、いろいろなところに“モノ”があふれている。ご本人には不要であっても、他の人にとっては“商品”であるか [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.15 原宿の歩行者天国
  • いやあ、待望の本格的な雨、これを待ちこがれていたのだ、ほぼ3週間ぶり(^^)/ 風で砂が飛ぶし、およそ1000坪に渡って散布した除草剤が効能を発揮してくれない。はてさて、「笑顔集合っ!」NO.15はタイトルにふさわしい一枚。撮影は1995〜6年、原宿。右手代々木公園、左手NHK放送センター、大勢の女性ローラースケーターが勢揃い(*゚ー゚)v ホコ天に集まる人物をスナップするため、このころはよく東京へ通っていた。タレントにはとん [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.14 インド、アグラにて
  • 「笑顔集合っ!」のNO.14。,00年だったか,01年だと思うが、わたしは友人2人とインドを一週間旅した。そしてアグラ城出入り口にある土産物店で出会ったのが、この少女たち。「施しは本人のためにならないから、しないでくれ」と、インド人のガイドから申し渡されていた。そこで「写真のモデルになってくれたらチップをはずむ」ということにして、ガイドに伝えさせた。この笑顔は、ろくすっぽ学校にもいけない貧しい彼女たちのせいい [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.13 撮影スタッフのお二人
  • 「笑顔集合っ!」のNO.13はこれにしてみよう。新郎新婦の「前撮り」のため、街角へやってきたカメラクルーのお二人(・_・?) 表情がいい・・・なんてよくいうが、顔のつぎにものをいうのが手! 左方向にクルーのお仲間がいる。たまに顔をアップで撮りたがる人がいるけど、証明写真が撮りたいわけではないのだ。手を中心とした、あるしぐさ、そして身にまとう衣服。そこにその人物のお人柄が現われている。スナップポートレイト、あ [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.12 超クラシック
  • 「笑顔集合っ!」のNO.12。ここで取り上げているのは古い写真ばかりなので、中には「見た、見たっ!」という人もおられるだろうが、お赦しのほど。 遠方からやってきた、お二人の美女に両脇からはさまれ、ご満悦の超クラシックカメラ(^ー゚)ノ 8×10の組み立て暗箱かしらね。大正写真館御用達・・・なんつって(笑)。ポーズはわたしが指示した。平凡な記念写真だけど、窓からの光が強烈だったので、そーとー露出補正している。撮影地 [続きを読む]
  • 百花斉放 〜2018年の4月
  • はじめて手にした父のコニカ2Bでおっかなびっくり撮影なるものをやってから、はや半世紀以上・・・55〜6年が経っている。アマチュアなので、花はもっとも撮りやすい身近な被写体。折りにふれて撮りつづけてきた(^^♪さてさて、今日は曇り、出勤だけどアポなし。よ〜しというわけで、自宅の庭から撮影開始。およそ2時間かけて、道端、お寺、旅館、他所のお庭などに咲いている花々を撮影しながらの出勤となった(´A`。初心にかえっ [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.11 満開の花に囲まれて
  • さて「笑顔集合っ!」のNO.11。人びとの笑顔というけれど、そう簡単にスナップできるものではない、やっれみればおわかりになるだろう♪ つくり笑いではなく、自然ににじみ出る笑顔。少し距離があったが、この時節にふさわしい、春爛漫のショット(^^)/ 知りあいの二家族が偶然出くわしたのだ。撮影地は足利。笑いさざめく声に素早く近づいてパチリ!(^^)! まるで演出したようなカットとなった。この場合、主役はツツジ・・・では [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.10 鑁阿寺(ばんなじ)で出会ったお二人
  • 「笑顔集合っ!」NO.10は、え〜と、これにしておこう♪ 足利の鑁阿寺(ばんなじ)でっあった・・・と思うが、何やら事情があって「季節はずれ」の成人式(^^)/ 何枚も撮影させていただき、あとからメールの添付ファイルにしてお送りした。右の男性は手に怪我をし、繃帯を巻いていた。空手で傷めたとのこと。画像はローライフレックス3.5Fのネガからフィルムスキャン。成人式、おめでとう!! そしてステキな笑顔をありがとうござ [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.9 高校生男子5人
  • 「笑顔集合っ!」の9は、こちらにしておこう♪ 地元高校生5人組。この日は撮影に夢中になっていて、午後2時ごろになって大衆食堂に入った。カレーを食べようと思っていたのに、この子たちが食べてしまってメニューは品切れ。「撮影してもいいかな?」とお訊きしたら、ご覧のようなポーズ(^^)/ 同好会のメンバーであることは覚えているけど、吹奏楽部だったか、新聞部だったか・・・、そのあたりの記憶がさだかではない。数年前の [続きを読む]
  • この世のエレジー(ポエムNO.3-03)
  • そのへんを歩きまわっていると時折キラキラと煌めきながらわたしのかたわらを通りすぎていくものがある! このときは一頭ホワイトシェパードとそれを取り巻く人びとであった。だからいつもいつも かかえているんだカメラをね。数台のカメラやレンズは頼り甲斐がある相棒 相談相手。ただしカメラや写真は決してことばを発しない。いさぎよい佇まいをもっている。記録し 記憶する。そのための装置としての機材に愛情をこめて接し [続きを読む]
  • 姪の結婚 〜時空の旅人として
  • 写真とは記録装置である・・・と、よくいわれる。記録装置であり、記憶装置でもある。今日はそのことについて書き、私生活の一端を、ちょっと暴露しておく。中には年中「私生活を暴露」している方があるが、わたしは滅多にそういう記事はUPしない。したがって、本日の記事は例外に属する。さて、トップにあげた一枚は、いまから24年ほど昔(1994年ごろ)、わたしが当時使っていたCONTAX G1だったか、KONICA BiG mini だったかで撮 [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」 ファンに囲まれたホワイトシェパード
  • 「笑顔集合っ!」のNO.8はこちらをpic up。「リチャード下町ファミリーのyuuitiさんとホワイトシェパード。撮影は2011年5月3日浅草、犬好きの美人ファンにかこまれ、ご満悦(^_^)/~」とコメントして投稿したことがあるので、覚えていらっしゃる方もいるかもしれない。撮影は2011年浅草。わたしの後ろにはギャラリーが12〜3人いる。ずいぶんと時間がたったが、いまでもお元気だろうか? 機材はニコンD80・・・だったかも(^-^) この [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.7 4人の和服美人さん
  • 「笑顔集合っ!」のNO.7。お1人の和服美人にお声をかけたら、4人の美人さんが勢揃い(*゚ー゚)v 撮影は5月の連休、場所は桐生市の有鄰館。デジタルで撮影後、ローライでルーペをのぞきながらさらに3〜4枚、その間、たちまち20人ばかりの人だかりができたが、まったく臆する様子がなかった。お訊きしてみたら、よさこい祭りで全国を巡っている娘たち♪ プロだかセミプロだか・・・要するにお仕事がイベントガールなのだ。この日もミ [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.6 浅草の恋びとたち
  • 「笑顔集合っ!」の6。このフォトを撮影してから8〜9年が経っている。すれ違いざまのキャンディッド(^^)/ 場所は浅草寺境内、木馬館方面へ向かう通路である。手をしっかり握り合った若いお二人が、とてもイイ雰囲気だった♪ 浅草へは何度も撮影のために通った。どこからやってきたのか、男性はキャスターつきの旅行鞄を曳いている。ステキな笑顔を、どうもありがとう。9年後のわたしからのささやかな感謝! [続きを読む]
  • 夜空の眼(ポエムNO.3-02)
  • 年老いて無感動になってしまった黒い牛がゆっくりと夜空をわたっていく。星が消えたりまたたいたりするので それがわかる。しっぽがぼくのおでこを ときおりこする。よだれの飛沫も飛んでくる。夜空の黒い牛は足音をたてない。牛は立ち去るそして時代を伐りひらいた 大いなる人物も。明日は・・・明日はだれのための時間だろう?人生の締め切りがせまってきた ぼくやぼくの友人たちにも。大都会の納屋の片隅で髪を振り乱したあ [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.5 キジ猫を抱く女性
  • 「笑顔集合っ!」の5はこちら、ほぼポートレイトといってイイ写真(^^)/ 撮影したのは荒川上流の長瀞、石畳の上。女性2人とキジ猫(わたしがそう名づけた)に出会ったときの一枚♪ 抱き方がぎこちないのは、彼女にとって猫を抱くのは初体験だからだ(^-^*)/ 猫の飼主はおっちゃんで、傍で見ていた。抱き上げてみたら、彼女の腕にあまる大きさ、重さ。猫も怖がっているのかも(-_-) [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.4 笑う犬
  • 「笑顔集合っ!」のNO.4はこちらのフォト。mixiサイズ640×426の画像が見つからないので、gooブログサイズ500×330でUPしておこう。ご覧のように、笑っているのは犬(*_*) 撮影した瞬間に気が付いた。「おや、笑っているね!?」と問いかけたことを覚えている、利根の河川敷を散歩中に♪ [続きを読む]
  • 「笑顔集合っ!」NO.3
  • はてさて「笑顔集合っ!」のNO.3。すでに書いたように、ここで扱うのは、すべて5年以上昔の写真ばかり(~o~) 人物写真は、撮るときも、撮ったあとも、いろいろな配慮を必要とするんだなあ。これは、M公園のお花見のとき「見つめ合ってくれますか?」と依頼して撮影した恋びと同士。あとからデータはお二人にお渡ししている。名刺を差し上げたので、会社までお見えになったのだったかな(?_?) その後連絡はしていないから、結婚した [続きを読む]