躰道シーラカンスの整体体操 さん プロフィール

  •  
躰道シーラカンスの整体体操さん: 躰道シーラカンスの整体体操
ハンドル名躰道シーラカンスの整体体操 さん
ブログタイトル躰道シーラカンスの整体体操
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/taido_kenkotaiso
サイト紹介文躰道を人生の道連にできるよう、健康体力の保持を願い「谷式健康体操」は、35年前初代祝嶺先生より許可、考
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/05/15 13:51

躰道シーラカンスの整体体操 さんのブログ記事

  • 躰道シーラカンスの指導日誌 運体技No.3
  • 躰道指導日記昭和51年(3)1月14日(水)19時~21:30分今日は夜でも暖かく狭山道場の会員総勢20名気合充分である。基礎体力の重要性について説明し30分間の自主トレーニングを取り入れる。基礎となる理論がなければ、優れた術技にはならない、運体蹴りについて説明、重要点は膝内弦と腰内弦の2点が支点になり、振り子運動と引き足でパワーを増す。しかし、蹴りだけでは運体技にならない、体軸の移動と一体とし威力を倍に増して行う。htt [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 進まぬ終活の整理( 2 )
  • 躰道指導日記 昭和51年(2)1月5日(月)朝6時40分、我が子3人と川沿いの土手をジョギング20分程、私は酒飲み過ぎ、5日間走っていない、体がついていかない。子供たちも調子が悪いが、走りながらの運体押崩し、走りながら側転の練習、砂場ではバク転。3人の子供達にはランドセルと稽古着は一緒に買って持たす。義務教育の間は親の責任、最低でも自分の身は自分で守ることを教えておきたい。1月8日(木)東村山道場稽古始め、会社仕事で遅 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 進まぬ終活の整理3ヶ月後は81歳
  • 躰道指導日記 昭和51年1月1月3日練馬区豊玉に住む祝嶺先生への年始は午後、午前は東村山道技場で稽古始めを行う、年始行事の一つ。石塚、小俣、尾崎、酒田の4人、昨年に比べ参加者が少くなったが、此れも各人が各団体の責任人者となり、参加出来なくなった事からと思う、嬉しくもあり寂しくでもありです。 〔第7回全日本躰道選手権大会 特別演武〕今年は躰道となって11年目である、最初の術技から見れば高度な実技に進歩 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 健康体操創立40周年記念誌裏面「3年間のあゆみ」
  • 「健康体操」創立3年間のあゆみ☆1978年9月 初めての健康体操の講演をイギリス客船コーラルプリンセスの船上で行う。元 立教大学総長 松下正寿夫妻初めグアム島に28年間も潜伏し、奇跡的な生還を果たした元日本兵・ 横井庄一さん各界の知名人・知識人が多く参加された。10月所沢市市民体育館にて第一回婦人健康体操教室を開催。☆1979年2月狭山市中央公民館にて第二回婦人健康体操教室を開催。 所沢市民体育館に於て第 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 認定証
  • とうとう本物の躰道シーラカンスか?No.01の認定証が届く。しかし、身体はガタガタ筋力は2分の1に減少した、此れからの稽古が真の躰技になると思う。50年前、師から与えられた課題、各動功内弦ノ法と序破急の制御。毎日の稽古と精進を重ね、80歳を重ねるに至った。内弦ノ五法は修得し既に40年、生活習慣病、予防医学、リハビリや介護予防のための健康体操として、地域社会への貢献に至っていると思っている。序破急の制御では相手 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 健康体操創立40周年記念「健康体操だより」発刊
  • 久しぶりの発刊「健康体操だより」挨拶 お陰様で無事に創立四十周年記念を迎えることが できました、ひとえに健康体操を信じ参加して頂き ました、会員皆様のお陰と心より感謝申し上げます。 少しの知識と武道の実体験を基に考案した初めての 健康体操でした。 当時は「健康体操」と称する体操はなく、健康関係 団体や生涯学習関係者の方々に理解して頂くため、 内容の説明に何度も足を運んだ思い出があります。 なんとか理解 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 秋バテ解消
  • 今年の夏は猛暑が続きました、埼玉県熊谷市は日本一暑い41度超えの極暑日もありました。9月下旬からは気温の低い日が続き、暑さ寒さも彼岸までと申しますが、今年度は特に低温のようです。寒暖差は自律神経のバランスを崩し、体調が良くない、秋バテと言われます。無理な運動は控えて、自然治癒力を高める呼吸法を合わせたストレッチ、経絡(ツボ)体操をおすすめします。散歩中、多くの人の歩き方を見て来ただろう公園管理の方に、 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 社会人躰道優勝大会前夜
  • 躰道が用いる運足八法は、二の足の使い方を工夫することで自在に転移することができ、ぶつかり合うガチンコ対決は避けねばならい、躰技はあくまで護身、護身は体育、生命へと繋がるものでなければならない。単純な格闘技から脱皮するための躰道です。https://youtu.be/6PSbi_Agbxw現在の社会はストレスの世の中、人と人、国と国、欲と欲の闘争の世界は、ストレスを溜め込み、ガン、心疾患、脳卒中等三大疾病の原因をつくりだして [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 夏期合宿学生達からの丁重な報告
  • 学生躰道部の皆さん猛暑、極暑の中での夏期合宿、 お疲れさんでした。無事に終了したようですね、 丁重なお知らせありがとうございます。 有意義な夏季合宿の様子、目に浮かんでくるようです。 動功五戒は躰技の基本です、正確に修得したいですね、 それには練習方法を工夫することが大切です。 他の大学の模倣では勝てない、模倣は創造に繋げたい。 練習時間がなければ頭脳を使って勝つ、24時間は 誰でもが同じですよね。模倣は [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 腰椎 骨盤 股関節 腰部の「まとめ」
  • 6~8月の3ヶ月間、各健康体操教室は、腰椎、骨盤の 整体と最後は、女性に多い股関節亜脱臼の整体体操。 股関節の柔軟性、左右の力足、足の長さの違い、3ッの 歪みの有無を確認して腰部の「まとめ」で終了。 女性の股関節は、出産時のため寛骨臼は浅く、 亜脱臼を起こしやすい状態にあります。 女性に多い耳鳴り、めまい、肩こり、頭痛等 慢性的な疾患は、股関節の亜脱臼状態が原因に なっていることが多いです。 初心者の会員 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 股関節の柔軟性
  • 夏場の暑さは筋肉の弛緩状態が続き、各関節の可動範囲を広げるのに一番適した季節です。中高年の方の柔軟性は、脳との関連性を重視し、柔らかぐ感覚を脳に学習させることが大切と考えます。まだまだ若い頃の蹴り技ができそうだ?毎年、股関節亜脱臼の整体体操後、腰部の「まとめ」では、ミレーの「落ち穂拾い」のバランスのとれた画像を例にします。背すじは腰椎まで真っ直ぐ、曲げる所は股関節、描いた人物(農婦)までもバランスが [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 叙勲の祝賀会に招かれて
  • 平成30年6月22日近藤常雄氏の叙勲祝賀会にお招き頂き 楽しいひと時を過ごした。埼玉県躰道の修練者の中での受章は、とっても名誉なことで嬉しいですね。 お祝いには200名あまりの方々が出席し、参議院議員、衆議院議員の先生方、元官房副長官大野松茂氏、入間市田中市長。発起人、元市長木下氏、入間ケーブルテレビ社長荻野美喜雄氏始め各界の錚々たる8名のメンバー幅広い人脈と現職時代の活躍が伺われる。社会貢献を目標に掲げた [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス玄制流空手道からの変遷
  • 15日~16日東京スポーツ文化館に於いて日本躰道協会主催の夏期研修会が実施された。指導局 審判局の研修、武芸躰道本院の講習、課題の一つ、躰道の技や法形の成り立ちや推移について、躰道のモノクロの動画が参照資料にされた。https://youtu.be/SO4-HFC9MVg映りが悪るいが、玄制流空手道が躰道に変わっり、変遷を経験した昭和40年、53年前の懐かしい映像と出会うことができた。東映テレビプロダクションからの依頼は突然で場所は、 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 東京城西地区大会を観戦
  • https://youtu.be/A9ZdFycg14I本年度 躰道の指定技は「変技」卍蹴り、旋状蹴り、エビ蹴り等、三鼎強合からの脚角度45度は、3倍の開脚角135度の柔軟性が必要です。低い蹴りでの反則技は即失格ものです互いに注意しましょう。東京城西地区大会、お疲れ様でした。大会での紹介では元日躰協副会長 谷鉄太郎と紹介して頂きましたが40年前のことです。躰道創始祝嶺最高師範とは玄制流空手道を熟知し、利点と弱点を体験し弱点を補うための [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス 埼玉県優勝大会さやま道場
  • 埼玉県大会から10日、大変遅くなりましたが大会に出場及び応援に来て下さいました、ご家族の皆様ありがとうございます。狭山道場の団体法形、個人法形は残念でしたが、少年少女部の子供達はそれなりに頑張っていました。二ノ宮選手の実戦は見事でした、理想的な運足でした。優勝おめでとう??躰道の実技は護身を旨としており、決して一本技を取ることでなく、相手の攻撃から運足を駆使し、身を守ることにあります。そのためには頭 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体操 No.296 40年の歩み
  • http://www.kenkotaisou.jp/%e6%99%ae%e5%8f%8a%e6%b4%bb%e5%8b%95/1978年健康体操の名称と自分でできる整体体操を考案し、健康体操普及センター設立から、40年経ちました。近隣の地域社会への普及活動と指導は、皆様の健康への願いと同時に、健康体操の名称を全国的に広めてくれました。今では行政が主となり各市町村では施設に豪華な体力づくりマシンの数々を揃え、スポーツ選手のための筋トレが健康づくりとして行われている [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体操 No.295 講座最終日
  • 講座最終日、体操は仙腸関節と仙骨の整体体操 ホルモンバランスを整えることにより、 心身共に若返る体操でした、又、何事にも進んで 挑戦することが出来ます。「年間予定 6月~7月の整体操」http://www.kenkotaisou.jp/%e5%b9%b4%e9%96%93%e4%ba%88%e5%ae%9a%e8%a1%a8/6-7%e6%9c%88/ 上記の内容は、中高年の老化防止と認知症予防に 繋がる大切な要因となります。 介護保険制度に該当する40歳(成長ホルモンの低下) からの運動は [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体操 No.294 ストレスと平常心
  • Facebookの投稿に「いいね」頂きありがとうございます。7日の躰道健康体操講座には2組みのご夫婦を含め22名の方が参加して下さいました。Facebookでの集客は皆無でしたが、口コミでの集客は何時もながら驚かされます。20分程の健康と運動の大切を説明し、身体中心部の骨盤の整体体操から始めました。骨盤には歪みが多く3分の二の方に捻れ、硬さ、曲がりの歪みが見つかりました。参加しなければ一生分からずじまいで一生を終える方 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体操 No.293 躰技の稽古
  • 今年もこの時期から各県の優勝大会や竸技会が実施される、また新会員や新入生を躰道の一員として迎えることになりました。各団体、各クラブの指導者は、速さや力技に頼らず動功五戒を十分に理解させ、正確な技法を指導しなければならない。躰道の目標とする技法は、あくまでも護身、体育、生命であることに変わりはありません。一言付け加えるなら、護身の一技は運足であり、初心者であっても、退足や交足の護身から、連動し [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体操 No.292 第40回目の講座
  • 第40回躰道健康体操講座 受講者を募集しております。内 要 腰痛予防、股関節亜脱臼、骨盤ズレ、腰椎すべり症等の整体体操日 時 6月7日14日21日(木)3回 午後3:00~5:00分 時間厳守参加費500/回(資料含む) 当日受講者歓迎 直接会場へお越しください。中高年の方のストレッチやヨーガ、筋トレ等の運動では、いろいろ問題が起きています。昔取った杵柄はあくまで昔のこと、各関節部を整えて挑戦して下されば幸いです、安全第 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体操 No.291 ケーブルテレビ取材
  • 入間ケーブルテレビの取材を受けました、 アポ無しの2時間はきつい。 後日放映とのこと、 大きなカメラを向けられ少々緊張気味。 先月と今月の二回、突然の1回目の撮影は、 頸椎7ッの整体「まとめ」の講座。 歪み解消の状態と歪みの有無を確認。 正しい姿勢保持とうつ病、頭痛、肩こりなど上半身の 異常を改善解消するには大切な整体体操。http://www.kenkotaisou.jp/ 近年では健康体操を必要する団体のコーディネーターの 方々 [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体体操 No.290 連休の稽古
  • 5月の連休は、フランスのシリル君家族、 フィンランドからのエーロ君、カツリ君が来日。 稽古後フランス人形を抱っこしての 記念撮影 入間市武道館、後半は狭山道場、 合わせ5時間の稽古となったが楽しい時間でした。 躰道草創期前の体幹体軸の攻防を主した、 創作工夫稽古の指導、参加者の皆さん喜んでくれた。 躰道を創作した時の感覚を是非に伝承し、 躰道の将来に繋げたい。 空手に先手なし伊東市在住、故山田晴康先生の [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体体操 No.289 57年目の結婚記念
  • 連休前の4月の下旬、仕事の合間をとって一泊旅行偶然、駐車した所が不動明王を祀る不動の滝(湯河原町)早速階段を上って記念撮影。小ぶりの滝だが水量が多く、変わることがないとのこと、私の好きな格言の1つ「不動心」でもある。3人の子供たちから結婚記念のお祝いにと1泊旅行券を贈られたが2月余り遅れての旅行になった。苦楽を共有した唯一のパートナーとして57年経ったが、お互いに其れなりに元気を保ち80歳と78歳を無事に過ご [続きを読む]
  • 躰道シーラカンス No.288 ブログを始めて1000日が過ぎた
  • ブログを書き始めて1000日が過ぎた、 最近では投稿の回数も少なくなった。 目新しく変化する日々は、余り無い事を幸福に 思え感謝すべきことと思う。 強いて言うなら昨年6月におこなった 脊柱管黄色靭帯骨化症の手術。 腰椎4ヶ所の骨を削り取り、坐骨神経等の足腰に 繋がる神経の圧迫を取り除いて頂いた。 若い頃からの持病で79歳まで腰痛で悩んだ 長い人生でもあった。 従って戦かわなければならない相手は、己れ自身で ある [続きを読む]
  • 躰道シーラカンスの整体体操 No.287 頭長筋の強化
  • 中高年(40歳)以上では成長ホルモンや使われない筋肉は減少します。頭部5kgの重さが数倍に加算され首にのしかかり、7ッの頚椎を圧迫します。正しい姿勢保持を心がけることにより、頭痛、不眠症、目、鼻、耳、口腔や上肢、又心臓病や血圧症等、上半身の異常を改善することが出来と言われています。 >画像の頭長筋の伸張運動には腹部のインナーマッスルが関与し正しい姿勢保持から正常歩ができます。尚、躰道の上中下段の正しい、そ [続きを読む]