三毛ネコ さん プロフィール

  •  
三毛ネコさん: 二草庵摘録
ハンドル名三毛ネコ さん
ブログタイトル二草庵摘録
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nikonhp
サイト紹介文本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供426回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2015/05/15 09:26

三毛ネコ さんのブログ記事

  • 「アレクサンドロスの征服と神話」を読む
  • 少々眠かったけど、雨の中、傘をさして投票にいってきた。国民の義務ではなく、権利の行使ですから。なぜ眠いかというと、この本を遅くまで読んでいたから。刊行は2007年だから、ニューヨーク・テロ事件を横目で見ながらの記述になっている。アレキサンドロスを知らな過ぎますからね(´ρ`) 塩野七生さんとは格が違うから少々物足らないけど、ほぼ最新の情報が盛られているのはたしか。ま、大学のセンセイの仕事だな。前から気に [続きを読む]
  • 「アサヒカメラ」11月号を買う
  • お天気が悪いなあ、まだ稲刈りが済んでいない農家が多いので、大型台風の接近、気がもめているだろう。田んぼには水がたまって、ほとんどプール状態。写真好きな皆さんも、巣ごもりかな´Д`|┛ ところで昨日の発売日に、しばらくぶりで「アサヒカメラ」を買った(*^o^* 「これがスナップだ!」とニコンD850の実写レビューがじっくり読みたかったから。ふ〜〜む。 [続きを読む]
  • ソール・ライターという写真家を知っていますか?
  • YOU TUBEを歩きまわっていたら、こういうアメリカの写真家を発見した! その名はソール・ライター(^^)/ 今年になって渋谷で写真展が開催されたらしいし、映画もリリース。知らなかったのはわたしだけかもしれないが。Webで検索しながら、あれこれと調べはじめたばかり。う〜む、興味津々だな(^^♪望遠レンズの使い手らしく、なかなか印象的な「切り取られた」クリップが多いし、この引用させていただいた作例から、色の扱いに独 [続きを読む]
  • 読書についてのひとりごと 〜老年の文学
  • (昨夕、紀伊國屋書店で買った「ハドリアヌス帝の回想」。高い本なので、決心が必要だった)本を読む時間は、現実から身をふりほどき、脳や心を遠い世界へさまよわせることである。読書するというのは、したがって、人生からの“途中下車”といえなくはない。わたしは毎日、この“途中下車”をやっている。その間、いろいろな栄養や酸素が脳と心に補給される。友人には映画人が何人かいる。彼らは映画館にいるとき、実人生から途中 [続きを読む]
  • ギンナンの実
  • ん、なんだろう? と気がついてのぞき込んだら、落ち葉じゃなくギンナンの実。すごい量だ、茶わん蒸100個は作れるだろう。いやその倍かな(*^o^* 柵があってあいにく中には入れなかったけど。 [続きを読む]
  • 深まりゆく秋に寄せて
  •  (キヤノン5D初代。EF50ミリF1.8STMはあとから買い、お気に入りの1本)昔の詩人みたいなちょっと大仰なタイトルになってしまったけど、まあ、お赦しいただこう。このところ、雨が降ったりやんだり、10月とは思えない天候つづき。気温も11月並とかでひんやりとしている。マスコミは22日(日)の衆院選の話題でもちきり、なかなかにぎやか。予想に反し、希望の党への風は吹いていない。まあ、そんなもんだ、口先だけの美辞麗句には [続きを読む]
  • 読書の秋2017
  • 連休をとったけれど、昨夜遅くからあいにくの雨、雨。 さあて、友人とランチタイムか、古書店めぐりか、それともカメラ店をひやかすか・・・。フォトは今年春に出かけた神田神保町のスナップ♪ わたしの大好きな岩波文庫、講談社学芸文庫がならんでいる。お父さんわたしより4-5才年上かな? まあ近未来のわたしでもある(=_=)テハハわたしは読書の秋・・・って今年もだな。撮影のため、遠くへクルマを走らせるのが億劫になっている [続きを読む]
  • ターコイズブルーのハーレー
  • お、おー! カッコいいねえ。場所はBOOK OFF+の駐車場。つい「撮影させて下さい」とお声をかけてしまったハーレーダビッドソン(1340CC)。ターコイズブルーの車体はピッカピカ!持ち主もイケメンのすらりとしたお兄さんだった。このバイクで近ごろ四国を一周したとか(^^)/ 気になるお値段は、まあ、秘密としておこう。最近バイカーを見かけるチャンスが減っている。若者はスマホやゲームにばかりお金を使っているのかな(?_?)  [続きを読む]
  • passenger
  • 祭りでにぎわうストリートの真ん中に立って、ローライフレックスのほとんど無音のシャッターを切る。近づき、そして離れていく。この人たちに“後日談”はあるんだろうか? 交差するじかん・・・・こぼれていく砂時計の数分、数秒を、カメラがとらえる。この一枚を見返していると、ふとそんな気泡のようなものがとらえどころなく、影をひきながら、こころに覆いかぶさる。大抵はその場かぎりの「すれ違い」。passengerには乗客、 [続きを読む]
  • やきそば「ひまわり」
  • ここを通るときは、急いでいることが多い。県道の先に、管理物件があるから、そこへ出かけるとき通過する。この看板にはじめて気が付いたのは、今年春だったか(?_?) 立てかけてあるのは、西日を除けるためのヨシズ。「ん!? たしかに目立ってはいるけど」 おばちゃんが「寄ってきなぁ」と叫んでいるように見える。「焼きそば」ではなく、「やきそば」なところがロードサインというより、田舎のアートじゃな(^ー゚)ノ [続きを読む]
  • フラスコ型の反射光
  • 昨日も忙しい一日となった(^^;) まあ、そろそろ最終コーナーと思って、心身に鞭打って仕事をこなしている・・・という感じ。デスクワークをしていてふと顔をあげたら、壁に光と影が躍っていた。ブラインドはわかる、でも(?_?) フラスコ型の反射光は何だろう。屋外にはクルマが止まっている。ヘッドライトかな? [続きを読む]
  • この秋のカメラスタイル
  •  (ノスタルジックな沖野屋荒物店。NewFM2&ロモ100)カメラやレンズを変えると、世界が変わる。プロでもアマチュアでも、そのことは皆知っている♪ この秋はニコンのFX機を導入しようと考えているけど、目下のところ、わたしがたどり着いているのは、この二台。 (D7000&タムロン90ミリで撮影(^○^)/タハ)PEN-Fはコンデジの延長なので、ズームレンズを装着している。NewFM2には単焦点。 (撮影データは上に同じ)フィルカメラ [続きを読む]
  • 体にカツッ!
  • デスクワークが溜まっている。「こんな秋のいいお天気に、仕事したくねぇなあ」と思っている´Д`|┛ブツクサその体にカツッ! をいれようと、チリトマト味のカップラーメンとアルギニンの栄養剤。このほかにおにぎり二個でランチにしよう(^ー^) 仕事を溜めちゃいかんなあ〜、さっさと食べて片付けよう。皆さんもそうして下さいね、心がけが大事(^^♪  [続きを読む]
  • 祭りの準備
  • 地主さんの家に向かうため、たまたま通りかかった街角。まだ準備中だった。昨日はあいにくの雨。秋祭りのシーズンなので、夕刻になると、笛や太鼓の祭囃子が聞こえてきたりする♪♪ これから世話役さんや、子どもたちが集まってくるのだろう。「若宮町二丁目」と書かれた提灯と屋台。伝統はこうして脈々とうけ継がれていく、次の世代へ。 [続きを読む]
  • LOVEフィルム 〜サブ機種が活躍する!
  • (道路際に赤いコスモス、その向こうにススキ。ボケが大きすぎた・・・ひと絞り絞った方がよかったな)これまで何回か書いているけど、わたしには、メイン機とサブ機がある。たとえば、ニコンF3/Tに対してNewFM2、ローライフレックス3.5Fに対して、ヤシカマット124G。デジタルではそうはっきり区別してはいないけど、まあ、ニコンに対してオリンパスがそういった位置づけとなる。過去に「写真のプロ」といわれる人たちとおつきあい [続きを読む]
  • 「池澤夏樹、文学全集を編む」(河出書房新社)をめぐって
  • いや〜、文句なくおもしろい! しばらくぶりに買った新刊本「池澤夏樹、文学全集を編む」(河出書房新社2017年9月30日刊)を堪能している。河出書房の「世界文学全集」「日本文学全集」は、新潮社の「クレストブック」シリーズとならんで、現時点での最も注目すべき“文学”の叢書として、ファンから熱い視線を浴びているのは、ほぼ間違いない。そのことはわたしも知っていた。池澤夏樹さんはこの分野ではインターナショナルな小 [続きを読む]
  • 選挙ポスターと白ポスト
  • 衆院選が近づいている。地方選には関心はないけど、国政選挙には無関心ではいられない。それにしても、今回の民進党のドタバタ劇はいくらなんでもひでえな〜(ノ△・。) 「希望の党」へ走った議員の節操のなさはあきれるほかない、「この風に乗り遅れるな」ということか! 風があるあいだ凧は高く空に舞い揚がる。それにしても、比例区・地方区、どの党に、どの候補者に投票したらいいものか・・・。選挙ポスターを眺めていると、近 [続きを読む]
  • ビートルはyellow!
  • 写真を撮っていると、ヒエッと思うような偶然にときたま遭遇する。この一枚もそれ(^-^*)/ コンビニの駐車場でお隣に止まった、オフロード用に改造されたビートルを撮ろうとしたら、後ろを新型ビートルが通過! すかさずシャッターを押した。ビートルにはyellowがとても映えるな、若々しくカッコいい(^^♪ところで昨日、二草庵摘録のアクセス数が過去最多を記録。1428PV、330IP、順位は2244位。330人が来訪して下さった|・∀・|ノ客 [続きを読む]
  • 酒場すずき
  • 酒場すずきと、成田ビル。もうほとんど「わび、さび」の世界だわな〜。しかも成田ビルには、郵便受けが8個もならんでいる♪ にぎわった時代もあったのだ。高崎は新幹線の駅があり、駅の周辺と郊外の大型ショッピングモールだけ、活気がある(ノ_-。 ひと頃は再開発で分譲マンションが林立したけど、その波も去った。写真を眺めていると、そこはかとないノスタルジーがただよっている。そう見えるのは、わ・た・し・だけ(?_?) [続きを読む]
  • 「ロモネガ」に舌鼓を打つ(^^)/
  •  (上信電鉄高崎操車場。許可を得て撮影)「ロモネガ」はわたしの造語だけど、要するにロモのネガカラーの意味。というのも、昨日仕上がってきたロモのネガカラー(ISO100タイプ)をディスプレイ上で眺めながら、ふぅうと考え込んでしまったのである。いやはや、すばらしいのイチゴ・・・いや一語に尽きる、といってしまっては、話はそこでおわる(^o^)だけど、ほかに表現のことばはないものか!?そこで、ワインを味わう場合の表 [続きを読む]
  • 螺旋状雲
  • 秋の気配が、日増しに濃くなっていく。9月も残りわずか・・・。わたしは田舎暮しなので、色づいた柿の実やザクロ、こうべをたれた稲穂の波を眺めながら、季節の移ろいを実感している。この秋は夏につづき、ほぼ読書に明け暮れてはいるけど。たまっていく本を、少しでも消化しないと(^^;) 写真は数日前の夕景。螺旋状雲がとても印象的だった。遠くに小さく見える独立峰は浅間山。 [続きを読む]